webstation plus

strawberrie_01

 今日は息子の5回目の誕生日。というわけで、以前にも行ったことがあるお店『タンタシオン・ダンジュ』さんでお祝いをしました。ここのお店はパンが美味しくて最高です。今日は念願のワッフルが食べられたので大満足!!

 で、せっかくの機会なので、私もこの5年間を振り返ってみることにしました。大きく次の3つがこの5年間の感想です。

 1. 息子の成長が凄まじい

 世間でもよく言われていることですが、子どもの成長は本当に凄まじいです。2~3歳の頃は「他人に気を使って好きなことができない」性格だった息子が、今では他人に対して自己主張ができる強さを手に入れました。

 ほんの少し前まではどれだけそのオモチャで遊びたいと思っていても、他の子が割り込んでくるとすぐにそのオモチャを渡したり、その場から離れていました。しかし、今では割り込んでくる子を押し返したり、「そういうことをしてはダメでしょ」と伝えられるようになっています。こういった強さはこれから生きていくために絶対に必要だと思っているので、親としても安心。

 他にも、いわゆるお勉強にも興味を持つようになりました。毎日、絵本を読んだり、数字やひらがなのドリルを自ら積極的にやっています。こちらから強制すれば嫌がりますが、放っておけば新しい知識を手に入れるのが楽しくて仕方がないようです。

 まだまだあります。鉄棒や山登り、歌やダンス、お絵かきなど、何でもチャレンジしています。この5年間で私が手に入れた成長と比べれば――本当にくらべものになりません。親やまわりの大人たちが制限しなければ、子どもはどこまでも成長していけるのでしょうね。

 2. 自分の親と同じ育児をしたがってしまう

 次は私自身の話ですが、気づけば自分の親と似たような育児をしていました。何冊も育児本を読んで頭ではわかっていたのですが、「そんなことをしたら、お茶がこぼれるでしょ!」「危ない!」とマイナスのイメージを植え付けたり、「片付けなきゃダメでしょ」とやるべきことを押し付けたり、「これを買った方がいいよ」と買うものまで誘導してしまったり…。

 私自身も親からこういった子育てをされてきたので、子どもには絶対にしたくなかったのですが…、いつの間にやらついつい余計な口出しをしていました。多くの育児本に書かれている「プラスのイメージを!」「子どもに考える習慣を!」「子どもの考えを尊重しよう!」などを頭で理解しただけで終わらさずに、行動できるようにしていきます。

 というわけで、もう少し子どもを信頼して生きていこうと思います。何も口出ししないことが「よいこと」だとはいいませんが、少なくともある程度の失敗は許容できる親でありたいと思います。私の親は「失敗はダメ」という考えだったので、それが私にも色濃く出ているのでしょうねぇ。たぶん。

 3. 育児とは子どもから教わることなのかもしれない

 こうして、この5年間を振り返ってみると、「私の解決すべき問題」を子どもから教えてもらっているように思います。今でも私は「失敗すること」を極端に恐れており、それが仕事やプライベートでの生きづらさの一因になっています。

 それなのに、いつの間にか子どもにまでその考えを押し付けようとしていました。もちろん、子どもはその考えに反発したり、嫌がったりします。当然のことです。しかし、私はそうした子どもをみて、「子どもに問題がある」と思っていました。

 しかし、あるとき気づいたのです。子どもが挑戦を怖れている姿をみて、「そんなことをして、失敗したらどうするの!」という言葉を連発している自分に――。

 ああ、これって息子の問題ではなく、私の問題なのね。そう気づくと申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。結局、「子育て」だ、「育児」だ、と言いながらも、息子にいろいろ教わっていたのです。今では、いろいろなことに挑戦している息子の姿をみて、こちらが「失敗を怖れずに挑戦しよう」と励まされる毎日です。

◆◆◆

 ――と、長々と書いてきましたが、この5年間は息子のおかげで本当に楽しい毎日が過ごせました。今日は感謝の気持ちでいっぱいです。本当に生まれてきてくれてありがとう。私もキミに負けないように成長していくから、これからもよろしくね。

 関連記事

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう/個性を伸ばす子育て法

 子どもへの最高の褒め言葉とは何でしょうか。  私は「よい子」や「賢い子」、「聞き分けのいい子」だと思っていたのですが――名作童話『ぐりとぐら』の作者である中川李枝子さんは、そうではないといいます。「子どもらしい子ども」 …

イライラしない子育てに役立つ心理学の本14冊

 前回のエントリで紹介したメンタリストDaiGoさんの著書『子育ては心理学でラクになる』。  私にとってこの本で紹介されていた方法があまりにも役立つ内容ばかりだったので、参考文献もあわせて読みたいと思い、まとめとして残す …

わがままではなく伸び伸び育てる/尾木ママ流「叱らない子育て」

 「叱らない子育て」と聞くと、「子どもを甘やかせてしまうのでは?」と懸念する人も多いでしょう。私もそのひとりでした。だって、子どもが悪いことをしても叱らずに好き放題させていたら、子どもはワガママに育ってしまいますよね。 …

なぜ、高額課金をしてしまうのか/子どもにお金の教育をしよう

 未成年者によるオンラインゲームへの高額課金が社会問題になっています。私の子どもたちは、幼稚園児と未就学児なのでまだ心配しなくてもいいのですが、小学校・中学校・高校へと進学するにつれて気にしなくてはいけない話題になるので …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から一年ほど前。テレビで「世界卓球2015」が放送されていました。私はこの放送をみて、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠、15歳の平野美宇が世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの「若さ …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

子どもとの「信頼関係の基盤」は3歳までに出来上がる!?

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思ってい …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめ絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

キッカケがあれば子どもは伸びる!おすすめの絵本&ゲーム

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。  彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると翔くんは言います。  では …

人付き合いが苦手では生きていけない/逆境に強い子になる育て方

 私の子どもたちを「逆境に強い子に育てたい!」と思って読んだ本なのですが、「子ども」というよりも「まずは自分が」へこたれない親になる必要がある――と痛感させられた本でした。  内閣府の統計(2010年)によると、70万人 …