【Python】文字列や数値、変数の値を出力するprint関数の使い方を紹介

PC関連

Pythonで文字列や数値、変数の値を出力したいとき、「print関数」を使うことになります。デバッグのときによく使う関数ですよね。

そこで今回は、初心者の方にもわかるように、Pythonでのprint関数の使い方を簡単に紹介します。

スポンサーリンク

print関数の基本的な使い方

では早速、print関数の基本的な使い方を説明します。

まずは、文字列や数値、リストを出力してみましょう。次のサンプルプログラムをみてください。

◆サンプルプログラム:

print('Hello World!')
print(100)
print([0,1,2,3,4,5])

◆実行結果:

Hello World!
100
[0, 1, 2, 3, 4, 5]

文字列や数値、リストの値をprint関数に直接入力すれば、それぞれの値が出力できましたね。

また、次のサンプルプログラムように変数をprint関数に入力しても同様の結果が得られます。

◆サンプルプログラム:

test = 'Hello World!'
num = 100
array = [0,1,2,3,4,5]

print(test)
print(num)
print(array)

◆実行結果:

Hello World!
100
[0, 1, 2, 3, 4, 5]

さらに、「,」(カンマ)で区切れば、複数の文字列や数値、リストや変数を並べて出力することもできます。

◆サンプルプログラム:

test = 'Hello World!'
num = 100
array = [0,1,2,3,4,5]

print(test, num, array)

◆実行結果:

Hello World! 100 [0, 1, 2, 3, 4, 5]

また、次のサンプルプログラムのように、「+」で文字列を結合して出力することもできます。

◆サンプルプログラム:

test1 = 'Hello'
test2 = 'World!'

print(test1 + ' ' + test2)

◆実行結果:

Hello World!

さらに、「str関数」を使って数値を文字列に変換して結合することもできます。

◆サンプルプログラム:

test = 'num'
num = 100

print(test + ': ' + str(num))

◆実行結果:

num:100

また、C言語などのプログラミング言語を使われている方には、おなじみの「%」を使って出力することもできます。

◆サンプルプログラム:

num1 = 100
num2 = 200
num3 = 300

print('num1: %d' % num1)
print('num2: %d, num3: %d' % (num2, num3))

◆実行結果:

num1: 100
num2: 200, num3: 300

C言語と同様に、%dは10進数を意味しています。その後、「%」とスペースに続いて「%d」に出力したい変数を指定します(サンプルプログラムでは「% num1」)。

出力したい変数が複数ある場合は、「% (num2, num3)」のように、カッコで囲って「,」で順番に指定します。

また、%dの代わりに、%fで小数を、%sで文字列を指定することもできます。

さらに、「%」の代わりに「formatメソッド」を使うこともできます。

◆サンプルプログラム:

num1 = 100
num2 = 200
num3 = 300

print('num1: {}' .format(num1))
print('num2: {}, num3: {}' .format(num2, num3))

◆実行結果:

num1: 100
num2: 200, num3: 300

「%d」の代わりに「{}」を指定することで、.format()メソッドに指定している変数の値を出力することができました。

スポンサーリンク

最後に

今回は、Pythonのprint関数について簡単に紹介してきました。プログラムをデバッグするときには必須の関数なので、ぜひ覚えておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました