webstation plus

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。

 しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。

 有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1』を読んで、図書館の危なさを痛感しました。

 正月になると図書館にやってくる困った人たち

 正月になると図書館には困った人たちが訪れます。酔っぱらいです。

 児童書があるコーナーには、大抵、子どもたちが座ったり寝転んだりできるように絨毯が敷かれていたり、フローリングになっていたりしますが、そこにふらふらやってきて大いびきをかいて寝てしまうそうです。

 もちろん、図書館員の方たちが他の人たちの迷惑になるから出て行くように誘導しますが、少しでも迷惑そうなニュアンスが伝わると「税金を払っているのに!」とか、「偉そうに!何様のつもりなんだ!」なんてクレームをつけてくるそうです。

 ほんとどうしようもない人たちですが、図書館員の方たちには、彼らを出て行かせる権限がないんですよね。

 それだけでなく…。

 普段からいろんな人たちが訪れる

 図書館にはホームレスの人たちが寝ぐらとして通い詰めています。

 私が通っている図書館でも、トイレの壁に「ここで洗濯しないでください」なんて張り紙が貼ってあったりします。

 さらに、「盗難が多発しているので、貴重品はお持ちください」という張り紙もあるので、置き引き犯も出入りしています。

 もちろん、図書館の本を盗みだそうとしたり、盗撮や痴漢をしようとする悪意のある人もいます。

 そんな誰でも出入りできる図書館は…。

 図書館はそれほど安全な場所ではない

 それほど安全な場所ではないんですよね。子どもをひとりで放っておくと、危険な目にあうかもしれません。

 もちろん、図書館以外でも同じですが、図書館というと「勉強する場所」「静かな場所」というイメージが強いので、必要以上に安全な場所だと勘違いしてしまいがちです。気をつけておきたいですね。

 ◆

 有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1』。有川浩さんがあとがきで書かれているように、物語としてはベタ甘な恋愛模様が描かれていますが、図書館のあるある話も楽しめる小説です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『ガソリン生活』/いじめをする人間にはアイデアがない

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしてきたつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本書は、知念 …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

浅田次郎『天切り松 闇がたり1』感想/効率を上げるのは自殺行為!?

 昔の自慢話をする人って嫌ですよね。  私も大嫌いですが、「昔はすごかったんだぞ!」と語りかけてくる物語があります。それが浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。  大正時代の悪党どもに「天切り松」と呼ばれる老人が昔 …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …