webstation plus

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)


 仕事頑張っていますか?

 私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。

 もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げることも大切です。しかし、頭ではわかっていても、実際にそのような状況に追い込まれると、どうしようもなくなるんですよね。

 そこで今回は、仕事で追い詰められたときにぜひ読んでほしい小説『ちょっと今から仕事辞めてくる』のあらすじと伝えたいことを紹介します。

 『ちょっと今から仕事辞めてくる』ってどんな小説?

 ブラック企業で営業職として働く青山隆。彼は休日も取れず、上司から怒鳴られる日々に嫌気がさしていました。

 そんなある日。電車のホームからこのまま落ちれば明日から仕事に行かなくてすむなぁ…という誘惑に負けます。

 このとき、彼を止めたのがヤマモトと名乗る人物でした。彼は隆と同級生だと言いますが、まったく覚えがありません。しかし、彼との会話は面白く、前向きな気持ちになれるので、忘れているだけかもしれないと気にしませんでした。

 ところが、本当に彼が赤の他人であることがわかります。しかも、彼が名乗った名前をネットで検索してみると、三年前に自殺をしていることがわかりました。写真は彼とそっくりです。もしかして彼は幽霊なの?

 読み終えた後は、明日からまた頑張ろうと思える物語です。

 人生、生きてさえいればなんとかなる

 この小説で伝えたい言葉はこれが全てだと思います。

 この世で生きていくためには、誰もが働かなくてはいけません。やりがいのある仕事ばかりじゃなく、理不尽なことだって沢山あります。

 だからといって、その都度みんなが仕事を辞めてしまっては、社会は成り立ちません。しかし、社会のために誰かが犠牲になる必要なんてありませんよね。

 そもそも、私たちの人生は何のためにあるのでしょうか。

 半分は自分のため。もう半分は私たちを大切に思ってくれる人――両親や家族、子どものためにあるのです。

 それなら死ぬことに意味はあるでしょうか。生きて新しい仕事を探した方が、自分のためにも、私たちのことを思ってくれている人のためにもなりますよね。

大丈夫よ。人生なんてね、生きてさえいれば、案外なんとでもなるもんよ。

 とは隆の母の言葉ですが、必死に挑戦して失敗したことなら、必ず次に生かせます。死ぬくらいなら、ちょっと今から仕事を辞めてきて、新しい仕事を探した方がいいと思いませんか。

 最後に

 今回は小説『ちょっと今から仕事辞めてくる』のあらすじと伝えたいことを紹介してきました。

 生きていると死ぬほどツライ出来事に遭遇することがあります。もちろん、真正面から向き合って乗り越えていければいいのですが、それが出来ないときは少し回り道をしてみるのもいいかもしれません。死ねばその先はありませんからね。

 気になった方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

夢の実現に必要なのは「目標/計画」よりも「ストーリー思考」!?

(※『ストーリー思考で奇跡が起きる』表紙より)  「どうしても実現したい夢」が見つかったとき、どうしていますか?  「事前準備をしてから」「もう少し社会経験を積んでから」「十分なお金を確保してから」…なんて、行動すること …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …