今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない!?

おすすめ小説

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?

 もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。

 ある意味、狂気ともいえるむらさきのスカートの女への執念に衝撃を受ける作品なんですよね。




スポンサーリンク

 むらさきのスカートの女をストーカーのように観察する私

 では、あらすじから。

 物語の語り手は「私」。私はむらさきのスカートの女をストーカーのように観察していました。

 むらさきのスカートの女は、いつも、むらさきのスカートを履いています。週に一度はクリームパンを買いに商店街にやってきて、公園の決まったベンチに座ってパンを食べます。

 むらさきのスカートの女は、歩くだけで人目をひいていましたが、彼女はまわりがどんな反応を示そうと、自分のペースを崩しませんでした。

 ジャンケンをして負けた子供がむらさきのスカートの女の肩を触るという遊びをしても動じません。

 私はそんなむらさきのスカートの女と友達になりたいと思い、自分が働く職場へ彼女を誘導することにしました。

 求人誌に丸をつけてベンチに置いたり、面接に行く前にシャンプーの試供品を家のノブにかけたりします。

 その結果、むらさきのスカートの女は面接に受かり、私と同じ職場で働く事になるのですが…。

スポンサーリンク

 どんどん普通の女性になっていくむらさきのスカートの女

 むらさきのスカートの女は、どんどん普通の女性になっていきました。

 ホテルの清掃員として働き始めた彼女は、小さかった声も初日から大きく出せるようになります。そのおかげで、個性的な他の従業員とも仲良くなれました。

 彼女がお茶を飲んでいると、他の従業員からパンや飴をもらったり、所長からコーヒーをもらったりします。

 たとえ誰からも何ももらえなくても、ホテルの余り物や備品を食べるようになったので、ふっくらしていきました。

 すると、彼女は綺麗だと噂されるようになります。さらに、妻子持ちの所長と浮気するようになりました。

 私はというと、むらさきのスカートの女の行動を知るために、いまだにストーカーのように彼女に張り付いています。

 所長とデートをする彼女の後をつけたり、所長が彼女の家に泊まるかどうかをチェックしたり、無銭飲食をして居酒屋に入ったりと執拗なまでに彼女に張り付いていました。

 このように、この物語は…。

スポンサーリンク

 歪んでいるのは「私」だけ?

 むらさきスカートの女が変わっているのではなく、歪んでいるのは「私」だけのように思えてきます。

 物語のはじめから「私」というフィルタを通して歪んだ事実を見せられていたのかもしれません。

 たしかに、むらさきのスカートの女は、日雇い労働者で、痩せていて、毎日むらさきのスカートを履くなど少し変わった特徴を持っていましたが、人並みの生活を手にすると、普通の女性になりました。

 ところが、私はそんな彼女をいつまでも「むらさきのスカートの女」としてストーキングするんですよね。

 だからこそ、実は私だけが狂っていて、そんな私の目を通してみると、むらさきのスカートの女という変わった女性像が浮かび上がったのでは?と思えてきます。

 今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』。気になった方は、ぜひ実際に読んで、この不思議な物語の謎に迫ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました