webstation plus

(※『かがみの孤城』表紙より)


 辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。

 見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?

 今回は『かがみの孤城』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『かがみの孤城』のあらすじ

 中学一年生のこころは、意地悪な同級生から悪口を言われ、無視され、脅されるようになり、家から一歩も出られなくなりました。

 信頼していた友人からも無視され、担任の先生からも悪く言われ、両親からも責められる…。一体どうすればいいの!?

 そんな彼女に不思議な出来事が起こります。彼女の部屋にある鏡が突然光り出したのです。気になって手を伸ばしてみると――。

 たどり着いたのは「かがみの孤城」と呼ばれる異世界でした。こころの他に6人の中学生もいます。なかでも一際目立つ格好をしていたのが、狼の面をつけた少女、オオカミさまでした。

 オオカミさまは、こころたちに向かって

「平凡なお前の願いをなんでも一つ叶えてやる」

 と言います。ただし、願いが叶うのは、「願いの部屋」の鍵を見つけた一人だけ。

 こうして、こころは集められた6人とともに鍵探しを始めます。一体、誰が鍵を見つけ出すのか!?

 不登校になる子に問題があるわけではない!?

 こころの両親や担任の先生たちは、不登校を続ける彼女に問題があるかのように振舞っていました。

 たとえば、こころのお母さん。彼女は学校に通えなくなったこころを「心の教室」というスクールに通わせようとしますが、当日になるとお腹が痛くなり、通うことがでない娘を責めます。怠慢だと決めつけていたんですね。

 学校の担任の先生も、こころの主張をまったく聞こうとはせず、問題児を庇うような発言ばかり。

 これでは外出できるようになれませんよね。むしろ、両親や学校の先生が追い打ちをかけています。

 本当に解決すべき問題は、こころを不登校に追い込んだ意地悪な同級生で、彼女からこころを守る方法を考えるのが最優先のはず。

 引きこもりや不登校と聞くと、どうしても本人が悪いと思ってしまいがちですが、そうではなく、そうなった原因に目を向けることが大切なんですね。

 不登校になったからこそ学べることも

 そんな悩みを抱えるこころでしたが、かがみの世界に通うことで、少しずつ変わっていきます。それは似たような境遇の6人の中学生に出会えたからでした。

 しかし、出会った頃は、誰もが自分の境遇を隠して牽制し合います。相手をバカにしたり、見下したりして優位に立とうする子も現れました。

 ところが、ある日。みんなから見下されていたウレシノが自分の思いを爆発させます。

「僕なら何をしてもいいと思ってるんだ」

 彼の言葉を聞いて、こころたちはショックを受けました。自分も悩んでいるはずなのに、他人を平気でバカにしていることに気づいたからです。

 これがきっかけで彼らの距離は縮まりました。痛い思いをしていたので、ウレシノの気持ちがわかり、すぐに考えを改めることができたからです。

 誰もが痛い思いをしたいとは思っていません。辛いことや悲しいことは避けたいものです。

 しかし、そうした経験があるからこそ、人の気持ちがわかるようになれるのかもしれませんね。

 味方になってくれる人ともつながっている

 こうして、こころはかがみの世界が拠り所になりましたが、現実世界でも助けてくれる人が現れました。それが「心の教室」の喜多嶋先生。

 彼女は誰に何を言われても、こころの味方でいてくれます。そんな喜多嶋先生に少しずつ心を開いていくこころでしたが、そこにはある秘密が隠されていました。

 最後まで読んで、この秘密を知ったとき、私は泣くのを我慢するのに必死でした。感動すること間違いなし!?

 最後に

 辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでください。

 関連記事

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

正義なんて存在しない/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』感想

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。  とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、 …