アメトーーク!読書芸人第4弾「本屋で読書芸人」のおすすめ本56冊を紹介!?

エンタメまとめ

 2017年11月16日放送の「アメトーーク!」は「本屋で読書芸人」。

 東野幸治さん、オアシズ・光浦さん、ピース・又吉さん、メープル超合金・カズレーザーさん、乃木坂46・高山一実さんが、代官山蔦屋書店で気になるおすすめ本を紹介されていました。

 これまでの「読書芸人」と同様に、今回紹介された本も魅力的なものばかりだったので、まとめとして残すことにしました。

 気になった本があれば、ぜひ読んでみてください。




スポンサーリンク
  1.  東野幸治さんのおすすめ本&話題にした本
    1. 恩田陸『蜜蜂と遠雷』
    2. 中村文則『R帝国』
    3. 宿野かほる『ルビンの壺が割れた』
    4. 伊坂幸太郎『ホワイトラビット』
    5. 燃え殻『ボクたちはみんな大人になれなかった』
    6. 佐藤多佳子『明るい夜に出かけて』
    7. 『1984年のUWF』
    8. 『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』
    9. 『全裸監督 村西とおる伝』
    10. 『ピアノの森』
    11. 高村薫『レディ・ジョーカー』
    12. 『SHOE DOG(シュードッグ)』
    13. 『生涯投資家』
    14. 『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』
    15. 角田光代『源氏物語』
    16. 小川哲『ゲームの王国』
    17. 町田康『くっすん大黒』
    18. 桐野夏生『OUT』
  2.  オアシズ・光浦さんのおすすめ本&話題にした本
    1. 西加奈子『i(アイ)』
    2. 吉村萬壱『臣女』
    3. 今村夏子『星の子』
    4. パク・ミンギュ『ピンポン』
    5. 奥泉光『東京自叙伝』
    6. 塩田武士『罪の声』
    7. 原田マハ『たゆたえども沈まず』
    8. 桐野夏生『夜の谷を行く』
    9. 角田光代『八日目の蝉』
    10. 柳美里『ねこのおうち』
    11. 『エースをねらえ』
  3.  ピース・又吉さんのおすすめ本&話題にした本
    1. 岸政彦『ビニール傘』
    2. 呉明益『歩道橋の魔術師 (エクス・リブリス)』
    3. 羽田圭介『成功者K』
    4. 若林正恭『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』
    5. せきしろ『1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった』
    6. 山下澄人『しんせかい』
    7. 古井由吉『ゆらぐ玉の緒』
    8. ジョン・アーヴィング『神秘大通り』
    9. 古井由吉『楽天の日々』
    10. 町田康『ゴランノスポン』
    11. 町田康『夫婦茶碗』
    12. 芥川竜之介『トロッコ』
    13. 太宰治『走れメロス』
    14. 宮川ひろ、太田大八『おはじき』
  4.  メープル超合金・カズレーザーさんのおすすめ本&話題にした本
    1. 『応仁の乱 – 戦国時代を生んだ大乱』
    2. 『サピエンス全史』
    3. 眉村卓『僕と妻の1778話』
    4. 『ムー公式 実践・超日常英会話』
    5. 『スティーブ・ジョブズ (小学館版学習まんが人物館)』
    6. 『世界の原色の鳥図鑑』
    7. 田中芳樹『岳飛伝』
    8. 筒井康隆『残像に口紅を』
    9. 『幽☆遊☆白書』
    10. 泡坂妻夫『生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術』
  5.  乃木坂46・高山一美さんのおすすめ本
    1. 川村元気『四月になれば彼女は』
  6.  宮迫さんが話題にした本
    1. 『天才の証明』
    2. 『指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術』
  7.  最後に
    1. おすすめのまとめ記事はこちら

 東野幸治さんのおすすめ本&話題にした本

恩田陸『蜜蜂と遠雷』

中村文則『R帝国』

宿野かほる『ルビンの壺が割れた』

伊坂幸太郎『ホワイトラビット』

 最近、ワクワクしていますか。

 私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。

 想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなったんですよね。

 もしかすると、伊坂さんの小説の中で一番好きな物語かもしれません。

燃え殻『ボクたちはみんな大人になれなかった』

佐藤多佳子『明るい夜に出かけて』

『1984年のUWF』

『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』

『全裸監督 村西とおる伝』

『ピアノの森』

高村薫『レディ・ジョーカー』



『SHOE DOG(シュードッグ)』

『生涯投資家』

『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』

角田光代『源氏物語』



小川哲『ゲームの王国』


町田康『くっすん大黒』

桐野夏生『OUT』


スポンサーリンク

 オアシズ・光浦さんのおすすめ本&話題にした本

西加奈子『i(アイ)』

 ワイルド曽田アイは、アメリカ人の父と日本人の母を持つ女子高生。

 彼女は血の繋がりのない裕福な両親に大切に育てられましたが、繊細で賢すぎるため、自分の境遇を恥ずかしく思っていました。

 なぜなら、世界には理不尽な生活を余儀なくされる子どもたちが大勢いるからです。

・骸骨のように痩せ細り、でもお腹だけ大きく突き出た子どもたち
・煙が立ち上るゴミ山をあさる裸足の子どもたち
・路上で固まって眠り、大人たちから金品を盗むことで生きている子どもたち

 シリア生まれの彼女は、自分もそのうちの一人だったかもしれない…と思うと、贅沢な暮らしをしている自分が恥ずかしくて仕方ありませんでした。

 そんな彼女が同性愛者のミナや歳上の男性ユウとの出会いを通して自分の存在意義を追い求める物語です。

吉村萬壱『臣女』

今村夏子『星の子』

 宗教は自分には関係がないものだと思っていませんか?

 私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。

 ある意味、誰もが洗脳されているんですよね。

パク・ミンギュ『ピンポン』

奥泉光『東京自叙伝』

塩田武士『罪の声』

原田マハ『たゆたえども沈まず』

 美術に興味を持っていますか?

 私はあまり興味がなく、ゴッホについてもほとんど知りませんでしたが、原田マハさんの小説『たゆたえども沈まず』を読んで、ゴッホの作品を見てみたくなりました。

 ゴッホの生涯を知った今では、彼の絵が意思を持って語りかけてくるように思えるんですよね。

桐野夏生『夜の谷を行く』

角田光代『八日目の蝉』

柳美里『ねこのおうち』

『エースをねらえ』

スポンサーリンク

 ピース・又吉さんのおすすめ本&話題にした本

岸政彦『ビニール傘』

呉明益『歩道橋の魔術師 (エクス・リブリス)』

羽田圭介『成功者K』

若林正恭『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』

せきしろ『1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった』

山下澄人『しんせかい』

古井由吉『ゆらぐ玉の緒』

ジョン・アーヴィング『神秘大通り』


古井由吉『楽天の日々』

町田康『ゴランノスポン』

町田康『夫婦茶碗』

芥川竜之介『トロッコ』

太宰治『走れメロス』

宮川ひろ、太田大八『おはじき』

 メープル超合金・カズレーザーさんのおすすめ本&話題にした本

『応仁の乱 – 戦国時代を生んだ大乱』

『サピエンス全史』


眉村卓『僕と妻の1778話』

『ムー公式 実践・超日常英会話』

『スティーブ・ジョブズ (小学館版学習まんが人物館)』

『世界の原色の鳥図鑑』

田中芳樹『岳飛伝』

筒井康隆『残像に口紅を』

『幽☆遊☆白書』

泡坂妻夫『生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術』

 乃木坂46・高山一美さんのおすすめ本

川村元気『四月になれば彼女は』

 宮迫さんが話題にした本

『天才の証明』

『指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術』

 最後に

 今回は、アメトーーク!読書芸人第4弾「本屋で読書芸人」のおすすめ本56冊を紹介してきました。どれも魅力的な本ばかりなので、未読のものがあれば、この機会にぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました