webstation plus

moon_01

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。

 たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けしようとするのもそのひとつだろう。お金を儲けたいという結果(=光)だけが欲しくて、そのための努力(=影)はしたくもない。プロセスがどうあれ、結果がよければ幸せになれると思っている。

 しかし、はたして本当にそうなのだろうか。光だけを追い求めていけば、幸せになれるのだろうか。小説『影法師』は、光だけでなく影の存在の大切さを教えてくれる。

 主人公の勘一は、江戸時代の小さな藩で下士(下級武士)として生まれた。当時の下士は上士(上級武士)から理不尽な仕打ちを受けていたが、なかでも勘一の父は理不尽な理由で斬られてしまう。子どもが跪いて頭を下げなかった――たった、それだけでの理由でだ。

 もちろん、父を斬られたからといってやり返すことなどできない。勘一は父を失った悲しみと悔しさで泣き崩れるしかなかった。そんな勘一をみて「武士の子が泣くものではない」と励ました子どもがいる。勘一と同い年の磯貝彦四郎だ。勘一はこの言葉によって武士としての魂を取り戻す。

 それから六年後。13歳になった勘一は、剣の修行と学問、そして家計を助けるための内職などで、目が回るような忙しい毎日を過ごしていた。そんな勘一にチャンスが訪れる。才能が認められ、下士では通うことができなかった藩校に特別入学を許されたのである。

 勘一は藩校に通うようになった。しかし、上士たちは徹底的に彼をいじめた。下士の分際で藩校に通うのは生意気だというのである。それでも勘一はめげなかった。一方的にやられはせず、反撃もした。しかし、反撃すればするほど皆から無視されるようになった。そうして、孤独な藩校生活を過ごしていた勘一に唯一声をかけてくれた人物がいた。磯貝彦四郎だ。

 彦四郎は、文武両道の天才だった。学問も剣術もすぐに上達し、素晴らしい才能を発揮していた。しかし、だからといって偉そうにもしない。勘一はそんな彦四郎に尊敬の念をもって接するようになる。

 しかし、ある事件をきっかけに彦四郎は変わってしまった。その事件とは、百姓一揆の首謀者とその家族たちが公開処刑された事件である。この出来事をとおして勘一はある夢を描くようになった。それは「武士も領民もすべて米で成り立っている。それなら、大坊潟(海水が混ざった湖)を開拓し、田んぼに変えることができれば、百姓たちがこれ以上殺されることはない」――つまり、大坊潟の開拓を自分の手で成し遂げようと決意したのだ。そして、それを知った彦四郎はある事件を起こして脱藩してしまう。

 それから数十年後。勘一は大坊潟の開拓を自らの手で成し遂げる。一方の彦四郎は、浪人としてすでに亡くなっていた。そこで勘一は、彦四郎が脱藩してからの人生をたどっていくことにしたのだが――その結果、彦四郎が裏で勘一の手助けをしていたことがわかる。そう、この物語は勘一という「光」と、その彼を裏で支え続けてきた彦四郎という「影」の物語なのである。

 では、なぜ彦四郎は「影」であろうとしたのか。それは「光」あるところには必ず「影」があることを知っていたからだ。人生をかけるに値する勘一の夢を実現するには、誰かが「影」として暗躍する必要がある。その役を自ら買ってでたのである。実際、勘一の前には多くの邪魔が入った。しかし、そのたびに彦四郎が裏で助け続けてたのである。もちろん、勘一には何も告げずに――まさに、武士道そのものではないか。

 さて、この物語からわかることは、「光」あるところには必ず「影」が存在するということ。そして、誰かが「影」を引き受けてくれているからこそ、「光」輝ける人がいるということである。

 だから、もし「光」だけを追い求めるような生き方をしているのであれば――結果さえよければプロセスなどどうでもいいと思っているようなら、いずれ「影」の存在に悩まされることになるだろう。勘一のように「彦四郎」に何もしてあげられなかった自分を一生恥じることになるだろう。それが嫌なら、いさぎよく「影」も引き受けるべきだ。

 関連記事

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …