webstation plus

 「光が多いところでは、影も強くなる」とゲーテが言ったように、光あるところには必ず影が存在します。

 しかし、私たちは光だけを追い求めて、影の存在を否定しがちですよね。

 たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けしようとするのもそのひとつです。お金儲けしたいという結果(=光)だけが欲しくて、そのための努力(=影)はしたくありません。

 プロセスがどうあれ、結果さえよければ幸せになれると思っているんですよね。

 理不尽な世界を実力でのし上がった主人公

 物語の舞台は江戸時代の小さな藩・茅島藩。ここで下級武士として生まれた戸田勘一は理不尽な目にあってきました。

 たとえば、上士と出会ったときは、道に跪いて頭を下げる必要がありましたが、その日は妹が新しい服を着ており、しかも道が雨でぬかるんでいたので、嫌がりました。

 そこで父は手ぬぐいを敷いて頭を下げるように促しますが、上士が因縁をつけてくるんですよね。

 それだけでなく、反抗的な態度を見せた勘一を斬り殺そうとしたので、逆に父が斬り捨てました。しかし、その責任を取らされ父が殺されてしまいます。

 つまり、上士は何をしても許され、下士は何があっても我慢するのが当たり前の世界だったのです。

 勘一はこんな理不尽な世界を変えたいと願い、剣の修行と学問に励みました。そのおかげで、チャンスが巡ってきます。

 そのチャンスとは…。

 唯一無二の親友・磯貝彦四郎と出会う

 下士には通うことができなかった藩校に特別入学を許されたのです。

 しかし、上士たちは徹底的に彼をいじめました。「下士の分際で生意気だ」と集団で嫌がらせをしたのです。そんな勘一に唯一声をかけたのが磯貝彦四郎でした。

 彦四郎は、文武両道の天才でした。学問も剣術もすぐに上達しますが、偉そうにしません。勘一はそんな彦四郎に尊敬の念をもって接するようになります。唯一無二の親友として扱うようになるんですよね。

 ところが、百姓一揆の首謀者とその家族が公開処刑された事件をきっかけに彦四郎は変わってしまいました。信じられない事件を起こして脱藩します。

 一方の勘一は、百姓一揆の事件をきっかけに大干潟の開拓を実現したいという夢を描くようになりました。大坊潟(海水が混ざった湖)を開拓し、田んぼに変えることができれば、百姓たちが殺される理由がなくなると考えたからです。

 その後、勘一は大干潟開拓の夢を実現しますが…。

 光あるところには必ず影が存在する

 実は裏で彦四郎が助けていたことがわかります。彼が脱藩したのも、勘一の夢を実現するためでした。

 ところが、勘一はそのことにまったく気づきませんでした。それどころか、自分の力だけで成し遂げたと慢心していたんですよね。

 しかも、そのことに気づいたときには彦四郎はすでに亡くなっていました。それだけでなく…。

 物語の結末は実際に読んでもらうとして、光あるところには必ず影が存在します。

 それにもかかわらず、光だけを追い求めれば、勘一のように後悔してもしきれない苦悩を背負って生きることになるかもしれません。

 ◆

 百田尚樹さんの小説『影法師』。光だけでなく影も受け入れる強さが人生には必要だと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

芦沢央『火のないところに煙は』/ミステリーのようなホラー小説はお好きですか?

 子どもの頃、夏休みになるとテレビでホラー特集を見ていました。そんな懐かしい記憶を思い出させてくれた小説が芦沢央さんの『火のないところに煙は』。  ラストは呆気ない終わり方でしたが、短編ホラー小説としては楽しめました。 …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …