webstation plus

books_01

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。

 「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから」…などなど、さまざまな理由が挙げられるでしょう。

 しかし、大別すると「結果を出すため」と「楽しむため」の2種類に分類できます。前者の「楽しむために読書をしている」のであれば特に考える必要はありませんが、「結果を出すために読書をしている」にも関わらず、思うような結果がでなければ悲しいですよね。

 そこで今回は、どれだけ読書をしても思うような結果が出ないのはなぜか、その理由について考えてみたいと思います。

 なぜ、読書をしても思うような結果が出ないのか

 「成功者は読書家である」という話をよく耳にしますよね。実際、ビル・ゲイツやウォーレン・パフェット、イーロン・マスクといった成功者たちは、1日に30分以上、読書をしているそうです。

 しかし、私たちが彼らと同じように毎日30分以上読書をしても、ほとんどの確率で成功者にはなれません。なぜなら、彼らとは読書の仕方が違うからです。

 たとえば、「最近読んだ本の内容を説明してください」と言われたらどうでしょうか。本のタイトルやあらすじ、感想や感銘を受けた言葉など、すらすらと答えられますか。その本を読んで得た知識や情報が今の生活でどのように役立っているかを説明できますか。

 もし、説明できないのであれば、どれだけ読書をしたところで、結果が出ないのは当然です。本を読むことで満足感を得てしまい、本の内容を覚えようとしたり、その内容を活用しようとは思っていないからです。

 つまり、読書とは行動を起こすための前段階に位置づけるべきもの。たとえ最初はうまくいかなかったとしても、本に書かれていたことを実践しなければ意味がありません。読書をしたら、必ずその本に書かれていた内容に沿って行動し、結果を求めることが必要なのです。

 とはいえ、「そんなことは頭では十分わかっているけど、なかなか行動に移せないんだ」という人もいるでしょう。そんな方にオススメなのが、行動読書コンサルタントである大岩俊之さんが提唱している次の4ステップ。

  1. 本の内容から行動するための目標を決める
  2. 目標が叶った自分を想像してワクワクする
  3. 今の自分と目標とのあいだに、どれだけギャップがあるかを把握する
  4. ギャップを埋めるための計画を練って、それを実行する

 詳細は、『年収を上げる読書術』を読んでいただくとして、ものすごく簡単にいえば、本の内容から身につけたい習慣を決め、その習慣が身についた先に、どんな世界が待ち受けているかを想像してワクワクし、このワクワクパワーで実際に行動を起こして結果を出す、というものです。

 ビジネス書などに書かれている成功体験を読めば、「私もチャレンジしてみよう!」「頑張ろう!」という気持ちが湧き上がってきますよね。この気持ちが薄れる前に行動してしまうのです。

 もちろん、この方法はビジネス書に限ったものではありません。漫画『スラムダンク』で桜木花道が庶民シュートの練習をコツコツしている(?)姿に触発されたのなら、そのパワーを目の前のやるべきこと――勉強や仕事、家事や育児などにぶつけてしまえばいいのです。

 とにかく、読書を結果に結びつけるためには、行動するしかありません。読書とは、行動するためのエネルギー源なのです。

 結果を求めない読書も必要

 とはいえ、今回紹介したような結果を求める読書ばかりをするべきではありません。「教養とは無駄の積み重ねである」といった人がいますが、結果に直結しない読書をしなければ、自分らしさ、面白さを磨くことができないからです。

 しかし、ビジネス書のような「すぐに結果を求めるための本」を読んでいるにも関わらず、思うような結果が出ないのは、ものすごく悲しいですよね。ぜひ、本を読むだけで満足せず、行動するクセをつけていきましょう。

 関連記事

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …

仕事ができる人とできない人の違いは「頭の使い方」にある

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりま …

仕事が原因で「もう死にたい…」と思わないために必要なもの

 日本における自殺の統計情報を見てみると、男女差がとても大きいことがわかります。下図がそれなのですが、パッと見ただけで大差があることがわかりますよね。実は、男性の自殺率は女性の2倍以上もあるのです。  では、なぜ女性より …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

35歳からの「第二の人生」を楽しむための5つのチェックリスト

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが大きく上がり、よほど凄い専門性があるか、あるいはマネジャ …

成功は「安定した仕事」や「つまらない仕事」からは生まれない

 世の中には、私たち凡人には想像もつかないような生き方をしている人たちがいる。『自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい』の著者である河合江理子さんもそのひとり。彼女の経歴をみれば、そのチャレンジ精神に驚くことになるだろ …

「何のために働くの?」――会社のためではない、自分のためだ

 仕事に夢中になっているときには考えませんが、仕事がひと段落したときなどの「ふとした瞬間」に、「何のために働いているんだろう」と考えることがあります。  そんなとき、「家族のため」や「会社のため」、「社会を良くするため」 …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …