webstation plus

 他人をあれこれ評価していませんか?

「あいつは仕事のやり方が悪い」
「いい人なんだけどダサいよね」
「あれじゃ、結婚できなくて当然」

 などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人を失くしてしまうかもしれませんよ。

 『白ゆき姫殺人事件』のあらすじ

 週刊誌のフリーライターである赤星雄治のもとに化粧品会社で働く狩野里沙子から電話がかかって来ました。美人で優しい先輩・三木典子が雑木林で殺害されたというのです。

 この事件に興味を持った赤星は、三木の同僚から取材を始めました。その結果、一人の容疑者が浮上します。三木と同期入社の城野美姫です。彼女は三木と比較されコンプレックスを抱いていた、だから三木を殺害したのではないか、と。

 その後、赤星は、城野の大学時代の同級生や小学校時代の親友、両親や地元住民に取材を重ねていきます。彼女は無罪だと主張する人物も現れますが、その多くは「城野だったらやりかねない」と彼女が犯人だと言わんばかりの主張をしました。中学時代には「呪いの力」でまわりの人たちを不幸にしたとか、ボヤを起こして大惨事になりかけたことがあるとか。

 赤星は、彼女らの主張をさらに脚色して「城野が犯人」と言わんばかりの記事を週刊誌に載せましたが――。実は城野は全くの無罪だったという物語です。

 良い面を見る人、悪い面を見る人

 身近な人が犯罪者かもしれない。そう聞かされたとき、「やっぱり!」って思ってしまうものなのでしょうか。

 誰にでも良い面もあれば、悪い面もあります。もし、他人の悪い面ばかりを見ているのだとしたら…、「あいつだったらやりかねない」と思ってしまうのかもしれませんね。

 先日、『水曜日のダウンタウン』という番組で、「無人販売の野菜を買い占めたら農家の人は盗まれたと思うか?それとも売れたと思うか?」という企画がありました。私なら間違いなく「盗まれた!」と思うでしょうが、多くの農家の方たちは「売れた!」と素直に喜ばれていました。

 この企画からも、同じ出来事でも良い面を見る人もいれば、悪い面を見て卑屈になる人がいることが分かります。

 私は物事の悪い面を見がちなので、もう少し良い面が見られるように、他人を信頼できるように変わっていく必要がありそうです。

 その方法は、『嫌われる勇気』にも書かれていましたが、まずは他人を無条件で信じる習慣をつけることからでしょうか。

 そうすれば、不必要に他人を傷つけることもなくなるはずですね。

 関連記事

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …