webstation plus

(※『忍びの国』表紙より)


 和田竜さんの小説『忍びの国』。

 織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし!?

 今回は『忍びの国』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『忍びの国』のあらすじ

 物語の舞台は戦国時代の日本。武田や北条など多くの武将が天下を取ろうとしのぎを削るなか、頭角をあらわしたのが織田信長でした。

 信長はすでに伊勢、近江、大和など多くの国を制圧していましたが、伊賀攻めには慎重になっていました。なぜなら、伊賀には虎狼の族(ころうのやから:欲深く残忍な人間)が大勢潜んでいたからです。

 一方、伊賀の忍びたちは、信雄が攻めてくるよう策略を仕掛けます。まんまと策にはまった信雄が伊賀忍者たちと一戦を交える!?

 自分の利益しか考えない伊賀忍者たち

 伊賀忍者たちが信雄を煽ったのは、下人の価値を高めるためでした。

 信雄の軍勢を打ち破れば、織田家の軍勢を打ち破ったものとして、伊賀の武名が天下に轟きます。そうなれば、織田家に抵抗する大名たちが争って伊賀の下人を雇い入れるはず。つまり儲けることができます。

 そこで伊賀の地侍・下山甲斐は、息子の平兵衛にある策を仕掛けました。「その腕絶人の域」と評された無門(むもん)に弟を殺させたのです。

 普通の伊賀忍者であれば、目的のために他人を出しぬき、人を殺すことを何とも思っていません。しかし、平兵衛は変わり者でした。弟を殺されたことに怒りを覚えたのです。

 その結果、平兵衛は信雄軍に下り、伊賀に攻め入るよう信雄に進言します。父の策略どおり。

 「利益になりさえすれば息子も殺す」という伊賀忍者たちの考えに驚愕する物語です。

 育った環境の影響力がすごい!?

 その後、下山甲斐の策略どおり信雄は伊賀に攻め込みました。しかし、誤算が生じます。下人の半数以上が逃げ出したのです。

 伊賀の地侍たちにとって、下人は奴隷のようなもの。小さい頃から「自分の命令は絶対」と頭に刷り込んできたので、逆らうはずがないと思っていました。

 しかし、下人たちも伊賀忍者。自分の利益にならないことを悟ると、その多くが逃げ出したのです。

 さらに驚くことに、逃げ出した下人たちは、信雄との戦が金になることを知ると、何事もなかったかのように信雄軍に攻めかかります。目の色を変えて――。

 誰もが育った環境に影響を受けているとは思っていましたが、ここまでの影響力があるとは思っていませんでした。子を持つ親としては、子どもにとって良い家庭環境を整えようと思える物語です。

 失ってはじめて気づくこと

 「その腕絶人の域」と評された無門も伊賀の下人。もちろん、彼も自分の利益しか考えていませんでしたが、大事な人を失ってはじめてあることに気づきました。それは、

「おのれらは人間ではない」

 ということ。周囲にいる人間が異常であれば、それに同化していても異常とは思いません。無門も、盗みや騙し、人殺しを当然のこととして生きてきました。

 しかし、大切な人が殺されてはじめて、他人の気持ちがわかります。大切な人を殺されるということが、これほど苦しいものだったのかと――。

 自分が抱える問題に気づくのは、何かを失ったときなのかもしれませんね。

 最後に

 和田竜さんの小説『忍びの国』。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

自分らしく生きるとは?柚木麻子『BUTTER』は首都圏連続不審死事件をテーマにした小説

(※『BUTTER』表紙より)  柚木麻子さんの小説『BUTTER』。  首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。  読 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …