webstation plus

 この前のエントリで「レベルの高い教育も必要ですが、何よりもベースとなる心を育てることが大切だ」と書きました。

 それは心が育たなければ、どれだけ高学歴になっても望んでいる人生が手に入らないからです。前回紹介した韓国のエリート学生もその一例です。

 では、心を育てるとは一体どういうことなのでしょうか。前回とは異なる視点で考えてみたいと思います。

 思いやりの心を持とう

 私たちの心の中には「自分だけよければいい心」と「人を助けてあげたい心」という真逆の心があります。

 大事なのはどちらの心を育てていくかです。

 「人を助けてあげたい」という利他の心は大きな夢を叶えるためには絶対に必要です。なぜなら、一人では夢を叶えられないからです。

 地獄と極楽という比喩がありますよね。実はどちらも見た目は同じですが、そこに住む人の心は大きく異なっています。自分だけ良くなろうと思っている人は地獄の住人なので誰も助けてくれません。

 だからこそ、できるだけ感謝の気持ちをもち、どんなことでも「ありがとう」と言えるようになっていくべきなんですよね。そうすれば利他の心が育っていきます。

 「ど真剣」に生きよう

 簡単に言えば、いつでも全力疾走しようということです。

 一生懸命にやっていればいいことが起きます。イチロー選手が4000本安打を達成できたのも日々の努力の賜物。日々の積み重ねで結果は大きく変わります。

 人生が良くなるかどうかは「考え方」×「熱意」×「能力」で決まると稲盛和夫さんは言います。

 だからこそ、先ほど紹介したように思いやりの心を持ち、さらに熱意を持って行動することが大切なんですよね。

 どれだけ能力が高くても、悪い考えに引っ張られたり、熱意が持てなければ成功できませんよ。

 「思い」は必ず実現する

 思いは物事の始まり。強く思わなければ夢は叶いません。

 逆に言えば、強く思えば今日は無理でも明日はできるようになる可能性があります。

 ピンチの時に信じられない力を発揮する火事場のクソ力がありますよね。あれは潜在能力を発揮したからこそ、想像を超える力が湧き上がってくるのです。

 では、潜在能力のスイッチはどうすれば入るのでしょうか。

 それは、前向きな心を持ち、自分から行動を起こし、強く強く思うこと。そして失敗しても成功するまで諦めないことです。

 どれも当たり前のことばかりですが、この当たり前の積み重ねが夢を実現する近道です。

 最後に

 最近、人と違うことをすべきだという論調のせいもあり、地道な行動を嫌う人が増えているように思います。

 その結果、誰もが一発逆転を狙い、出来もしない大きな夢を掲げては現実という壁にぶつかって挫折しています。

 もちろん、そんな生き方を否定するつもりはありませんが、できれば子供には真っ当な生き方をして欲しいですよね。

 そんな思いから今回はあえて当たり前のことばかり書きました。道徳って意外と大切なんですよ。

 関連記事

2020年以降は大学入試が変わる!?主体性を伸ばす子育て法

 2020年になるとセンター試験が廃止され、新たに「大学希望者学力評価テスト」が導入されるそうです。  これによって大きく変わるのは、「偏差値」よりも「主体性」が評価されるところ。自分で課題を見つけ、その課題を解決する力 …

子どもの学力は「読み聞かせ」で決まる!?おすすめの絵本145冊

 幼い頃から学習塾に通ったり、家庭でドリル学習をする子どもが増えていますが、まず何よりも大切なのは、絵本の読み聞かせをすることだそうです。  なぜなら、絵本の読み聞かせには、楽しみながら学力を高める効果があるから。無理や …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 子どもには「勉強できるようになってほしい」ですよね。  だからこそ、子どもが勉強しないと、叱ったり、褒めたり、教えたりして勉強するように促すのですが、実はどの行為も子どもの成長にはつながらないそうです。  なぜでしょう …

「世界標準の子育て」が教えてくれる伸びる子に育つ3つの法則

 子育てって難しいですよね。  どれだけ子育て本を読んでも、その通りに行動するのは難しく、だからといって、今の自分の子育てが良いものとも思えません。  せめて子どもを伸ばすために「これだけは守っておくべきこと」が何かわか …

今は弱くても変われる!逆境に強い子に育てる6つのコツ

(※『へこたれない子になる育て方』表紙より)  子どもを逆境にさらしていますか。  今、義務教育を経ても自立できない大人が量産されています。内閣府の統計(2010年)によると、「ひきこもり」と呼ばれる状態の大人が約70万 …

自分で考える子どもに育てる5つのルール

 子どもを叱っていませんか。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。 …

叱るのはムダ!?子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 「子どもを叱ってはいけない」と頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところ …

子供の将来の年収は母親の愛情で決まる!?

 金融庁の報告によると、65歳60歳以上の夫婦が年金収入だけに頼った生活を送ると、毎月5万円の赤字、30年で2000万円も不足するそうです。2019年6月時点の報告なので、私がこの年齢に達した頃には、もっと赤字が増えてい …

伸びる子が育つ父親の特徴/「イクメン」とは二人目の母親になることじゃない

 少し前にイクメンという言葉が流行りました。  その影響もあって、今では多くの父親が育児参加するようになりましたが、なぜか父親としてではなく、二人目の母親のように振る舞おうとする人がいます。  しかし、父親には父親の役割 …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …