webstation plus

 他人をあれこれ評価していませんか?

「あいつは仕事のやり方が悪い」
「いい人なんだけどダサいよね」
「あれじゃ、結婚できなくて当然」

 などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人を失くしてしまうかもしれませんよ。

 『白ゆき姫殺人事件』のあらすじ

 週刊誌のフリーライターである赤星雄治のもとに化粧品会社で働く狩野里沙子から電話がかかって来ました。美人で優しい先輩・三木典子が雑木林で殺害されたというのです。

 この事件に興味を持った赤星は、三木の同僚から取材を始めました。その結果、一人の容疑者が浮上します。三木と同期入社の城野美姫です。彼女は三木と比較されコンプレックスを抱いていた、だから三木を殺害したのではないか、と。

 その後、赤星は、城野の大学時代の同級生や小学校時代の親友、両親や地元住民に取材を重ねていきます。彼女は無罪だと主張する人物も現れますが、その多くは「城野だったらやりかねない」と彼女が犯人だと言わんばかりの主張をしました。中学時代には「呪いの力」でまわりの人たちを不幸にしたとか、ボヤを起こして大惨事になりかけたことがあるとか。

 赤星は、彼女らの主張をさらに脚色して「城野が犯人」と言わんばかりの記事を週刊誌に載せましたが――。実は城野は全くの無罪だったという物語です。

 良い面を見る人、悪い面を見る人

 身近な人が犯罪者かもしれない。そう聞かされたとき、「やっぱり!」って思ってしまうものなのでしょうか。

 誰にでも良い面もあれば、悪い面もあります。もし、他人の悪い面ばかりを見ているのだとしたら…、「あいつだったらやりかねない」と思ってしまうのかもしれませんね。

 先日、『水曜日のダウンタウン』という番組で、「無人販売の野菜を買い占めたら農家の人は盗まれたと思うか?それとも売れたと思うか?」という企画がありました。私なら間違いなく「盗まれた!」と思うでしょうが、多くの農家の方たちは「売れた!」と素直に喜ばれていました。

 この企画からも、同じ出来事でも良い面を見る人もいれば、悪い面を見て卑屈になる人がいることが分かります。

 私は物事の悪い面を見がちなので、もう少し良い面が見られるように、他人を信頼できるように変わっていく必要がありそうです。

 その方法は、『嫌われる勇気』にも書かれていましたが、まずは他人を無条件で信じる習慣をつけることからでしょうか。

 そうすれば、不必要に他人を傷つけることもなくなるはずですね。

 関連記事

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …