webstation plus

「すぐ始めよ、始めた者が成功する」

 とは、本『「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう』に書かれていた言葉ですが、行動しない人に限って「やらない理由」をグダグダ並べています。

 「やり方がわからない」「失敗したらどうするの?」「お金や時間的な余裕がない」…などなど。

 とはいえ、闇雲に行動するのも良くありません。地図も見ずに車を走らせたら、目的地には辿り着けませんよね。

 そこで、とりあえずのゴールを決める必要があります。

 しかし、とりあえずのゴールも見つからない…という人も多いのではないでしょうか。

 そこでまずは、とりあえずのゴールの見つけ方について紹介したいと思います。

 とりあえずのゴールの見つけ方とそのゴールへの到達方法

 やり方はいたってシンプルです。まずは、やりたくないことをできる限り挙げてみます。

 たとえば、

・定時出社したくない
・無謀な計画を実行したくない
・残業が多い会社で働きたくない
・うるさい上司がいる会社で働きたくない
・ノルマのある仕事は嫌だ
・無駄な会議はしたくない
・ルーチンワークはしたくない

 などなど。こうして嫌なことを挙げると、自分のやりたいことが見えてきます。

「自由な時間に仕事が始められて、自分で仕事内容や計画がコントロールできるクリエイティブな仕事」

 私の場合だと、フリーランスでのソフト開発、またはライターの仕事を望んでいることがわかりました。

 では、どうすればそんな仕事ができるようになるのでしょうか。

 それは、10年後、5年後、3ヶ月後に達成するゴールを具体的にイメージして行動に移すことです。

 たとえば、10年後に「Webライター兼フリーのソフトウェア開発エンジニア」になっていたいのなら、5年後には「年間のはてブ数5位以内&社内で開発賞を取る」ことを目指し、さらに逆算して3ヶ月後には、「ブログで45記事書く&開発ソフトウェアのアルゴリズムを決定する」などの具体的な目標に落とし込みます。

 もちろん、行動することでゴールが変わる可能性はありますが、目的地を意識して行動すれば、今よりも大きな成果が得られるはず。

 では、次に本書で紹介されていた具体的な3つのトピックについて、小さな成果で大きな結果を得る方法をメモ形式で紹介していきます。

 小さな成果で大きな結果を得る方法

1. 人生が180度変わる読書術

▪️読書が必要な理由
・成功する人は必ず本を読んでいる。
・ビジネス書を読めば、絶対に会えない人たちの話が聞ける。
・成功者たちの試行錯誤の末の成功法則が数時間で理解できる。
・読んだら実践する。真似をすればいい。

▪️本の読み方
・感じたこと、重要だと思ったことは本に書き込む。
・必要なところだけ読む。
・具体的な目標を持って本を読む。自分にとって読みやすい本がベスト。
・同じジャンルの本をたくさん読む。そうすれば重要な箇所が明確になる。
・制限時間を設ける。
・必ずアウトプットする(メモを作るなど)。

2. “世界”が広がる究極の英語習得術

▪️英語が必要な理由
・パソコンと同じように英語が出来ないと仕事がなくなる。
・英語ができる人とできない人で格差が広がる。情報、収入、時間、人脈、楽しみ、思考などなど。
・ネットで検索すれば、世界中から情報が手に入れられる。

▪️英語学習方法
・毎日1.5時間、週末には1時間プラスして3ヶ月で180時間を達成する。
・ペラペラではなく通じるレベルを目指す。
・間違えてもいいのでとにかく口にする。
・ただし、狭い範囲の偏った英単語100個、言い回し20個は完璧に覚える。

3. 人生が永遠に楽しくなる“人脈”の極め方

▪️人脈とは?
・誰を知っているかではなく、誰に知られているか。
・志の高い仲間のこと。相乗効果で互いに成長していける仲間のこと。

▪️人脈の作り方
・「してもらう」ではなく「してあげる」。
・相手に対して自分はどんな貢献ができるかを常に考える。
・会いたいと思われる人間に成長する。

 最後に

 今回は、とりあえずのゴールの見つけ方とそのゴールへの到達方法、そして小さな成果で大きな結果を得る方法を紹介してきました。

 まずは目標を立て、それに向かって読書をしたり、同じ志を持つ仲間と切磋琢磨しながら突き進んでいくことが大切なんですね。

 ものすごく当たり前のことですが、私も実践できてないことがあったので、今日から取り入れて行動していきたいと思います。

 より詳しい内容が知りたい方は、本書をお読みください。

 関連記事

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

幸せになりたいなら今すぐやるべき3つのこと

(※『四つ話のクローバー』表紙より)  幸せになりたいと思っていませんか?  しかし、どれだけ幸せになりたいと願っても、今のままでは幸せになれません。幸せになれる人は、今この瞬間も幸せを感じているからです。  では、どう …

よくわからない体調不良は「首こり」が原因!?

 原因がよくわからない体調不良に悩まされていませんか。  私は悩まされていました。頭がぼんやりしたり、疲れやすかったり、お昼を過ぎると急激に眠たくなったり。  実はこのような体調不良は「首こり」に原因があるそうです。もっ …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

自分にあった本を選んでる?専門書が読めない人のための読書術

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。  私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。  もし、私と同じように挫折している …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …