webstation plus

 死ぬのはツライことだと思っていませんか?

 私はそう思っていましたが、木皿泉さんの小説『さざなみのよる』を読んで少し考えが変わりました。物語の主人公・ナスミのように生きれば、満足して死ねるのかも…と思えるようになったんですよね。

 必要以上に「死」を恐れている人に、ぜひ読んでほしい物語です。

 死ぬときに幸せだったと言える人生を送ってきた主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公はナスミ。彼女は癌になり、近い将来死ぬことを悟りましたが、それと同時にすべてに「ありがとう」と思える境涯になりました。

 たとえば、夫の日出男がメンチカツを魚焼きグリルで焼きなおしたことに腹を立てて、大げんかしたときのことを思い出して。

 ナスミは、真っ黒になったメンチカツを見て、「癌性物質だから食べないよ」といった自分が癌になったことになんだか笑えてきました。

 あのときは、自分の思い通りにならないことに腹を立てていたナスミでしたが、そもそも誰もが自分の思い通りには生きられません。

 それがわかったのは、癌になってからだったので、ナスミはあの頃の自分に「とても幸せだったんだよ」って教えたくなりました。

 そんなナスミの姿を見ていると、ツライことが多い人生でも、それほど悪くないのかも?って思えてくるんですよね。しかも…。

 ナスミのように他人に優しくしようと思える

 ナスミは多くの人に愛されていました。姉や妹、おばあちゃんだけでなく、同僚や元彼とその嫁、借金の相手、誘拐犯にまで愛されていたのです。

 なぜなら、ナスミは他人のために生きてきたからです。

 たとえば、ナスミは上司と不倫をして使い捨てられた後輩のために、その上司を殴りました。

 ところが、その姿を見た同僚たちは、自分のことばかり考え、誰一人としてナスミの味方になりませんでした。ナスミが守ろうとした後輩までもです。

 それだけでなく、ナスミはその上司から殴り返され、歯が折れ、会社を辞めることになったのですが…。それでも彼女は後悔しませんでした。

 なぜなら、それがナスミらしい生き方だったからです。どれだけ損をしても、自分の正義を貫いていく。そんな人生を歩んできたんですよね。

 だからこそ、多くの人がナスミに惹き寄せられたわけですが、そんなナスミの姿を見ていると…。

 自分らしく生きれば死はそれほど怖くないのかもしれない

 自分らしく生きれば死ぬのもそれほど怖くないのかもしれないと思えてきます。

 私たちはどうしても、格好つけるために人よりも裕福な暮らしを求めたり、人のためと言いながら自分のために生きてしまいがちです。

 しかし、そんな形だけのモノを追い求めるのではなく、ナスミのように自分らしく、片意地を張らずに生きていけば、多くの人に愛され、死ぬときに「今までありがとう」って思えるのかもしれません。

 というわけで、木皿泉の小説『さざなみのよる』は、死ぬのもそれほど悪くないと思える物語です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖3』は身内の問題ほど面倒な問題はないことがわかる物語

 身内と上手くいってますか?  私はあまり上手くいってませんが、それは自分たちのやりたいことを、こちらの都合なんてお構いなしに押し付けてくるからです。  三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖3』のヒロインである栞子 …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた物語

 宗教は自分には関係がないものだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。  あ …

東野圭吾『悪意』は言葉で人は騙せても人柄は隠しきれないことがわかる物語

 何も行動は起こさないのに、調子の良いことばかり言っていませんか?  私は口にしたことは出来るだけ行動するようにしていますが、知り合いのなかにも調子の良いことばかり言っている人がいるんですよね。  東野圭吾さんの小説『悪 …

伊坂幸太郎『マリアビートル』感想/大人をバカにする中学生への正しい対処法とは?

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対応すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』感想/人間の最大の武器は信頼と習慣

 どれだけの人に信頼されて生きていますか?  私は、家族には信頼されていると思いますが、それ以外の人たちにはどのように思われているかわかりません。結構、いい加減なところがあるからです。  そのため、伊坂幸太郎さんの小説『 …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想/極悪非道の人間に立ち向かうにはどうすればいい?

 世の中には悪い奴らが大勢いますよね。そんな悪い奴らに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。  もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、瞬間移動という特殊能力を持った双子の …

東野圭吾『赤い指』は家族の問題から目をそらし続けると悲惨な末路が待っていることがわかる物語

 家族の問題に向き合っていますか?  私は真正面から向き合ってきたので、結婚してしばらくはツライ日々が続きましたが、その問題を乗り越えたおかげで、今では楽しい毎日を過ごしています。  しかし、東野圭吾さんの小説『赤い指』 …