webstation plus

 他人をあれこれ評価していませんか?

「あいつは仕事のやり方が悪い」
「いい人なんだけどダサいよね」
「あれじゃ、結婚できなくて当然」

 などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人を失くしてしまうかもしれませんよ。

 『白ゆき姫殺人事件』のあらすじ

 週刊誌のフリーライターである赤星雄治のもとに化粧品会社で働く狩野里沙子から電話がかかって来ました。美人で優しい先輩・三木典子が雑木林で殺害されたというのです。

 この事件に興味を持った赤星は、三木の同僚から取材を始めました。その結果、一人の容疑者が浮上します。三木と同期入社の城野美姫です。彼女は三木と比較されコンプレックスを抱いていた、だから三木を殺害したのではないか、と。

 その後、赤星は、城野の大学時代の同級生や小学校時代の親友、両親や地元住民に取材を重ねていきます。彼女は無罪だと主張する人物も現れますが、その多くは「城野だったらやりかねない」と彼女が犯人だと言わんばかりの主張をしました。中学時代には「呪いの力」でまわりの人たちを不幸にしたとか、ボヤを起こして大惨事になりかけたことがあるとか。

 赤星は、彼女らの主張をさらに脚色して「城野が犯人」と言わんばかりの記事を週刊誌に載せましたが――。実は城野は全くの無罪だったという物語です。

 良い面を見る人、悪い面を見る人

 身近な人が犯罪者かもしれない。そう聞かされたとき、「やっぱり!」って思ってしまうものなのでしょうか。

 誰にでも良い面もあれば、悪い面もあります。もし、他人の悪い面ばかりを見ているのだとしたら…、「あいつだったらやりかねない」と思ってしまうのかもしれませんね。

 先日、『水曜日のダウンタウン』という番組で、「無人販売の野菜を買い占めたら農家の人は盗まれたと思うか?それとも売れたと思うか?」という企画がありました。私なら間違いなく「盗まれた!」と思うでしょうが、多くの農家の方たちは「売れた!」と素直に喜ばれていました。

 この企画からも、同じ出来事でも良い面を見る人もいれば、悪い面を見て卑屈になる人がいることが分かります。

 私は物事の悪い面を見がちなので、もう少し良い面が見られるように、他人を信頼できるように変わっていく必要がありそうです。

 その方法は、『嫌われる勇気』にも書かれていましたが、まずは他人を無条件で信じる習慣をつけることからでしょうか。

 そうすれば、不必要に他人を傷つけることもなくなるはずですね。

 関連記事

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …