webstation plus

(※『かがみの孤城』表紙より)


 辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。

 見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?

 今回は『かがみの孤城』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『かがみの孤城』のあらすじ

 中学一年生のこころは、意地悪な同級生から悪口を言われ、無視され、脅されるようになり、家から一歩も出られなくなりました。

 信頼していた友人からも無視され、担任の先生からも悪く言われ、両親からも責められる…。一体どうすればいいの!?

 そんな彼女に不思議な出来事が起こります。彼女の部屋にある鏡が突然光り出したのです。気になって手を伸ばしてみると――。

 たどり着いたのは「かがみの孤城」と呼ばれる異世界でした。こころの他に6人の中学生もいます。なかでも一際目立つ格好をしていたのが、狼の面をつけた少女、オオカミさまでした。

 オオカミさまは、こころたちに向かって

「平凡なお前の願いをなんでも一つ叶えてやる」

 と言います。ただし、願いが叶うのは、「願いの部屋」の鍵を見つけた一人だけ。

 こうして、こころは集められた6人とともに鍵探しを始めます。一体、誰が鍵を見つけ出すのか!?

 不登校になる子に問題があるわけではない!?

 こころの両親や担任の先生たちは、不登校を続ける彼女に問題があるかのように振舞っていました。

 たとえば、こころのお母さん。彼女は学校に通えなくなったこころを「心の教室」というスクールに通わせようとしますが、当日になるとお腹が痛くなり、通うことがでない娘を責めます。怠慢だと決めつけていたんですね。

 学校の担任の先生も、こころの主張をまったく聞こうとはせず、問題児を庇うような発言ばかり。

 これでは外出できるようになれませんよね。むしろ、両親や学校の先生が追い打ちをかけています。

 本当に解決すべき問題は、こころを不登校に追い込んだ意地悪な同級生で、彼女からこころを守る方法を考えるのが最優先のはず。

 引きこもりや不登校と聞くと、どうしても本人が悪いと思ってしまいがちですが、そうではなく、そうなった原因に目を向けることが大切なんですね。

 不登校になったからこそ学べることも

 そんな悩みを抱えるこころでしたが、かがみの世界に通うことで、少しずつ変わっていきます。それは似たような境遇の6人の中学生に出会えたからでした。

 しかし、出会った頃は、誰もが自分の境遇を隠して牽制し合います。相手をバカにしたり、見下したりして優位に立とうする子も現れました。

 ところが、ある日。みんなから見下されていたウレシノが自分の思いを爆発させます。

「僕なら何をしてもいいと思ってるんだ」

 彼の言葉を聞いて、こころたちはショックを受けました。自分も悩んでいるはずなのに、他人を平気でバカにしていることに気づいたからです。

 これがきっかけで彼らの距離は縮まりました。痛い思いをしていたので、ウレシノの気持ちがわかり、すぐに考えを改めることができたからです。

 誰もが痛い思いをしたいとは思っていません。辛いことや悲しいことは避けたいものです。

 しかし、そうした経験があるからこそ、人の気持ちがわかるようになれるのかもしれませんね。

 味方になってくれる人ともつながっている

 こうして、こころはかがみの世界が拠り所になりましたが、現実世界でも助けてくれる人が現れました。それが「心の教室」の喜多嶋先生。

 彼女は誰に何を言われても、こころの味方でいてくれます。そんな喜多嶋先生に少しずつ心を開いていくこころでしたが、そこにはある秘密が隠されていました。

 最後まで読んで、この秘密を知ったとき、私は泣くのを我慢するのに必死でした。感動すること間違いなし!?

 最後に

 辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでください。

 関連記事

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …