webstation plus

(※『聖女の救済』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。

 子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?

 今回はガリレオシリーズ第5弾『聖女の救済』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『聖女の救済』のあらすじ

 IT企業の社長・真柴義孝は、一年前に結婚した妻の綾音に離婚を告げました。理由は、子どもができなかったから。

 それだけでなく、義孝は綾音の弟子である宏美と不倫をしていました。

 そんな義孝が毒物入りのコーヒーで殺害されます。しかし、そのとき綾音は札幌に帰省していました。

 一体どんなトリックが隠されているのか!?

 草薙が容疑者である綾音に恋をする!?

 これまで多くの犯人を検挙してきた草薙刑事。人を見る目には定評がありましたが、そんな彼が恋をしてしまうほど綾音は魅力的な女性でした。

 夫の死を悲しむ綾音。それだけでなく不倫をされて心は傷だらけのはず。

 それにも関わらず不倫相手の宏美を庇ったり、花の水やりに心を配ったりと気丈に振る舞う彼女が愛おしくて仕方なかったのです。

 そこで草薙は彼女以外の容疑者を見つけ出し、捕まえようと必死になりました。

 しかし、そんな草薙の気持ちを無視するかのように内海薫が綾音に迫ります。湯川准教授にも隠れて相談していました。

 草薙の恋の行方は!?

 綾音のアリバイが鉄壁すぎる!?

 薫は綾音が犯人だと確信していましたが、彼女を逮捕するには、次の三つの課題をクリアする必要がありました。

一つ目は毒を事前に仕掛けていたことが誰にも発覚されないこと。
二つ目は毒を口にするのが確実に夫であること。
三つ目は短時間で用意できる仕掛けであること。

 しかし、湯川の頭脳を持ってしても、この三つの課題をクリアすることができません。一体、彼女はどんなトリックを仕掛けたのか!?

 綾音はなぜ夫の浮気相手を守ろうとしたのか?

 草薙が綾音に惹かれた理由のひとつに、彼女が夫の浮気相手である宏美を本気で守ろうとしていたことが挙げられます。

 最後にその謎が解けるのですが、その理由が衝撃的!?綾音の胸に秘められた決意に驚かされる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶること間違 …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学より大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …

加賀恭一郎が初登場!?東野圭吾『卒業』はモラトリアムから抜け出したくなる小説

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …