漫画『双亡亭壊すべし』は過去の自分を許すことが未来を切り開く第一歩だとわかる物語

おすすめ漫画

過去の自分を許していますか?

私は、過去の過ちを今でも引きずってしまうことがありますが、

漫画『双亡亭壊すべし』を読んで、過去の自分を許すことが未来を切り開く第一歩だとわかりました。

それだけでなく、次々と気になる謎が提示されるので、ページをめくる手が止まらなくなったんですよね。

おすすめ度:4.0

スポンサーリンク

こんな人におすすめ

  • 何をしても壊れない双亡亭の謎に迫る物語を読んでみたい人
  • 双亡亭に立ち向かう対超常現象のプロたちが気になる物語に興味がある人
  • 過去を許すことが未来を切り開く第一歩だという理由を知りたい人
  • 藤田和日郎さんの漫画が好きな人
スポンサーリンク

あらすじ:絵本作家を目指す絵描きが主人公の物語

物語の主人公は、美大を卒業したばかりの凧葉務(たこは つとむ)。

彼は絵本作家を目指していましたが、編集者からは、「暗い」「こういうの嫌い」と言われて相手にしてもらえませんでした。

しかし、彼が住んでいたボロアパートの隣にある双亡亭に引っ越してきた小学生の立木緑朗に絵本を見せたところ、ニコニコしながら読んでくれるんですよね。

そんな緑朗の姿に励まされた凧葉務でしたが、その晩、緑朗の父は屋敷の奥にある絵に飲み込まれて、おかしな状態になって死にました。

凧葉務は、緑朗に「屋敷の奥も探検してみたいな」と言ったことを後悔して…。

という物語が楽しめる漫画です。

スポンサーリンク

感想①:何をしても壊れない双亡亭が気になる

先ほどあらすじで、緑朗の父親が双亡亭にあった絵に飲み込まれて死んだと書きましたが、

この屋敷はミサイルで撃っても、クレーンで壊そうとしてもびくともしませんでした。

そればかりか、クレーン車を逆に壊してしまいます。

さらに、これまで屋敷の中に突入した人たちは、行方不明になったり、出てこれたとしても、おかしな状態になって亡くなっていました。

斯波総理と桐生防衛大臣も、中学生のときに同級生の女の子を双亡亭に殺されていました。

そこで、斯波総理たちは双亡亭を壊したものに248億円もの報奨金を出すと宣言するんですよね。

劉慈欣さんの小説『三体』では、三体というVRゲームの謎が気になる物語が描かれていましたが、

劉慈欣『三体』は人類は今後も生きる価値があるのか?と問いかけてくるSF小説
人類は今後も生きる価値があると思いますか? 私はもちろん生きる価値があると思っていますが、劉慈欣さんの小説『三体』を読んで、生きる価値がないと考えている人たちの思考が少しわかりました。 それだけでなく、最先端の科学技術を駆使した...

この漫画でも、双亡亭という謎の建物が気になって、ページをめくる手が止まらなくなりました。

スポンサーリンク

感想②:双亡亭に立ち向かう対超常現象のプロたちも気になる

そんな怪しげな双亡亭に、対超常現象のプロたちが乗り込むわけですが、誰もが不思議な力を持っているので気になります。

なかでも特に気になるのは、緑郎の姉である柘植紅(つげ くれない)と凧葉青一です。

紅は、有名な刀巫覡(かたなふげき)の一族で、小刀を使って、すべての呪いを断ち切ることができました。

一方の凧葉青一は、凧葉務のおじいさんの兄の子供でしたが、45年前に行方不明になっていた旅客機とともに突然現れます。

しかも、青一はなぜか45年前の子供の姿のままで、手足をドリルにしたり、身体を硬くすることができるんですよね。

芦沢央さんの小説『バック・ステージ』では、魅力ある登場人物が織りなす驚きのある物語が楽しめましたが、

芦沢央『バック・ステージ』は魅力ある登場人物が織りなす驚きのある物語
驚きのある物語はお好きですか? 私は大好きなのでミステリーをよく読んでいますが、芦沢央さんの小説『バック・ステージ』は驚きが5回も味わえました。 それだけでなく、魅力的な登場人物に惹きつけられる物語でもあったんですよね。 ...

この漫画でも、魅力的な登場人物たちに惹きつけられました。

スポンサーリンク

感想③:過去を許すことが未来を切り開く第一歩

さて、この漫画では、「過去を許すことが未来を切り開く第一歩」をテーマに描かれているように思います。

何の特殊能力も持たない凧葉務でしたが、緑朗に「屋敷の奥も探検してみたいな」と言ったことを後悔して、対超常現象のプロたちと一緒に双亡亭に乗り込みました。

そんな彼の強みは、過去の自分を許していたことです。

多くの人たちは、過去を悔やんでおり、双亡亭の揺さぶりに精神的なダメージを受けますが、

凧葉務は、「過去の自分を許そう」「過去はどう頑張っても戻ってこない。これからあんたはどうしたいんだよ」と言って彼らを励ましていくんですよね。

漫画『宇宙兄弟』では、主人公・ムッタのふわっとした雰囲気を出しながらも、奮闘する姿に前向きな気持ちになれる物語が楽しめましたが、

漫画『宇宙兄弟 選抜試験編』感想/正しい選択よりも楽しい選択を!?
複数の選択肢があるとき、正しい選択をしようとしていませんか? 私は常に正しい選択をしようとしてきましたが、漫画『宇宙兄弟』を読んで、 正しい選択よりも、楽しい選択をした方が人生は豊かになるのかも!?と思うようになりました。 ...

この漫画でも、特別な力を持たない凧葉務が前向きに行動していく姿に励まされる物語が楽しめました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、漫画『双亡亭壊すべし』のあらすじと感想を紹介してきました。

次々と提示される謎が気になるだけでなく、過去を許すことが未来を切り開く第一歩だとわかる物語が楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

アメトーーク!『本屋でマンガ大好き芸人』のおすすめ漫画53冊をご紹介
2017年6月29日放送の「アメトーーク!」は『本屋でマンガ大好き芸人』。 ケンドーコバヤシさん、有吉弘行さん、麒麟・川島さん、広瀬アリスさん、スピードワゴン・小沢さん、三四郎・小宮さんが、気になるおすすめ漫画を紹介されていました。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました