webstation plus

write_02

 プロのライターとアマチュアライターの違いとは何か。これからプロのライターを目指す人たちにとって、この違いは何がなんでも知りたいはず。

 そのひとつの答えとして、フリーライターである永江朗さんは、「アマチュアの文書が『書き手』から発想するなら、『読み手』から発想するのがプロの文章」だと言われています。

 つまり、読み手を意識してお金を払ってでも読みたいと思わせる文章を書き上げるのがプロ。反対に、読者はそっちのけで身内にしかわからない文章を書いたり、あるいは、万人受けを狙って、どこかで聞いたことがあるような薄っぺらい文章を書いたりするのがアマチュアです。

 では、どうすれば「お金を払ってでも読みたい」と思える文章が書けるのでしょうか。

 不良のための5つの文章術

 それには、「不良になる必要がある」と永江さんは言います。なぜなら、世間から「困った人だ」と思われるようなことを書かないと売れないし、読んでもらえないからです。

 なんだか、炎上マーケティングのようにも思えますが――、そこは良識ある大人として、節度をもった不良になっていきましょう。具体的には次の5つを実践していくことになります。

  1. 正論は書くな
  2. 天下国家を論じるな
  3. 好きなことしか書くな
  4. 芸にはこだわるな
  5. 補助線を意識しろ

1. 正論は書くな

 なぜなら、私たちはツッコメない文章に対してよそよそしさを感じるからです。そんな文章では、自分には関係のない文章だと判断され、興味を失われてしまいます。

 たとえば、「赤信号を渡ってはいけません」という文書を読んでもまったく心が動きませんよね。ところが、「赤信号を渡らない人は金儲けができない人」ならどうでしょうか。「どういうこと?」と心が動きませんか。もし、続きを読んで説得力がなければツッコミたくなりますよね。

 つまり、常識の枠の中で結論を導き出してはいけないということ。ありきたりな文章を書いても、誰の心にも響きませんよ。

2. 天下国家を論じるな

 政治や社会など天下国家のことを論じるよりも、身近なことを論じましょう。そのほうが本質に迫れる可能性も高まります。

 そもそも、自分が体験していないことを文章にするのは難しいですよね。東国原さんが政治について文章を書くならまだしも、私が政治について文章を書いたところで、評論家の域を抜けだせません。

 だからこそ、身近なこと、しかも誰も敢えて書かないようなくだらないことを書きましょう。ボールペンと鉛筆ではどちらが好きかとか、割り込み乗車をする人を見かけると腹が立つのはなぜだろうとか、捨ててある本を見つけると中身が気になって仕方がないのはなぜだろうとか。

3. 好きなことしか書くな

 読者を意識することは大切ですが、媚びへつらったり、おもねったり、すり寄ったりする必要はありません。読者を苛立たせ、不快にし、腹立たせる文章もプロの文章だからです。

 そもそも、好きなことを好きなように書かなければ、面白い文章として成立しません。「嫌われたらどうしよう」「叩かれるかも」なんて思っていては、常識の範囲から抜け出せないからです。ぜひ、叩かれる覚悟をもって文章を書きましょう。

4. 芸にはこだわるな

 「正しい日本語」「読みやすい文章」を意識する必要などありません。大学受験の小論文のような文章は読んでもすぐに眠たくなるだけです。読者が喜んでくれるのであれば、意味が通じて面白ければそれでいいのです。

5. 補助線を意識しろ

 たとえば、歴史の教科書に書かれている戦国時代の文章をブログに書き写しても、興味をもってくれる人は少ないでしょう。しかし、大河ドラマ『真田丸』を補助線として文章を書き上げればどうでしょうか。興味をもってくれる人が多くなると思いませんか。

 さらに、真田丸の舞台となった場所を訪れたり、真田一族を扱った他の作品(『真田太平記』など)と比較したり、真田一族の祖先を調べてみたり…と、どういう補助線を引くかで文章は大きく変わります。

 すなわち、補助線とはアイデアそのもの。補助線次第でオリジナルの文章にもなれば、汎用な文章にもなります。ぜひ、他の人たちとは違う補助線を引いてオリジナルの文章を書き上げましょう。

 最後に

 今回紹介した内容を補助線として、このブログを振り返ってみると、どうやら「おとなしくてマジメなブログ」のように思えました。もっと、不良化していく必要がありそうですね。

 そのためにも、今回紹介した5つの文章術を頭に思い描きながら文章を書いていこうと思います。ぜひ、私と一緒に不良化していきませんか。そうすれば、いつかはプロのライターになれるかもしれませんよ。

 関連記事

最後まで読みたくなる文章の書き方

 同じテーマについて書かれた文章でも、「最後まで読みたい!」と思える文章もあれば、途中で寝てしまいそうになる文章もありますよね。この差はいったいどこにあるのでしょうか。  結論から言えば、「独自の視点」があるかどうか。 …

まずは5行にまとめる/面白くて伝わるエッセイの書き方

 「どうすれば面白いエッセイが書けるようになるかな?」と知り合いのブロガーに尋ねたところ、「方法は二つしかないよ」という返事がかえってきた。その方法とは: 他人がしていないような体験を多く積む 他人とは違うところに目をつ …

初心者でもわかりやすい文章に仕上がる!推敲すべき2つのポイント

 文章を書いている人なら誰もが感じていることだと思いますが、文章を書くという作業は全体の半分でしかありません。残り半分は「推敲する」こと。  それなのに、なんとなく推敲していては、どれだけ時間があっても足りませんよね。む …

「読点の打ち方」に迷ったときに知っておきたい3つの原則

 文章を書くときに、いちばん頭を悩ませるもの。それは、読点(「、」)ですよね。私は一時期ノイローゼになるくらい読点に悩まされていました。 「とにかく、区切りに読点を打てばいいんだよね」 「でも、なんだか読みにくいなぁ。も …

完璧主義者を辞めなければ「面白い文章」は書けない

 私たち日本人には、完璧主義者が多いといわれている。  たとえば、外国人旅行者が読む「日本」のガイドブックには、「日本人は完璧主義者なので、英語をマスターしていない限り英語を話してはいけないと考えている。だから、いきなり …

ウソのキャラクターを演じるのはやめよう/『自分の言葉で語る技術』

 以前、テレビ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!』に小倉優子さんが出演されていた。ウソのキャラクターを演じ、しくじった先生として登場したのである。番組中、小倉さんはありのままの自分をさらけ出し、「ウソのキャラクターを …

名文に必要なのは「文法」ではなく「感覚」

 メールやSNS、ブログなどの登場によって文章を書く機会が劇的に増えていますが、そのほとんどは誰の記憶にも残らず忘れ去られてしまう運命にあります。未来にまで語り継がれる文章はほんの一握り。0.00001%もないかもしれま …

もう少し「頭のいい文章が書きたい」と思っている方へ

 「スマートなブログを運営しているにも関わらず、なぜ人気が出ないんだろう…」という悩みを抱えていました。  人気ブロガーのブログ論を読むと、読者を惹きつける記事を100記事ほど書けば、PVは劇的に増えていくと書かれていま …

受け取った以上に与えよう/今すぐフォロワーを増やす方法

 成功している人たちに共通していること。それは、「常に相手を勝たせている」ということだ。  たとえば、メルカリ。メルカリはYahooオークションに比べて簡単に使えるので、多くのユーザーがメルカリで商品を売買しているが、こ …

読者に選ばれる文章を書こう/『文章は書く前に8割決まる』

 多くの人たちに支持されている文章にはいくつかの共通点がある。なかでも本書に紹介されている次の三つを意識すれば、読者に支持されやすい文章が書けるようになるだろう。  まずひとつ目。それは「読者を意識している」ということ。 …