webstation plus

(※『聖女の救済』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。

 子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?

 今回はガリレオシリーズ第5弾『聖女の救済』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『聖女の救済』のあらすじ

 IT企業の社長・真柴義孝は、一年前に結婚した妻の綾音に離婚を告げました。理由は、子どもができなかったから。

 それだけでなく、義孝は綾音の弟子である宏美と不倫をしていました。

 そんな義孝が毒物入りのコーヒーで殺害されます。しかし、そのとき綾音は札幌に帰省していました。

 一体どんなトリックが隠されているのか!?

 草薙が容疑者である綾音に恋をする!?

 これまで多くの犯人を検挙してきた草薙刑事。人を見る目には定評がありましたが、そんな彼が恋をしてしまうほど綾音は魅力的な女性でした。

 夫の死を悲しむ綾音。それだけでなく不倫をされて心は傷だらけのはず。

 それにも関わらず不倫相手の宏美を庇ったり、花の水やりに心を配ったりと気丈に振る舞う彼女が愛おしくて仕方なかったのです。

 そこで草薙は彼女以外の容疑者を見つけ出し、捕まえようと必死になりました。

 しかし、そんな草薙の気持ちを無視するかのように内海薫が綾音に迫ります。湯川准教授にも隠れて相談していました。

 草薙の恋の行方は!?

 綾音のアリバイが鉄壁すぎる!?

 薫は綾音が犯人だと確信していましたが、彼女を逮捕するには、次の三つの課題をクリアする必要がありました。

一つ目は毒を事前に仕掛けていたことが誰にも発覚されないこと。
二つ目は毒を口にするのが確実に夫であること。
三つ目は短時間で用意できる仕掛けであること。

 しかし、湯川の頭脳を持ってしても、この三つの課題をクリアすることができません。一体、彼女はどんなトリックを仕掛けたのか!?

 綾音はなぜ夫の浮気相手を守ろうとしたのか?

 草薙が綾音に惹かれた理由のひとつに、彼女が夫の浮気相手である宏美を本気で守ろうとしていたことが挙げられます。

 最後にその謎が解けるのですが、その理由が衝撃的!?綾音の胸に秘められた決意に驚かされる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

再読間違いなし!?伊坂幸太郎『グラスホッパー』は驚きの結末を迎える小説

(※『グラスホッパー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』。  殺し屋の鯨と蝉、そして復讐者の鈴木がそれぞれの目的を成し遂げるために殺人を犯したり、逃げ惑ったりする物語です。読めば再読したくなること間違い …

出会いがあれば別れもある!?伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は浮気性の男性を描いた小説

(※『バイバイ、ブラックバード』表紙より)  人間関係を大切にしていますか。  私は仲のいい人との関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると考えているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。   …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

泣けて笑える物語!?ビートたけし『アナログ』は母への愛情を綴った恋愛小説

(※『アナログ』表紙より)  ビートたけしさんの小説『アナログ』。  メールやLINE、SNSなどで、いつでも繋がっていられる時代に、あえて連絡先を交換せずにアナログな関係でいる男女の物語です。読めば、母親への愛情に涙す …