webstation plus

(※『SOSの猿』表紙より)


 常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。

 そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められるようになるからです。

 なかでもおすすめなのが、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』。「本当に悪いのは誰?」「暴力はいけないことなの?」など、いろいろ考えたくなる物語です。

 そこで今回は、視野が狭くなっているときにおすすめの小説『SOSの猿』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『SOSの猿』のあらすじ

 子供の頃に二郎の憧れの存在だった辺見のお姉さんは、息子の眞人がひきこもっていることを悩んでいました。

 そんな辺見のお姉さんからSOS信号を受け取った二郎は、眞人がひきこもった原因を突き止めようとします。

 ところが、何度目かの家庭訪問で、眞人は自分が孫悟空の分身であると言い出しました。もしかして悪魔が取り付いているの!?

 品質管理の仕事をしている五十嵐は、自社システムを使った株の誤発注事件の原因調査に乗り出しました。

 1株50万円で売るべきところを、50万株1円で売り出してしまい、300億円近い損害が出てしまったのです。

 しかし、調査を進めていくと意外な事実が明らかに。

 これら二つの物語がつながっていく不思議な小説です。

 『SOSの猿』のおすすめポイント

1. 真実を見極めるには複数の視点が必要だとわかる

 眞人がまだひきこもる前。電車に乗っていると、あるおばあさんが「これで秋葉原に行けるのかしら?」とつぶやきました。

 そして、そのおばあさんが近くにいた中学生に訊ねたところ「反対行きの電車じゃないと駄目ですよ」と嘘を教えられます。

 この言葉を信じたおばあさんは電車を降りましたが、嘘を教えた中学生たちは「おまえ、ひでえ奴だな」「暑い中、大変だよなぁ」と反省する様子はありませんでした。

 悪いのはこの中学生たち?

 しかし、物語が進むにつれてある事実が明かされます。

 実は、先ほどのおばあさん。以前、道ですれ違った車椅子の男性に舌打ちをしたことがあったのです。車椅子が邪魔だというそれだけの理由でです。

 それに怒った文殊菩薩が、中学生たちにおばあさんを懲らしめてこいと命令したというお話。

 本当に悪いのは誰?

 『SOSの猿』にはこのような物語が盛りだくさん。ある視点に捉われていると真実が見えてこないことを教えてくれます。

2. 常識を疑え!?というメッセージが散りばめられている

 暴力には悪いイメージがありますよね。しかし、どのような場合でも悪いことなのでしょうか。

 たとえば、女性と子どもが男性から虐待されている場合。誰が見ても男性がDVをしているのは明らかなのに、誰もが見て見ぬ振りをしています。

 そんなとき、女性と子どもを助けるために暴力を振るってはいけないのでしょうか。

 もちろん、大人になった私たちは、「警察に通報すればいい」なんていう教科書的な答えを持っています。しかし、警察が動いてくれないとしたら、どうでしょうか。暴力を振るわずに女性と子どもを助けられるでしょうか。

 『SOSの猿』には、このような「常識を疑え!」というメッセージが散りばめられています。視野が狭くなっているときにぜひ読んで欲しい小説です。

3. 不思議な物語なのに最後はスッキリ!?

 ここまで本筋から外れた物語を紹介してきましたが、実はこれらの物語が本筋へと繋がっていきます。

 あらすじでも紹介したように、『SOSの猿』は、悪魔払いでひきこもりを解決しようとする二郎と、株の誤発注事件を解決しようとする五十嵐の物語。

 なぜか孫悟空が登場したりと不思議なお話なのですが、最後はすべてが繋がってスッキリするという摩訶不思議な小説です。

 さすがは伊坂幸太郎さん!?

 実際に読んで、不思議な物語を体験してみてください。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』。読めば「本当に悪いのは誰?」「暴力はいけないことなの?」など、いろいろ考えさせられること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

恋愛小説が苦手な人にこそ読んでほしい物語/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  恋愛小説はお好きですか?  私はどちらかと言えば苦手で、これまで避けてきたのですが、伊坂幸太郎さんの恋愛小説とあって読んでみることにしました。  結果、心配していたのがバ …

本気で家族のことを想ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

(※『AX アックス』表紙より)  家族のことを本気で想っていますか。  私は家族のことを本気で想っていると自負していたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝 …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …