webstation plus

 プログラミングしていますか?

 私は仕事でプログラムを書く機会があり、そこそこの頻度でプログラミングしていますが、最近研修でPythonを使ったプログラミングをする機会がありました。

 このとき、Windows版のインストール方法を教えてほしいという要望があったので、簡単にまとめておきたいと思います。

 Pythonとは?

 Pythonは、オランダ人のグイド・ヴァンロッサムというプログラマーによって開発されました。名前の由来はイギリスのテレビ局BBCが制作したコメディ番組『空飛ぶモンティ・パイソン』だそうです。

 Pythonの特徴は、文法を極力単純化してコードを読みやすく、また書きやすくしたことで、C言語などに比べて少ないコードで書くことができます。またライブラリが豊富にあるのも特徴の一つでしょう。

 実際にPythonが使われるケースは多岐にわたります。Webアプリケーションやデスクトップアプリケーション、人工知能開発や組み込み開発などにも使われています。

 このように簡単で用途が多岐にわたるプログラミング言語「Python」を覚えないなんて勿体ないですよね。

 Pythonのインストール方法

 では、早速インストール方法の紹介です。

1. インストーラーのダウンロード

 以下のサイトから最新版をダウンロードすることができます。

 Downloads > Windows > Python3.x.xを選択します。

2. Pythonのインストール

 ダウンロードしたインストーラーを実行します。

 実行すると、下記のような画面が表示されます。「Add Python3.x to PATH」にチェックを入れると、環境変数を自動的に設定できます。「Install Now」をクリックして次へ。

 インストールが始まります。

 何も問題がなければインストール完了です。「Close」をクリック。

3. インストールができたか確認

 コマンドプロンプト(Windowsシステムツール)で、以下のコマンドを実行します。

 「Python3.x.x」とバージョンが表示されればインストール成功です。

 関連記事

Pythonのライブラリが簡単にインストールできるツール『pip』とは?

 この前のエントリでPythonのインストール方法を紹介しました。  Pythonをインストールすると標準ライブラリも同時にインストールされますが、それ以外にもサードパーティが多数(約20万)のライブラリを公開しています …

仮想マシン化「VMware Player」のインストール方法(32bit版も)

 「Windows PCでLinuxを動作させたい」と思ったことありませんか。  そんなときに便利なのが、仮想マシン構築ソフト「VMware Workstation Player(以下、VMware Player)」です …

VMware Playerを用いてUbuntuをインストールする方法

 前回のエントリで「VMware Player」をインストールしたので、今回はUbuntu(Linux)をインストールして実際に動かしてみたいと思います。  では、早速Ubuntuのインストール方法について紹介します。 …