webstation plus

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。

 そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるまでに。絵本の読み聞かせが彼の基礎学力を育んだことは間違いありません。

 今回は翔くんのお母さんが彼に読み聞かせた絵本を紹介していきます。翔くんのお母さんが実践した子育て法については、こちらのエントリを参照ください。

 0-2歳の絵本選び

 0-2歳の絵本選びのポイントは、「絵の美しさ」「楽しい音」「繰り返し」「リズム感」。子どもが喜ぶ絵本を選びましょう。

ミッフィーの まる さんかく しかく

うさこちゃんのたんじょうび

いないいないばあ

はらぺこあおむし

しろくまちゃんのほっとけーき

がたん ごとん がたん ごとん

イカタコつるつる

ノンタンぶらんこのせて

 2歳児からの絵本選び

①子ども時代に読み聞かせをしてもらった本を選ぶ

 昔から語り継がれている物語の中には、示唆に富んだ教訓が多く含まれています。読み聞かせを通してその教訓を伝えたいですね。

いなばのしろうさぎ

あまのいわと

イザナギとイザナミ

うみさち やまさち

やまたのおろち

ヤマトタケル

ももたろう

はなさかじいさん

かさじぞう

つるのおんがえし

うらしまたろう

こぶとりじいさん

いっすんぼうし

したきりすずめ

さるかにがっせん

わらしべちょうじゃ

おむすびころりん

かちかちやま

ねずみのよめいり

ぶんぶくちゃがま

かぐやひめ

きんたろう

雪女

一休さん

耳なし芳一

イソップ物語

三びきのこぶた

ピノキオ

はだかの王さま

みにくいあひるの子

人魚姫

おやゆびひめ

マッチうりの女の子

赤ずきん

ヘンゼルとグレーテル

ブレーメンのおんがくたい

金をつむぐこびと

長ぐつをはいたねこ

シンデレラ

白雪姫

ハーメルンのふえふき

ねむりひめ

おおかみと7ひきの子やぎ

ピーター・パン

アラジンと魔法のランプ

アリババと40人の盗賊

ガリバー旅行記

そんごくう

ギリシャ神話

②長年にわたり出版され続けているシリーズを選ぶ

 長年にわたってシリーズ出版され続けている物語性の高い絵本や童話には、それ相応の重みがあります。絵本選びに迷ったときは、優先して選んでみてはどうでしょうか。

ぐりとぐら

くまの子ウーフ

スパゲッティがたべたいよう(小さなおばけシリーズ)

たたかえ恐竜トリケラトプス

③科学への興味を刺激する本を選ぶ

しっぽのはたらき

たんぽぽ

かがくのとも傑作集

フリズル先生のマジック・スクールバスシリーズ

小学館の図鑑 NEO

④公共図書館からの推薦リスト、保育園・幼稚園の先生お勧め本から選ぶ

三びきのやぎのがらがらどん

100万回生きたねこ

そらまめくんのベッド

エルマーのぼうけん

⑤思わず笑ってしまう本を選ぶ

3びきのかわいいオオカミ

はれときどきぶた

かいけつゾロリのドラゴンたいじ

⑥小学校の国語の教科書そのものを買う

 バランスよくさまざまな作品が読めるのでおすすめです。ネットでは購入できませんが、近くの取扱書店に行けば購入できます。代表的な出版社を紹介しますね。

  • 学校図書
  • 教育出版
  • 三省堂
  • 東京書籍
  • 光村図書

⑦小学校の教科書掲載図書を、入学前に読み聞かせる

 あらかじめ掲載図書を読み聞かせれば、小学校に上がっても馴染みの本が多いので、国語学習にスムーズに入れます。

おおきなかぶ

スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし

スーホの白い馬

手ぶくろを買いに

ごんぎつね

注文の多い料理店

 最後に

 気になる絵本は見つかりましたか。私も順番に子どもたちに読み聞かせたいと思います。読み終えたら感想を更新しますね。

 関連記事

【京都のおでかけスポット】子どもとゴーカートに乗れる公園『大宮交通公園』

 今日は「こどもの日」ということで、子どもたちが大好きな大宮交通公園に朝からお弁当持参で行ってきました。  GW中だったので大勢の人でにぎわっていましたが、混雑していても行って良かったと思える場所です。というわけでご紹介 …

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう!?個性を伸ばす子育て法

 子どもをおりこうさんに育てようとしていませんか。  親や先生の言うことを何でも聞いて、素直で、優しい。そんな子どもに育てようと必死になっていませんか。  もし、そうだとしたら、子どもの個性が死んでしまうもしれません。な …

人付き合いが苦手では生きていけない/逆境に強い子になる育て方

 私の子どもたちを「逆境に強い子に育てたい!」と思って読んだ本なのですが、「子ども」というよりも「まずは自分が」へこたれない親になる必要がある――と痛感させられた本でした。  内閣府の統計(2010年)によると、70万人 …

2017年12月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 先月から始めた絵本の読み聞かせの記録。その第2弾です。  読み聞かせた絵本15冊 『くろくんとちいさいしろくん』  仲間とはぐれてしまった小さいしろくん。しろくんの仲間を探しにくろくんたちが奮闘します。しかし …

わがままではなく伸び伸び育てる/尾木ママ流「叱らない子育て」

 「叱らない子育て」と聞くと、「子どもを甘やかせてしまうのでは?」と懸念する人も多いでしょう。私もそのひとりでした。だって、子どもが悪いことをしても叱らずに好き放題させていたら、子どもはワガママに育ってしまいますよね。 …

子どもの学力は「読み聞かせ」で決まる!?おすすめの絵本145冊

 幼い頃から学習塾に通ったり、家庭でドリル学習をする子どもが増えていますが、まず何よりも大切なのは、絵本の読み聞かせをすることだそうです。  なぜなら、絵本の読み聞かせには、楽しみながら学力を高める効果があるから。無理や …

「イクメン」って、もう一人の母親になることじゃないですよね?

 最近、「イクメン」という言葉が一般的になったせいか、私にも「イクメンになったほうがいいんじゃない?」と言ってくる人がいます。そういう人には、こう返すようにしているんですよね。 「私はもうすでにイクメンですから!残念!! …

学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。  読書 …

子どもの能力は無限大!?小学生からの天才の育て方

 子どもの「能力」を制限していませんか?  私は「そんなことは絶対にしていない!」と思っていましたが、本『今すぐ実践!小学生からの天才の育て方』を読んで反省することになりました。子どもは私が想像している以上に成長していけ …

子どもの将来の年収は母親の愛情で決まる!?子どもを伸ばす子育て法

 最近のある研究によると、母親との温かい関係が、子どもの将来の年収の高さと関連していることがわかったそうです。  その研究とは、ハーバード大学に在籍していた286名の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行うこ …