webstation plus

 読書していますか?

 私は読書が好きで毎日のように本を読んでいますが、村山早紀さんの小説『桜風堂ものがたり』を読んで、今まで以上に本を大切にしたくなりました。

 著者だけでなく、書店員さんや本に関わっている多くの人たちの頑張りを知ることができたので、これまで以上に本に愛着が湧いたんですよね。

 他人と関わらずに生きようとする書店員が主人公の物語

 物語の主人公は書店員の月原一整。彼は星野百貨店の六階にある銀河堂書店に勤めていましたが、トラウマがあったので同僚とも距離をとって生きていました。

 それでも、店長からは「思わぬ宝物を探してきて当てるのがうまい天才だ」と言われるほど書店員としては評価されていました。

 ところが、万引きを繰り返していた中学生を追いかけたことで世間から批判されるようになります。その中学生が走って逃げ出し、車にはねられたからです。

 その中学生は幸いにも無事でしたが、「車にはねられるまで追いかける必要はないだろう」とSNSで批判されるようになります。

 それだけでなく、直接書店にやってきて嫌味を言われたり、電話やハガキでの「辞めさせろ」といった批判が後を絶たなくなりました。

 そこで一整は…。

 批判する人もいれば助けてくれる人もいる

 自ら銀河堂書店を辞めることにします。

 同僚たちは引き止めてくれましたが、本屋さんを取り巻く環境が厳しいことを知っていた一整は辞める決意を揺るがせませんでした。共倒れになることを恐れたからです。

 とはいえ、次の当てがあるわけではありません。一整は学生時代から書店員としてのアルバイト漬けだったので、他の仕事が出来るわけではありませんでした。

 そこで一整は、人生を終わらせようとしますが…。

 ちょっとした奇跡が起こり、次の一歩を踏み出す決意をします。その一歩とは、ネット上で仲良くしていた桜風堂の店主に会いに行くことでした。

 その結果、一整は…。

 多くの人に支えられている本を大切にしたくなる

 過去のトラウマを乗り越え、再び書店員として働けるようになるんですよね。

 それだけでなく、彼が心から売りたいと願っていた小説が多くの書店員さんに支えられ、奇跡的に売れるようになります。手作りのPOPやオリジナルの帯、ポスターを用意して応援してくれたのです。

 実は、彼がこの小説を応援していたのは、ある理由があったからでした。その理由とは…。

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、村山早紀さんの小説『桜風堂ものがたり』は、多くの人に支えられて私たちの手元に届く本を今まで以上に大切にしたくなる物語です。

 それだけでなく、今すぐ本屋さんに行って、書店員さんのおすすめ本を読んでみたくなるんですよね。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は無性に恋をしたくなる恋愛ミステリー小説

 最近、恋していますか?  私はすでに結婚して子供もいるので、朝起きるたびに妻や子供たちに恋をしていますが、知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』を読んで、改めて「恋っていいなぁ」としみじみ思いました。  私のよう …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』はパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる小説

 パズルはお好きですか?  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

コメディとしても楽しめるミステリー小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』感想

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。  もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャング …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …