webstation plus

(※『約束のネバーランド 1』表紙より)


 週刊少年ジャンプで連載中の漫画『約束のネバーランド』。

 読み始めてしばらくは「ほんわか」しているので、どうなることかと思っていましたが…。40ページを過ぎると、ページをめくる手が止まらなくなりました。本当に面白いサスペンス漫画です。

 今回は、『約束のネバーランド』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『約束のネバーランド』のあらすじ

 グレイス=フィールドハウスという名の孤児院で暮らす11歳のエマ。彼女は、血の繋がりはなくても、大好きなママと仲間たちに囲まれ、幸せな毎日を過ごしていました。

 しかし、ある日。ハウスから巣立つことになったコニーが忘れ物をします。エマとその友人・ノーマンが忘れ物を届けようとママに無断で外出したところ…。

 人間が食料として育てられる世界

 エマたちが見たのは、殺されたコニーの姿でした。しかもそこには鬼の姿が!?

 すぐに鬼から身を隠したエマたちでしたが、鬼たちの会話から衝撃の事実を知リます。

(※『約束のネバーランド 1』より)


 グレイス=フィールドハウスは、食用の人間を育てる農園だったのです。ママはその監督者。

 エマたちはグレイス=フィールドハウスから抜け出せるのか!?

 ツライ現実に立ち向かう子どもたち

(※『約束のネバーランド 1』より)


 心から愛していたママが、実は「何人もの子どもたちを死に導いてきた冷酷な人間」だと悟ったエマとノーマン。

 しかし、エマたちはツライ現実に打ちのめされることなく立ち向かっていきます。

 まずは現状を正しく知ること。

 グレイス=フィールドハウスの周りは、高い塀で覆われている。ママは子どもたちの居場所を発信器で特定できる。ママは真実を知った子どもがいることに気づいている…。

 エマたちは、子どもたち全員の脱出を目指して戦略的にママに立ち向かっていきます。中心人物はこの3人。

(※『約束のネバーランド 1』より)

 圧倒的な賢さと冷徹さを誇るママ

 しかし、ママもエマたちに負けていません。圧倒的な賢さと冷徹さを持ち合わせています。

 発信器を特定する機械をわざとエマたちに見せたのは、「誰であろうと逃さない」という宣戦布告。

 エマの体調を気遣うように見せながら、彼女の反応を確かめたり、子どもたちの中に内通者を紛れ込ませるなど用意周到です。

 しかも冷徹。コニーを死へと導いた後、「大人になったらママみたいなお母さんになりたい」というコニーの夢を聞かされても平然としています。

(※『約束のネバーランド 1』より)


 そんなママのもとへ新たなシスターが派遣されてきます。エマは彼女たちから逃れられるのか!?

 最後に

 現在も連載中の漫画『約束のネバーランド』。グレイス=フィールドハウスからの脱出編が終わり、新たな世界へと旅立つ彼女たちから目が離せません。

 読めばハマること間違いなしの物語です。気になった方はぜひ読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

【随時更新】絶対に読んで欲しい名探偵コナンのおすすめ事件まとめ

(※『名探偵コナン1巻』より)  1994年から連載されている漫画『名探偵コナン』。1ヶ月ほどかかりましたが1巻から93巻まで読みました。本当に面白い漫画です。  そこで今回は、全287話の中からぜひ読んで欲しいおすすめ …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

『双亡亭壊すべし』は怖い物語が苦手でも読みたくなるホラー漫画

(※『双亡亭壊すべし 1』表紙より)  子供の頃、夏休みになると夏の風物詩である怪談話を夢中になって聞いていました。怖くて逃げ出したくなるのに――。そんな懐かしい記憶が蘇る漫画が『双亡亭壊すべし』。  『うしおととら』や …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

『フィッシュストーリー』は異なるジャンルの4作品が楽しめる中編小説

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が活躍する『サクリファイス』『ポテチ』など、ジャンルの異なる4作品を集めた中編小説集です。  黒澤フ …

『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの怖さを軽快なタッチで描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。タイトルの気軽さとは裏腹にかなりダークな物語です。テーマも「魔女狩りが現代で再現したら?」なので重いのですが、登場人物たちの軽快 …

アメトーーク!「読書芸人」第2弾!おすすめ本まとめ

 2015年6月18日放送の「アメトーーク!」は「本屋で読書芸人」。ピース・又吉さん、オードリー・若林さん、オアシズ・光浦さん、市川紗椰さんが、紀伊國屋で気になるおすすめ本を紹介されていました。  以前のエントリで紹介し …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …