webstation plus

 読書していますか?

 私は読書が好きで毎日のように本を読んでいますが、村山早紀さんの小説『桜風堂ものがたり』を読んで、今まで以上に本を大切にしたくなりました。

 著者だけでなく、書店員さんや本に関わっている多くの人たちの頑張りを知ることができたので、これまで以上に本に愛着が湧いたんですよね。

 他人と関わらずに生きようとする書店員が主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は書店員の月原一整。彼は星野百貨店の六階にある銀河堂書店に勤めていましたが、トラウマがあったので同僚とも距離をとって生きていました。

 それでも、店長からは「思わぬ宝物を探してきて当てるのがうまい天才だ」と言われるほど書店員としては評価されていました。

 ところが、万引きを繰り返していた中学生を追いかけたことで世間から批判されるようになります。その中学生が走って逃げ出し、車にはねられたからです。

 その中学生は幸いにも無事でしたが、「車にはねられるまで追いかける必要はないだろう」とSNSで批判されるようになります。

 それだけでなく、直接書店にやってきて嫌味を言う人が現れたり、電話やハガキでの「辞めさせろ」といった批判が後を絶たなくなりました。

 そこで一整は…。

 批判する人もいれば助けてくれる人もいる

 自ら銀河堂書店を辞めることにします。

 同僚たちは引き止めてくれましたが、本屋さんを取り巻く環境が厳しいことを知っていた一整は辞める決意を揺るがせませんでした。共倒れになることを恐れたからです。

 とはいえ、次の当てがあるわけではありません。一整は学生時代から書店員としてのアルバイト漬けだったので、他の仕事が出来るわけではありませんでした。

 そこで一整は、人生を終わらせようとしますが…。

 ちょっとした奇跡が起こり、次の一歩を踏み出す決意をするんですよね。その一歩とは、ネット上で仲良くしていた桜風堂の店主に会いに行くことでした。

 その結果、一整は過去のトラウマを乗り越え、再び書店員として働けるようになります。

 それだけでなく、彼が心から売りたいと願っていた小説が多くの書店員さんに支えられ、奇跡的に売れるようになりました。

 手作りのPOPやオリジナルの帯、ポスターを用意して応援してくれたのです。

 実は、彼がこの小説を応援していたのは、ある理由があったからです。その理由とは…。

 多くの人に支えられている本を大切にしたくなる

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、村山早紀さんの小説『桜風堂ものがたり』は、多くの人に支えられて私たちの手元に届く本を今まで以上に大切にしたくなる物語です。

 それだけでなく、今すぐ本屋さんに行って、書店員さんのおすすめ本を読んでみたくなるんですよね。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに衝撃を受けました。  私にも二人の子 …

米澤穂信『愚者のエンドロール』は才能が発揮できる役割を担うことが大切だとわかる物語

 才能が発揮できる仕事をしていますか?  私は残念ながら才能が発揮できる仕事をしていませんが、米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』を読んで、才能が発揮できる役割を担うことが大切さだとよくわかりました。  どれだけ努力 …

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしているつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本署は知念実 …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある!?

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は誰とでも対等に付き合っているつもりでしたが…。伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。  自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接して …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

東野圭吾『赤い指』は家族の問題から目をそらし続けると悲惨な末路が待っていることがわかる物語

 家族の問題に向き合っていますか?  私は真正面から向き合ってきたので、結婚してしばらくはツライ日々が続きましたが、その問題を乗り越えたおかげで、今では楽しい毎日を過ごしています。  しかし、東野圭吾さんの小説『赤い指』 …

秋吉理香子『ジゼル』感想/バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている!?

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?  私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。 …