webstation plus

(※『SOSの猿』表紙より)


 常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。

 そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められるようになるからです。

 なかでもおすすめなのが、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』。「本当に悪いのは誰?」「暴力はいけないことなの?」など、いろいろ考えたくなる物語です。

 そこで今回は、視野が狭くなっているときにおすすめの小説『SOSの猿』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『SOSの猿』のあらすじ

 子供の頃に二郎の憧れの存在だった辺見のお姉さんは、息子の眞人がひきこもっていることを悩んでいました。

 そんな辺見のお姉さんからSOS信号を受け取った二郎は、眞人がひきこもった原因を突き止めようとします。

 ところが、何度目かの家庭訪問で、眞人は自分が孫悟空の分身であると言い出しました。もしかして悪魔が取り付いているの!?

 品質管理の仕事をしている五十嵐は、自社システムを使った株の誤発注事件の原因調査に乗り出しました。

 1株50万円で売るべきところを、50万株1円で売り出してしまい、300億円近い損害が出てしまったのです。

 しかし、調査を進めていくと意外な事実が明らかに。

 これら二つの物語がつながっていく不思議な小説です。

 『SOSの猿』のおすすめポイント

1. 真実を見極めるには複数の視点が必要だとわかる

 眞人がまだひきこもる前。電車に乗っていると、あるおばあさんが「これで秋葉原に行けるのかしら?」とつぶやきました。

 そして、そのおばあさんが近くにいた中学生に訊ねたところ「反対行きの電車じゃないと駄目ですよ」と嘘を教えられます。

 この言葉を信じたおばあさんは電車を降りましたが、嘘を教えた中学生たちは「おまえ、ひでえ奴だな」「暑い中、大変だよなぁ」と反省する様子はありませんでした。

 悪いのはこの中学生たち?

 しかし、物語が進むにつれてある事実が明かされます。

 実は、先ほどのおばあさん。以前、道ですれ違った車椅子の男性に舌打ちをしたことがあったのです。車椅子が邪魔だというそれだけの理由でです。

 それに怒った文殊菩薩が、中学生たちにおばあさんを懲らしめてこいと命令したというお話。

 本当に悪いのは誰?

 『SOSの猿』にはこのような物語が盛りだくさん。ある視点に捉われていると真実が見えてこないことを教えてくれます。

2. 常識を疑え!?というメッセージが散りばめられている

 暴力には悪いイメージがありますよね。しかし、どのような場合でも悪いことなのでしょうか。

 たとえば、女性と子どもが男性から虐待されている場合。誰が見ても男性がDVをしているのは明らかなのに、誰もが見て見ぬ振りをしています。

 そんなとき、女性と子どもを助けるために暴力を振るってはいけないのでしょうか。

 もちろん、大人になった私たちは、「警察に通報すればいい」なんていう教科書的な答えを持っています。しかし、警察が動いてくれないとしたら、どうでしょうか。暴力を振るわずに女性と子どもを助けられるでしょうか。

 『SOSの猿』には、このような「常識を疑え!」というメッセージが散りばめられています。視野が狭くなっているときにぜひ読んで欲しい小説です。

3. 不思議な物語なのに最後はスッキリ!?

 ここまで本筋から外れた物語を紹介してきましたが、実はこれらの物語が本筋へと繋がっていきます。

 あらすじでも紹介したように、『SOSの猿』は、悪魔払いでひきこもりを解決しようとする二郎と、株の誤発注事件を解決しようとする五十嵐の物語。

 なぜか孫悟空が登場したりと不思議なお話なのですが、最後はすべてが繋がってスッキリするという摩訶不思議な小説です。

 さすがは伊坂幸太郎さん!?

 実際に読んで、不思議な物語を体験してみてください。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』。読めば「本当に悪いのは誰?」「暴力はいけないことなの?」など、いろいろ考えさせられること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

泣けて笑える物語!?ビートたけし『アナログ』は母への愛情を綴った恋愛小説

(※『アナログ』表紙より)  ビートたけしさんの小説『アナログ』。  メールやLINE、SNSなどで、いつでも繋がっていられる時代に、あえて連絡先を交換せずにアナログな関係でいる男女の物語です。読めば、母親への愛情に涙す …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …