webstation plus

 2015年6月18日放送の「アメトーーク!」は「本屋で読書芸人」。ピース・又吉さん、オードリー・若林さん、オアシズ・光浦さん、市川紗椰さんが、紀伊國屋で気になるおすすめ本を紹介されていました。

 以前のエントリで紹介した「読書芸人」第1弾と同様に、今回紹介されていた本も読んだことのないものばかり!?じっくり時間をかけて読みたい本が多かったので、まとめとして残すことにしました。読み終えたら随時感想を更新していく予定です。

 今回は、「読書芸人」第2弾の「本屋で読書芸人」に登場した本を紹介していきます。

 ピース・又吉さんのおすすめ本&話題にした本

『人間小唄』町田康

『長嶋少年』ねじめ正一

『熊野曼陀羅』堀本裕樹

『赤頭巾ちゃん気をつけて』堀本裕樹

『杳子・妻隠(つまごみ)』古井由吉

『香水―ある人殺しの物語』パトリック ジュースキント

『コインロッカー・ベイビーズ』村上龍

『コルバトントリ』山下澄人

『庶民烈伝』深沢七郎

『笑うな』筒井康隆

『月の砂漠をさばさばと』北村薫

『漁港の肉子ちゃん』西加奈子

『こちらあみ子』今村夏子

雑誌『文學界』

雑誌『新潮』

『あなたが消えた夜に』中村文則

『沈黙』遠藤周作

『尾崎放哉句集』尾崎放哉

『もものかんづめ』さくらももこ

『若きウェルテルの悩み』ゲーテ

『一千一秒物語』稲垣足穂

 オアシズ・光浦さんのおすすめ本&話題にした本

『ふくわらい』西加奈子

『自分を好きになる方法』本谷有希子

『八日目の蝉』角田光代

『グロテスク』桐野夏生

『パンク侍、斬られて候』町田康

『不道徳教育講座』三島由紀夫

『わが性と生』瀬戸内寂聴

『ノラや』内田百けん

『夢野久作全集』夢野久作

『少将滋幹の母』谷崎潤一郎

 オードリー・若林さんのおすすめ本&話題にした本

『教団X』中村文則

『私とは何か』平野啓一郎

『強く生きる言葉』岡本太郎、岡本敏子

『何者』朝井リョウ

『すべて真夜中の恋人たち』川上未映子

『燃えよ剣』司馬遼太郎

『村上龍映画小説集』村上龍

『夢を与える』綿矢りさ

『教養としてのプロレス』プチ鹿島

『サラバ』西加奈子

雑誌『ダ・ヴィンチ』

雑誌『アイアンマン』

『言いたいことが言えない人』加藤諦三

『ダメなときほど運はたまる』萩本欽一

 市川紗椰さんが話題にした本

『きりこについて』西加奈子

 宮迫さんが話題にした本

『リング』鈴木光司

『アンネの日記』アンネ・フランク

雑誌『鬼平秘録』

 蛍原さんが話題にした本

『火花』又吉直樹

 最後に

 気になった本があれば、ぜひ読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

『いぬやしき』は強大な力を手に入れたらどうする?がテーマの漫画

(※『いぬやしき(1)』表紙より)  つい先日までイブニングで連載されていた漫画『いぬやしき』。ある日突然、強大な力を手に入れたらどうする?がテーマの漫画です。  今回は『いぬやしき』のあらすじと感想を紹介します。 &n …

「好きなこと」をするには犠牲が伴う/東野圭吾『眠りの森』

 好きなことをするには、ある程度の「犠牲」がつきまとう。収入が減ったり、プライベートな時間が確保できなかったり、あるいは結婚や恋愛ができなかったり。それでも、「どうしてもやりたい!」と思える何かがあるのは、とても幸せなこ …

『フィッシュストーリー』は異なるジャンルの4作品が楽しめる中編小説

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が活躍する『サクリファイス』『ポテチ』など、ジャンルの異なる4作品を集めた中編小説集です。  黒澤フ …

リーダーシップとは大人の甘さ/和田竜『のぼうの城』

 「リーダーシップ」と一言でいっても、いろいろなタイプがある。たとえば、織田信長。彼は自分に反抗する勢力を徹底的に打ち壊して、自分が理想とする社会を実現しようとした。いわゆる「破壊者」「革命児」タイプのリーダーシップを発 …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

『あさひなぐ』は薙刀に青春を捧げる女子高生に胸が熱くなる漫画

(※『あさひなぐ 1』表紙より)  高校生の頃、帰宅部だった私は、家に帰ってからゲーム三昧の日々を過ごしていました。今から思うと、なんてもったいない生き方をしていたのでしょうか。  そんなダラけきった高校生活を過ごしてい …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの怖さを軽快なタッチで描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。タイトルの気軽さとは裏腹にかなりダークな物語です。テーマも「魔女狩りが現代で再現したら?」なので重いのですが、登場人物たちの軽快 …

『氷菓』は甘くてほろ苦い青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。デビュー作とは思えないほど、魅力ある青春ミステリー小説です。読み進めていくうちに学生時代の甘くてほろ苦い記憶を思い出すこと間違いなし!?  今回は『氷菓』のあらすじと …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …