webstation plus

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。

 久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、それ以上に警察や法律って何のために存在するんだろう…と考えさせられる物語でした。

 役立たずの警察と法律

 現実でも証拠不十分で無罪になる事件がありますよね。特にレイプ犯など証拠を立証するのが難しい事件に多いように思います。

 『沈黙のパレード』に登場する殺人犯もそのひとり。彼は12歳の少女を殺しますが、証拠不十分で無罪になりました。

 しかも、それから19年後。またしても彼はある女性を殺しますが、自供をしなかったので起訴されませんでした。

 これでは警察がいる意味なんてありませんよね。沈黙を続ければ、法律は極悪人を守るためにあるようにさえ思えてきます。

 これだけでもムカつく物語ですが、それだけでは終わりませんでした。

 復讐した人たちを追い詰める草薙たち警察

 無罪になった殺人犯。しかし、どう考えても納得できない被害者家族とその関係者たちは復讐することを決意します。

 ところが、草薙たち警察はこの犯罪に関わった人たちを徹底的に追い詰めていくんですよね。

 もちろん、復讐は褒められたものではありません。しかし、本当に解決すべき事件はこの事件じゃないだろうって思えてきます。

 日本は法治国家だから、当然だろうと言われればそれまでですが、それなら上手く犯罪を犯したもの勝ちですよね。どれだけ悪いことをしても、証拠不十分なら無罪になるのですから。

 そんな法治国家の弱点を見事に描いた小説が『沈黙のパレード』。とてもムカつく物語ですが、ガリレオの復活にふさわしいテーマだと思います。

 最後はいろんな意味で衝撃が待ち受けている

 東野圭吾さんと言えばどんでん返し。今回の物語もラストで衝撃を受けるのは間違いありませんが、それだけではありませんでした。

 これまで天使のように描かれてきた被害者がラストで嫌な奴だとわかるんですよね。とても身勝手で、ある意味では殺されても仕方がないというか…。

 そんな被害者のために人生をかけて復讐した人たちは一体何だったの?この物語はガリレオさえカッコよく見えれば良かったの?…なんて穿った考えが次々と浮かんできます。

 とはいえ、これまでの東野圭吾さんの作品を思い返してみると、登場人物のほとんどが憎たらしい部分を持っています。性悪説というか、登場人物のほとんどが嫌な奴なんですよね。

 このように考えると、今回の物語もとても東野圭吾さんらしい小説だと思います。読んでいて嫌になるところも多いですが、色々考えさせられるのでおすすめです。

 関連記事

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

コメディとしても楽しめるミステリー小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』感想

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。  もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャング …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

あなたの大切なものは何ですか?/小野寺史宜『ひと』感想

 あなたにとって大切なものは何ですか?お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所に無 …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …