webstation plus

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)


 仕事頑張っていますか?

 私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。

 もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げることも大切です。しかし、頭ではわかっていても、実際にそのような状況に追い込まれると、どうしようもなくなるんですよね。

 そこで今回は、仕事で追い詰められたときにぜひ読んでほしい小説『ちょっと今から仕事辞めてくる』のあらすじと伝えたいことを紹介します。

 『ちょっと今から仕事辞めてくる』ってどんな小説?

 ブラック企業で営業職として働く青山隆。彼は休日も取れず、上司から怒鳴られる日々に嫌気がさしていました。

 そんなある日。電車のホームからこのまま落ちれば明日から仕事に行かなくてすむなぁ…という誘惑に負けます。

 このとき、彼を止めたのがヤマモトと名乗る人物でした。彼は隆と同級生だと言いますが、まったく覚えがありません。しかし、彼との会話は面白く、前向きな気持ちになれるので、忘れているだけかもしれないと気にしませんでした。

 ところが、本当に彼が赤の他人であることがわかります。しかも、彼が名乗った名前をネットで検索してみると、三年前に自殺をしていることがわかりました。写真は彼とそっくりです。もしかして彼は幽霊なの?

 読み終えた後は、明日からまた頑張ろうと思える物語です。

 人生、生きてさえいればなんとかなる

 この小説で伝えたい言葉はこれが全てだと思います。

 この世で生きていくためには、誰もが働かなくてはいけません。やりがいのある仕事ばかりじゃなく、理不尽なことだって沢山あります。

 だからといって、その都度みんなが仕事を辞めてしまっては、社会は成り立ちません。しかし、社会のために誰かが犠牲になる必要なんてありませんよね。

 そもそも、私たちの人生は何のためにあるのでしょうか。

 半分は自分のため。もう半分は私たちを大切に思ってくれる人――両親や家族、子どものためにあるのです。

 それなら死ぬことに意味はあるでしょうか。生きて新しい仕事を探した方が、自分のためにも、私たちのことを思ってくれている人のためにもなりますよね。

大丈夫よ。人生なんてね、生きてさえいれば、案外なんとでもなるもんよ。

 とは隆の母の言葉ですが、必死に挑戦して失敗したことなら、必ず次に生かせます。死ぬくらいなら、ちょっと今から仕事を辞めてきて、新しい仕事を探した方がいいと思いませんか。

 最後に

 今回は小説『ちょっと今から仕事辞めてくる』のあらすじと伝えたいことを紹介してきました。

 生きていると死ぬほどツライ出来事に遭遇することがあります。もちろん、真正面から向き合って乗り越えていければいいのですが、それが出来ないときは少し回り道をしてみるのもいいかもしれません。死ねばその先はありませんからね。

 気になった方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

アイデアが浮かばないのは「ぼんやり」不足が原因!?

 「仕事でミスをした」「集中力が続かない」「アイデアが浮かばない」…。  このような悲しい状況に陥ったとき、どうしていますか?「もっと頑張らないと!」と自分を追い込んでいませんか?  もし、そうだとしたら、少しだけ立ち止 …

仕事ができる人とできない人の違いは「頭の使い方」にある

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりま …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

自分らしく生きるとは?柚木麻子『BUTTER』は首都圏連続不審死事件をテーマにした小説

(※『BUTTER』表紙より)  柚木麻子さんの小説『BUTTER』。  首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。  読 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

自己否定の毎日にさようなら/ワクワクと成功を生み出す目標設定法

 目標に向かって仕事やプライベートを楽しんでいますか。  私はこの3年間。仕事の目標が達成できずに苦しんできました。リソースが足りない、時間が足りない、知識が足りない…と、ないない尽くしで目標を立てることさえ嫌になってい …

「時間が足りない人」に足りていないのは時間ではなくスピード

 「時間がない!」と愚痴をこぼしていませんか。  しかし、時間がないと言う人に限って、無駄なことばかりしているように思えます。  たとえば、すぐに片づくはずの仕事になかなか手をつけず、先送りしてだらだら働いていたり、残業 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …