webstation plus

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。

 久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、それ以上に警察や法律って何のために存在するんだろう…と考えさせられる物語でした。

 役立たずの警察と法律

 現実でも証拠不十分で無罪になる事件がありますよね。特にレイプ犯など証拠を立証するのが難しい事件に多いように思います。

 『沈黙のパレード』に登場する殺人犯もそのひとり。彼は12歳の少女を殺しますが、証拠不十分で無罪になりました。

 しかも、それから19年後。またしても彼はある女性を殺しますが、自供をしなかったので起訴されませんでした。

 これでは警察がいる意味なんてありませんよね。沈黙を続ければ、法律は極悪人を守るためにあるようにさえ思えてきます。

 これだけでもムカつく物語ですが、それだけでは終わりませんでした。

 復讐した人たちを追い詰める草薙たち警察

 無罪になった殺人犯。しかし、どう考えても納得できない被害者家族とその関係者たちは復讐することを決意します。

 ところが、草薙たち警察はこの犯罪に関わった人たちを徹底的に追い詰めていくんですよね。

 もちろん、復讐は褒められたものではありません。しかし、本当に解決すべき事件はこの事件じゃないだろうって思えてきます。

 日本は法治国家だから、当然だろうと言われればそれまでですが、それなら上手く犯罪を犯したもの勝ちですよね。どれだけ悪いことをしても、証拠不十分なら無罪になるのですから。

 そんな法治国家の弱点を見事に描いた小説が『沈黙のパレード』。とてもムカつく物語ですが、ガリレオの復活にふさわしいテーマだと思います。

 最後はいろんな意味で衝撃が待ち受けている

 東野圭吾さんと言えばどんでん返し。今回の物語もラストで衝撃を受けるのは間違いありませんが、それだけではありませんでした。

 これまで天使のように描かれてきた被害者がラストで嫌な奴だとわかるんですよね。とても身勝手で、ある意味では殺されても仕方がないというか…。

 そんな被害者のために人生をかけて復讐した人たちは一体何だったの?この物語はガリレオさえカッコよく見えれば良かったの?…なんて穿った考えが次々と浮かんできます。

 とはいえ、これまでの東野圭吾さんの作品を思い返してみると、登場人物のほとんどが憎たらしい部分を持っています。性悪説というか、登場人物のほとんどが嫌な奴なんですよね。

 このように考えると、今回の物語もとても東野圭吾さんらしい小説だと思います。読んでいて嫌になるところも多いですが、色々考えさせられるのでおすすめです。

 関連記事

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』は読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私はミステリーが好きでよく読んでいますが、あまり推理をせずに物語を追いかけてきました。  しかし、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』では推理せざるを得なくなったんですよね。容疑者である二 …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

伊坂幸太郎『クジラアタマの王様』感想/未来を切り拓くのは誰だ!?

 今を一生懸命に生きていますか?  私は一生懸命に生きているつもりでしたが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したん …