webstation plus

 子育てをしていると、子どもに対してイライラすることありますよね。

「使わないオモチャは片付けなさい!」
「マンガばかり読んでないで勉強しなさい!」
「言うことを聞きなさい!」

 なんて怒りたくなることばかり。ある自治体のアンケートによると、75.6%の人が「言うことを聞かない子どもにイライラしている」ことがわかりました。

 しかし、誰もがイライラしているからといってそのまま放置しておくのは良くありません。アメリカの教育雑誌『チャイルド・ディベロップメント』によると、「乳幼児期をイライラした家族に囲まれて過ごすと、実年齢より幼く振る舞い、成長してから問題を起こすようになる」ことがわかったそうです。

 では、どうすればイライラせずにいられるのでしょうか。

 メンタリストDaiGoさんの著書『子育ては心理学でラクになる』を参考に考えてみましょう。

 高圧的に接するのも、自主性に任せるのもダメ

 私たち親がイライラするのは、子どもが言うことを聞かないからですよね。

 では、高圧的な態度で子どもをコントロールすればいいのでしょうか。

 もちろん良くありません。親の怒りに子どもが屈してしまうと、子どもは確実に不幸になるからです。親の言うことに無抵抗で従うようになります。

 こうなると一見親の言うことを聞く良い子に見えますが、その実態は「自分」を持たないうつろな存在。自分の意思で自分の人生を切り開いていくことができません。

 では、子どもの自主性に任せればいいのでしょうか。

 残念ながらこれもダメ。「ラクなほうがいいや」とだらけきってしまい、大人になってから「あのとき勉強しておけばよかった」「ちゃんとした生活習慣を身につけておけばよかった」と後悔するケースが多いからです。

 そこで大切になるのが、親が率先して意志力を高めること。

 人は無意識のうちに周囲の影響を受けています。ハーバード大学の調査によると、友達が太ると自分も太るリスクが171%も増えるのだとか。同様に親が意志力を高め、何かに向かって努力し、挑戦すれば、子どもも何かに向かって挑戦するようになります。

 子どもにガミガミ言う前に、私たち親自身が変わる必要があるのですね。

 意志力には3種類ある

 では、私たち親が身に付けておきたい意志力とはどのような力なのでしょうか。

 スタンフォード大学の心理学者、ケリー・マクゴニガル氏によると、「意志力」には、「やらない力」「やる力」「望む力」の3種類あるそうです。

 「やらない力」とは、禁煙を決意したらタバコは吸わない、痩せようと決めたらケーキは食べない、貯金すると決めたら外食は控えるなど、自分が決めた禁止事項を守る力。

 「やる力」とは、疲れて帰宅しても料理を作る、やる気がなくても机に向かって勉強する、貯金をするために副業を始めるなど、願望を実現するために必要な行動をとる力のことです。

 そして、「やらない力」と「やる力」を発揮するために欠かせないのが「望む力」。

 どんな事でもより具体的に理想像を思い浮かべ、強く望むことが目標達成には欠かせませんよね。単に「貯金する」というよりも、「今度の夏休みは家族で北海道に行く」と具体的な目標を立て、「旅行先で楽しい時間を過ごすこと」を強く望めば、誘惑に負けて散財することはなくなります。

 この3つの力を高めると、やるべきことをきちんとやり、やってはいけないことはやめ、目標を立てて計画的に行動できるようになります。

 すると、イライラしなくなったり、ダイエットに成功したり、夫婦関係が良くなったり、子どもが主体的に行動するようになったり…といいことづくめ。

 3種類の意志力を鍛える方法

 では、どうすればこの3つの意志力を鍛えられるのでしょうか。

 それは「自己認識」をすることだそうです。人は誰でも弱い部分があります。今日負けた相手には、明日も負ける可能性が高い。

 そこで、まずは誘惑に負ける原因を見つけます。「どんなときに、自分は衝動や誘惑に負けてしまうのか」を正しく認識するのです。

 たとえば、気が散っているとき、何かに集中したあと、糖分が足りていないとき、睡眠不足のとき、誰かの噂話を耳にしたとき…といった原因を探ります。

 このような原因を見つけたら、後は対策するだけ。気が散っているときは子どもに話しかけない、イライラしているときや心配事があるときは落ち着くまで黙っておく、他の子の成功話には耳を傾けない…などなど。

 ほんの小さな行動の変化ですが、この積み重ねが意志力を鍛えてくれます。意志力を鍛えれば、子どもに対してイライラしなくなりますよ。

 最後に

 今回は『子育ては心理学でラクになる』の中から私たち親がイライラしないために身につけておきたい力――意志力を紹介しました。私も子どもにイライラすることが多いので、できるところから実践していこうと思います。

 また、今回紹介した以外にもおすすめの子育て法が多数紹介されている本書。詳しい内容が知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

2017年11月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 子どもが生まれてすぐに始めた絵本の読み聞かせ。  これまで多くの絵本を読み聞かせてきましたが、記録として残してこなかったので、今月から残すことにしました。そうすれば、今よりももっと読み聞かせが楽しくなるはず!?  今回 …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …

小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)  最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。  私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別に …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 それは、「叱ること」でも、「ほめること」でも、「教えること」でもない。結論からいえば「認めること」だ。ではなぜ、「叱る」「ほめる」「教える」よりも「認める」ことが子どもの成長を促すのだろうか。  「叱る」「ほ …

人付き合いが苦手では生きていけない/逆境に強い子になる育て方

 私の子どもたちを「逆境に強い子に育てたい!」と思って読んだ本なのですが、「子ども」というよりも「まずは自分が」へこたれない親になる必要がある――と痛感させられた本でした。  内閣府の統計(2010年)によると、70万人 …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう!?個性を伸ばす子育て法

 子どもをおりこうさんに育てようとしていませんか。  親や先生の言うことを何でも聞いて、素直で、優しい。そんな子どもに育てようと必死になっていませんか。  もし、そうだとしたら、子どもの個性が死んでしまうもしれません。な …

【5歳の息子と家遊び】考える力を育てるカードゲーム『UNO』

 今日でGWも残すところ後2日。今回のGWは私にしては珍しく外出が多かったので、今日は家で遊ぶことにしました。  とはいえ、せっかくのGW。「普段とは違うことがしたい!」と思い、トランプにはまっている5歳の息子のためにU …

片づけられない子どもは将来不幸になる!?

 「片づけなさい!」と叱っても、遊びに夢中で家の中は散らかったまま。そこで仕方なく、私たち親が代わりに片づけをしている…。そんなことありませんか。  もしそうだとしたら、子どもは将来、不幸になるかもしれません。  今回は …

自分で考える子どもに育てる5つのルール

 子どもを叱っていませんか。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。 …