webstation plus

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。

 私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。

 もし、私と同じように挫折している人は、「読む本を間違っている」もしくは「読み方を間違っている」のかもしれません。

 そこで今回は、『理科系の読書術』を参考に、専門書が読めない人のための読書術を紹介します。

 読書とは「わかっていること」を確認する行為

 読書は「わからないことを学ぶ行為」だと思っていませんか。

 実は違います。本を読むプロセスは、その9割がすでに知っていることをなぞる行為なんです。

 著者も自分と同じことを言っていると知り、自分の考えが間違っていなかったと勇気づけられる。その自信と安心感が、新たな知識を吸収する余地をつくるのです。

 つまり、知らないことばかり書かれた本は読めなくて当然だということ。

 だからこそ、挫折するような専門書に出会ったときは、もっと簡単な本を選ぶことが大切です。

 「イラスト解説付き」「早わかり」「すぐに役立つ」「速解」「図解」などの枕詞がついた本や「14歳のための――」など、わかりやすい本を選ぶことが大切なんですね。

 ぜひ、自分にあった本を選ぶようにしましょう。

 わからないことは「棚上げ」して先に進む

 とはいえ、初心者向きの本でも、わからない内容にぶつかることもあるでしょう。

 そんなときは、無理して理解しよう、完成させようとはせずに、先に進むことが大切です。

 そうすれば、いつの間にか理解できるようになることが多々あります。全体像が見えると、別の解決策が見つかるからです。

 実際、ヒトゲノムの解析は、世界中の生物学者が寄ってたかって、できるところから解明していきました。

 難しい箇所は後回しにする。そうして虫食い状だったゲノムが、いつの間にか完成したのです。

 仕事でいちばん大切なのは、完璧な達成ではなく、最後までやり抜くことです。

 読書も同じです。完璧に理解できなくても、とにかく最後まで読んでみることが大切なんですね。

 世界は予測不能なことばかり

 こうして専門書が少しずつ読めるようになっても、新しい技術は次々と生み出されます。もう際限なく…。

 そんなとき、あれもこれも理解したくなるかもしれませんが、足りない状態を埋めようとするのではなく、今あるものをどうやって活かそうかとワクワクしながら考えることが大切です。

 これだけ科学技術が発達しても、東日本大震災ですら「想定外」の連続で、巨大な災害になったのですから。

 とにかく、わからないことばかりに目を向けずに、理解できているところから少しずつ読書をはじめてみませんか。

 最後に

 今回は、『理科系の読書術』を参考に、専門書が読めない人のための読書術を紹介しました。

 より詳しい内容が知りたい方は、本書を読んでみてください。

 関連記事

読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち

 ここのところ、読書をしても生活に大きな変化が現れなくなりました。  小説を読んでも、ビジネス書を読んでも、専門書を読んでも、変化が感じられないんですよね。  ひたすら時間を消費しているだけ。そんな感覚です。なぜなら…。 …

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

勉強のやる気がでないのは「努力が足りない」からではなく「仕組みがない」から

 この前のエントリで、今後、エンジニアとして活躍したいのなら自律するしかないと書きました。  では、どうすれば自律できるのでしょうか。もちろん、勉強して考える力をつけるしかありませんよね。新しい技術や世の中の流れを理解し …

「運がいい人」は見向きもせず、「運が悪い人」が追い求めているもの

 それは他人が作った幻想です。憧れの誰かを目指したり、世間一般で言われているありきたりな幸せを追い求めると、どんどん運が悪くなっていくんですよね。なぜなら――。  私たちの脳は世界にひとつだけ  SMAPの名曲 …

努力や根性なんて不要!頑張らずに新しい習慣を身につける方法

 「今日からやるぞ!」と決意しても、1ヶ月も経てば、たいてい挫折しますよね。  そんなとき、根性がないから、努力が足りないから、精神力が弱すぎるから…なんて、自分を責めていませんか。  しかし、実はアプローチの仕方が間違 …

「片付けられない人」にオススメの3つの習慣

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。  普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?  「無意識の美意識」さえ押さえてしま …

「お腹痩せ」には過剰な食事制限や運動など不要/『腹だけ痩せる技術』

 これからダイエットしようと思っているのなら、お腹だけがぽっこりしているかどうか確認してほしい。もし、お腹だけがぽっこりしていて、あとはそれほど太っていないようなら、過剰な食事制限や運動などしなくても簡単に痩せられる可能 …

なぜお金があっても幸せになれないの?/『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』感想

(※『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』表紙より)  お金があると幸せになれると思っていませんか。  私はそう思っていました。しかし、ある統計によると、すべての人が「年収があと20%増えたら生活が豊かになる」と答えたそうです …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …