webstation plus

 他人をあれこれ評価していませんか?

「あいつは仕事のやり方が悪い」
「いい人なんだけどダサいよね」
「あれじゃ、結婚できなくて当然」

 などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人を失くしてしまうかもしれませんよ。

 『白ゆき姫殺人事件』のあらすじ

 週刊誌のフリーライターである赤星雄治のもとに化粧品会社で働く狩野里沙子から電話がかかって来ました。美人で優しい先輩・三木典子が雑木林で殺害されたというのです。

 この事件に興味を持った赤星は、三木の同僚から取材を始めました。その結果、一人の容疑者が浮上します。三木と同期入社の城野美姫です。彼女は三木と比較されコンプレックスを抱いていた、だから三木を殺害したのではないか、と。

 その後、赤星は、城野の大学時代の同級生や小学校時代の親友、両親や地元住民に取材を重ねていきます。彼女は無罪だと主張する人物も現れますが、その多くは「城野だったらやりかねない」と彼女が犯人だと言わんばかりの主張をしました。中学時代には「呪いの力」でまわりの人たちを不幸にしたとか、ボヤを起こして大惨事になりかけたことがあるとか。

 赤星は、彼女らの主張をさらに脚色して「城野が犯人」と言わんばかりの記事を週刊誌に載せましたが――。実は城野は全くの無罪だったという物語です。

 良い面を見る人、悪い面を見る人

 身近な人が犯罪者かもしれない。そう聞かされたとき、「やっぱり!」って思ってしまうものなのでしょうか。

 誰にでも良い面もあれば、悪い面もあります。もし、他人の悪い面ばかりを見ているのだとしたら…、「あいつだったらやりかねない」と思ってしまうのかもしれませんね。

 先日、『水曜日のダウンタウン』という番組で、「無人販売の野菜を買い占めたら農家の人は盗まれたと思うか?それとも売れたと思うか?」という企画がありました。私なら間違いなく「盗まれた!」と思うでしょうが、多くの農家の方たちは「売れた!」と素直に喜ばれていました。

 この企画からも、同じ出来事でも良い面を見る人もいれば、悪い面を見て卑屈になる人がいることが分かります。

 私は物事の悪い面を見がちなので、もう少し良い面が見られるように、他人を信頼できるように変わっていく必要がありそうです。

 その方法は、『嫌われる勇気』にも書かれていましたが、まずは他人を無条件で信じる習慣をつけることからでしょうか。

 そうすれば、不必要に他人を傷つけることもなくなるはずですね。

 関連記事

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

何よりも大切なのは「自分らしさ」/和田竜『小太郎の左腕』

 「私は八方美人で人生をしくじった」とは、小林麻耶さんの言葉。彼女はテレビ番組『しくじり先生』で、女子アナ時代の苦労を赤裸々に語った。  小林さんは、子どもの頃から転校を繰り返していたので、ごく自然に八方美人になっていっ …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …