webstation plus

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。

 そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が築けるのでしょうか。

 伊坂幸太郎さんの小説『シーソーモンスター』は、その方法を教えてくれる物語です。

 なぜ初対面からイヤな気持ちになるのか?

 それは遺伝子的に組み込まれているからです。たとえば、海側に住む人間と山側に住む人間が出会うと、どれだけ好意を持って近づいても感情に突き動かされて口からイヤミが出てくるそうです。

 物語の主人公・北山の母と妻もその関係でした。彼女たちは出会ったときから互いをよく思わず、感情的になっていました。それにも関わらず、同居することになった彼女たちは、些細なことで言い争いを続けます。

 義母の好きな童話の本が見つからないことで嫌味を言いあったり、子供が生まれないことで言い争いをしたりと穏やかではありません。

 もちろん、間に挟まれた北山はたまったものではありませんが、それ以上にショックを受けていたのは北山の妻・宮子でした。なぜなら彼女は、人とのコミュニケーションをかなり積んできた元情報員だったからです。

 だからこそ、義母とうまくいかない理由を遺伝子に求めるんですよね。これが『シーソーモンスター』で語られる物語ですが、その未来を描いた『スピンモンスター』でも同じことが起こりました。

 嫁姑だけでなくライバルでも同じことが起きる

 物語の主人公・水戸は小さい頃に車同士が衝突した事故のせいで両親と姉を亡くしましたが、事故の相手である檜山も同じく両親と姉を亡くしていました。

 そんな彼らは小学校で再会しますが、ともに互いのことを嫌っており、避けて暮らします。

 ところが、大人になってフリーの郵便局員として働くようになった水戸が新幹線に乗ったところ、となりの席に座ってきた男性から、この手紙をある人物に配達してほしいと依頼されたことがキッカケで状況が変わります。

 その人物を追いかけてやってきたのが警察官になった檜山だったからです。こうして彼らは再会し、再び対立していくわけですが、まるで運命に導かれているように思えるんですよね。

 なぜなら…。

 対立が起きることで人は進化していく

 彼らにとって再会し、対立することは必要なことだったからです。

 無風状態ではなにも起こりません。ぶつかり合ってはじめて変化が起きます。変化があってはじめて人は進化できるので、対立は人間にとって欠かせないピースなんですよね。

 では、その対処法はと言うと、実際に『シーソーモンスター』と『スピンモンスター』を読んで考えてみてください。

 二つの異なる物語の結末に、自分はどうすべきかと考えたくなります。ちなみに、私は『シーソーモンスター』の解決法が気に入りました。

 関連記事

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』/父親の役割ってなに?

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。  これで本当に子育てができ …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

伊坂幸太郎『砂漠』/学生のバカなノリはお好きですか?

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。  しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描 …

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

芦沢央『火のないところに煙は』はミステリー要素のあるホラー好きにおすすめの小説

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?  私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほどホラーが大好きです。もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。  残 …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …