webstation plus

 2017年10月9日放送の「Qさま!!」で発表された「東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30」。

 私は国語の教科書でしか読んだことがない本ばかりでしたが、「この機会に改めて読んでみよう!」&「子どもたちにも読んでほしい!」と思った本が多かったので、まとめとして残すことにしました。読み終えたら随時感想を更新していく予定です。

 今回は「東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30」を紹介します。

 東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30

30位 『銀河鉄道の夜』宮沢賢治

29位 『雪国』川端康成

28位 『火垂るの墓』野坂昭如

27位 『枕草子』清少納言

26位 『資本論』マルクス、エンゲルス

25位 『罪と罰』ドストエフスキー

24位 『細雪』谷崎潤一郎

23位 『伊豆の踊子』川端康成

22位 『二十四の瞳』壺井栄

21位 『吾輩は猫である』夏目漱石

20位 『老人と海』ヘミングウェイ

19位 『スーホーの白い馬』

18位 『舞姫』森鴎外

17位 『変身』フランツ・カフカ

16位 『レ・ミゼラブル』ヴィクトル・ユゴー

15位 『車輪の下』ヘルマン・ヘッセ

14位 『徒然草』吉田兼好

13位 『蟹工船』小林多喜二

12位 『坊ちゃん』夏目漱石

11位 『アンネの日記』アンネ・フランク

10位 『走れメロス』太宰治

9位 『論語』孔子

8位 『人間失格』太宰治

7位 『山月記』中島敦

6位 『ノルウェイの森』村上春樹

5位 『ごんぎつね』新美南吉

4位 『羅生門』芥川龍之介

3位 『星の王子さま』サン=テグジュペリ

2位 『源氏物語』紫式部

1位 『こころ』夏目漱石

 番外編

米倉涼子さんおすすめの本:『太陽の王ラムセス』クリスチャン ジャック

米倉涼子さんおすすめの本:『1Q84』村上春樹

オードリー若林さんおすすめの本:『自分の中に毒を持て』岡本太郎

 最後に

 気になった本があれば、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とは一味違う短編小説

『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とは一味違う短編小説 (※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ジャイロスコープ』。これまでの伊坂さんの作品とは少し異なり、読者の好みよりも、伊坂さんのチャレンジ …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

成功の秘訣は「情熱」にあり/古川智映子『土佐堀川』

 スティーブ・ジョブズであれ、ラリー・ペイジであれ、イーロン・マスクであれ――彼らはどうして人々を驚かせるような結果を残すことができたのだろう。歴史に残るような偉業を成し遂げることができたのだろう。  結論からいえば、情 …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

「好きなこと」をするには犠牲が伴う/東野圭吾『眠りの森』

 好きなことをするには、ある程度の「犠牲」がつきまとう。収入が減ったり、プライベートな時間が確保できなかったり、あるいは結婚や恋愛ができなかったり。それでも、「どうしてもやりたい!」と思える何かがあるのは、とても幸せなこ …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

アメトーーク!「読書芸人」第3弾!おすすめ本まとめ

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年11月10日放送の「アメトーーク!」は「読書芸人オールロケ」。ピース・又吉さん、オードリー・若林さん、オアシズ・光浦さん、メープル超合金・カズレーザーさん、池田エライザさんが、 …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …