webstation plus

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。

 私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。

 もし、私と同じように挫折している人は、「読む本を間違っている」もしくは「読み方を間違っている」のかもしれません。

 そこで今回は、『理科系の読書術』を参考に、専門書が読めない人のための読書術を紹介します。

 読書とは「わかっていること」を確認する行為

 読書は「わからないことを学ぶ行為」だと思っていませんか。

 実は違います。本を読むプロセスは、その9割がすでに知っていることをなぞる行為なんです。

 著者も自分と同じことを言っていると知り、自分の考えが間違っていなかったと勇気づけられる。その自信と安心感が、新たな知識を吸収する余地をつくるのです。

 つまり、知らないことばかり書かれた本は読めなくて当然だということ。

 だからこそ、挫折するような専門書に出会ったときは、もっと簡単な本を選ぶことが大切です。

 「イラスト解説付き」「早わかり」「すぐに役立つ」「速解」「図解」などの枕詞がついた本や「14歳のための――」など、わかりやすい本を選ぶことが大切なんですね。

 ぜひ、自分にあった本を選ぶようにしましょう。

 わからないことは「棚上げ」して先に進む

 とはいえ、初心者向きの本でも、わからない内容にぶつかることもあるでしょう。

 そんなときは、無理して理解しよう、完成させようとはせずに、先に進むことが大切です。

 そうすれば、いつの間にか理解できるようになることが多々あります。全体像が見えると、別の解決策が見つかるからです。

 実際、ヒトゲノムの解析は、世界中の生物学者が寄ってたかって、できるところから解明していきました。

 難しい箇所は後回しにする。そうして虫食い状だったゲノムが、いつの間にか完成したのです。

 仕事でいちばん大切なのは、完璧な達成ではなく、最後までやり抜くことです。

 読書も同じです。完璧に理解できなくても、とにかく最後まで読んでみることが大切なんですね。

 世界は予測不能なことばかり

 こうして専門書が少しずつ読めるようになっても、新しい技術は次々と生み出されます。もう際限なく…。

 そんなとき、あれもこれも理解したくなるかもしれませんが、足りない状態を埋めようとするのではなく、今あるものをどうやって活かそうかとワクワクしながら考えることが大切です。

 これだけ科学技術が発達しても、東日本大震災ですら「想定外」の連続で、巨大な災害になったのですから。

 とにかく、わからないことばかりに目を向けずに、理解できているところから少しずつ読書をはじめてみませんか。

 最後に

 今回は、『理科系の読書術』を参考に、専門書が読めない人のための読書術を紹介しました。

 より詳しい内容が知りたい方は、本書を読んでみてください。

 関連記事

話がつまらない社会人におすすめの「楽しく勉強する方法」

 年をとるにつれて、似たような話、古い話を何度もくりかえす方が増えますよね。私の周りにも「この前もきいたよー」ってツッコミたくなるくらい同じ話をくりかえす方がいます。老化現象でもあるので、ある程度は仕方ないのでしょうが、 …

自分らしく生きるために必要な力/『直感力』

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があ …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

残業しても評価されない時代がやってきた!?

 週休三日と聞いてどう思いますか?  「休みが増えて嬉しい!」と思う人もいるでしょうが、それほど単純な話ではありません。これまでと同じ成果を出しながら休まなくてはいけないからです。  ヤフーではすでに2017年4月から子 …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …

失敗が成功を生み出す!?脳を進化させる3つの掟

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。  もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。  今回は、本『英雄の書』を参考 …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

小さな力で大きな成果が得られる!?成果につながる自己投資のやり方

「すぐ始めよ、始めた者が成功する」  とは、本『「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう』に書かれていた言葉ですが、行動しない人に限って「やらない理由」をグダグダ並べています。  「やり方がわからない」「失敗したらど …