webstation plus

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。

 他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。

 では、このような人たちの攻撃には、どのように対処すればいいのでしょうか。

 好きな人をゲットするためには手段を選ばない人たちの物語

 有川浩さんの小説『別冊図書館戦争2』には、好きな人をゲットするためには手段を選ばない人たちが多数登場します。

 ある男性はイケメンでお金持ちですが、必要以上に自分に自信を持っているので、その気持ち悪さが隠しきれません。

 それにも関わらず、モテていると勘違いして、相手にしつこく言い寄るんですよね。それこそストーカーまがいの行動を繰り返します。

 ある女性は、真面目でいい人そうに振るまっていますが、必要以上に真面目に振舞っているので、誰とも仲良くなれませんでした。それだけでなく、異常な性格が隠しきれず、気持ち悪さが漂っています。

 とはいえ、あからさまに攻撃してくるわけではないのでたちが悪い。姑息な手段を使って男性をゲットしようとします。

 このような姑息な手段を使うのは、まるで…。

 理不尽な理屈で主人公たちを取り締まろうとする良化委員と同じ

 言論の自由を取り締まる良化委員のようです。

 彼らは、正義の名の下に言論を取り締まっていますが、その本質は「臭いものには蓋をしてごまかそう」という思惑が見え隠れしています。

 実際、良化委員にとって「黒歴史」は反省すべきものではなく、消すべきものなので、自分の汚点を暴こうとする人に対して手段を選ばず攻撃します。

 その矛先は子供にだって向けられます。子供の絵本も検閲するんですよね。子供のために必要かどうかなんて、まったく考えていません。

 そんな正義を振りかざしながら自分のことばかり考えてる人たちの攻撃には、どのように対抗すればいいかと言うと…。

 事実を共有できる仲間を持とう

 事実を一つ一つ確認していくことです。どれだけ良い言葉を並べても、実際の行動はまるで違っているからです。

 そんな事実を確認していける仲間を見つければ、彼らの姑息な手段も、きっと見抜くことができるでしょう。

 ◆

 有川浩さんの小説『別冊図書館戦争2』。図書館戦争シリーズもこれで終わりを迎えますが、物語全体を通して「必要以上に正義を振りかざすのは悪だ」という有川さんの思いが伝わってくる小説でした。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は昔話を探偵ものに仕立て上げたミステリー小説

 昔話はお好きですか?  私は教訓めいた物語があまり好きではないので、それほど好きではありませんが…。  青柳碧人さんの小説『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は、昔話から教訓を取っ払って探偵ものに仕立て上げ …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

伊坂幸太郎『クジラアタマの王様』感想/未来を切り拓くのは誰だ!?

 今を一生懸命に生きていますか?  私は一生懸命に生きているつもりですが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したんで …

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』はゴシップ記事は読まないに限ると思える物語

 ゴシップ記事はお好きですか?  私は昔からあまり好きではなく、ほとんど読んできませんでしたが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングは三つ数えろ』を読んで、さらに読みたくなくなりました。  三流記者に脅され、追い詰められ …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある!?

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

伊坂幸太郎『PK』感想/臆病は伝染する。そして勇気も伝染する

 勇気を振り絞って生きていますか?  私はできるだけ勇気を振り絞りながら生きているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『PK』を読んで、臆病も勇気も伝染することに気づきました。  そのため、今よりも勇気を振り絞って生きてい …

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』は人のために生きるのも悪くないかもしれないと思える物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  私はできるだけまわりの人たちと一緒に良くなる行動をとっているつもりですが、自分だけ幸せになれれば、他人はどうなったって構わない…と考えている人も多いように思います。  そんな …

東野圭吾『眠りの森』感想/好きなことを仕事にするのは本当に幸せなことなの?

 好きなことを仕事にしていますか?  私はどちらかと言えば好きなことを仕事にしていますが、東野圭吾さんの小説『眠りの森』を読んで、好きなことを仕事にするのは本当に幸せなことなのかな?と疑問をもつようになりました。  収入 …