webstation plus

library_02

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。

 そもそも、情報収集は単なる作業でしかない。どれだけ作業を繰り返したところで、物知りにはなれても、仕事の能力が高まるわけではない。何か偉大な発明や発見につながるわけでもない。だから、本を読んで得た知識を自分のなかに取り組んで実践し、軌道修正してさらに繰り返し実践し、結果を出していく必要がある。それが、お金を稼ぐ読書だ。

 では、どうすれば「お金を稼ぐ読書」ができるのだろう。結論からいえば、次の三つを実践することだ。

  1. 著者のバックボーンを知る
  2. 想像しながら読む
  3. 時間があったら本は読まない

 まず「著者のプロフィール」を確認し、実際に結果を出している人かどうか確認しよう。なぜなら、本というのは、結果を出していなくても書けてしまうからだ。実際、頭の中で考えたイメージをあたかも実際に起こった出来事のように書いている人もいる。だから、まずはプロフィールを確認する。そうすれば、行動をともなわない意見に振り回されずに済むだろう。

 とはいえ、自分が本を読むときには、実践へのイメージづくりが必要だ。すなわち、大小さまざまな仮説を立てながら読む必要がある。「これはこういう意味があるのではないか」「この主張の根拠は何か」「ここはこう考えれば仕事に応用できるのでは」「これが成り立つのは、こういう前提条件が必要ではないのか」という仮説を立てるのだ。そして、本を読みながら頭のなかで仮説を検証し、その検証が不十分なら、他の文献(学術書や専門書)をあたり、納得するまで考えていく。この一連の行動が自分の血肉となる。

 思考の枠組みを広げる「モデル・リーディング」も効果的だ。たとえば、自分自身の重要な決断の局面において、もし自分が松下幸之助さんなら、もし自分が稲盛和夫さんなら、もし自分が孫正義さんなら、どういう決断を下すのかを考えてみる。もちろん、そのためには、彼らがどういう行動をとってきたのかを普段から学んでおく必要がある。具体的には、彼らの著作を読んで、自分のアタマのなかに彼らのイメージを創りあげていくのだ。そうすれば、判断に困ったときに役立つ。

 では、最後に「時間があったら本は読まない」ことについて。ある程度、まとまりのある時間が確保できるのなら、その時間は読書をするよりも、「考える」か「アウトプットする」時間にあてたほうがいい。なぜなら、どれほど素晴らしい知識を手に入れても、アイデアがひらめいたとしても、行動しなければ意味がないからである。私たちが最優先すべきなのは、「考えて、アウトプットする(実践する)」ことなのだ。

 「考える」というのは、たとえば「どうすればお客様にもっと喜んでもらえるのか?」、「自信のあるサービスをどうすれば広められるのか?」を解決する方法をひねり出すこと。そして、「アウトプット」とは、実際に企画書を作る、原稿やコラムを書く、取引先を開拓すべく電話をかける、などがそうだ。

 そもそも、自分のやるべきことが明確であれば、本を読んでいる時間などないはず。読書時間:1に対して、考える時間:5、実践する時間:10を目安に、アウトプットする時間を増やしていこう。

 さて、私たちは「読書」という行為そのものが尊いものだと勘違いしてしまいがちだ。たしかに、新しい情報を得る、勉強することは素晴らしいことである。しかし、どれだけ情報を得たとしても、勉強したとしても、アウトプットしなければ何の意味もない。だからこそ、読書で得た情報、知識、感情を何からの形でアウトプットするクセをつけていこう。そうすれば、その読書はいつかお金に変わるはずだ。

 関連記事

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

好きなことをして生きていく/努力が報われない時代の生存戦略

 最近、「努力は報われる」という主張が幻想だと言われるようになりました。このブログでも以下のエントリで紹介しています。  このように言われるようになった背景には、学歴主義や終身雇用制度が崩壊し、偏差値が高い大学に合格すれ …

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …

老後貧乏にならないために、楽しみながら節約する方法

 老後に備えて貯蓄していますか?  「老後なんてまだまだ先の話だよ!」と考え、今を優雅に暮らしている人も多いと思いますが、一般的に老後に必要なお金は「3000万円程度」だと言われています。それだけのお金を貯めることができ …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

「もう諦めよう…」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学ぼう

 新しいことに挑戦しようと決意しても、すぐに諦めていませんか?  もしそうだとしたら、スポーツ選手の名言に触れてみるのも良いかもしれません。諦めたくなる「弱い心」を打ち破るきっかけになるからです。  一流のスポーツ選手っ …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …

読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち

 ここのところ、読書をしても生活に大きな変化が現れなくなりました。  小説を読んでも、ビジネス書を読んでも、専門書を読んでも、変化が感じられないんですよね。  ひたすら時間を消費しているだけ。そんな感覚です。なぜなら…。 …

「必要とされる人」と「されない人」の違い/驚くような結果を出すための3ステップ

 この世界には3種類の人間が存在すると言われています。  それは、「いてはいけない人」と「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」です。  もちろん、「いなくてはならない人」や「必要とされる人」になりたい …

人生100年時代を生き抜くための学習戦略

 100歳まで生きるのが当たり前の時代になると言われていますよね。そんな時代を生き抜くには、新しい知識や技術を学び続ける必要があります。  とはいえ、闇雲に学んでも疲れるだけ。どういう戦略で学んでいきましょうか。 &nb …