webstation plus

(※『SOSの猿』表紙より)


 常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。

 そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められるようになるからです。

 なかでもおすすめなのが、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』。「本当に悪いのは誰?」「暴力はいけないことなの?」など、いろいろ考えたくなる物語です。

 そこで今回は、視野が狭くなっているときにおすすめの小説『SOSの猿』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『SOSの猿』のあらすじ

 子供の頃に二郎の憧れの存在だった辺見のお姉さんは、息子の眞人がひきこもっていることを悩んでいました。

 そんな辺見のお姉さんからSOS信号を受け取った二郎は、眞人がひきこもった原因を突き止めようとします。

 ところが、何度目かの家庭訪問で、眞人は自分が孫悟空の分身であると言い出しました。もしかして悪魔が取り付いているの!?

 品質管理の仕事をしている五十嵐は、自社システムを使った株の誤発注事件の原因調査に乗り出しました。

 1株50万円で売るべきところを、50万株1円で売り出してしまい、300億円近い損害が出てしまったのです。

 しかし、調査を進めていくと意外な事実が明らかに。

 これら二つの物語がつながっていく不思議な小説です。

 『SOSの猿』のおすすめポイント

1. 真実を見極めるには複数の視点が必要だとわかる

 眞人がまだひきこもる前。電車に乗っていると、あるおばあさんが「これで秋葉原に行けるのかしら?」とつぶやきました。

 そして、そのおばあさんが近くにいた中学生に訊ねたところ「反対行きの電車じゃないと駄目ですよ」と嘘を教えられます。

 この言葉を信じたおばあさんは電車を降りましたが、嘘を教えた中学生たちは「おまえ、ひでえ奴だな」「暑い中、大変だよなぁ」と反省する様子はありませんでした。

 悪いのはこの中学生たち?

 しかし、物語が進むにつれてある事実が明かされます。

 実は、先ほどのおばあさん。以前、道ですれ違った車椅子の男性に舌打ちをしたことがあったのです。車椅子が邪魔だというそれだけの理由でです。

 それに怒った文殊菩薩が、中学生たちにおばあさんを懲らしめてこいと命令したというお話。

 本当に悪いのは誰?

 『SOSの猿』にはこのような物語が盛りだくさん。ある視点に捉われていると真実が見えてこないことを教えてくれます。

2. 常識を疑え!?というメッセージが散りばめられている

 暴力には悪いイメージがありますよね。しかし、どのような場合でも悪いことなのでしょうか。

 たとえば、女性と子どもが男性から虐待されている場合。誰が見ても男性がDVをしているのは明らかなのに、誰もが見て見ぬ振りをしています。

 そんなとき、女性と子どもを助けるために暴力を振るってはいけないのでしょうか。

 もちろん、大人になった私たちは、「警察に通報すればいい」なんていう教科書的な答えを持っています。しかし、警察が動いてくれないとしたら、どうでしょうか。暴力を振るわずに女性と子どもを助けられるでしょうか。

 『SOSの猿』には、このような「常識を疑え!」というメッセージが散りばめられています。視野が狭くなっているときにぜひ読んで欲しい小説です。

3. 不思議な物語なのに最後はスッキリ!?

 ここまで本筋から外れた物語を紹介してきましたが、実はこれらの物語が本筋へと繋がっていきます。

 あらすじでも紹介したように、『SOSの猿』は、悪魔払いでひきこもりを解決しようとする二郎と、株の誤発注事件を解決しようとする五十嵐の物語。

 なぜか孫悟空が登場したりと不思議なお話なのですが、最後はすべてが繋がってスッキリするという摩訶不思議な小説です。

 さすがは伊坂幸太郎さん!?

 実際に読んで、不思議な物語を体験してみてください。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』。読めば「本当に悪いのは誰?」「暴力はいけないことなの?」など、いろいろ考えさせられること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

どんなことでも逆転できる!?阿部和重&伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』は一発逆転の物語

(※『キャプテンサンダーボルト 上』表紙より)  一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思っています。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …