webstation plus

 死ぬのはツライことだと思っていませんか?

 私はそう思っていましたが、木皿泉さんの小説『さざなみのよる』を読んで少し考えが変わりました。物語の主人公・ナスミのように生きれば、満足して死ねるのかも…と思えるようになったんですよね。

 必要以上に「死」を恐れている人に、ぜひ読んでほしい物語です。

 死ぬときに幸せだったと言える人生を送ってきた主人公

 物語の主人公はナスミ。彼女は癌になり、近い将来死ぬことを悟りましたが、それと同時にすべてに「ありがとう」と思える境涯になりました。

 たとえば、夫の日出男がメンチカツを魚焼きグリルで焼きなおしたことに腹を立てて、大げんかしたときのことを思い出して。

 ナスミは、真っ黒になったメンチカツを見て、「癌性物質だから食べないよ」といった自分が癌になったことになんだか笑えてきました。

 あのときは、自分の思い通りにならないことに腹を立てていたナスミでしたが、そもそも誰もが自分の思い通りには生きられません。

 それがわかったのは、癌になってからだったので、ナスミはあの頃の自分に「とても幸せだったんだよ」って教えたくなります。

 そんなナスミの姿を見ていると、ツライことが多い人生でも、それほど悪くないのかも?って思えてくるんですよね。しかも…。

 ナスミのように他人に優しくしようと思える

 ナスミは多くの人に愛されていました。姉や妹、おばあちゃんだけでなく、同僚や元彼とその嫁、借金の相手、誘拐犯にまで愛されていたのです。

 なぜなら、ナスミは他人のために生きてきたからです。

 たとえば、ナスミは上司と不倫をして使い捨てられた後輩のために、上司を殴りました。ところが、その姿を見た同僚たちは、自分のことばかり考え、誰一人としてナスミの味方になりません。ナスミが守ろうとした後輩までもです。

 それだけでなく、ナスミは上司から殴り返され、歯が折れ、会社を辞めることになったのですが…。それでも後悔しませんでした。

 なぜなら、それがナスミらしい生き方だったからです。どれだけ損をしても、自分の正義を貫いていく。そんな人生を歩んできたんですよね。

 だからこそ、多くの人がナスミに惹き寄せられたわけですが、そんなナスミの姿を見ていると…。

 自分らしく生きれば死はそれほど怖くないのかもしれない

 自分らしく生きれば死はそれほど怖くないのかもしれないと思えてきます。

 私たちはどうしても、格好つけるために人よりも裕福な暮らしを求めたり、人のためと言いながら自分のために生きてしまいがちです。

 しかし、そんな形だけのモノを追い求めるのではなく、ナスミのように自分らしく、片意地を張らずに生きていけば、多くの人に愛され、死ぬときに「今までありがとう」って思えるのかもしれません。

 木皿泉の小説『さざなみのよる』。読めば、死ぬのもそれほど悪いことじゃないと思える物語です。気になった方は、ぜひ。

 関連記事

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』/人間の最大の武器は信頼と習慣

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

伊坂幸太郎『クリスマスを探偵と』感想/視点を変えれば世界が変わる!?

 サンタクロースを信じていますか?  私は小さい頃から信じていませんでした。家が貧乏だったので、プレゼントをもらえなかったからです。  しかし、伊坂幸太郎さんの絵本『クリスマスを探偵と』を読んでサンタクロースを信じてみた …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …