webstation plus

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?

 もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。

 ある意味、狂気とも言えるむらさきのスカートの女への執念に衝撃を受ける作品です。

 むらさきのスカートの女をストーカーのように観察する私

 物語の語り手は「私」。私はむらさきのスカートの女をストーカーのように観察していました。

 むらさきのスカートの女は、いつも、むらさきのスカートを履いています。週に一度はクリームパンを買いに商店街にやってきて、公園の決まったベンチに座ってパンを食べます。

 むらさきのスカートの女は、歩くだけで人目をひいていましたが、彼女はまわりがどんな反応を示そうと、自分のペースを崩しませんでした。

 ジャンケンをして負けた子供がむらさきのスカートの女の肩を触るという遊びをしても動じません。

 私はそんなむらさきのスカートの女と友達になりたいと思い、自分が働く職場へ彼女を誘導することにしました。

 求人誌に丸をつけてベンチに置いたり、面接に行く前にシャンプーの試供品を家のノブにかけたりします。

 その結果、むらさきのスカートの女は面接に受かり、私と同じ職場で働く事になるのですが…。

 どんどん普通の女性になっていくむらさきのスカートの女

 むらさきのスカートの女は、どんどん普通の女性になっていきました。

 ホテルの清掃員として働き始めた彼女は、小さかった声も初日から大きく出せるようになります。そのおかげで、個性的な他の従業員とも仲良くなれました。

 彼女がお茶を飲んでいると、他の従業員からパンや飴をもらったり、所長からコーヒーをもらったりします。たとえ誰からも何ももらえなくても、ホテルの余り物や備品を食べるようになったので、ふっくらしていきました。

 すると、彼女は綺麗だと噂されるようになります。さらに、妻子持ちの所長と浮気するようになりました。

 私はというと、むらさきのスカートの女の行動を知るために、いまだにストーカーのように彼女に張り付いています。

 所長とデートをする彼女の後をつけたり、所長が彼女の家に泊まるかどうかをチェックしたり、無銭飲食までして居酒屋に入ったりと執拗なまでに彼女に張り付いていました。

 このように、この物語は…。

 歪んでいたのは「私」だけ?

 歪んでいたのは「私」だけのように思えてきます。物語のはじめから「私」というフィルタを通して歪んだ事実を見せられていたのかもしれません。

 たしかに、むらさきのスカートの女は、日雇い労働者で、痩せていて、毎日むらさきのスカートを履くなど少し変わった特徴を持っていましたが、人並みの生活を手にすると、普通の女性になりました。

 ところが、私はそんな彼女をいつまでも「むらさきのスカートの女」としてストーキングするんですよね。

 だからこそ、実は私だけが狂っていて、そんな私の目を通してみると、むらさきのスカートの女という変わった女性像が浮かび上がったのでは?と思えてきます。

 今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』。気になった方は、ぜひ実際に読んで、この不思議な物語の謎に迫ってみてはどうでしょうか。

 関連記事

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに気づき、衝撃を受けました。  私にも …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的で論理的な推理が楽しめるミステリー小説

 科学的で論理的な物語はお好きですか?  私は技術者として働いているので、毎日のように科学的で論理的な会話を繰り広げていますが、東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』は、そんな私でも「すごい!」「面白い!」と思えるトリックが …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …