辻村深月『かがみの孤城』感想/心の弱い人は他人を傷つけずにはいられない!?

おすすめ小説

 いじめの話題が多いですよね。

 この前のエントリで、中川翔子さんの本『死ぬんじゃねーぞ!!』を参考に、「いじめはいじめる側が100%悪い」という内容を書きましたが、いじめを苦にして自殺する必要は絶対にありません。

 それだけでなく、いじめを回避するために不登校になるのは、ぜんぜん悪いことじゃないと思うんですよね。

 残念ながら、不登校になった人たちを弱者のように扱う人もいますが、そんな人たちにこそ読んで欲しい小説が辻村深月さんの『かがみの孤城』。心が弱いと他人を傷つけずにはいられないことがわかる物語です。




スポンサーリンク

 悪質ないじめを受けた女子中学生が主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は中学1年生のこころ。彼女は意地悪な同級生から悪口を言われ、無視され、脅されるようになりました。

 それだけでなく、信頼していた友人からも無視されるようになり、担任の先生からも悪く言われ、両親からも責められるようになります。

 その結果、こころは自分の部屋から一歩も出られなくなりました。

 ところが、そんな彼女に不思議な出来事が起こります。彼女の部屋にある鏡が突然光り出したのです。気になった彼女は鏡に手を伸ばしたところ…。

 「かがみの孤城」と呼ばれる異世界に入り込みました。

 かがみの孤城には、こころの他に6人の中学生と、オオカミの仮面をつけたオオカミさまと名乗る少女がいました。

 オオカミさまは、こころたちに「平凡なお前の願いをなんでも一つ叶えてやる」と言います。

 ただし、願いが叶うのは「願いの部屋」の鍵を見つけた一人だけです。こうして、こころたち7人は鍵探しを始めるわけですが…。

スポンサーリンク

 心が弱いと気づかないうちに他人を傷つけてしまう

 実は彼女たちは誰もが似たような境遇にいました。しかし、相手をバカにしたり、見下したりして、少しでも優位に立とうと牽制しあいます。

 ところが、ある日。他の6人から見下されていたウレシノという男の子が、「僕なら何をしてもいいと思ってるんだ」と叫びました。

 彼の叫びを聞いたこころたちは衝撃を受けました。自分も他人からバカにされて悩み苦しんでいるのに、ウレシノを平気でバカにしていることに気づいたからです。

 つまり、心が強くなければ、気づかないうちに他人を傷つけてしまうんですよね。もちろん、自分の立場を守るために行動する人たちも同じです。

 こころのお母さんは、学校に通えなくなった彼女を「心の教室」というスクールに通わせようとしますが、当日になるとお腹が痛くなり、通うことができなくなるこころを責めました。

 母親として子どもが学校に通わなくなることを受け入れられなかったからです。

 学校の担任の先生もそうです。こころの主張をまったく聞こうとせず、いじめている側を庇うような発言ばかりしました。

 もちろん、自分の立場を守るためで、こころのことなど何一つ考えていません。

 このように、まわりの人たちが自分の立場を守るために行動すれば、いじめは絶対になくなりません。そればかりか追い打ちをかけてしまうんですよね。

 だからこそ…。

スポンサーリンク

 傷ついている人に寄り添える強い人になろう

 私たち一人ひとりが傷ついてツライ思いをしている人を、弱者だと切り捨てるのではなく、寄り添って手を差し伸べられる強い人間になる必要があるのです。

 この物語では「心の教室」の喜多嶋先生がこころに寄り添ってくれました。

 喜多嶋先生は、誰に何を言われても、こころの味方でいてくれます。そんな喜多嶋先生にこころは少しずつ心を開いていきますが、喜多嶋先生がこころの味方でいてくれたのにはある秘密がありました。その秘密とは…。

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、辻村深月さんの小説『かがみの孤城』は、心が弱いと他人を傷つけずにはいられないことがわかる物語です。

 それだけでなく、喜多嶋先生のようにツライ人に手を差し伸べられる人間になろうと思える物語としても、最後に驚きが待っている物語としても楽しめるので、

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました