webstation plus

(※『かがみの孤城』表紙より)


 辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。

 見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?

 今回は『かがみの孤城』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『かがみの孤城』のあらすじ

 中学一年生のこころは、意地悪な同級生から悪口を言われ、無視され、脅されるようになり、家から一歩も出られなくなりました。

 信頼していた友人からも無視され、担任の先生からも悪く言われ、両親からも責められる…。一体どうすればいいの!?

 そんな彼女に不思議な出来事が起こります。彼女の部屋にある鏡が突然光り出したのです。気になって手を伸ばしてみると――。

 たどり着いたのは「かがみの孤城」と呼ばれる異世界でした。こころの他に6人の中学生もいます。なかでも一際目立つ格好をしていたのが、狼の面をつけた少女、オオカミさまでした。

 オオカミさまは、こころたちに向かって

「平凡なお前の願いをなんでも一つ叶えてやる」

 と言います。ただし、願いが叶うのは、「願いの部屋」の鍵を見つけた一人だけ。

 こうして、こころは集められた6人とともに鍵探しを始めます。一体、誰が鍵を見つけ出すのか!?

 不登校になる子に問題があるわけではない!?

 こころの両親や担任の先生たちは、不登校を続ける彼女に問題があるかのように振舞っていました。

 たとえば、こころのお母さん。彼女は学校に通えなくなったこころを「心の教室」というスクールに通わせようとしますが、当日になるとお腹が痛くなり、通うことがでない娘を責めます。怠慢だと決めつけていたんですね。

 学校の担任の先生も、こころの主張をまったく聞こうとはせず、問題児を庇うような発言ばかり。

 これでは外出できるようになれませんよね。むしろ、両親や学校の先生が追い打ちをかけています。

 本当に解決すべき問題は、こころを不登校に追い込んだ意地悪な同級生で、彼女からこころを守る方法を考えるのが最優先のはず。

 引きこもりや不登校と聞くと、どうしても本人が悪いと思ってしまいがちですが、そうではなく、そうなった原因に目を向けることが大切なんですね。

 不登校になったからこそ学べることも

 そんな悩みを抱えるこころでしたが、かがみの世界に通うことで、少しずつ変わっていきます。それは似たような境遇の6人の中学生に出会えたからでした。

 しかし、出会った頃は、誰もが自分の境遇を隠して牽制し合います。相手をバカにしたり、見下したりして優位に立とうする子も現れました。

 ところが、ある日。みんなから見下されていたウレシノが自分の思いを爆発させます。

「僕なら何をしてもいいと思ってるんだ」

 彼の言葉を聞いて、こころたちはショックを受けました。自分も悩んでいるはずなのに、他人を平気でバカにしていることに気づいたからです。

 これがきっかけで彼らの距離は縮まりました。痛い思いをしていたので、ウレシノの気持ちがわかり、すぐに考えを改めることができたからです。

 誰もが痛い思いをしたいとは思っていません。辛いことや悲しいことは避けたいものです。

 しかし、そうした経験があるからこそ、人の気持ちがわかるようになれるのかもしれませんね。

 味方になってくれる人ともつながっている

 こうして、こころはかがみの世界が拠り所になりましたが、現実世界でも助けてくれる人が現れました。それが「心の教室」の喜多嶋先生。

 彼女は誰に何を言われても、こころの味方でいてくれます。そんな喜多嶋先生に少しずつ心を開いていくこころでしたが、そこにはある秘密が隠されていました。

 最後まで読んで、この秘密を知ったとき、私は泣くのを我慢するのに必死でした。感動すること間違いなし!?

 最後に

 辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでください。

 関連記事

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

ミステリーのようなホラー小説はお好きですか?/芦沢央『火のないところに煙は』感想

 子どもの頃、夏休みになるとテレビでホラー特集を見ていました。そんな懐かしい記憶を思い出させてくれた小説が芦沢央さんの『火のないところに煙は』。  ラストは呆気ない終わり方でしたが、短編ホラー小説としては楽しめました。 …

大事なのは事実よりも捉え方/川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』感想

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

やられたことをやり返してはダメなのか?/伊坂幸太郎『サブマリン』感想

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

学生のバカなノリはお好きですか?/伊坂幸太郎『砂漠』感想

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。  しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描 …