webstation plus

(※『かがみの孤城』表紙より)


 辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。

 見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?

 今回は『かがみの孤城』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『かがみの孤城』のあらすじ

 中学一年生のこころは、意地悪な同級生から悪口を言われ、無視され、脅されるようになり、家から一歩も出られなくなりました。

 信頼していた友人からも無視され、担任の先生からも悪く言われ、両親からも責められる…。一体どうすればいいの!?

 そんな彼女に不思議な出来事が起こります。彼女の部屋にある鏡が突然光り出したのです。気になって手を伸ばしてみると――。

 たどり着いたのは「かがみの孤城」と呼ばれる異世界でした。こころの他に6人の中学生もいます。なかでも一際目立つ格好をしていたのが、狼の面をつけた少女、オオカミさまでした。

 オオカミさまは、こころたちに向かって

「平凡なお前の願いをなんでも一つ叶えてやる」

 と言います。ただし、願いが叶うのは、「願いの部屋」の鍵を見つけた一人だけ。

 こうして、こころは集められた6人とともに鍵探しを始めます。一体、誰が鍵を見つけ出すのか!?

 不登校になる子に問題があるわけではない!?

 こころの両親や担任の先生たちは、不登校を続ける彼女に問題があるかのように振舞っていました。

 たとえば、こころのお母さん。彼女は学校に通えなくなったこころを「心の教室」というスクールに通わせようとしますが、当日になるとお腹が痛くなり、通うことがでない娘を責めます。怠慢だと決めつけていたんですね。

 学校の担任の先生も、こころの主張をまったく聞こうとはせず、問題児を庇うような発言ばかり。

 これでは外出できるようになれませんよね。むしろ、両親や学校の先生が追い打ちをかけています。

 本当に解決すべき問題は、こころを不登校に追い込んだ意地悪な同級生で、彼女からこころを守る方法を考えるのが最優先のはず。

 引きこもりや不登校と聞くと、どうしても本人が悪いと思ってしまいがちですが、そうではなく、そうなった原因に目を向けることが大切なんですね。

 不登校になったからこそ学べることも

 そんな悩みを抱えるこころでしたが、かがみの世界に通うことで、少しずつ変わっていきます。それは似たような境遇の6人の中学生に出会えたからでした。

 しかし、出会った頃は、誰もが自分の境遇を隠して牽制し合います。相手をバカにしたり、見下したりして優位に立とうする子も現れました。

 ところが、ある日。みんなから見下されていたウレシノが自分の思いを爆発させます。

「僕なら何をしてもいいと思ってるんだ」

 彼の言葉を聞いて、こころたちはショックを受けました。自分も悩んでいるはずなのに、他人を平気でバカにしていることに気づいたからです。

 これがきっかけで彼らの距離は縮まりました。痛い思いをしていたので、ウレシノの気持ちがわかり、すぐに考えを改めることができたからです。

 誰もが痛い思いをしたいとは思っていません。辛いことや悲しいことは避けたいものです。

 しかし、そうした経験があるからこそ、人の気持ちがわかるようになれるのかもしれませんね。

 味方になってくれる人ともつながっている

 こうして、こころはかがみの世界が拠り所になりましたが、現実世界でも助けてくれる人が現れました。それが「心の教室」の喜多嶋先生。

 彼女は誰に何を言われても、こころの味方でいてくれます。そんな喜多嶋先生に少しずつ心を開いていくこころでしたが、そこにはある秘密が隠されていました。

 最後まで読んで、この秘密を知ったとき、私は泣くのを我慢するのに必死でした。感動すること間違いなし!?

 最後に

 辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでください。

 関連記事

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …