webstation plus

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。

 そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が築けるのでしょうか。

 伊坂幸太郎さんの小説『シーソーモンスター』は、その方法を教えてくれる物語です。

 なぜ初対面からイヤな気持ちになるのか?

 それは遺伝子的に組み込まれているからです。たとえば、海側に住む人間と山側に住む人間が出会うと、どれだけ好意を持って近づいても感情に突き動かされて口からイヤミが出てくるそうです。

 物語の主人公・北山の母と妻もその関係でした。彼女たちは出会ったときから互いをよく思わず、感情的になっていました。それにも関わらず、同居することになった彼女たちは、些細なことで言い争いを続けます。

 義母の好きな童話の本が見つからないことで嫌味を言いあったり、子供が生まれないことで言い争いをしたりと穏やかではありません。

 もちろん、間に挟まれた北山はたまったものではありませんが、それ以上にショックを受けていたのは北山の妻・宮子でした。なぜなら彼女は、人とのコミュニケーションをかなり積んできた元情報員だったからです。

 だからこそ、義母とうまくいかない理由を遺伝子に求めるんですよね。これが『シーソーモンスター』で語られる物語ですが、その未来を描いた『スピンモンスター』でも同じことが起こりました。

 嫁姑だけでなくライバルでも同じことが起きる

 物語の主人公・水戸は小さい頃に車同士が衝突した事故のせいで両親と姉を亡くしましたが、事故の相手である檜山も同じく両親と姉を亡くしていました。

 そんな彼らは小学校で再会しますが、ともに互いのことを嫌っており、避けて暮らします。

 ところが、大人になってフリーの郵便局員として働くようになった水戸が新幹線に乗ったところ、となりの席に座ってきた男性から、この手紙をある人物に配達してほしいと依頼されたことがキッカケで状況が変わります。

 その人物を追いかけてやってきたのが警察官になった檜山だったからです。こうして彼らは再会し、再び対立していくわけですが、まるで運命に導かれているように思えるんですよね。

 なぜなら…。

 対立が起きることで人は進化していく

 彼らにとって再会し、対立することは必要なことだったからです。

 無風状態ではなにも起こりません。ぶつかり合ってはじめて変化が起きます。変化があってはじめて人は進化できるので、対立は人間にとって欠かせないピースなんですよね。

 では、その対処法はと言うと、実際に『シーソーモンスター』と『スピンモンスター』を読んで考えてみてください。

 二つの異なる物語の結末に、自分はどうすべきかと考えたくなります。ちなみに、私は『シーソーモンスター』の解決法が気に入りました。

 関連記事

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

知念実希人『ひとつむぎの手』/誰のために仕事をしているの?

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みしていくと、突然、面白くなりました。  最初 …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …