webstation plus

(※『聖女の救済』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。

 子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?

 今回はガリレオシリーズ第5弾『聖女の救済』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『聖女の救済』のあらすじ

 IT企業の社長・真柴義孝は、一年前に結婚した妻の綾音に離婚を告げました。理由は、子どもができなかったから。

 それだけでなく、義孝は綾音の弟子である宏美と不倫をしていました。

 そんな義孝が毒物入りのコーヒーで殺害されます。しかし、そのとき綾音は札幌に帰省していました。

 一体どんなトリックが隠されているのか!?

 草薙が容疑者である綾音に恋をする!?

 これまで多くの犯人を検挙してきた草薙刑事。人を見る目には定評がありましたが、そんな彼が恋をしてしまうほど綾音は魅力的な女性でした。

 夫の死を悲しむ綾音。それだけでなく不倫をされて心は傷だらけのはず。

 それにも関わらず不倫相手の宏美を庇ったり、花の水やりに心を配ったりと気丈に振る舞う彼女が愛おしくて仕方なかったのです。

 そこで草薙は彼女以外の容疑者を見つけ出し、捕まえようと必死になりました。

 しかし、そんな草薙の気持ちを無視するかのように内海薫が綾音に迫ります。湯川准教授にも隠れて相談していました。

 草薙の恋の行方は!?

 綾音のアリバイが鉄壁すぎる!?

 薫は綾音が犯人だと確信していましたが、彼女を逮捕するには、次の三つの課題をクリアする必要がありました。

一つ目は毒を事前に仕掛けていたことが誰にも発覚されないこと。
二つ目は毒を口にするのが確実に夫であること。
三つ目は短時間で用意できる仕掛けであること。

 しかし、湯川の頭脳を持ってしても、この三つの課題をクリアすることができません。一体、彼女はどんなトリックを仕掛けたのか!?

 綾音はなぜ夫の浮気相手を守ろうとしたのか?

 草薙が綾音に惹かれた理由のひとつに、彼女が夫の浮気相手である宏美を本気で守ろうとしていたことが挙げられます。

 最後にその謎が解けるのですが、その理由が衝撃的!?綾音の胸に秘められた決意に驚かされる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

反抗期になった中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

(※『マリアビートル』表紙より)  ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人を馬鹿にしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  今回は殺し …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

父親の役割ってなに?/伊坂幸太郎『オー!ファーザー』感想

(※『オー!ファーザー』表紙より)  結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強したり、買い物に行ったりする日々が続きます。  これで本当に …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …