webstation plus

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。

 最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれないってことでした。

 子どもに嫌われてまで手出し・口出しする必要はない

 物語の主人公・王求(おうく)は3歳のときに両親からバットを与えられ、野球をするようになりました。そんな彼に両親は片時も離れずに指導をします。

 しかし、12歳を過ぎると王求の才能についていけず、両親は役立たずになりました。それでも口出しを続ける母のせいで、王求はプロ野球選手に教えてもらえるチャンスを逃しそうになります。

 また、王求に暴力を振るった先輩を父が殺したせいで、プロへの道が閉ざされました。犯罪者の息子を雇ってくれるプロ野球球団なんてなかったからです。

 つまり、両親の手出し・口出しが、王求の未来を閉ざしたんですね。

 もちろん、これは極端な例ですが、現実でも手出し・口出しをしすぎる親がいます。しかし、子どもに嫌われてまで、未来を閉ざしてまで、手出し・口出しする意味なんてないですよね。

 そんな悲しい親にならないように戒めてくれる物語です。

 まわりに嫌われてまで才能を発揮する必要はない

 ZARDの坂井泉水さんは、圧倒的な歌唱力の持ち主でしたが、あえて下手に歌っていたそうです。そうしないと世間から受け入れてもらえないから。

 一方の王求はバッティングの才能を惜しげもなく発揮していました。毎打席ホームランを打つんですよね。

 その結果、敵だけでなく味方チームからも嫌われるようになりました。一緒に野球をしても面白くないからです。

 人は誰もが圧倒的な才能を目にすると、恐れて排除しようとします。アンフェアな人間にとってフェアな人間がムカつくように、才能がない人間にとって才能がある人間は嫌な奴でしかありません。

 ZARDの坂井泉水さんのように、圧倒的な才能があっても隠すくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

 他人から応援される人生を歩んだほうがいい

 多くの人に嫌われていた王求でしたが、一部の人からは応援されていました。

 倉敷巳緒もその一人。彼女は王求に、体外受精治療を受ける女性を対象にしたある実験の話をします。

「片方はね、他者からお祈りを受けるグループで、もう半分は、お祈りを受けないグループだったんだって」
「でもね、その結果が凄いのよ。お祈りを受けたグループは受けなかったグループの倍以上も妊娠率が高かったんだって」

 つまり、人からの応援には絶大な効果があるということ。人に嫌われてまで、自分の考えを押し付けたり、才能を発揮する必要はないんですね。

 もちろん、人に嫌われるのを恐れて行動できなくなるのは大問題ですが、ある程度は人から嫌われないように生きていくのも悪くないと思える物語でした。ストーリーはよくわからなかったですが…。

 関連記事

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

誰のために仕事をしている?/知念実希人『ひとつむぎの手』感想

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

対立はなくならない…ではどうする?/伊坂幸太郎『シーソーモンスター』感想

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …