webstation plus

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。

 他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。

 では、このような人たちの攻撃には、どのように対処すればいいのでしょうか。

 好きな人をゲットするためには手段を選ばない人たちの物語

 有川浩さんの小説『別冊図書館戦争2』には、好きな人をゲットするためには手段を選ばない人たちが多数登場します。

 ある男性はイケメンでお金持ちですが、必要以上に自分に自信を持っているので、その気持ち悪さが隠しきれません。

 それにも関わらず、モテていると勘違いして、相手にしつこく言い寄るんですよね。それこそストーカーまがいの行動を繰り返します。

 ある女性は、真面目でいい人そうに振るまっていますが、必要以上に真面目に振舞っているので、誰とも仲良くなれませんでした。それだけでなく、異常な性格が隠しきれず、気持ち悪さが漂っています。

 とはいえ、あからさまに攻撃してくるわけではないのでたちが悪い。姑息な手段を使って男性をゲットしようとします。

 このような姑息な手段を使うのは、まるで…。

 理不尽な理屈で主人公たちを取り締まろうとする良化委員と同じ

 言論の自由を取り締まる良化委員のようです。

 彼らは、正義の名の下に言論を取り締まっていますが、その本質は「臭いものには蓋をしてごまかそう」という思惑が見え隠れしています。

 実際、良化委員にとって「黒歴史」は反省すべきものではなく、消すべきものなので、自分の汚点を暴こうとする人に対して手段を選ばず攻撃します。

 その矛先は子供にだって向けられます。子供の絵本も検閲するんですよね。子供のために必要かどうかなんて、まったく考えていません。

 そんな正義を振りかざしながら自分のことばかり考えてる人たちの攻撃には、どのように対抗すればいいかと言うと…。

 事実を共有できる仲間を持とう

 事実を一つ一つ確認していくことです。どれだけ良い言葉を並べても、実際の行動はまるで違っているからです。

 そんな事実を確認していける仲間を見つければ、彼らの姑息な手段も、きっと見抜くことができるでしょう。

 ◆

 有川浩さんの小説『別冊図書館戦争2』。図書館戦争シリーズもこれで終わりを迎えますが、物語全体を通して「必要以上に正義を振りかざすのは悪だ」という有川さんの思いが伝わってくる小説でした。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …