webstation plus

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。

 しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。

 有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1』を読んでそんなことを考えていました。

 正月になると図書館にやってくる困った人たち

 正月になると図書館には困った人たちが訪れます。それは酔っぱらいです。

 児童書があるコーナーは、大抵、子どもたちが座ったり寝転んだりできるように絨毯が敷かれていたり、フローリングになっていたりするのですが、そこにふらふらやってきて大いびきをかいて寝てしまうそうです。

 もちろん、図書館員の方たちが他の方の迷惑になるから出て行くように誘導しますが、少しでも言葉を間違うと「税金を払っているのに!」とか、「偉そうに!何様のつもりなんだ!」なんてクレームをつけてくるそうです。

 ほんとどうしようもない人たちですが、図書館員の方たちには、彼らを出て行かせる権限がないみたいなんですよね。

 それだけでなく…。

 普段からいろんな人たちが訪れる

 図書館にはホームレスの人たちが寝ぐらとして通い詰めています。

 私が通っている図書館でも、トイレの壁に「ここで洗濯しないでください」なんて張り紙が貼ってあったりします。

 それだけでなく、「盗難が多発しているので、貴重品はお持ちください」という張り紙も貼ってあるので、置き引き犯も出入りしています。

 もちろん、図書館の本を盗みだそうとしたり、盗撮や痴漢をしようとする悪意のある人間もいます。

 そんな誰でも出入りできる図書館は…。

 図書館はそれほど安全な場所ではない

 それほど安全な場所ではないんですよね。子どもをひとりで放っておくと、危険な目にあうかもしれません。

 もちろん、図書館以外でも同じですが、図書館というと「勉強する場所」「静かな場所」というイメージが強いので、必要以上に安全な場所だと勘違いしてしまいがちです。気をつけておきたいですね。

 ◆

 有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1』。有川浩さんがあとがきで書かれているように、ベタ甘な恋愛模様が描かれていますが、図書館のあるある話も楽しめる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …