webstation plus

 子どもに対してイライラしていませんか?

「使わないオモチャは片付けなさい!」
「ゲームばかりしてないで勉強しなさい!」
「言うことを聞きなさい!」

 などなど、イライラすることばかりです。

 このとき、パートナーや友人に愚痴ったり、外出したり、暴飲暴食をしたりと、さまざまな方法でストレスを解消しようと頑張りますが、できればイライラの原因そのものを解決したいですよね。

 では、なぜ子育てはこれほどイライラするのでしょうか。

 子どもが言うことを聞かないから

 これにつきます。実際、ある自治体のアンケートによると、75.6%の人が「言うことを聞かない子どもにイライラしている」ことがわかりました。

 とはいえ、高圧的な態度で子どもをコントロールするわけにはいきませんよね。親の感情に子供が屈してしまうと、子供は確実に不幸になるからです。

 詳しくは以下のエントリで紹介していますが、親の言うことに無抵抗で従うようになると、一見親の言うことを聞く素直な良い子にみえますが、その実態は「自分」を持たない虚ろな存在。自分の意志で人生を切り開くことができません。

 では、子どもの自主性に任せればいいのでしょうか。

 残念ながらこれもうまくいきません。なぜなら、「ラクなほうがいいや」とだらけてしまい、大人になってから「あのとき勉強しておけばよかった」「ちゃんとした生活習慣を身につけておけばよかった」と後悔する可能性が高まるからです。

 そこで私たち親がやるべきことは…。

 率先して意志力を高める

 人は無意識のうちに周りの影響を色濃く受けています。ハーバード大学の調査によると、友人が太っていると、自分も太る可能性が171%も増えるそうです。

 だからこそ、親が率先して意志力を高め、夢や目標に向かって挑戦していくことが大切なんですよね。そうすれば、子供も自分の夢や目標に向かって挑戦するようになります。

 …と、意志力の大切さについて書いてきましたが、そもそも意志力とは何でしょうか。

 意志力には3種類ある

 スタンフォード大学の心理学者、ケリー・マクゴニガル氏によると、「意志力」には、「やらない力」「やる力」「望む力」の3種類あるそうです。

 まず、「やらない力」とは、禁煙を決意したらタバコは吸わない、痩せようと決めたらケーキは食べない、貯金すると決めたら外食は控えるなど、自分が決めた禁止事項を守る力のことです。

 「やる力」とは、疲れて帰宅しても料理を作る、やる気がなくても机に向かって勉強する、貯金をするために副業を始めるなど、願望を実現するために必要な行動をとる力のこと。

 そして、「やらない力」と「やる力」を発揮するために欠かせないのが「望む力」です。どのような夢や目標を目指す場合でも、具体的に理想像を思い浮かべ、強く望むことが欠かせません。

 たとえば、単に「貯金する」というよりも、「今度の夏休みは家族で北海道に行く」と具体的な目標を立て、「旅行先で楽しい時間を過ごしたい」と強く望むほうが、誘惑に負けて散財したりしませんよね。

 つまり、意志力とは、やるべきことをきちんとやり、やってはいけないことはやめ、目標を立てて計画的に行動する力のことなんです。

 このような力が身につけば、ダイエットに成功したり、ブログやハンドメイドで稼げるようになったりと、今まで以上に生活が充実します。子育て以外のストレスが減らせます。

 また、親の姿をみて、子供が主体的に行動するようになれば、子育てのイライラも解消できるでしょう。

 だからこそ、親が率先して意志力を身につける必要があるわけですが、まず手をつけるべきことは…。

 自己認識から始めよう

 人は誰でも弱い部分があります。今日負けた相手には、明日も負ける可能性が高い。

 そこで、まずは誘惑に負ける原因をみつけます。「どんなときに、自分は衝動や誘惑に負けてしまうのか」を正しく把握するわけです。

 たとえば、「お腹が空いているとき」や「気が散っているとき」、あるいは「何かに集中して疲れたとき」などなど。

 こうした原因が特定できれば、あとは対策するだけです。

 イライラして子どもを叱る前に、お腹が空いているならチョコレートを食べたり、気が散っているなら音楽を聴いて落ち着いたり、疲れているなら少し仮眠をとったりと、イライラするきっかけを潰します。

 もちろん、これらはほんの少しの行動の変化ですが、この積み重ねが意志力を鍛えてくれます。また、子供を叱らなかったという実績が自己肯定感を高めてくれるんですよね。

 以下のエントリでも小さな習慣の大切さを紹介しています。

 とはいえ、誘惑に負けて子供を叱ってしまうこともあるでしょう。それでも誘惑に負けた原因に気づくことができれば…。明日は変われるかもしれませんよ。

 関連記事

伸びる子が育つ父親の特徴/「イクメン」とは二人目の母親になることじゃない

 少し前にイクメンという言葉が流行りました。  その影響もあって、今では多くの父親が育児参加するようになりましたが、なぜか父親としてではなく、二人目の母親のように振る舞おうとする人がいます。  しかし、父親には父親の役割 …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

フライングタイガーコペンハーゲンで知育玩具を購入

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。  私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。  それが、フライングタイガーコペンハーゲン …

学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。  読書 …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …

「素直な良い子」ではなく「問題児」に育てよう

 私がまだ大学生だった頃。アルバイトで家庭教師をしていたのですが、少し風変わりな男の子に出会いました。  その男の子は中学二年生で、理数系の科目が苦手ということで私が呼ばれたのですが、初めて会った瞬間から、どことなく嫌な …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から4年ほど前。テレビで『世界卓球2015』が放送されました。私はこの放送を見て、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠さん、15歳の平野美宇さんが、世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの …

平凡でも東大生に育てられる!?東大生を育てる親がやっている3つの習慣

 東大生と聞くと遺伝的な「賢さ」を受け継いだ子だけがなれるイメージがありますよね。  しかし実際は、天才的な頭脳を武器に東大に受かる子は全体の3%程度で、残りの97%は伸びしろを最大限に生かすことに成功した子だそうです。 …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 子どもには「勉強できるようになってほしい」ですよね。  だからこそ、子どもが勉強しないと、叱ったり、褒めたり、教えたりして勉強するように促すのですが、実はどの行為も子どもの成長にはつながらないそうです。  なぜでしょう …

叱るのはムダ!?子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 「子どもを叱ってはいけない」と頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところ …