webstation plus

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。

 ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以上に死を怖れなくなるかもしれませんよ。

 死ぬときに幸せだったと言える人生を送りたくなる

 ガンになったナスミ。しかし、彼女は死の直前になって、すべてにありがとうって思えるようになりました。

 たとえば、夫の日出男がメンチカツを魚焼きグリルで焼きなおして大げんかをしたときのことを思い出して。彼女は、真っ黒になったメンチカツを見て、発癌性物質だから食べないよ、といった自分が癌になったので、なんだか笑えてきました。

 あのときは、自分の思い通りにならないことに腹を立てていたナスミでしたが、そもそも人間なんて思い通りにはなりません。

 それがわかったのは、病気になってからでした。あの頃の自分はとても幸せだったんだよって、昔の自分に教えたくなります。

 そんなナスミの姿を見ていると、つらいことも多い今の人生もそれほど悪くないかもしれないって思えてくるんですよね。しかも…。

 他人に優しくしようと思える

 ナスミは多くの人たちに愛されていました。姉や妹、おばあちゃんだけでなく、同僚や元彼とその嫁、借金の相手、誘拐犯にまで愛されていたのです。

 なぜなら、他人のために生きてきたから。

 たとえば、ナスミは上司と不倫をして使い捨てられた後輩のために、上司を殴りました。ところが、その姿を見た同僚たちは、自分の利益を考え、誰一人としてナスミの味方にならないんですよね。使い捨てられた後輩までもです。

 しかも、ナスミは上司から殴り返され、歯が折れ、会社を辞めることになりましたが、それでも後悔していませんでした。

 なぜなら、それがナスミらしい生き方だったからです。どれだけ損をしても、自分の正義を貫いていく。そんな人生を歩んでいたんですよね。

 だからこそ、ナスミに多くの人たちが惹き寄せられたのです。そんなナスミの姿を見ていると…。

 自分らしく生きようと思える

 格好つけて人より裕福な暮らしを求めたり、人のためと言いながら自分のために生きたりするのではなく、自分らしく、片意地を張らずに生きていこうって思えるんですよね。

 そんな風に生きられたら、ナスミのように多くの人に愛され、死ぬときに「今までありがとう」って思えるのかもしれません。

 木皿泉の小説『さざなみのよる』。読めば、死ぬのもそれほど悪いことじゃないと思える物語です。気になった方は、ぜひ。

 関連記事

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

リスクを取れば一発逆転できるかも/伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』感想

 一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。  リスクを取るしかない   …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

やられたことをやり返してはダメなのか?/伊坂幸太郎『サブマリン』感想

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …