アメトーーク!「読書芸人」第2弾!おすすめ本まとめ

エンタメまとめ

 2015年6月18日放送の「アメトーーク!」は「本屋で読書芸人」。ピース・又吉さん、オードリー・若林さん、オアシズ・光浦さん、市川紗椰さんが、紀伊國屋で気になるおすすめ本を紹介されていました。

 以前のエントリで紹介した「読書芸人」第1弾と同様に、今回紹介されていた本も読んだことのないものばかり!?じっくり時間をかけて読みたい本が多かったので、まとめとして残すことにしました。読み終えたら随時感想を更新していく予定です。

 今回は、「読書芸人」第2弾の「本屋で読書芸人」に登場した本を紹介していきます。




スポンサーリンク
  1.  ピース・又吉さんのおすすめ本&話題にした本
    1. 『人間小唄』町田康
    2. 『長嶋少年』ねじめ正一
    3. 『熊野曼陀羅』堀本裕樹
    4. 『赤頭巾ちゃん気をつけて』堀本裕樹
    5. 『杳子・妻隠(つまごみ)』古井由吉
    6. 『香水―ある人殺しの物語』パトリック ジュースキント
    7. 『コインロッカー・ベイビーズ』村上龍
    8. 『コルバトントリ』山下澄人
    9. 『庶民烈伝』深沢七郎
    10. 『笑うな』筒井康隆
    11. 『月の砂漠をさばさばと』北村薫
    12. 『漁港の肉子ちゃん』西加奈子
    13. 『こちらあみ子』今村夏子
    14. 雑誌『文學界』
    15. 雑誌『新潮』
    16. 『あなたが消えた夜に』中村文則
    17. 『沈黙』遠藤周作
    18. 『尾崎放哉句集』尾崎放哉
    19. 『もものかんづめ』さくらももこ
    20. 『若きウェルテルの悩み』ゲーテ
    21. 『一千一秒物語』稲垣足穂
  2.  オアシズ・光浦さんのおすすめ本&話題にした本
    1. 『ふくわらい』西加奈子
    2. 『自分を好きになる方法』本谷有希子
    3. 『八日目の蝉』角田光代
    4. 『グロテスク』桐野夏生
    5. 『パンク侍、斬られて候』町田康
    6. 『不道徳教育講座』三島由紀夫
    7. 『わが性と生』瀬戸内寂聴
    8. 『ノラや』内田百けん
    9. 『夢野久作全集』夢野久作
    10. 『少将滋幹の母』谷崎潤一郎
  3.  オードリー・若林さんのおすすめ本&話題にした本
    1. 『教団X』中村文則
    2. 『私とは何か』平野啓一郎
    3. 『強く生きる言葉』岡本太郎、岡本敏子
    4. 『何者』朝井リョウ
    5. 『すべて真夜中の恋人たち』川上未映子
    6. 『燃えよ剣』司馬遼太郎
    7. 『村上龍映画小説集』村上龍
    8. 『夢を与える』綿矢りさ
    9. 『教養としてのプロレス』プチ鹿島
    10. 『サラバ』西加奈子
    11. 雑誌『ダ・ヴィンチ』
    12. 雑誌『アイアンマン』
    13. 『言いたいことが言えない人』加藤諦三
    14. 『ダメなときほど運はたまる』萩本欽一
  4.  市川紗椰さんが話題にした本
    1. 『きりこについて』西加奈子
  5.  宮迫さんが話題にした本
    1. 『リング』鈴木光司
    2. 『アンネの日記』アンネ・フランク
    3. 雑誌『鬼平秘録』
  6.  蛍原さんが話題にした本
    1. 『火花』又吉直樹
  7.  最後に

 ピース・又吉さんのおすすめ本&話題にした本

『人間小唄』町田康

『長嶋少年』ねじめ正一

『熊野曼陀羅』堀本裕樹

『赤頭巾ちゃん気をつけて』堀本裕樹

『杳子・妻隠(つまごみ)』古井由吉

『香水―ある人殺しの物語』パトリック ジュースキント

『コインロッカー・ベイビーズ』村上龍

『コルバトントリ』山下澄人

『庶民烈伝』深沢七郎

『笑うな』筒井康隆

『月の砂漠をさばさばと』北村薫

『漁港の肉子ちゃん』西加奈子

『こちらあみ子』今村夏子

雑誌『文學界』

雑誌『新潮』

『あなたが消えた夜に』中村文則

『沈黙』遠藤周作

『尾崎放哉句集』尾崎放哉

『もものかんづめ』さくらももこ

『若きウェルテルの悩み』ゲーテ

『一千一秒物語』稲垣足穂

スポンサーリンク

 オアシズ・光浦さんのおすすめ本&話題にした本

『ふくわらい』西加奈子

 感情の起伏がほとんどない女性・鳴木戸定(なるきど さだ)は、子供の頃から他人の感情や言動が理解できませんでした。もちろん、友人は一人もいません。コミュニケーションをとる相手は、両親と乳母だけ。

 それにも関わらず、母が亡くなっても、父が目の前でワニに食べられても、彼女は涙ひとつ流しませんでした。人前で裸になったり、タトゥーを入れたり、人肉を食べることも平気。彼女が興味をもっていのは「ふくわらい」だけでした。書籍編集者として働くようになった今でも、他人の顔で「ふくわらい」をして遊んでいます。

 そんな彼女に転機が訪れます。天才・アントニオ猪木に憧れるプロレスラー、美人なのに恋愛下手な後輩、定に好意を寄せる盲目のハーフ男性との出会いを通じて、感情を取り戻していきます。そして最後は――。

 他人との信頼関係が自分を形成する大切な要素であることに気づかせてくれる小説です。

『自分を好きになる方法』本谷有希子

『八日目の蝉』角田光代

『グロテスク』桐野夏生


『パンク侍、斬られて候』町田康

『不道徳教育講座』三島由紀夫

『わが性と生』瀬戸内寂聴

『ノラや』内田百けん

『夢野久作全集』夢野久作

『少将滋幹の母』谷崎潤一郎

スポンサーリンク

 オードリー・若林さんのおすすめ本&話題にした本

『教団X』中村文則

『私とは何か』平野啓一郎

『強く生きる言葉』岡本太郎、岡本敏子

『何者』朝井リョウ

『すべて真夜中の恋人たち』川上未映子

『燃えよ剣』司馬遼太郎


『村上龍映画小説集』村上龍

『夢を与える』綿矢りさ

『教養としてのプロレス』プチ鹿島

『サラバ』西加奈子



雑誌『ダ・ヴィンチ』

雑誌『アイアンマン』

『言いたいことが言えない人』加藤諦三

『ダメなときほど運はたまる』萩本欽一

 市川紗椰さんが話題にした本

『きりこについて』西加奈子

 宮迫さんが話題にした本

『リング』鈴木光司

『アンネの日記』アンネ・フランク

雑誌『鬼平秘録』

 蛍原さんが話題にした本

『火花』又吉直樹

 最後に

 気になった本があれば、ぜひ読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました