webstation plus

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。

 他人の成果を横取りしたり、悪口やデマを流したり、力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。

 そんな人たちとはどう戦えばいいのでしょうか。

 好きな人をゲットするためには手段を選ばない人たちの物語

 今回の物語では、好きな人をゲットするためには手段を選ばない人たちが登場します。

 ある男性はイケメンでお金持ちですが、必要以上に自分に自信を持っているので、その気持ち悪さが隠しきれません。

 それにも関わらず、モテていると勘違いして、相手にしつこく言い寄るんですよね。それこそストーカーまがいの行動を繰り返します。

 ある女性は、真面目でいい人に見えるように振るまっていますが、必要以上に真面目に振舞っているので誰とも仲良くなれませんでした。

 それだけでなく、異常な性格が隠しきれず、気持ち悪さが漂っています。とはいえ、あからさまに攻撃してくるわけではないのでたちが悪い。姑息な手段を使って男性をゲットしようとします。

 このような姑息な手段を使うのは、まるで…。

 主人公たちを攻撃してくる良化委員と同じ

 言論の自由を取り締まる良化委員のようです。

 彼らは、正義の名の下に言論を取り締まっていますが、その背後には「臭いものには蓋をしてごまかそう」という思いが見え隠れしています。

 実際、良化委員にとって黒歴史は反省すべきものではなく、消すべきものなので、手段を選ばず攻撃してきます。

 もちろん、子供向けの絵本だって検閲します。むしろ絵本に関わる大人は大勢いるので、正義を振りかざしながら必死になって攻撃してくるんですよね。

 子供のことなんてこれっぽっちも考えていません。

 そんな正義を振りかざしながら自分のことばかり考えてる人たちとは、どう戦えばいいのでしょうか。

 事実を共有できる仲間を持とう

 彼らと戦うには事実を一つ一つ確認していく必要があります。なぜなら、口ではいい言葉を並べていますが、実際の行動は正反対だからです。

 そんな事実を確認していける仲間が見つかれば、彼らの姑息な手段も、きっと見抜くことができるでしょう。

 ◆

 有川浩さんの小説『別冊図書館戦争2』。図書館戦争シリーズもこれで終わりを迎えますが、必要以上に正義を振りかざすのは悪だとわかる物語でした。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

深緑野分『ベルリンは晴れているか』/戦争で得する人なんていない

 戦争の物語を読むのはツライですよね。  もちろん、今回紹介する小説『ベルリンは晴れているか』も残酷なシーンが多く、読むのがツラくなりますが、読み終わってみるとツラさよりも「戦争って誰が得するんだろう」という思いが強くな …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

人とのつながりが元気の源!?柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)  人とのつながりを大切にしていますか。  仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ忙しい …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …