webstation plus

books_01

 ビジネス書を読んでいますか?

 私は一時期、毎日のように読んでいましたが、最近はまったく読まなくなりました。どの本を読んでも似たようなことばかり書いてあるからです。

 しかし、久しぶりに読んでみると、知っている内容ばかりなのにやる気が湧いてきたんですよね。自分が何かやりたいと思っているときには、ビジネス書はその後押しをしてくれるのかもしれません。

 とはいえ、せっかく読むのなら、やる気が出るだけでなく、結果にもつなげたい。

 そこで今回は、『年収を上げる読書術』を参考に、どうしたらやる気が出るだけでなく、結果にもつながるのか考えてみたいと思います。

 『年収を上げる読書術』ってどんな本?

 まずは本の内容を簡単に紹介…と思ったのですが、ここで書く内容がそのまま読書を結果につなげる方法になりました。

 というわけで、早速結論を書くと、本を読んだら、内容を誰かに話したり、ブログやノートに書いたりしてアウトプットする。そして、その内容を行動に移す。

 以上です。本書にはノウハウ的な内容がいろいろ書かれていますが、大切なのはこれだけ。本を読んだら行動計画を立て、行動するだけなんですね。

 行動するモチベーションを高めたい時にオススメの本です。

 著者オススメのビジネス書50冊

 本書で紹介されているノウハウのひとつに、気に入った著者の他の本やオススメ本、参考文献を読む方法があります。

 自分が気に入った著者が書いた本やオススメ本は、気にいる確率が高いからです。

 そこで、ここからは著者がおすすめしている「年収を上げるのに役立ったビジネス書50冊」を紹介します。本選びの参考にしてください。

道は開ける

「原因」と「結果」の法則

生き方―人間として一番大切なこと

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

天才!成功する人々の法則

思考は現実化する

マーフィー 眠りながら巨富を得る

一瞬で自分を変える方法

人を動かす

フロー体験 喜びの現象学

影響力の武器

プロカウンセラーの聞く技術

コーチングが人を活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

運のいい人の法則

その科学が成功を決める

金持ちになる男、貧乏になる男

道をひらく

アルケミスト 夢を旅した少年

夜と霧 新版

スタンフォードの自分を変える教室

これからの「正義」の話をしよう

死ぬときに後悔すること25

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

フリーエージェント社会の到来 新装版

ワーク・シフト

となりの億万長者 〔新版〕

ビジョナリー・カンパニー 2

ビジョナリー・ピープル

マネジメント

ストーリーとしての競争戦略

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

その幸運は偶然ではないんです!

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

ユダヤ人大富豪の教え

本当の仕事 自分に嘘をつかない生き方・働き方

仕事の思想―なぜ我々は働くのか

本を読む本

新版あなたもいままでの10倍速く本が読める

アインシュタイン・ファクター

新版 ザ・マインドマップ

考具 ―考えるための道具、持っていますか?

考える技術

キャッチコピー力の基本

文章力の基本

最新版 はじめて講師を頼まれたら読む本

伝える力

週末起業

 最後に

 今回は『年収を上げる読書術』を参考に、どうすればやる気が出るだけでなく、結果にもつながるのか考えてきました。

 結論はシンプルですが、シンプルだからこそ行動に移せないのかもしれません。だからこそ、ビジネス書を読んで、その後押しをしてもらうことにも意味があるのでしょうね。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

小さな鳥カゴに閉じこもっていない?自分らしく生きるための法則

「毎日を人生最後の日だと思って生きてみなさい」  とは、スティーブ・ジョブズの言葉です。彼はこう続けます。 毎朝、私は鏡に映る自分に問いかけてきました。 「もし、今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことは、 …

人気の吉本芸人が考える「売れる秘訣」とは!?

 「お笑い芸人になりたい」「小説家になりたい」「ハンドメイド作家として活躍したい」…などなど、夢を実現するために挑戦している人は大勢います。しかし、そのなかで成功できるのは、ほんの一握りの人たち。  では、成功できる人と …

no image
2030年には50%の仕事がなくなる/スマートマシンと共存する方法

 「スマートマシン」という言葉をご存知でしょうか。スマートマシンとは、自己学習機能を備え、自立的に行動する電子機械のことを指しています。人口知能を実装したロボットやドローン、自動走行車などがそうです。  このスマートマシ …

サラリーマンを極めることが独立・起業の成功につながる

 誰もが一度は夢見る独立・起業。「誰にも束縛されずに自由に生きていきたい」と思うのは自然な欲求だが、フリーランスとして働いても自由になれるとは限らない。むしろ、会社員として働いていたときよりも自由になれないケースさえある …

仕事で成長できる人とできない人の違い

(※『All You Need Is Kill 1』より)  同じ仕事をしていても「成長できる人」と「成長できない人」がいますよね。  似たような仕事を何度も繰り返している人と、新しい仕事に次々と挑戦している人。この差は …

お金よりも「つながり」を大切に/『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

 「努力すれば幸せになれるのか」――これが本書のテーマである。そして、その答えは「No!」。なぜか。  結論からいえば、私たちの能力の大半は遺伝によって決まっているからだ。走るのが得意じゃない人が、どれだけ走る練習をした …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、あるいはマネジ …

「時間が足りない人」に足りていないのは時間ではなくスピード

 「時間がない!」と愚痴をこぼしていませんか。  しかし、時間がないと言う人に限って、無駄なことばかりしているように思えます。  たとえば、すぐに片づくはずの仕事になかなか手をつけず、先送りしてだらだら働いていたり、残業 …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …