webstation plus

child_04

 子どもをおりこうさんに育てようとしていませんか。

 親や先生の言うことを何でも聞いて、素直で、優しい。そんな子どもに育てようと必死になっていませんか。

 もし、そうだとしたら、子どもの個性が死んでしまうもしれません。なぜなら、自分らしく生きている子どもは問題児にみえるからです。

 子どもは常識を知りません。家族や先生、友だちとの関わりを通じて徐々に常識を身につけていきます。そうして個性と常識に折り合いをつけていくわけですね。

 それなのに、私たち親が無理やり常識を押し付けようとしたら…。

 今回は、本『子どもはみんな問題児。』を参考に、子どもが問題児で良い理由を紹介します。

 子どもはみんな問題児!?

 私たちが子どもだった頃を思い返してみてください。

 嘘つきだったり、ひがみっぽかったり、わがままだったりしませんでしたか。

 それでも私たちは無事に大人になれました。もちろん、子どもだって同じです。

 そもそも、子どもはロボットではありません。何でも「はいはい」と聞いているようなら、自分らしく生きていない証拠。親や周りの大人たちの意見に従っているだけです。

 このまま大人になると、自分では考えられない、指示されないと行動できない人間になってしまいます。

 それだけではありません。子どもの頃の問題は、大人になると魅力ある個性として輝き出します。

 だからこそ、私たち親は、子どもが自分らしく生きられるように、問題を受け止める必要があるわけですね。

 子どもの問題を受け止めるとは?

 では、子どもの問題を受け止めるとは、どうすることなのでしょうか。具体例をいくつか紹介します。

1. 嘘をついた場合

 人を傷つける嘘は注意する必要がありますが、誰も傷つけない嘘は聞いてあげることが大切です。

 民俗学者の柳田国男さんも言っているように、子どもの嘘は創意の所産、つまり豊かな発想力を伸ばす行為だからです。

 たとえば、バレエを習いたい子が、「私、きのうバレエに行ってきたわよ」と言ったら、「よかったね、どういうことをしたの?」と聞いてあげる。そうすれば、想像力が広がっていきます。

 嘘にはネガティブなイメージもありますが、小説などの物語も作者が生み出した嘘ですよね。

 子どもの想像力を育む嘘は受け止めてあげましょう。

2. ケンカをした場合

 子どもたちがケンカをするのは、言い分があるからです。

 そのため、はじめから見てもいないのに、口出ししてはいけません。もちろん、いきなり叱るのもダメ。

 では、どうすればいいのでしょうか。

 それは、子どもたちが納得するまで言い分を聞くことです。両者にうらみつらみが残らなくなるまで、我慢強く聞くのです。

 そうすれば、スッキリできます。また、ケンカをした相手の言い分を聞けば、他人の気持ちがわかるようになります。

 さらに、相手の気持ちがわかれば、ケンカをする前よりも仲良くなれます。これは、大人になっても同じですよね。

 ケンカは、他人の考えを理解できるチャンスでもあります。ぜひ、子どもの意見を納得できるまで聞いてあげましょう。

3. 反抗するようになった場合

 子どもは大きくなるにつれて、自分で考え、行動するようになります。

 それにもかかわらず、いつまでも小さい子どものように接していては子どもは成長できません。反抗は子どもの成長の証なんです。

 子育てには「抱いて」「降ろして」「ほっといて」の三段階あるそうです。

 「抱いて」は幼児期で、保育園や幼稚園を卒業するまで。成長すると「降ろして」「ほっといて」と言うようになります。これが親にとっては反抗に思えるんですよね。

 もちろん、子どもの考えを尊重しなければいけません。自分で考えて行動するように促さなければ、いつまでたっても人に頼らないと生きていけない人間になるからです。

 だからこそ、反抗は喜ばしいことだと捉える。ぜひ、穏やかな気持ちで見守ってあげましょう。

 最後に

 子どもは誰もが自分らしく生きています。それが私たち親には問題に見えることもありますが、子どもの生き方を尊重し、個性が伸びるようにサポートすることが親の役目なんですね。

 より詳しい内容が知りたい方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

子どもとの「信頼関係の基盤」は3歳までに出来上がる!?

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思ってい …

「イクメン」って、もう一人の母親になることじゃないですよね?

 最近、「イクメン」という言葉が一般的になったせいか、私にも「イクメンになったほうがいいんじゃない?」と言ってくる人がいます。そういう人には、こう返すようにしているんですよね。 「私はもうすでにイクメンですから!残念!! …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …

子育てのイライラを解消するたったひとつの方法

 子育てをしていると、子どもに対してイライラすることありますよね。 「使わないオモチャは片付けなさい!」 「マンガばかり読んでないで勉強しなさい!」 「言うことを聞きなさい!」  なんて怒りたくなることばかり。ある自治体 …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

なぜ、高額課金をしてしまうのか/子どもにお金の教育をしよう

 未成年者によるオンラインゲームへの高額課金が社会問題になっています。私の子どもたちは、幼稚園児と未就学児なのでまだ心配しなくてもいいのですが、小学校・中学校・高校へと進学するにつれて気にしなくてはいけない話題になるので …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 それは、「叱ること」でも、「ほめること」でも、「教えること」でもない。結論からいえば「認めること」だ。ではなぜ、「叱る」「ほめる」「教える」よりも「認める」ことが子どもの成長を促すのだろうか。  「叱る」「ほ …

2017年12月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 先月から始めた絵本の読み聞かせの記録。その第2弾です。  読み聞かせた絵本15冊 『くろくんとちいさいしろくん』  仲間とはぐれてしまった小さいしろくん。しろくんの仲間を探しにくろくんたちが奮闘します。しかし …

【京都のおでかけスポット】子どもとゴーカートに乗れる公園『大宮交通公園』

 今日は「こどもの日」ということで、子どもたちが大好きな大宮交通公園に朝からお弁当持参で行ってきました。  GW中だったので大勢の人でにぎわっていましたが、混雑していても行って良かったと思える場所です。というわけでご紹介 …