webstation plus

skydiving_01

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」があるという。人件費を減らさなければ利益を確保できないというのが、その理由のようだ。

 とはいえ、リストラ部屋に追い込まれた社員はたまったものではない。午前9時に出社し、割り当てられた席についても、何も仕事がない。自らのコネで社内の受け入れ先を探すか、早期退職して転職先をみつけるか、あるいは何をいわれても居座り続けるしかない。

 本来、ここで力を発揮するのが「自らの武器」となる専門知識や経験であるが、他人でも十分代替がきく汎用的な人員、すなわちコモディティであれば、それさえも難しい。

 では、どうすればいいのか。結論からいえば、リストラ部屋に追い込まれる前に力をつけておくしかない。追いやられても「自らの力」で次の仕事を生み出せる専門知識や経験を手に入れておくしかない。

 それには、まず「断る力」が必要だ。現在の私たちの能力は、これまでの時間配分によって決まっているところが大きいからだ。

 たとえば、マルコム・グラドウェルは、「ある分野に1万時間費やせば、その分野にずば抜けて強くなれる」という法則、「1万時間の法則」を提唱している。ビル・ゲイツも、イチローも、ビートルズも、若い頃に1万時間を超えて「得意分野」に励んでいたから結果が出せたというのだ。

 だから、私たちにも「時間」が必要になる。自分の「得意分野」のために使う時間だ。そして、その時間を確保するには、他人のいうことに従ってばかりいてはいけない。たとえば、次のような行動をとっているようなら気をつけたほうがいいだろう。

  • 上司が思いつきで仕事を命じてくるので、本当に大事な仕事が後回しになる。
  • 仕事の能率をアップさせても、まわりの目が気になるので仕事が断れず、だらだらと職場に残らざるを得ない。
  • 食事やお酒、カラオケなどのお付き合いが断れずに困っている。

 たしかに、他人からの誘いやお願いを「断る」にはリスクがつきまとう。相手から嫌われるかもしれないし、断った責任をとる必要に迫られるかもしれない。しかし、だからといって、何も考えずに「他人のいうこと」に従っていては、いつまでたっても自分のための時間を確保することなどできないだろう。

 それだけではない。他人の言うことに従ってばかりいては、自分で考える力を失ってしまう。思考停止になってしまう。さらに、その状態で成果が出てしまえば、「他人からの指示に従うこと」に満足することになるだろう。すなわち、コモディティな人員から抜け出せなくなってしまう。

 だから、自分のアタマで考え、行動する必要があるのだ。もちろん、すべての誘いやお願いを「断る」必要などない。しかし、何も考えずに全てを受け入れてはいけない。断るかどうかを判断してから、回答するようにすべきである。そうして、少しでも自分の得意分野に時間を使えるようにしていけば、きっとコモディティから抜けだせるだろう。

 さて、こんな話がある。商品開発でマーケティングをするときのポイントは、具体的なターゲットを絞り込むことが大前提であるという。すべての人に好かれる商品やサービスなど存在しないからだ。

 これは私たち人間に置き換えても同じことが言える。すなわち、すべての人から好かれることなどないのである。だから、嫉妬されたり、嫌われたりするのが嫌だからといって、断らずにムダな時間を過ごすのはやめよう。むしろ、断っても相手から信頼されるくらいの「気合」と「誠実さ」をもって結果で示していくべきだ。そうすれば、たとえ、リストラ部屋に追い込まれても、すぐに次のチャンスが見つかるはずだ。

 関連記事

仕事ができる人とできない人の違いは「頭の使い方」にある

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりま …

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …

これからの日本で生き残る方法/『吉本芸人に学ぶ生き残る力』

 経営再建を進めるシャープは、台湾メーカーの鴻海精密工業(ホンハイ)に買収される方向で検討を進めている。この買収が成立すれば、シャープも立ち直れるかもしれない。しかし、今回の件でホンハイの会長は、私たち日本人に怖ろしい事 …

仕事が原因で「もう死にたい…」と思わないために必要なもの

 日本における自殺の統計情報を見てみると、男女差がとても大きいことがわかります。下図がそれなのですが、パッと見ただけで大差があることがわかりますよね。実は、男性の自殺率は女性の2倍以上もあるのです。  では、なぜ女性より …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

お金よりも「つながり」を大切に/『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

 「努力すれば幸せになれるのか」――これが本書のテーマである。そして、その答えは「No!」。なぜか。  結論からいえば、私たちの能力の大半は遺伝によって決まっているからだ。走るのが得意じゃない人が、どれだけ走る練習をした …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

「何のために働くの?」――会社のためではない、自分のためだ

 仕事に夢中になっているときには考えませんが、仕事がひと段落したときなどの「ふとした瞬間」に、「何のために働いているんだろう」と考えることがあります。  そんなとき、「家族のため」や「会社のため」、「社会を良くするため」 …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

「やりがいのある仕事」を選んで痛い目をみないように

 「やりがいのある仕事がしたい」と考えている人は多いのではないでしょうか。私もそのひとりでした。しかし、やりがいのある仕事に就けたからといって、幸せを感じられるとは限りません。なぜなら、やりがいのある仕事に就くと、常に厳 …