『約束のネバーランド6-11巻』/強大な敵とはどう闘う?

おすすめ漫画

 圧倒的に強い敵と闘うにはどうすればいいのでしょうか。

 『約束のネバーランド6-11巻』では、GFハウスから逃げ出したエマたちが圧倒的に強い鬼たちと闘います。

 とはいえ、まともに闘えば勝ち目はありません。どうやって闘うつもりなの?




スポンサーリンク

 まずは徹底的に敵を知る

 GFハウスから逃げ出したエマたちは野生の鬼に追いかけられますが、武器も何もないので、ひたすら逃げるしかありませんでした。

 ところが、もうダメだと諦めかけたときに、別の鬼が救ってくれます。鬼と一言でいっても様々な鬼がいるんですよね。

 このように、あまりにも鬼について無知だったエマたちは、彼らについて徹底的に知ろうとします。

 このときに役立ったのが、地下シェルターで出会ったおじさん。彼は10年以上鬼と闘いながら生き残った人物でした。

 ところが、おじさんはエマたちに協力的ではありません。むしろ、隙があれば見殺しにしようとするんですよね。

 しかし、エマたちはおじさんの行動をみて学んでいきます。そして…。

スポンサーリンク

 隙を見せて弱点を徹底的に攻める

 鬼の弱点を見つけたエマたちは徹底的に弱点を攻めました。

 とはいえ、鬼もバカではありません。そう簡単に攻撃させてくれないんですよね。

 そこでエマたちは、はじめて出会う鬼に対しては無知を装いました。弱点を知らないフリをしてひたすら逃げます。

 こうして油断させておいて、一気に攻め倒していきますが、それでも倒せない鬼がいました。そんな強大な鬼に対しては…。

スポンサーリンク

 倒すまで諦めずに攻撃し続ける

 諦めずに攻撃を繰り返し、隙を探し続けるんですよね。

 実は、エマ以外の仲間たちは、その鬼を倒すことを諦めていました。しかし、エマは絶対に諦めません。

 なぜなら、もう二度と追い詰められないことを知っていたからです。当たり前ですが、同じ策は二度と通じませんよね。

 だからこそ、エマは死に物狂いで鬼を倒す方法を考え続けたわけですが、これこそが強大な敵との闘い方。

 仕事でも何でもそうですが、次はないと考え、全力を尽くせば、チャンスは必ず巡ってきます。

 逆にいえば、次があると考えた時点で負けが確定してしまうのかもしれませんね。

 ◆

 強大な鬼たちとの闘いを描いた漫画『約束のネバーランド6-11巻』。エマたちの命がけの闘いに胸が熱くなる物語です。

 気になった方はぜひ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました