webstation plus

 Pythonを勉強していると、何度も似たようなコードを書くことになりますよね。しかし、何度も似たようなコードを書くのは面倒ですし、コードが読みにくくなります。

 そこで、ある特定の処理をまとめて「関数」にすることで共通化します。

 今回は、そんな関数の定義方法と呼び出し方について紹介します。

 関数の定義方法と呼び出し方

 Pythonでは、「def」を使って関数を定義します。処理は関数名の下にインデントして書いていきます。

 …と、言葉で書いてもよくわからないと思うので、次のサンプルプログラムをみてください。

◆サンプルプログラム:

◆実行結果:

 サンプルプログラムでは、「test_print()」という関数を定義しています。この関数の処理は、print(“Hello”)とprint(“World”)です。

 ただし、これらはあくまでも関数の定義です。呼び出すときは、test_print()と関数名を書いて呼び出す必要があります。

 また、print(“not function”)はインデントされていないため、関数内の処理ではありません。

 そのため、このサンプルプログラムでは一番はじめに実行されます。そのあと、test_print()関数を呼び出しています。

 次のサンプルプログラムのように関数に値を渡すこともできます。この関数に引き渡す値を「引数」と言います。

◆サンプルプログラム:

◆実行結果:

 このサンプルプログラムでは、a、bという引数を使って四則演算の結果をprint出力する「test_calc(a, b)」を定義しています。

 関数を呼び出すときは、test_calc(6, 3)というように、a、bの値を指定して呼び出します。

 実行結果をみてもらえばわかりますが、aの値が6、bの値が3として関数内の処理が実行されていますよね。

 また、次のサンプルプログラムのように、関数内の処理結果をretunで戻すこともできます。

◆サンプルプログラム:

◆実行結果:

 test_add(a, b)は、a、bの加算結果がreturnされる関数です。そのため、実行結果をみればわかりますが、sumに加算結果が代入されていますよね。

 さらにPythonでは、複数の値をretrunすることも可能です。

◆サンプルプログラム:

◆実行結果:

 test_calc(a, b)は四則演算の結果を「,」で区切ってretunしています。呼び出し側も「,」で区切って、それぞれ別の変数に代入できるようにします。

 C言語などのプログラミング言語に慣れている方には驚きの使い方ですよね。

 最後に

 今回は、Pythonにおける関数の定義方法と呼び出し方について簡単に紹介してきました。

 何度も似たようなコードを書くのは面倒ですし、コードが読みにくくなるので、ぜひ関数の使い方を習得して共通化していきましょう。

 関連記事

認証プロキシ環境下でのpip installコマンドのエラーを解消する方法(Windows)

 会社内などの認証プロキシがある環境下では、「pip install」コマンドを使ってpythonのパッケージをインストールしようとするとエラーが発生します。  そんなときに設定すべきコマンドについて紹介します。 &nb …

VMware Playerを用いてUbuntuをインストールする方法

 前回のエントリで「VMware Player」をインストールしたので、今回はUbuntu(Linux)をインストールして実際に動かしてみたいと思います。  では、早速Ubuntuのインストール方法について紹介します。 …

【Python】for文を使った繰り返し処理の基本を簡単に紹介

 Pythonで繰り返し処理を実現する方法として「for文」と「while文」がありますが、初心者の方には少し複雑に思えるかもしれません。  そこで今回は、初心者の方にもわかるように、Pythonでのfor文の使い方を簡 …

【Ubuntu】.debファイルをインストールする方法

 Ubuntuでは、パッケージを管理するシステムとして便利な「apt」があります。  しかし、パッケージによっては「apt-get install」コマンドでインストールできないものがあり、その場合は代わりにdebパッケ …

【Python】if __name__ == ‘__main__’:の意味と使い方を簡単に紹介

 Pythonを勉強していると、「if __name__ == ‘__main__’:」という謎のコードに出会うことがあります。  実はこれ。パッとみると他のプログラミング言語におけるmain関数 …

【Python】while文を使った繰り返し処理の基本を簡単に紹介

 Pythonで繰り返し処理を実現する方法として「for文」と「while文」がありますが、初心者の方には少し複雑に思えるかもしれません。  そこで今回は、初心者の方にもわかるように、Pythonでのwhile文の使い方 …

【Python】数値計算に役立つライブラリNumPyの導入方法と使い方を紹介

 Pythonを使って機械学習をはじめると、膨大な量の数値計算をする必要に迫られるため、計算を効率的に行うモジュール「NumPy」を使うことが多くなります。  NumPyは、機械学習で必須となるベクトルや行列などの多次元 …

「Python」のインストール方法(Windows版)

 プログラミングしていますか?  私は仕事でプログラムを書いていますが、最近は世の中のトレンドの影響もあり、Pythonを使って機械学習のコードを書く機会が増えました。  簡単なコードで機械学習があれこれ試せるのでおすす …

仮想マシン化「VMware Player」のインストール方法(32bit版も)

 「Windows PCでLinuxを動作させたい」と思ったことありませんか。  そんなときに便利なのが、仮想マシン構築ソフト「VMware Workstation Player(以下、VMware Player)」です …

【Python】モジュール、パッケージ、ライブラリの意味とimportの使い方を紹介

 Pythonを使い始めると、モジュールとか、パッケージとか、ライブラリとか似たような言葉が登場します。  そして、これらを使うには「import」する必要があるのですが、imoprtがどのような役割を果たしているのか、 …