webstation plus

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。

 ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以上に死を怖れなくなるかもしれませんよ。

 死ぬときに幸せだったと言える人生を送りたくなる

 ガンになったナスミ。しかし、彼女は死の直前になって、すべてにありがとうって思えるようになりました。

 たとえば、夫の日出男がメンチカツを魚焼きグリルで焼きなおして大げんかをしたときのことを思い出して。彼女は、真っ黒になったメンチカツを見て、発癌性物質だから食べないよ、といった自分が癌になったので、なんだか笑えてきました。

 あのときは、自分の思い通りにならないことに腹を立てていたナスミでしたが、そもそも人間なんて思い通りにはなりません。

 それがわかったのは、病気になってからでした。あの頃の自分はとても幸せだったんだよって、昔の自分に教えたくなります。

 そんなナスミの姿を見ていると、つらいことも多い今の人生もそれほど悪くないかもしれないって思えてくるんですよね。しかも…。

 他人に優しくしようと思える

 ナスミは多くの人たちに愛されていました。姉や妹、おばあちゃんだけでなく、同僚や元彼とその嫁、借金の相手、誘拐犯にまで愛されていたのです。

 なぜなら、他人のために生きてきたから。

 たとえば、ナスミは上司と不倫をして使い捨てられた後輩のために、上司を殴りました。ところが、その姿を見た同僚たちは、自分の利益を考え、誰一人としてナスミの味方にならないんですよね。使い捨てられた後輩までもです。

 しかも、ナスミは上司から殴り返され、歯が折れ、会社を辞めることになりましたが、それでも後悔していませんでした。

 なぜなら、それがナスミらしい生き方だったからです。どれだけ損をしても、自分の正義を貫いていく。そんな人生を歩んでいたんですよね。

 だからこそ、ナスミに多くの人たちが惹き寄せられたのです。そんなナスミの姿を見ていると…。

 自分らしく生きようと思える

 格好つけて人より裕福な暮らしを求めたり、人のためと言いながら自分のために生きたりするのではなく、自分らしく、片意地を張らずに生きていこうって思えるんですよね。

 そんな風に生きられたら、ナスミのように多くの人に愛され、死ぬときに「今までありがとう」って思えるのかもしれません。

 木皿泉の小説『さざなみのよる』。読めば、死ぬのもそれほど悪いことじゃないと思える物語です。気になった方は、ぜひ。

 関連記事

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

人とのつながりが元気の源!?柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)  人とのつながりを大切にしていますか。  仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ忙しい …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』はパズルのピースをはめるような快感が味わえる小説

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みしていくと、突然、面白くなりました。  最初 …