webstation plus

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)


 仕事頑張っていますか?

 私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。

 もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げることも大切です。しかし、頭ではわかっていても、実際にそのような状況に追い込まれると、どうしようもなくなるんですよね。

 そこで今回は、仕事で追い詰められたときにぜひ読んでほしい小説『ちょっと今から仕事辞めてくる』のあらすじと伝えたいことを紹介します。

 『ちょっと今から仕事辞めてくる』ってどんな小説?

 ブラック企業で営業職として働く青山隆。彼は休日も取れず、上司から怒鳴られる日々に嫌気がさしていました。

 そんなある日。電車のホームからこのまま落ちれば明日から仕事に行かなくてすむなぁ…という誘惑に負けます。

 このとき、彼を止めたのがヤマモトと名乗る人物でした。彼は隆と同級生だと言いますが、まったく覚えがありません。しかし、彼との会話は面白く、前向きな気持ちになれるので、忘れているだけかもしれないと気にしませんでした。

 ところが、本当に彼が赤の他人であることがわかります。しかも、彼が名乗った名前をネットで検索してみると、三年前に自殺をしていることがわかりました。写真は彼とそっくりです。もしかして彼は幽霊なの?

 読み終えた後は、明日からまた頑張ろうと思える物語です。

 人生、生きてさえいればなんとかなる

 この小説で伝えたい言葉はこれが全てだと思います。

 この世で生きていくためには、誰もが働かなくてはいけません。やりがいのある仕事ばかりじゃなく、理不尽なことだって沢山あります。

 だからといって、その都度みんなが仕事を辞めてしまっては、社会は成り立ちません。しかし、社会のために誰かが犠牲になる必要なんてありませんよね。

 そもそも、私たちの人生は何のためにあるのでしょうか。

 半分は自分のため。もう半分は私たちを大切に思ってくれる人――両親や家族、子どものためにあるのです。

 それなら死ぬことに意味はあるでしょうか。生きて新しい仕事を探した方が、自分のためにも、私たちのことを思ってくれている人のためにもなりますよね。

大丈夫よ。人生なんてね、生きてさえいれば、案外なんとでもなるもんよ。

 とは隆の母の言葉ですが、必死に挑戦して失敗したことなら、必ず次に生かせます。死ぬくらいなら、ちょっと今から仕事を辞めてきて、新しい仕事を探した方がいいと思いませんか。

 最後に

 今回は小説『ちょっと今から仕事辞めてくる』のあらすじと伝えたいことを紹介してきました。

 生きていると死ぬほどツライ出来事に遭遇することがあります。もちろん、真正面から向き合って乗り越えていければいいのですが、それが出来ないときは少し回り道をしてみるのもいいかもしれません。死ねばその先はありませんからね。

 気になった方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

ビジネス書を読んで年収を上げる方法/おすすめ本50冊も紹介

 ビジネス書を読んでいますか?  私は一時期、毎日のように読んでいましたが、最近はまったく読まなくなりました。どの本を読んでも似たようなことばかり書いてあるからです。  しかし、久しぶりに読んでみると、知っている内容ばか …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

父親の役割ってなに?/伊坂幸太郎『オー!ファーザー』感想

(※『オー!ファーザー』表紙より)  結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強したり、買い物に行ったりする日々が続きます。  これで本当に …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …