webstation plus

library_02

 読書していますか?

 私は毎日のように読書していますが、その目的は大きく2つあります。ひとつは「単純に楽しいから」で、もう一つは「できればお金儲けがしたいから」です。

 とはいえ、読書をお金儲けにつなげるのは何だか難しそうですよね。一体どうすればいいのでしょうか。

 「本を読んで終わり」にしない

 当たり前のことですが、どれだけ読書をしても、行動を起こさなければお金儲けにはつながりません。

 たとえば、情報収集のために本を読む人がいますよね。もちろん、情報収集も大切ですが、どれだけ情報収集をしても、行動につながらなければ単なる作業を繰り返しているだけです。

 どれだけ作業を繰り返したところで、物知りにはなれても、仕事の能率が高まったり、偉大な発明や発見にはつながりません。

 だからこそ、本を読むだけで終わりにしないで、考えて行動する癖をつけることが大切なんですよね。

 本を読んで得た知識を自分の中に取り込んで、実践して、失敗して、軌道修正して、さらに失敗して、軌道修正して…という経験を通して、結果につなげていくことが大切です。

 そのために、まずやるべきことは…。

 「仮説」を立てながら読む

 「仮説」を立てながら読むことです。

この意見にはこんな意味があるのでは?
この主張の根拠はこれかな?
この考えはあの仕事に応用できるかな?
この説が成り立つのは、こういう前提条件が成り立っているときだけでは?

 などと、仮説を立てながら読むことで、実際の行動に落とし込むのです。

 本を読みながら頭の中で仮説を立てて検証し、その検証では不十分だと感じるようなら、他の本を読んで納得するまで考え、行動し続けることが大切なんですよね。

 仮説を立て読むことは、思考の枠組みを広げる「モデル・リーディング」にも応用できます。

 たとえば、重要な決断を迫られる局面において、「もし、松下幸之助さんが自分の立場だったら、どういう決断を下すのかな?」と想像して決断を下せば、成功する確率が大幅に上がりそうですよね。

 もちろん、そういう決断をするには、普段から偉人たちの行動を学んで、頭のなかで勝手に動き出すほどのイメージが出来上がってなければいけません。

 「松下幸之助さんはこんな考えで行動されていたのかな?」と仮説を立てて読む癖をつければ、偉人たちの行動が具体的にイメージできるようになるはずです。

 このように、仮説を立てて本を読む習慣がつけば…。

 時間があれば本を読むよりも実践する

 あとは実践あるのみです。

 そのためにも、「時間があったら本を読まない」ことです。ある程度の時間が確保できたら、本を読むよりも実践して経験を積むことが成功への近道なんですね。

 ◆

 さて、このようなエントリを書いている私自身はどうなんだ?という話ですが…。

 実は私も今回紹介した読書法を意識するようになってから、希望する部署に異動できたり、昇格したり、このブログでお小遣い稼ぎができるようになったりと、読書がお金につながるようになりました。

 というわけで、お金につながる読書をしたいと考えている方は、今回紹介した方法を試してみてはどうでしょうか。

 関連記事

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

生き残るために必要なのは「変化」/新時代に活躍できる人の5つの条件

 日本の大企業が苦しんでいますよね。  たとえば東芝。2015年9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたことを発表しましたが、その他にも、7件の水増しをしていたことが判明しました。  では、なぜ東芝を …

ネガティブ思考は朝で決まる!?脳を簡単に活性化させる方法

 ネガティブ思考に陥っていませんか?  この前のエントリでも紹介しましたが、私たちは非常に多くのことを考え、決断を下しています。しかし、その約8割がネガティブな内容だという研究結果があるくらい脳は心配性なんですよね。   …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

仕事ができない人ができる人になる方法/無駄な仕事は「やったフリ」で乗り切ろう!?

 仕事の成果を出していますか?  実は、多くの人は毎日忙しそうに仕事をしていますが、ほとんど成果が出ていません。まわりからも頑張りを認められているのに、非難されているわけでもないのに、成果を出せていないんですよね。  そ …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に!?

 好きでもない仕事に追われていませんか?  あるいは、仕事終わりに居酒屋で会社の愚痴をこぼしたり、家に帰ってからテレビやスマホをぼーっと眺めているような無駄な時間の過ごし方をしていませんか?  もし、そんな生活をしている …

読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち

 ここのところ、読書をしても生活に大きな変化が現れなくなりました。  小説を読んでも、ビジネス書を読んでも、専門書を読んでも、変化が感じられないんですよね。  ひたすら時間を消費しているだけ。そんな感覚です。なぜなら…。 …

「自分の時間を大切にしている人」が絶対にしないこと

 それはバカと付き合うことです。ここで言うバカとは学力の話ではなく、思考停止に陥って、会話をしても何も得られるものがない人のことです。  そんなバカと付き合っている暇があるなら、やりたいことに時間を割いた方がいいですよね …