webstation plus

 複数の視点で物事を眺めるようにしていますか?

 私はできるだけ複数の視点が持てるように、このブログでもありきたりな感想を書かないようにしているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』を読んで、その想いがさらに強くなりました。

 ある視点だけで物事を判断していると、簡単に洗脳されたり、騙されたりすることがわかる物語なんですよね。

 引きこもりの息子を悪魔祓いで救ってほしいとお願いされる主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は家電量販店の店員で、イタリア留学時代に悪魔祓いをする神父に弟子入りしていた遠藤二郎。

 彼は、幼い頃に恋心を抱いていた辺見のお姉さんから、息子の眞人に会ってほしいと依頼されます。眞人が悪魔に憑りつかれているかもしれないと言うのです。

 二郎は困ったり、悲しんでいる人を見ると放っておけない性格だったので、眞人に会いに行くことにしますが、悪魔が憑りついているとは思ってもいませんでした。

 しかし、眞人に何度か会うようになると、彼は気絶した後に突然立ち上がって「自分は孫悟空である」と言い出すんですよね。それだけでなく、未来がわかるので証明すると言い出しました。

 彼が予言したのは、そのとき窓の外を歩いていた五十嵐真の半年先の未来でした。

 孫悟空を名乗る眞人は、五十嵐の会社が納入したシステムで起きた株の誤発注事件を彼が調査していると言います。さらに、その誤発注事件が殺人事件へとつながっていく物語を語りはじめるんですよね。

 それから半年後。二郎が五十嵐をつかまえて答え合わせをしたところ…。

 ある視点から物事を眺めていると真実にたどり着けない

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』には、ある視点で物事を眺めていると真実にたどり着けない物語が繰り返し語られます。

 そのひとつに、孫悟空を名乗る眞人が語った「おばあさんと中学生の話」があります。

 ある日、眞人が電車に乗っていると、おばあさんが「これで秋葉原に行けるのかしら?」とつぶやきました。

 その電車は秋葉原に行ける電車でしたが、おばあさんが近くにいた中学生に尋ねたところ、「反対行きの電車じゃないと駄目ですよ」と嘘を教えられます。

 この言葉を信じたおばあさんは電車を降りましたが、中学生たちは「おまえ、ひでえ奴だな」「暑い中、大変だよなぁ」とまったく反省していませんでした。

 悪いのはこの中学生たち?

 しかし、物語が進むにつれてある事実が明かされます。

 実は、先ほどのおばあさん。以前、道ですれ違った車椅子の男性に舌打ちをしたことがあったんですよね。車椅子が邪魔だというそれだけの理由でです。

 そのことに怒った文殊菩薩が、中学生たちにおばあさんを懲らしめてこいと命令したというお話でした。

 本当に悪いのは誰?

 複数の視点をもつクセをつけよう

 他にも、虐待されている女性や子供を助けるために暴力をふるってはだめなのか?など、ある視点から眺めているだけでは解決できない問題が次々と提示されます。

 このような物語を読んでいると、複数の視点で物事を眺めるクセをつけないと、簡単に洗脳されたり、騙されたりすることがわかるんですよね。

 実際、自分のアタマでは何も考えずに、有名人や著名人の発言を盲信してSNSなどで騒いでいる人も大勢いますよね。

 というわけで、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』は、物事は単純に白黒つけられるものではないことがわかる物語としても、サスペンスとしても、小さな幸せを大切にしようとする主人公の物語としても楽しめるので…。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

芦沢央『火のないところに煙は』はミステリー要素のあるホラー好きにおすすめの小説

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?  私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほどホラーが大好きです。もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。  残 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

伊坂幸太郎『クリスマスを探偵と』感想/視点を変えれば世界が変わる!?

 サンタクロースを信じていますか?  私は小さい頃から信じていませんでした。家が貧乏だったので、プレゼントをもらえなかったからです。  しかし、伊坂幸太郎さんの絵本『クリスマスを探偵と』を読んでサンタクロースを信じてみた …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は誰とでも対等に付き合っているつもりでしたが…。伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。  自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接して …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

原田マハ『たゆたえども沈まず』はゴッホの悲しい生涯に胸が痛くなる物語

 美術に興味を持っていますか?  私はあまり興味がなく、ゴッホについてもほとんど知りませんでしたが、原田マハさんの小説『たゆたえども沈まず』を読んで、ゴッホの作品を見てみたくなりました。  ゴッホの生涯を知った今では、彼 …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …