漫画『約束のネバーランド ミネルヴァ探訪編(5-8巻)』はサバイバル生活を生き抜く子供たちの姿に感動する物語

おすすめ漫画

サバイバル生活は得意ですか?

私は虫でさえ苦手なのでサバイバル生活ができる自信がありませんが、

漫画『約束のネバーランド 5-8巻』を読んで、サバイバル生活を生き抜く子供たちの姿に感動しました。

それだけでなく、人を見た目や所属で判断するのはやめようと思える物語だったんですよね。

おすすめ度:4.0

スポンサーリンク

こんな人におすすめ

  • サバイバル生活を生き抜く子供たちの物語に興味がある人
  • 気になる謎が次々と提示される物語が好きな人
  • 人を見た目や所属で判断するのはやめようと思える物語を読んでみたい人
  • 『約束のネバーランド GFハウス脱獄編』が楽しめた人
スポンサーリンク

あらすじ:協力者を求めて外の世界へと旅立った主人公の物語

この記事では、漫画『約束のネバーランド』5巻から8巻で描かれている「ミネルヴァ探訪編」について紹介していきます。

「GFハウス脱獄編」で外の世界へと旅立ったエマたちでしたが、外の世界には野生の鬼が大勢いました。

漫画『約束のネバーランド GFハウス脱獄編(1-5巻)』は運命を切りひらこうと奮闘する子供たちの姿に感動する物語
自分の人生を自分で切りひらいていますか? 私は自分で切りひらいてきたと思っていますが、 漫画『約束のネバーランド 』に登場する子供たちの命懸けの姿をみて、「もっと頑張ろう!」という気持ちになりました。 それだけでなく、ラス...

それだけでなく、GFハウスを管理していた鬼たちまで追いかけてきます。

そんな追手から逃れてエマたちが目指したのは、協力者だと思われるウィリアム・ミネルヴァがいる場所でした。

図書室にあった本や、シスター・クローネが残したペンに隠されていたヒントから、ミネルヴァが協力者であり、あるポイントにくるよう示していることがわかったからです。

ところが、ミネルヴァが示すポイントを目指している途中で、レイが追手の鬼に囲まれてしまうんですよね。

それだけでなく、エマも耳の傷が開いてしまい、高熱を出して動けなくなりました。

そんな絶望的な状況から救ってくれたのが、ソンジュとムジカと名乗る鬼たちです。

なぜ、彼ら鬼がエマたちを助けたのかと言うと…。という物語が楽しめる漫画です。

スポンサーリンク

感想①:サバイバル生活を生き抜く子供たちに感動

あらすじでも紹介しましたが、孤児院であるGFハウスを脱出した子供たちが直面したのは、野生の鬼たちとの生き残りをかけた戦いでした。

それだけでなく、人間や動物の肉を食べる植物やGFハウスを管理していた鬼たちなど、次々と彼らの命を脅かす存在が登場します。

GFハウス編では、ママひとりがエマたちの命を脅かしましたが、外に出たことでより多くの生物が彼らの命を狙うんですよね。

それでも、エマたちは、団結してこの困難に立ち向かっていきます。

シスター・クローネが残したペンを頼りに、ミネルヴァという協力者のもとへと進んでいきました。

古川智映子さんの小説『土佐堀川』では、どんな困難にもめげずに前進し続ける主人公の姿に感動する物語が描かれていましたが、

古川智映子『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思えてくる物語
悩みを抱えていませんか? 私は最近はあまり悩んでいませんが、以前はよく悩んでいました。 しかし、古川智映子さんの小説『土佐堀川』を読んで、自分の悩みがどれだけちっぽけだったのかを思い知らされたんですよね。 広岡浅子さんのよ...

この漫画でも、困難なサバイバル生活にもめげずに前進し続けるエマたちの姿に感動しました。

スポンサーリンク

感想②:気になる謎が次々と提示される

先ほども紹介しましたが、ウィリアム・ミネルヴァという人物が、なぜかエマたち食用児を助けようとしていました。

図書館にあった本に暗号を隠したり、シスター・クローネがくれたペンに目指すべき場所を潜ませたりと、逃げる手助けをしてくれます。

このように、なぜミネルヴァがエマたちを助けようとしているのか気になりますが、

他にも、追手の鬼に追い詰められたエマたちを救ってくれたソンジュとムジカと名乗る鬼たちも気になります。

彼ら鬼は、エマたちに生き延びる方法を教えてくれる一方で、ある想いを胸に秘めていたんですよね。

また、ムジカはエマに「七つの壁を探しなさい」というヒントと謎のペンダントをくれました。

漫画『進撃の巨人』では気になる謎が次々と提示されるのでページをめくる手が止まらなくなりましたが、

漫画『進撃の巨人 1-5巻』感想/この世界はとても残酷だ!?
この世界はとても残酷ですよね。 とはいえ、私たちは、残酷な世界から目を背けて、幸せな面ばかりをみてしまいがちですが、 漫画『進撃の巨人』を読んで、この世界が残酷だという事実に改めて向き合うことができました。 この世界は残酷...

この漫画でも、次々と気になる謎が提示されるので一気読みしてしまいました。

スポンサーリンク

感想③:鬼が味方で人間が敵!?

さて、この物語では、ソンジュとムジカという鬼がエマたちに味方してくれる一方で、

ミネルヴァが示した場所にいたオジサンはエマたちに冷たく当たります。

ミネルヴァが用意していた地下シェルターには、エマたち全員が生きていける食糧と寝床があったにも関わらず、オジサンはすぐに出て行けと言って銃を向けてきました。

それでもエマはオジサンに協力を求めますが、オジサンはエマかレイのどちらかを殺そうとするんですよね。

わざと鬼を誘き寄せて、鬼に殺させようとしたのです。

和田竜さんの小説『忍びの国』では、身内でも得をすれば平気で殺す人たちの姿が描かれていましたが、

和田竜『忍びの国』は家庭環境の影響力に衝撃を受ける物語
家庭独自の習慣はありますか? 私は片付けを徹底するように育てられたので、子供たちがモノを散らかしているとイライラしてしまいますが…。 和田竜さんの小説『忍びの国』に登場する忍者たちは、想像を絶するような倫理観をしていました。 ...

この漫画では、敵であるはずの鬼がエマたちの味方をする一方で、味方であるはずの人間が敵対する…という物語が描かれていたので、

人を見た目や所属で判断するのはやめようと思いました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、漫画『約束のネバーランド』5巻から8巻で描かれている「ミネルヴァ探訪編」のあらすじと感想を紹介してきました。

サバイバル生活を生き抜く子供たちの姿に感動する物語なので、気になった方はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

【完結:全20巻】スリルと感動が味わえる漫画『約束のネバーランド』まとめ
漫画『約束のネバーランド』がついに完結しました。 アニメ化や映画化もされている人気漫画ですが、人気なだけあって最初から最後まで中だるみなく楽しめました。スリルと感動が味わえる漫画でした。 今回は、そんな人気漫画『約束のネバーラン...

コメント

タイトルとURLをコピーしました