webstation plus

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。

 他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。

 では、このような人たちの攻撃には、どのように対処すればいいのでしょうか。

 好きな人をゲットするためには手段を選ばない人たちの物語

 有川浩さんの小説『別冊図書館戦争2』には、好きな人をゲットするためには手段を選ばない人たちが多数登場します。

 ある男性はイケメンでお金持ちですが、必要以上に自分に自信を持っているので、その気持ち悪さが隠しきれません。

 それにも関わらず、モテていると勘違いして、相手にしつこく言い寄るんですよね。それこそストーカーまがいの行動を繰り返します。

 ある女性は、真面目でいい人そうに振るまっていますが、必要以上に真面目に振舞っているので、誰とも仲良くなれませんでした。それだけでなく、異常な性格が隠しきれず、気持ち悪さが漂っています。

 とはいえ、あからさまに攻撃してくるわけではないのでたちが悪い。姑息な手段を使って男性をゲットしようとします。

 このような姑息な手段を使うのは、まるで…。

 理不尽な理屈で主人公たちを取り締まろうとする良化委員と同じ

 言論の自由を取り締まる良化委員のようです。

 彼らは、正義の名の下に言論を取り締まっていますが、その本質は「臭いものには蓋をしてごまかそう」という思惑が見え隠れしています。

 実際、良化委員にとって「黒歴史」は反省すべきものではなく、消すべきものなので、自分の汚点を暴こうとする人に対して手段を選ばず攻撃します。

 その矛先は子供にだって向けられます。子供の絵本も検閲するんですよね。子供のために必要かどうかなんて、まったく考えていません。

 そんな正義を振りかざしながら自分のことばかり考えてる人たちの攻撃には、どのように対抗すればいいかと言うと…。

 事実を共有できる仲間を持とう

 事実を一つ一つ確認していくことです。どれだけ良い言葉を並べても、実際の行動はまるで違っているからです。

 そんな事実を確認していける仲間を見つければ、彼らの姑息な手段も、きっと見抜くことができるでしょう。

 ◆

 有川浩さんの小説『別冊図書館戦争2』。図書館戦争シリーズもこれで終わりを迎えますが、物語全体を通して「必要以上に正義を振りかざすのは悪だ」という有川さんの思いが伝わってくる小説でした。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

芦沢央『カインは言わなかった』感想/プロと素人の間には想像を絶する壁がある

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?  私はプロとして通用する仕事をしようと努力してきたつもりでしたが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある壁に愕然としました。  プロは人生のすべ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …