忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

おすすめ小説

(※『忍びの国』表紙より)

 和田竜さんの小説『忍びの国』。

 織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし!?

 今回は『忍びの国』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。




スポンサーリンク

 『忍びの国』のあらすじ

 物語の舞台は戦国時代の日本。武田や北条など多くの武将が天下を取ろうとしのぎを削るなか、頭角をあらわしたのが織田信長でした。

 信長はすでに伊勢、近江、大和など多くの国を制圧していましたが、伊賀攻めには慎重になっていました。なぜなら、伊賀には虎狼の族(ころうのやから:欲深く残忍な人間)が大勢潜んでいたからです。

 一方、伊賀の忍びたちは、信雄が攻めてくるよう策略を仕掛けます。まんまと策にはまった信雄が伊賀忍者たちと一戦を交える!?

スポンサーリンク

 自分の利益しか考えない伊賀忍者たち

 伊賀忍者たちが信雄を煽ったのは、下人の価値を高めるためでした。

 信雄の軍勢を打ち破れば、織田家の軍勢を打ち破ったものとして、伊賀の武名が天下に轟きます。そうなれば、織田家に抵抗する大名たちが争って伊賀の下人を雇い入れるはず。つまり儲けることができます。

 そこで伊賀の地侍・下山甲斐は、息子の平兵衛にある策を仕掛けました。「その腕絶人の域」と評された無門(むもん)に弟を殺させたのです。

 普通の伊賀忍者であれば、目的のために他人を出しぬき、人を殺すことを何とも思っていません。しかし、平兵衛は変わり者でした。弟を殺されたことに怒りを覚えたのです。

 その結果、平兵衛は信雄軍に下り、伊賀に攻め入るよう信雄に進言します。父の策略どおり。

 「利益になりさえすれば息子も殺す」という伊賀忍者たちの考えに驚愕する物語です。

スポンサーリンク

 育った環境の影響力がすごい!?

 その後、下山甲斐の策略どおり信雄は伊賀に攻め込みました。しかし、誤算が生じます。下人の半数以上が逃げ出したのです。

 伊賀の地侍たちにとって、下人は奴隷のようなもの。小さい頃から「自分の命令は絶対」と頭に刷り込んできたので、逆らうはずがないと思っていました。

 しかし、下人たちも伊賀忍者。自分の利益にならないことを悟ると、その多くが逃げ出したのです。

 さらに驚くことに、逃げ出した下人たちは、信雄との戦が金になることを知ると、何事もなかったかのように信雄軍に攻めかかります。目の色を変えて――。

 誰もが育った環境に影響を受けているとは思っていましたが、ここまでの影響力があるとは思っていませんでした。子を持つ親としては、子どもにとって良い家庭環境を整えようと思える物語です。

 失ってはじめて気づくこと

 「その腕絶人の域」と評された無門も伊賀の下人。もちろん、彼も自分の利益しか考えていませんでしたが、大事な人を失ってはじめてあることに気づきました。それは、

「おのれらは人間ではない」

 ということ。周囲にいる人間が異常であれば、それに同化していても異常とは思いません。無門も、盗みや騙し、人殺しを当然のこととして生きてきました。

 しかし、大切な人が殺されてはじめて、他人の気持ちがわかります。大切な人を殺されるということが、これほど苦しいものだったのかと――。

 自分が抱える問題に気づくのは、何かを失ったときなのかもしれませんね。

 最後に

 和田竜さんの小説『忍びの国』。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました