自分にあった本を選んでる?専門書が読めない人のための読書術

ライフハック

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。

 私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。

 もし、私と同じように挫折している人は、「読む本を間違っている」もしくは「読み方を間違っている」のかもしれません。

 そこで今回は、『理科系の読書術』を参考に、専門書が読めない人のための読書術を紹介します。




スポンサーリンク

 読書とは「わかっていること」を確認する行為

 読書は「わからないことを学ぶ行為」だと思っていませんか。

 実は違います。本を読むプロセスは、その9割がすでに知っていることをなぞる行為なんです。

 著者も自分と同じことを言っていると知り、自分の考えが間違っていなかったと勇気づけられる。その自信と安心感が、新たな知識を吸収する余地をつくるのです。

 つまり、知らないことばかり書かれた本は読めなくて当然だということ。

 だからこそ、挫折するような専門書に出会ったときは、もっと簡単な本を選ぶことが大切です。

 「イラスト解説付き」「早わかり」「すぐに役立つ」「速解」「図解」などの枕詞がついた本や「14歳のための――」など、わかりやすい本を選ぶことが大切なんですね。

 ぜひ、自分にあった本を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

 わからないことは「棚上げ」して先に進む

 とはいえ、初心者向きの本でも、わからない内容にぶつかることもあるでしょう。

 そんなときは、無理して理解しよう、完成させようとはせずに、先に進むことが大切です。

 そうすれば、いつの間にか理解できるようになることが多々あります。全体像が見えると、別の解決策が見つかるからです。

 実際、ヒトゲノムの解析は、世界中の生物学者が寄ってたかって、できるところから解明していきました。

 難しい箇所は後回しにする。そうして虫食い状だったゲノムが、いつの間にか完成したのです。

 仕事でいちばん大切なのは、完璧な達成ではなく、最後までやり抜くことです。

 読書も同じです。完璧に理解できなくても、とにかく最後まで読んでみることが大切なんですね。

スポンサーリンク

 世界は予測不能なことばかり

 こうして専門書が少しずつ読めるようになっても、新しい技術は次々と生み出されます。もう際限なく…。

 そんなとき、あれもこれも理解したくなるかもしれませんが、足りない状態を埋めようとするのではなく、今あるものをどうやって活かそうかとワクワクしながら考えることが大切です。

 これだけ科学技術が発達しても、東日本大震災ですら「想定外」の連続で、巨大な災害になったのですから。

 とにかく、わからないことばかりに目を向けずに、理解できているところから少しずつ読書をはじめてみませんか。

 最後に

 今回は、『理科系の読書術』を参考に、専門書が読めない人のための読書術を紹介しました。

 より詳しい内容が知りたい方は、本書を読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました