webstation plus

(※『革命のファンファーレ』表紙より)


 ベッキーとゲスの極み乙女。不倫をした二人でしたが、その後の活動には大きな差が生まれました。

 その原因は何か。

 結論からいえば、ファンがいたかどうかです。ゲスの極み乙女。には多くのファンがいましたが、ベッキーにはファンがいませんでした。

 好感度が高く、多くの人に認知されていたベッキーでしたが、ファンになってもらえるほどの信頼を勝ち得てなかったのです。

 これからの時代、多くの職業がなくなっていくと言われています。すでにアマゾンに潰された本屋さん、ロボットタクシーに職を奪われそうになっているタクシードライバーなど、身近なところでも変化が起きています。

 このような時代に、副業、兼業、転職をするのは当たり前。むしろ、「○○になる!」と肩書きを一つに決め込む方が、よっぽど危険です。

 とはいえ、そんな時代だからこそ、求められるものがあります。それが信頼。信頼がなければ、どれだけ好感度が高くても、ベッキーのようにひとつの失敗ですべてを失ってしまいます。

 では、どうすれば信頼を勝ちとることができるのでしょうか。

 西野亮廣さんの本『革命のファンファーレ』を参考に考えてみましょう。

 『革命のファンファーレ』ってどんな本?

 キングコングの西野さんが絵本『えんとつの町のプペル』を大成功に導いた方法を中心に、好きなことをして生きていくために必要なことが書かれています。

 内容を要約すれば、どこかで聞いたことのある話ばかりですが、それらを実際に行動に移して、結果を出している姿をみていると、こちらまで胸が熱くなってきます。今すぐ何かを始めたくなります。

 一言でいえば、「努力だ、圧倒的努力。これに尽きる」ということ。

 好きなことをして生きていきたいと思っている人にオススメの本です。

 どうすれば信頼を勝ちとることができるのか?

1. 嘘をつかない

 当たり前のことですが、これが結構難しいんですよね。

 たとえば、マズイご飯を食べたときに美味しいと言わずにいられるでしょうか。

 友人や知人、彼氏・彼女に作ってもらった料理なら言いづらいかもしれませんが、それだけでなく外食でも「美味しい!」と言っていませんか。

 とくに、SNSなどに投稿している人は要注意。好感度を上げるためにマズくても美味しいなんて発言をしていると、実際にそのお店に行った人から信用を失ってしまいます。

 もちろん、本や映画などでも同じです。ダメなものは褒めない。これができるかどうかで信用が得られるかどうかが決まります。

 とはいえ、私たちが嘘をついてしまうのは、嘘をつかざるをえない環境にいるからです。嘘をつかないと給料がもらえなくなる、人間関係が悪くなる、人から嫌われる…などと考えているから嘘をつくのです。

 そういった考えを変えたいのなら、まずは環境を変えること。給料がもらえなくなっても副業で生きていける、人間関係が悪くなっても、人から嫌われても、好きでいてくれる人がいる。そんな環境を作るのです。

 そのためにやるべきことは――。

2. 作品のクオリティを上げる

 目の前にある仕事のクオリティを上げることです。

 詳しい方法は本書に譲るとして、とにかく行動を起こして勘やセンスを磨くこと。体験が増えれば増えるほど、次に何をすべきかが明確になっていきます。

 「そのボールに手を出せば空振りする」というのは、過去の体験が教えてくれますよね。頭で一生懸命考えるのも大切ですが、バッターボックスに立った回数が多い方が正確な判断ができます。

 だからこそ、目の前にある仕事に徹底的に取り組む。そして次々と新しいアイデアを試してみる。

 そうすれば、たとえ失敗したとしても、その失敗は確実に次につながります。

行動しよう。
失敗したら、取り返せばいい。
大丈夫。

 最後に

 今回は、西野亮廣さんの本『革命のファンファーレ』を参考に、どうすれば信頼を勝ちとることができるのか考えてきました。

 ここに書いた内容は当たり前のことばかりですが、その当たり前を愚直に実行している人だけが成功者になれるんですよね。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

生き残るために必要なのは「変化」/『これからの世界で働く君たちへ』

 日本の大企業が苦しんでいる。たとえば、東芝。昨年の9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたと発表した東芝だったが、つい先日、他にも7件の水増しをしていたことが判明した。その額なんと58億円。少しでも …

小さな鳥カゴに閉じこもっていない?自分らしく生きるための法則

「毎日を人生最後の日だと思って生きてみなさい」  とは、スティーブ・ジョブズの言葉です。彼はこう続けます。 毎朝、私は鏡に映る自分に問いかけてきました。 「もし、今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことは、 …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

部下が育たないのは上司の責任!?リーダーに必要な3つの要件

 部下が思うように育たないことを悩んでいませんか。  私はよく悩んでいます。一緒に仕事をしている人が同じような失敗をしたり、無駄な仕事を繰り返しているからです。しかし、その原因が上司である私にあるのだとしたら…。  そこ …

仕事になるまで遊びなさい!?/好きなことを仕事にする3つのプロセス

(※『魔法のコンパス』表紙より)  好きなことを仕事にしていますか。  今後、AIとロボットの進化によって多くの仕事が奪われます。商店のレジ打ち係や、箱詰めや積み下ろしなどの作業員、会計士なども時間の問題。もっと多くの仕 …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

「時間がないからできない」という言い訳で損する理由

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。  「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから …

なぜ、彼らは「どん底」から這い上がれたのか

 仕事やプライベートで、「どん底だ!」と思ったことありませんか?  私はあります。つい先日も仕事が思うように進まず、上司から叱られたときに、どん底だと思っていました。しかし、私が思うどん底なんて大したことがないんですよね …

「必要とされる人」になろう/『ローマ法王に米を食べさせた男』

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。  できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう …