webstation plus

 「光が多いところでは、影も強くなる」とゲーテが言ったように、光あるところには必ず影が存在します。

 しかし、私たちは光だけを追い求めて、影の存在を否定しがちですよね。

 たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けしようとするのもそのひとつです。お金儲けしたいという結果(=光)だけが欲しくて、そのための努力(=影)はしたくありません。

 プロセスがどうあれ、結果さえよければ幸せになれると思っているんですよね。

 理不尽な世界を実力でのし上がった主人公

 物語の舞台は江戸時代の小さな藩・茅島藩。ここで下級武士として生まれた戸田勘一は理不尽な目にあってきました。

 たとえば、上士と出会ったときは、道に跪いて頭を下げる必要がありましたが、その日は妹が新しい服を着ており、しかも道が雨でぬかるんでいたので、嫌がりました。

 そこで父は手ぬぐいを敷いて頭を下げるように促しますが、上士が因縁をつけてくるんですよね。

 それだけでなく、反抗的な態度を見せた勘一を斬り殺そうとしたので、逆に父が斬り捨てました。しかし、その責任を取らされ父が殺されてしまいます。

 つまり、上士は何をしても許され、下士は何があっても我慢するのが当たり前の世界だったのです。

 勘一はこんな理不尽な世界を変えたいと願い、剣の修行と学問に励みました。そのおかげで、チャンスが巡ってきます。

 そのチャンスとは…。

 唯一無二の親友・磯貝彦四郎と出会う

 下士には通うことができなかった藩校に特別入学を許されたのです。

 しかし、上士たちは徹底的に彼をいじめました。「下士の分際で生意気だ」と集団で嫌がらせをしたのです。そんな勘一に唯一声をかけたのが磯貝彦四郎でした。

 彦四郎は、文武両道の天才でした。学問も剣術もすぐに上達しますが、偉そうにしません。勘一はそんな彦四郎に尊敬の念をもって接するようになります。唯一無二の親友として扱うようになるんですよね。

 ところが、百姓一揆の首謀者とその家族が公開処刑された事件をきっかけに彦四郎は変わってしまいました。信じられない事件を起こして脱藩します。

 一方の勘一は、百姓一揆の事件をきっかけに大干潟の開拓を実現したいという夢を描くようになりました。大坊潟(海水が混ざった湖)を開拓し、田んぼに変えることができれば、百姓たちが殺される理由がなくなると考えたからです。

 その後、勘一は大干潟開拓の夢を実現しますが…。

 光あるところには必ず影が存在する

 実は裏で彦四郎が助けていたことがわかります。彼が脱藩したのも、勘一の夢を実現するためでした。

 ところが、勘一はそのことにまったく気づきませんでした。それどころか、自分の力だけで成し遂げたと慢心していたんですよね。

 しかも、そのことに気づいたときには彦四郎はすでに亡くなっていました。それだけでなく…。

 物語の結末は実際に読んでもらうとして、光あるところには必ず影が存在します。

 それにもかかわらず、光だけを追い求めれば、勘一のように後悔してもしきれない苦悩を背負って生きることになるかもしれません。

 ◆

 百田尚樹さんの小説『影法師』。光だけでなく影も受け入れる強さが人生には必要だと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

東野圭吾『予知夢』感想/幽霊やポルターガイスト現象はすべて科学で説明できる!?

 幽霊やポルターガイスト現象を信じていますか?  私はあまり信じていませんが、東野圭吾さんの小説『予知夢』の主人公はまったく信じていませんでした。それどころか、すべての心霊現象は科学的に説明できると信じて疑わないんですよ …

知念実希人『レフトハンド・ブラザーフッド』は依存性の強い人間の末路を描いた物語

 何かに依存していませんか?  ゲームやお酒・タバコ、異性や親子関係、さらにはクスリ…などなど、何かに依存していると、恐ろしいことになるかもしれません。  そんな依存性の強い人たちの末路を描いた物語が、知念実希人さんの小 …

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

伊坂幸太郎『砂漠』/学生のバカなノリはお好きですか?

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。  しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描 …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …