webstation plus

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。

 なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているから。自分で考えることを放棄して、その有名人と同化しようとしているんですよね。

 まさに洗脳されていると言っても良いと思いますが、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』には、そんな洗脳を解くキッカケがいくつか紹介されています。たとえば…。

 真実を見極めるには片方から眺めているだけではダメ

 登場人物の眞人がまだひきこもる前。電車に乗っていると、あるおばあさんが「これで秋葉原に行けるのかしら?」とつぶやきました。

 その後、そのおばあさんは近くにいた中学生に訊ねますが「反対行きの電車じゃないと駄目ですよ」と嘘を教えられます。

 この言葉を信じたおばあさんは電車を降りましたが、嘘を教えた中学生たちは「おまえ、ひでえ奴だな」「暑い中、大変だよなぁ」と反省する様子はありませんでした。

 悪いのはこの中学生たち?

 しかし、物語が進むにつれてある事実が明かされます。

 実は、先ほどのおばあさん。以前、道ですれ違った車椅子の男性に舌打ちをしたことがあったのです。車椅子が邪魔だというそれだけの理由でです。

 それに怒った文殊菩薩が、中学生たちにおばあさんを懲らしめてこいと命令したというお話。

 本当に悪いのは誰?

 思い込みに惑わされては真実は見えてこない

 では、次は暴力について。暴力と聞くと悪いイメージがありますよね。しかし、どのような場合でも悪いことなのでしょうか。

 たとえば、女性と子どもが男性から虐待されている場合。誰が見ても男性がDVをしているのは明らかなのに、誰もが見て見ぬ振りをしています。

 そんなとき、女性と子どもを助けるために暴力を振るってはいけないのでしょうか。

 もちろん、大人になった私たちは、「警察に通報すればいい」なんていう教科書的な答えを持っています。しかし、実際に警察が動いてくれることなんてマレです。暴力を振るわずに女性と子どもを助ける方法なんてなさそうですよね。

 …と、このように書くと、暴力は必要だと極端な主張をする人がいますが、そうではなく、その先を考える力が必要です。暴力を振るわずに解決する方法を。

 このような未来につながる方法を考えようとせずに、暴力は必要だと叫ぶのは思考が停止している証拠です。

 簡単に人に騙されてしまいますよ。

 洪水のように溢れる情報に飲み込まれないように

 というわけで、誰かの発言に左右されるのではなく、ひとつひとつのことを時間をかけてじっくりと考えるようにしていきたいですね。

 SNSでは洪水のように情報が流れてきます。しかし、その波に飲み込まれてしまうと、どれだけ発言しても自分には何も残りません。

 むしろ人の意見に流されるだけです。有名人の意見と同化して、わかってもらえたと勘違いして喜んでいるだけです。そんな人生を送りたくはないですよね。

 伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』を読んで、そんなことを考えました。

 関連記事

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

正義なんて存在しない/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』感想

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。  とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …