webstation plus

 家族の問題に向き合っていますか?

 私は真正面から向き合ってきたので、結婚してしばらくはツライ日々が続きましたが、その問題を乗り越えたおかげで、今では楽しい毎日を過ごしています。

 しかし、東野圭吾さんの小説『赤い指』に登場する家族は違いました。問題から目をそらし続けていたんですよね。

 問題だらけの家庭で育った子供が殺人を起こす物語

 では、あらすじから。

 照明器具メーカーに勤める前原昭夫は年老いた母の政恵と妻の八重子、息子の直巳の4人で暮していました。

 しかし、八重子は義母である政恵のことを嫌っており、何ひとつ世話をせずに冷徹に接していましたが、その一方で息子の直巳には腫れ物に触るかのようにご機嫌取りをしていました。

 そんな家族の問題に昭夫は目をそらし続けます。

 このような環境では、まともな子供が育つはずがありません。直巳もその例外から漏れることなく、馬鹿ガキとして成長していきました。

 そして直巳はとうとう殺人を犯します。近所に住む少女にフィギュアを見せた後、彼女がすぐに帰りたいと言い出したことに腹を立てて殺してしまったのです。

 もちろん、直巳は反省などしていません。そんなどうしようもない馬鹿ガキを八重子は今でも庇い続けています。

 さらに、昭夫はこれらの問題をすべて解決する悪魔のような方法を実行しようと言い出しました。その方法とは…。

 認知症になった母に罪をなすりつける家族

 認知症の政恵に直巳の罪をなすりつけるというのです。

 恐ろしいことに八重子も直巳も誰も反対することなく、殺人事件の捜査でやってきた加賀にこの嘘をつきました。

 一方で、この事件の捜査にあたっていた加賀も、家庭の問題を抱えていました。

 加賀の父は癌に侵されており、いつ亡くなってもおかしくない状況でしたが、彼は病院に見舞いにさえ行きません。

 なぜなら、加賀の母が20年ほど前に家から突然出ていったのは、家庭を顧みない父のせいだと思っていたからです。

 とはいえ、昭夫一家が抱えている問題と加賀親子が抱えている問題には決定的な違いがありました。その違いとは…。

 家族の問題から目をそらし続けると悲惨な末路が待っている

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、東野圭吾さんの小説『赤い指』は、家族の問題から目をそらし続けると悲惨な末路が待っていることがわかる物語です。

 それだけでなく、加賀恭一郎シリーズの続編としても、最後に驚きが待っているミステリーとしても、加賀親子の絆に胸が熱くなる物語としても楽しめるので…。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

百田尚樹『ボックス!』は才能には2種類あることがわかる物語

 才能を発揮していますか?  残念ながら私には才能がないので努力するしかありませんが、百田尚樹さんの小説『ボックス!』を読んで才能には2種類あることに気づきました。  天性の才能と努力できる才能の2種類あるんですよね。 …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

伊坂幸太郎『SOSの猿』は複数の視点をもつクセがないと簡単に洗脳されてしまうことがわかる物語

 複数の視点で物事を眺めるようにしていますか?  私はできるだけ複数の視点が持てるように、このブログでもありきたりな感想を書かないようにしているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』を読んで、その想いがさらに強 …

伊坂幸太郎『クジラアタマの王様』感想/未来を切り拓くのは誰だ!?

 今を一生懸命に生きていますか?  私は一生懸命に生きているつもりですが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したんで …

百田尚樹『影法師』感想/光あるところには必ず影が存在する!?

 「光が多いところでは、影も強くなる」とゲーテが言ったように、光あるところには必ず影が存在します。  しかし、私たちは光だけを追い求めて、影の存在を否定しがちですよね。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで金儲けをし …

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』はゴシップ記事は読まないに限ると思える物語

 ゴシップ記事はお好きですか?  私は昔からあまり好きではなく、ほとんど読んできませんでしたが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングは三つ数えろ』を読んで、さらに読みたくなくなりました。  三流記者に脅され、追い詰められ …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない!?

 人間に与えられた特権を使っていますか?  実は私たち人間には他の生物にはないある特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように過ごしている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風 …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖7』感想/リスクをとれば道は開ける!?

 リスクをとっていますか?  私は安定を好む性格なので、あまりリスクをとっていませんが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖7』を読んで、リスクをとれば道が開けることがわかりました。  逆に言えば、リスクをとらない …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない!?

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …