webstation plus

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。

 しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。

 有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1』を読んで、図書館の危なさを痛感しました。

 正月になると図書館にやってくる困った人たち

 正月になると図書館には困った人たちが訪れます。酔っぱらいです。

 児童書があるコーナーには、大抵、子どもたちが座ったり寝転んだりできるように絨毯が敷かれていたり、フローリングになっていたりしますが、そこにふらふらやってきて大いびきをかいて寝てしまうそうです。

 もちろん、図書館員の方たちが他の人たちの迷惑になるから出て行くように誘導しますが、少しでも迷惑そうなニュアンスが伝わると「税金を払っているのに!」とか、「偉そうに!何様のつもりなんだ!」なんてクレームをつけてくるそうです。

 ほんとどうしようもない人たちですが、図書館員の方たちには、彼らを出て行かせる権限がないんですよね。

 それだけでなく…。

 普段からいろんな人たちが訪れる

 図書館にはホームレスの人たちが寝ぐらとして通い詰めています。

 私が通っている図書館でも、トイレの壁に「ここで洗濯しないでください」なんて張り紙が貼ってあったりします。

 さらに、「盗難が多発しているので、貴重品はお持ちください」という張り紙もあるので、置き引き犯も出入りしています。

 もちろん、図書館の本を盗みだそうとしたり、盗撮や痴漢をしようとする悪意のある人もいます。

 そんな誰でも出入りできる図書館は…。

 図書館はそれほど安全な場所ではない

 それほど安全な場所ではないんですよね。子どもをひとりで放っておくと、危険な目にあうかもしれません。

 もちろん、図書館以外でも同じですが、図書館というと「勉強する場所」「静かな場所」というイメージが強いので、必要以上に安全な場所だと勘違いしてしまいがちです。気をつけておきたいですね。

 ◆

 有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1』。有川浩さんがあとがきで書かれているように、物語としてはベタ甘な恋愛模様が描かれていますが、図書館のあるある話も楽しめる小説です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

和田竜『のぼうの城』感想/リーダーシップとはすべてを仕切ることではない

 リーダーシップを発揮していますか?  私はリーダーシップと聞くと、軍隊の指揮官が思い浮かぶので、従えている人たちに指示を出すイメージを持っていましたが、和田竜さんの小説『のぼうの城』を読んで、そのイメージが覆されました …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

秋吉理香子『ジゼル』感想/バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?  私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。 …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

伊坂幸太郎『ガソリン生活』/いじめをする人間にはアイデアがない

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …

伊坂幸太郎『クジラアタマの王様』感想/未来を切り拓くのは誰だ!?

 今を一生懸命に生きていますか?  私は一生懸命に生きているつもりでしたが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したん …