webstation plus

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。

 久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、それ以上に警察や法律って何のために存在するんだろう…と考えさせられる物語でした。

 役立たずの警察と法律

 現実でも証拠不十分で無罪になる事件がありますよね。特にレイプ犯など証拠を立証するのが難しい事件に多いように思います。

 『沈黙のパレード』に登場する殺人犯もそのひとり。彼は12歳の少女を殺しますが、証拠不十分で無罪になりました。

 しかも、それから19年後。またしても彼はある女性を殺しますが、自供をしなかったので起訴されませんでした。

 これでは警察がいる意味なんてありませんよね。沈黙を続ければ、法律は極悪人を守るためにあるようにさえ思えてきます。

 これだけでもムカつく物語ですが、それだけでは終わりませんでした。

 復讐した人たちを追い詰める草薙たち警察

 無罪になった殺人犯。しかし、どう考えても納得できない被害者家族とその関係者たちは復讐することを決意します。

 ところが、草薙たち警察はこの犯罪に関わった人たちを徹底的に追い詰めていくんですよね。

 もちろん、復讐は褒められたものではありません。しかし、本当に解決すべき事件はこの事件じゃないだろうって思えてきます。

 日本は法治国家だから、当然だろうと言われればそれまでですが、それなら上手く犯罪を犯したもの勝ちですよね。どれだけ悪いことをしても、証拠不十分なら無罪になるのですから。

 そんな法治国家の弱点を見事に描いた小説が『沈黙のパレード』。とてもムカつく物語ですが、ガリレオの復活にふさわしいテーマだと思います。

 最後はいろんな意味で衝撃が待ち受けている

 東野圭吾さんと言えばどんでん返し。今回の物語もラストで衝撃を受けるのは間違いありませんが、それだけではありませんでした。

 これまで天使のように描かれてきた被害者がラストで嫌な奴だとわかるんですよね。とても身勝手で、ある意味では殺されても仕方がないというか…。

 そんな被害者のために人生をかけて復讐した人たちは一体何だったの?この物語はガリレオさえカッコよく見えれば良かったの?…なんて穿った考えが次々と浮かんできます。

 とはいえ、これまでの東野圭吾さんの作品を思い返してみると、登場人物のほとんどが憎たらしい部分を持っています。性悪説というか、登場人物のほとんどが嫌な奴なんですよね。

 このように考えると、今回の物語もとても東野圭吾さんらしい小説だと思います。読んでいて嫌になるところも多いですが、色々考えさせられるのでおすすめです。

 関連記事

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』/リスクを取れば一発逆転できるかも

 一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。  リスクを取るしかない   …

有川浩『図書館戦争』/好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

秋吉理香子『ジゼル』感想/バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?  私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。 …

芦沢央『火のないところに煙は』/ミステリーのようなホラー小説はお好きですか?

 子どもの頃、夏休みになるとテレビでホラー特集を見ていました。そんな懐かしい記憶を思い出させてくれた小説が芦沢央さんの『火のないところに煙は』。  ラストは呆気ない終わり方でしたが、短編ホラー小説としては楽しめました。 …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …