webstation plus

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)


 仕事頑張っていますか?

 私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。

 もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げることも大切です。しかし、頭ではわかっていても、実際にそのような状況に追い込まれると、どうしようもなくなるんですよね。

 そこで今回は、仕事で追い詰められたときにぜひ読んでほしい小説『ちょっと今から仕事辞めてくる』のあらすじと伝えたいことを紹介します。

 『ちょっと今から仕事辞めてくる』ってどんな小説?

 ブラック企業で営業職として働く青山隆。彼は休日も取れず、上司から怒鳴られる日々に嫌気がさしていました。

 そんなある日。電車のホームからこのまま落ちれば明日から仕事に行かなくてすむなぁ…という誘惑に負けます。

 このとき、彼を止めたのがヤマモトと名乗る人物でした。彼は隆と同級生だと言いますが、まったく覚えがありません。しかし、彼との会話は面白く、前向きな気持ちになれるので、忘れているだけかもしれないと気にしませんでした。

 ところが、本当に彼が赤の他人であることがわかります。しかも、彼が名乗った名前をネットで検索してみると、三年前に自殺をしていることがわかりました。写真は彼とそっくりです。もしかして彼は幽霊なの?

 読み終えた後は、明日からまた頑張ろうと思える物語です。

 人生、生きてさえいればなんとかなる

 この小説で伝えたい言葉はこれが全てだと思います。

 この世で生きていくためには、誰もが働かなくてはいけません。やりがいのある仕事ばかりじゃなく、理不尽なことだって沢山あります。

 だからといって、その都度みんなが仕事を辞めてしまっては、社会は成り立ちません。しかし、社会のために誰かが犠牲になる必要なんてありませんよね。

 そもそも、私たちの人生は何のためにあるのでしょうか。

 半分は自分のため。もう半分は私たちを大切に思ってくれる人――両親や家族、子どものためにあるのです。

 それなら死ぬことに意味はあるでしょうか。生きて新しい仕事を探した方が、自分のためにも、私たちのことを思ってくれている人のためにもなりますよね。

大丈夫よ。人生なんてね、生きてさえいれば、案外なんとでもなるもんよ。

 とは隆の母の言葉ですが、必死に挑戦して失敗したことなら、必ず次に生かせます。死ぬくらいなら、ちょっと今から仕事を辞めてきて、新しい仕事を探した方がいいと思いませんか。

 最後に

 今回は小説『ちょっと今から仕事辞めてくる』のあらすじと伝えたいことを紹介してきました。

 生きていると死ぬほどツライ出来事に遭遇することがあります。もちろん、真正面から向き合って乗り越えていければいいのですが、それが出来ないときは少し回り道をしてみるのもいいかもしれません。死ねばその先はありませんからね。

 気になった方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

東野圭吾『沈黙のパレード』感想/法律はいつも正しいわけではない!?

 法律を守って生きていますか?  もちろん私は法律を守って生きていますが、東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』を読んで、法律は時によって無力であるだけでなく、加害者を守る武器にもなることに気づきました。  久しぶりのガリ …

伊坂幸太郎『残り全部バケーション』は結果よりもプロセスを大切にしたくなる物語

 結果ばかり追い求めていませんか?  私は結果ばかり追い求めていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』を読んで、結果だけでなくプロセスも大切にしたくなりました。  「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わ …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

東野圭吾『私が彼を殺した』は前作以上に読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私は前作『どちらかが彼女を殺した』を読んでから、ミステリーを読むときは犯人を推理するよう心がけていますが、東野圭吾さんの小説『私が彼を殺した』では前作以上に難しい問題が提示されるんですよね。  も …

伊坂幸太郎『重力ピエロ』は他人の考えに縛られずに生きていこうと思える物語

 他人の考えに縛られて生きていませんか?  私も以前は他人の考えに縛られて生きていましたが、今では自分の考えで行動するようになりました。その方が楽に生きられるんですよね。  伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』も自分らしく …

伊坂幸太郎『砂漠』は自分を信じてもう一度頑張ってみようと思える物語

 学生時代は真面目に勉強してきましたか?  私は多くの大学生と同じように、バカ騒ぎをして過ごしてきたので、真面目に勉強してきたとは口が裂けても言えませんが、そんな私だからこそ、伊坂幸太郎さんの小説『砂漠』を読んで懐かしい …

知念実希人『レフトハンド・ブラザーフッド』は依存性の強い人間の末路を描いた物語

 何かに依存していませんか?  ゲームやお酒・タバコ、異性や親子関係、さらにはクスリ…などなど、何かに依存していると、恐ろしいことになるかもしれません。  そんな依存性の強い人たちの末路を描いた物語が、知念実希人さんの小 …

小さな鳥カゴに閉じこもっていない?自分らしく生きるための法則

「毎日を人生最後の日だと思って生きてみなさい」  とは、スティーブ・ジョブズの言葉です。彼はこう続けます。 毎朝、私は鏡に映る自分に問いかけてきました。 「もし、今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことは、 …

伊坂幸太郎『AX アックス』感想/家族のことを大切に思っていますか?

 家族のことを大切に思っていますか。  私は家族のことを大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで衝撃を受けました。主人公の殺し屋が言葉だけでなく本当に家族のことを思って行動してい …

池井戸潤『不祥事』感想/魅力的な女性の特徴とは?

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心を持っていかれそうになる登場人物に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのにユーモアあふれるキャ …