webstation plus

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。

 私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。

 もし、私と同じように挫折している人は、「読む本を間違っている」もしくは「読み方を間違っている」のかもしれません。

 そこで今回は、『理科系の読書術』を参考に、専門書が読めない人のための読書術を紹介します。

 読書とは「わかっていること」を確認する行為

 読書は「わからないことを学ぶ行為」だと思っていませんか。

 実は違います。本を読むプロセスは、その9割がすでに知っていることをなぞる行為なんです。

 著者も自分と同じことを言っていると知り、自分の考えが間違っていなかったと勇気づけられる。その自信と安心感が、新たな知識を吸収する余地をつくるのです。

 つまり、知らないことばかり書かれた本は読めなくて当然だということ。

 だからこそ、挫折するような専門書に出会ったときは、もっと簡単な本を選ぶことが大切です。

 「イラスト解説付き」「早わかり」「すぐに役立つ」「速解」「図解」などの枕詞がついた本や「14歳のための――」など、わかりやすい本を選ぶことが大切なんですね。

 ぜひ、自分にあった本を選ぶようにしましょう。

 わからないことは「棚上げ」して先に進む

 とはいえ、初心者向きの本でも、わからない内容にぶつかることもあるでしょう。

 そんなときは、無理して理解しよう、完成させようとはせずに、先に進むことが大切です。

 そうすれば、いつの間にか理解できるようになることが多々あります。全体像が見えると、別の解決策が見つかるからです。

 実際、ヒトゲノムの解析は、世界中の生物学者が寄ってたかって、できるところから解明していきました。

 難しい箇所は後回しにする。そうして虫食い状だったゲノムが、いつの間にか完成したのです。

 仕事でいちばん大切なのは、完璧な達成ではなく、最後までやり抜くことです。

 読書も同じです。完璧に理解できなくても、とにかく最後まで読んでみることが大切なんですね。

 世界は予測不能なことばかり

 こうして専門書が少しずつ読めるようになっても、新しい技術は次々と生み出されます。もう際限なく…。

 そんなとき、あれもこれも理解したくなるかもしれませんが、足りない状態を埋めようとするのではなく、今あるものをどうやって活かそうかとワクワクしながら考えることが大切です。

 これだけ科学技術が発達しても、東日本大震災ですら「想定外」の連続で、巨大な災害になったのですから。

 とにかく、わからないことばかりに目を向けずに、理解できているところから少しずつ読書をはじめてみませんか。

 最後に

 今回は、『理科系の読書術』を参考に、専門書が読めない人のための読書術を紹介しました。

 より詳しい内容が知りたい方は、本書を読んでみてください。

 関連記事

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

才能は遺伝で決まる!?「報われる努力」と「報われない努力」の違い

「努力が報われると思う人はダメですね」  これは明石家さんまさんの言葉です。少し補足をすると、見返りを期待して、楽しくもないのに苦痛を伴う努力を重ね、恨みをため込むくらいなら、やめた方がいい――そう考えられているようです …

「もう諦めよう」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学べ

 新しいことを始めても、すぐに諦めてしまう。「自分には才能がないんだ」なんて言い訳をして、また違うことを始めようとする。しかし、そうやって始めた新しいこともすぐに諦めてしまう。またまた「才能がなかったんだ…」という言い訳 …

毎日の腕立て伏せ1回が習慣を変える!?新しい習慣の身につけ方

 新しい目標を立てても、すぐに挫折していませんか。  そんなとき、根性がない、努力が足りない、精神力が弱すぎる…などなど、自分を責めてしまいがちですが、やり方が間違っているだけだとしたら。  今回は、本『小さな習慣』を参 …

悩みから逃げちゃダメ/仕事の不安を今すぐ取り除く方法

 新しい職場に異動してから3週間が経過したのですが、いまだに新しい職場に馴染めず、6kg近く痩せてしまいました。以前の職場に比べて求められている仕事の質と量が圧倒的に違っていたからです。  そこで、前の職場の先輩や友人た …

失敗が成功を生み出す!?脳を進化させる3つの掟

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。  もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。  今回は、本『英雄の書』を参考 …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

失敗から成功を生み出すために偉人たちがやってきた3つのこと

(※『失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!』表紙より)  失敗していますか?  エジソンは失敗王と呼ばれるほど数多くの失敗をしてきたそうですが、彼に限らず多くの偉人たちは失敗を乗り越えて成功にたどり着いています。  つまり …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …