webstation plus

library_02

 読書していますか?

 私は毎日のように読書していますが、その目的は大きく2つあります。ひとつは「単純に楽しいから」で、もう一つは「できればお金儲けがしたいから」です。

 とはいえ、読書をお金儲けにつなげるのは何だか難しそうですよね。一体どうすればいいのでしょうか。

 「本を読んで終わり」にしない

 当たり前のことですが、どれだけ読書をしても、行動を起こさなければお金儲けにはつながりません。

 たとえば、情報収集のために本を読む人がいますよね。もちろん、情報収集も大切ですが、どれだけ情報収集をしても、行動につながらなければ単なる作業を繰り返しているだけです。

 どれだけ作業を繰り返したところで、物知りにはなれても、仕事の能率が高まったり、偉大な発明や発見にはつながりません。

 だからこそ、本を読むだけで終わりにしないで、考えて行動する癖をつけることが大切なんですよね。

 本を読んで得た知識を自分の中に取り込んで、実践して、失敗して、軌道修正して、さらに失敗して、軌道修正して…という経験を通して、結果につなげていくことが大切です。

 そのために、まずやるべきことは…。

 「仮説」を立てながら読む

 「仮説」を立てながら読むことです。

この意見にはこんな意味があるのでは?
この主張の根拠はこれかな?
この考えはあの仕事に応用できるかな?
この説が成り立つのは、こういう前提条件が成り立っているときだけでは?

 などと、仮説を立てながら読むことで、実際の行動に落とし込むのです。

 本を読みながら頭の中で仮説を立てて検証し、その検証では不十分だと感じるようなら、他の本を読んで納得するまで考え、行動し続けることが大切なんですよね。

 仮説を立て読むことは、思考の枠組みを広げる「モデル・リーディング」にも応用できます。

 たとえば、重要な決断を迫られる局面において、「もし、松下幸之助さんが自分の立場だったら、どういう決断を下すのかな?」と想像して決断を下せば、成功する確率が大幅に上がりそうですよね。

 もちろん、そういう決断をするには、普段から偉人たちの行動を学んで、頭のなかで勝手に動き出すほどのイメージが出来上がってなければいけません。

 「松下幸之助さんはこんな考えで行動されていたのかな?」と仮説を立てて読む癖をつければ、偉人たちの行動が具体的にイメージできるようになるはずです。

 このように、仮説を立てて本を読む習慣がつけば…。

 時間があれば本を読むよりも実践する

 あとは実践あるのみです。

 そのためにも、「時間があったら本を読まない」ことです。ある程度の時間が確保できたら、本を読むよりも実践して経験を積むことが成功への近道なんですね。

 ◆

 さて、このようなエントリを書いている私自身はどうなんだ?という話ですが…。

 実は私も今回紹介した読書法を意識するようになってから、希望する部署に異動できたり、昇格したり、このブログでお小遣い稼ぎができるようになったりと、読書がお金につながるようになりました。

 というわけで、お金につながる読書をしたいと考えている方は、今回紹介した方法を試してみてはどうでしょうか。

 関連記事

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

人間関係の悩みはすべて自分に原因があった

 『図書館内乱』の感想にも書きましたが、人間関係って難しいですよね。  しかも、人間関係の悩みのほとんどは他人に原因があると考えがちですが、『自分の小さな箱から脱出する方法』によると、実は自分にあるそうです。  「そんな …

人工知能(AI)と共存するための生存戦略/2030年には50%の仕事がなくなる!?

 AIやロボティクスの発展が凄まじいですよね。  将棋やチェスといったゲームの世界だけでなく、介護や育児を補助する人型ロボット、あるいは自動走行する車など、多くの分野にAIやロボティクスが活用されようとしています。  こ …

好きなことしかやるな!?40歳からの人生を有意義に過ごす方法

 好きなことをして生きていますか?  もうすぐ40歳になる私は、好きなことをして生きているつもりですが、40歳を過ぎても好きなことをせずに生きている人たちがいます。  少しまわりを見渡してみると、多くの人たちが会社や友達 …

なぜ、エンターテイメントのための読書に価値がないのか

 この前のエントリで「読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち」という趣旨の内容を書いたところ、エンターテイメントのための読書ではダメなのか?とコメントをいただきました。  このコメントに回答するには、エンター …

誰にでもできる仕事は断ろう!?AI社会を生き抜くためにコモディティから抜け出す方法

 誰にでもできる仕事ばかりしていませんか?  私は似たような仕事を繰り返すのが嫌なので、これまで2回ほど転職していますが、そのおかげもあって他の人にはマネできないような仕事に挑戦させてもらえています。  しかし、誰にでも …

勉強のやる気がでないのは「努力が足りない」からではなく「仕組みがない」から

 この前のエントリで、今後、エンジニアとして活躍したいのなら自律するしかないと書きました。  では、どうすれば自律できるのでしょうか。もちろん、勉強して考える力をつけるしかありませんよね。新しい技術や世の中の流れを理解し …

「自信がない人」が一瞬で自信を手に入れる方法/外見と内面は連動している!?

 自信をもって日々を過ごしていますか?  私はどちからと言うと自信をもって生きていますが、昔はそうではありませんでした。人目を気にして、嫌われないように行動していたんですよね。  しかし、あることをすると一瞬で自信を持つ …

「必要とされる人」と「されない人」の違い/驚くような結果を出すための3ステップ

 この世界には3種類の人間が存在すると言われています。  それは、「いてはいけない人」と「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」です。  もちろん、「いなくてはならない人」や「必要とされる人」になりたい …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …