webstation plus

finance_01

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。

 たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「面白い役」を演じられていたのでしょうが、そのギャップに一瞬で心をもっていかれました。

 小説『不祥事』の主役・花咲舞もそのひとり。最初は「それほど」だったのですが、物語を読み進めていくうちに、どんどんその魅力に惹かれていきました。

 物語の舞台は、世間の非常識を常識とする銀行。そこで花咲は、少し頼りない上司・相馬と次々と起こる不祥事に立ち向かっていきます。

 たとえば、第一話『激戦区』では、ベテラン女子行員を「余計なコスト」だと考え、自主退職に追い込むために、執拗にいじめを繰り返す課長をぶった切ります。その切れ味があまりにも鋭くて読んでいて気分がスッキリするんですよね。

 ある意味では織田信長と似たような「強さ」を持っているのかもしれません。織田信長が「比叡山」を焼き討ちしたのは、当時の僧侶が腐敗堕落しており、遊興に明け暮れたり、権力を笠に着てあこぎな高利貸をしたり、一般市民に暴力を振るうなど、「既得権益」をむさぼる集団だったからとも言われています。花咲もそんな人間が大嫌いですからね。

 だからといって、人に対して傲慢に振舞うわけではありません。第二話『三番窓口』では、「いつまで待たせるんだよ!」と怒鳴る客に冷静に対応します。しかも、「窓口で怒鳴ったからといって悪気があるわけじゃない。ああいう人って、話してみると意外にいい人だったりするのよ。ちょっと気が短いだけよ」と言える心の広さがあります。

 今ここでこんなこと言うと怒られるかもしれませんが、特になんの取り柄もなく特別な訳でもなく、ただ歌が好きだった自分をここまで連れて来てくれた松本さんに、とにかく感謝の言葉しかないです。

 とは、私の大好きなB’zの稲葉さんの言葉ですが、あれだけ人気があるのにとても謙虚ですよね。他人に対して偉そうに振舞わない人は本当に魅力的です。

 そんな「強さ」と「謙虚さ」を持ち合わせる花咲ですが、優しい一面もあります。傲慢な金融庁の調査官を陥れるために、重要書類の代わりに下着を隠しておくのですが、その下着は疑いをかけられた女性行員のものではなく、花咲自身のものでした。「他人に下着を見られるのはイヤだろう」という配慮からです。

 そして、「あれ、お前のなんだろ。いったいどこでそんなの使うんだ」と相馬にからかわれた花咲は、思いっきり相馬の脛を蹴り上げ去っていく――。この「強さ」と「優しさ」という相反するギャップを持ち合わせているところに惚れてしまったんですね。

 というわけで、小説『不祥事』は、花咲がもつギャップに読者が翻弄されてしまう物語です。ミステリー好きの読者だけでなく、男性にモテたいと願う婚活中の女性にもオススメの小説。ぜひ、ご一読を。

 関連記事

『ばくばく!バクチごはん』はギャンブル場の激旨グルメ紹介漫画

(※『ばくばく!バクチごはん(1)』表紙より)  つい先日までイブニングで連載されていた漫画『ばくばく!バクチごはん』。  競馬・競輪・競艇・オートレースなどの実在するギャンブル場を舞台に、新人アイドルが激旨グルメを食べ …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

『All You Need Is Kill』は物語の世界観に浸れるオススメのSF漫画

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)  ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。以前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読みました。  感想は「想像していたよりも面白 …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。  今回は小説『食堂のおばちゃん …

『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とは一味違う短編小説

『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とは一味違う短編小説 (※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ジャイロスコープ』。これまでの伊坂さんの作品とは少し異なり、読者の好みよりも、伊坂さんのチャレンジ …

『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの怖さを軽快なタッチで描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。タイトルの気軽さとは裏腹にかなりダークな物語です。テーマも「魔女狩りが現代で再現したら?」なので重いのですが、登場人物たちの軽快 …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

『まく子』は思春期を思い出して優しい気持ちになれる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちを思い出したり、前向きな気持ちや優しい気持ちになれる小説です。読み始めるとページ …