webstation plus

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。

 久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、それ以上に警察や法律って何のために存在するんだろう…と考えさせられる物語でした。

 役立たずの警察と法律

 現実でも証拠不十分で無罪になる事件がありますよね。特にレイプ犯は無罪になるケースが多いように思います。

 『沈黙のパレード』に登場する殺人犯もそのひとり。彼は12歳の少女を殺しますが、証拠不十分で無罪になりました。

 しかも、それから19年後。またしても彼はある女性を殺しますが、自供をしなかったので起訴されませんでした。

 これでは警察がいる意味なんてありませんよね。沈黙を続ければ、法律は極悪人を守るためにあるようにさえ思えてきます。

 これだけでもムカつく物語なのですが、それだけでは終わりませんでした。

 復讐した人たちを追い詰める草薙たち警察

 無罪になった殺人犯。しかし、どう考えても納得できない被害者家族とその関係者たちは復讐することを決意します。

 ところが、草薙たち警察はこの犯罪に関わった人たちを徹底的に追い詰めるんですよね。

 もちろん、復讐は褒められたものではありません。しかし、本当に解決すべき事件はこの事件じゃないだろうって思えてきます。

 日本は法治国家だから、当然だろうと言われればそれまでですが、それなら上手く犯罪を犯したもの勝ちですよね。どれだけ悪いことをしても、証拠不十分なら無罪になるのですから。

 そんな法治国家の弱点を見事に描いた小説が『沈黙のパレード』。とてもムカつく物語ですが、ガリレオの復活にふさわしいテーマだと思います。

 最後はいろんな意味で衝撃が待ち受けている

 東野圭吾さんと言えばどんでん返し。今回の物語もラストで衝撃を受けるのは間違いありませんが、それだけではありませんでした。

 これまで天使のように描かれてきた被害者がラストで微妙な奴だとわかるんですよね。とても身勝手で、ある意味では殺されても仕方がないというか…。

 そんな被害者のために人生をかけて復讐した人たちは一体何だったの?この物語はガリレオさえカッコよく見えれば良かったの?――なんて穿った考えが次々と浮かんできます。

 とはいえ、これまでの東野圭吾さんの作品を思い返してみると、登場人物のほとんどが憎たらしい部分を持っています。性悪説というか、登場人物のほとんどが嫌な奴なんですよね。

 このように考えると、今回の物語もとても東野圭吾さんらしい小説なんだと思えてきます。嫌な奴らが登場する小説ですが、色々考えさせられるのでおすすめです。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手で、これまであまり読んでこなかったのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小 …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …