webstation plus

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。

 そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が築けるのでしょうか。

 伊坂幸太郎さんの小説『シーソーモンスター』は、その方法を教えてくれる物語です。

 なぜ初対面からイヤな気持ちになるのか?

 それは遺伝子的に組み込まれているからです。たとえば、海側に住む人間と山側に住む人間が出会うと、どれだけ好意を持って近づいても感情に突き動かされて口からイヤミが出てくるそうです。

 物語の主人公・北山の母と妻もその関係でした。彼女たちは出会ったときから互いをよく思わず、感情的になっていました。それにも関わらず、同居することになった彼女たちは、些細なことで言い争いを続けます。

 義母の好きな童話の本が見つからないことで嫌味を言いあったり、子供が生まれないことで言い争いをしたりと穏やかではありません。

 もちろん、間に挟まれた北山はたまったものではありませんが、それ以上にショックを受けていたのは北山の妻・宮子でした。なぜなら彼女は、人とのコミュニケーションをかなり積んできた元情報員だったからです。

 だからこそ、義母とうまくいかない理由を遺伝子に求めるんですよね。これが『シーソーモンスター』で語られる物語ですが、その未来を描いた『スピンモンスター』でも同じことが起こりました。

 嫁姑だけでなくライバルでも同じことが起きる

 物語の主人公・水戸は小さい頃に車同士が衝突した事故のせいで両親と姉を亡くしましたが、事故の相手である檜山も同じく両親と姉を亡くしていました。

 そんな彼らは小学校で再会しますが、ともに互いのことを嫌っており、避けて暮らします。

 ところが、大人になってフリーの郵便局員として働くようになった水戸が新幹線に乗ったところ、となりの席に座ってきた男性から、この手紙をある人物に配達してほしいと依頼されたことがキッカケで状況が変わります。

 その人物を追いかけてやってきたのが警察官になった檜山だったからです。こうして彼らは再会し、再び対立していくわけですが、まるで運命に導かれているように思えるんですよね。

 なぜなら…。

 対立が起きることで人は進化していく

 彼らにとって再会し、対立することは必要なことだったからです。

 無風状態ではなにも起こりません。ぶつかり合ってはじめて変化が起きます。変化があってはじめて人は進化できるので、対立は人間にとって欠かせないピースなんですよね。

 では、その対処法はと言うと、実際に『シーソーモンスター』と『スピンモンスター』を読んで考えてみてください。

 二つの異なる物語の結末に、自分はどうすべきかと考えたくなります。ちなみに、私は『シーソーモンスター』の解決法が気に入りました。

 関連記事

あなたの大切なものは何ですか?/小野寺史宜『ひと』感想

 あなたにとって大切なものは何ですか?お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所に無 …

誰のために仕事をしている?/知念実希人『ひとつむぎの手』感想

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …