webstation plus

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。

 最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれないってことでした。

 子どもに嫌われてまで手出し・口出しする必要はない

 物語の主人公・王求(おうく)は3歳のときに両親からバットを与えられ、野球をするようになりました。そんな彼に両親は片時も離れずに指導をします。

 しかし、12歳を過ぎると王求の才能についていけず、両親は役立たずになりました。それでも口出しを続ける母のせいで、王求はプロ野球選手に教えてもらえるチャンスを逃しそうになります。

 また、王求に暴力を振るった先輩を父が殺したせいで、プロへの道が閉ざされました。犯罪者の息子を雇ってくれるプロ野球球団なんてなかったからです。

 つまり、両親の手出し・口出しが、王求の未来を閉ざしたんですね。

 もちろん、これは極端な例ですが、現実でも手出し・口出しをしすぎる親がいます。しかし、子どもに嫌われてまで、未来を閉ざしてまで、手出し・口出しする意味なんてないですよね。

 そんな悲しい親にならないように戒めてくれる物語です。

 まわりに嫌われてまで才能を発揮する必要はない

 ZARDの坂井泉水さんは、圧倒的な歌唱力の持ち主でしたが、あえて下手に歌っていたそうです。そうしないと世間から受け入れてもらえないから。

 一方の王求はバッティングの才能を惜しげもなく発揮していました。毎打席ホームランを打つんですよね。

 その結果、敵だけでなく味方チームからも嫌われるようになりました。一緒に野球をしても面白くないからです。

 人は誰もが圧倒的な才能を目にすると、恐れて排除しようとします。アンフェアな人間にとってフェアな人間がムカつくように、才能がない人間にとって才能がある人間は嫌な奴でしかありません。

 ZARDの坂井泉水さんのように、圧倒的な才能があっても隠すくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

 他人から応援される人生を歩んだほうがいい

 多くの人に嫌われていた王求でしたが、一部の人からは応援されていました。

 倉敷巳緒もその一人。彼女は王求に、体外受精治療を受ける女性を対象にしたある実験の話をします。

「片方はね、他者からお祈りを受けるグループで、もう半分は、お祈りを受けないグループだったんだって」
「でもね、その結果が凄いのよ。お祈りを受けたグループは受けなかったグループの倍以上も妊娠率が高かったんだって」

 つまり、人からの応援には絶大な効果があるということ。人に嫌われてまで、自分の考えを押し付けたり、才能を発揮する必要はないんですね。

 もちろん、人に嫌われるのを恐れて行動できなくなるのは大問題ですが、ある程度は人から嫌われないように生きていくのも悪くないと思える物語でした。ストーリーはよくわからなかったですが…。

 関連記事

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

平野啓一郎『ある男』感想/愛しているのは「今」なのか「過去」なのか

 私たちは誰かを愛しながら生きていますが、その愛はその人の今を見て生まれてきた感情なのでしょうか。  それとも、その人の過去を知っているからこそ生まれてきた感情なのでしょうか。  平野啓一郎さんの小説『ある男』を読んで、 …

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想/極悪非道の人間に立ち向かうにはどうすればいい?

 世の中には悪い奴らが大勢いますよね。そんな悪い奴らに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。  もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、瞬間移動という特殊能力を持った双子が …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

伊坂幸太郎『サブマリン』/やられたことをやり返してはダメなのか?

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

浅田次郎『天切り松 闇がたり1』感想/効率を上げるのは自殺行為!?

 昔の自慢話をする人って嫌ですよね。  私も大嫌いですが、「昔はすごかったんだぞ!」と語りかけてくる物語があります。それが浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。  大正時代の悪党どもに「天切り松」と呼ばれる老人が昔 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …