webstation plus

child_04

 私がまだ大学生だった頃。アルバイトで家庭教師をしていたのですが、少し風変わりな男の子に出会いました。

 その男の子は中学二年生で、理数系の科目が苦手ということで私が呼ばれたのですが、初めて会った瞬間から、どことなく嫌な雰囲気が漂っていました。親の話にわざとらしく頷いていたからです。

 私が中学二年生だった頃は、親の話なんてほとんど聞いていませんでした。いわゆる反抗期の真っ只中で、「うるさい」「うざい」「ほっといてくれ」と、まるで自分ひとりで生きているかのように振舞っていました。

 今思えば、恥ずかしい話なのですが、そういった振る舞いを許されていたからこそ、自分らしく生きられたのだと思います。しかし、その子は…。

 親に反抗できない子は歪んでしまう

 親の前では素直な良い子を演じていましたが、部屋に入り、私と二人きりになると、いきなりモデルガンを向けて叫んできました。「俺をなめるなよ、撃つぞ!」と。

 もう意味がわかりません。モデルガンだし、怖くもないし、そもそもなめてもいないし、何に不満を持っているのかさえわかりません。

 あまりの変わりように、落ち着いて話をするよう促しましたが、聞く耳を持ってくれませんでした。勉強を教える以前の話です。

 後で分かった話ですが、その子の家庭教師は私で三人目だったそうです。一人目は故郷に帰ったという理由で辞め、二人目は突然連絡がつかなくなったそうです。三人目の私はその日のうちに断りました。

 では、なぜ彼の心が歪んでしまったのかと言うと、親の前では素直な良い子でないといけない、そうしないと愛されない…と思い込んでいたからでしょう。親がそういう育て方をしたのだと思います。

 子どもはみんな問題児

 そもそも、私たちは誰もが問題を抱えて生きています。嫌な奴だったり、ひがみっぽかったり、ネガティブ思考だったり。

 子どもなら尚更です。ありのままの自分を出しすぎると、他人から嫌われる、うまく付き合っていけないことを学んでいないので、誰もが問題児のように振舞います。

 しかし、私たち大人は、そういう振る舞いをすると、他人から嫌われ、損することを知っていますよね。

 だからこそ、子どもの行動を変えさせようとするのですが、このとき親の手出し・口出しがあまりにも行き過ぎると、先ほど紹介した中学生のように歪んでしまうのだと思います。

 言い換えると、親に子どもの問題を受け止める度量がなければ、子どもは自分らしく生きられないということ。

 子どもの問題を受け止めるとは?

 民俗学者の柳田国男さんは、「子どもの嘘は創意の所産」だと言われています。誰かを傷つけるような虚偽はダメですが、誰かを楽しませるための嘘は豊かな発想力を伸ばす行為だと言われています。

 喧嘩をするのもそうです。一方的に暴力を振るうのは論外ですが、それぞれが自分の言い分をぶつける行為は、自分と他人は考えが違うと認識するために必要なプロセスです。相手を深く理解するキッカケにもなります。

 こうした問題と思える行動を親が受け止められるかどうか。それが子どもが自分らしく生きられるかどうかにつながります。そもそも、「子どもと自分は違う」と親自身が認識できているかどうか、という問題もありますが…。

 子育てには、「抱いて」「降ろして」「ほっといて」の三つのステージがあるそうです。

 「抱いて」は幼児期で、保育園や幼稚園を卒業するまで。成長すると「降ろして」「ほっといて」と言うようになり、これが親にとっては反抗に思えるのですが、子どもの意見を尊重しなければ、子どもはいつまで経っても自分らしく生きられません。酷いケースになると、先ほどの中学生のように心が歪んでしまうでしょう。

 だからこそ、子どもの問題行為を受け止められる親になる必要があります。親の言うことを聞く素直な良い子ではなく、問題児に育てるくらいの度量が必要です。

 この本を読みながら、二人の子をもつ親としてそんなことを考えていました。

 関連記事

子どもの学力は「読み聞かせ」で決まる!?おすすめの絵本145冊

 幼い頃から学習塾に通ったり、家庭でドリル学習をする子どもが増えていますが、まず何よりも大切なのは、絵本の読み聞かせをすることだそうです。  なぜなら、絵本の読み聞かせには、楽しみながら学力を高める効果があるから。無理や …

信頼関係は3歳までに築くべき!?子供のコミュニケーション力を育む5つの方法

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解していませんでした。3歳を過ぎても十分やり直しがきくと思っていたからで …

毒親に育てられた子どもに起こる弊害とその対処法

 「毒親」という言葉が広まりましたよね。「毒父」「毒母」という言葉まで生まれました。  ちなみに、ここでいう「毒親」とは、子どもに対してネガティブな行動パターンを執拗に繰り返し、それによって子どもの人生を支配する親のこと …

叱るのは時間の無駄!?叱らない子育てをする3つのメリット

 子どもを叱っていませんか?  私もこれまでたくさん叱ってきましたが、残念ながら叱るメリットはありませんでした。もちろん、命に関わることや犯罪につながるようなこと、他人に迷惑をかけるようなことは別ですが、普段の生活の中で …

学歴よりも大切なもの/子供の心の育て方

 この前のエントリで「レベルの高い教育も必要ですが、何よりもベースとなる心を育てることが大切だ」と書きました。  それは心が育たなければ、どれだけ高学歴になっても望んでいる人生が手に入らないからです。前回紹介した韓国のエ …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

片づけられない子どもは将来不幸になる!?

 「片づけなさい!」と叱っても、遊びに夢中で家の中は散らかったまま。そこで仕方なく、私たち親が代わりに片づけをしている…。そんなことありませんか。  もしそうだとしたら、子どもは将来、不幸になるかもしれません。  今回は …

キッカケがあれば子どもは伸びる!?地頭を鍛える3つの方法

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。  彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると言います。  では、私たち …

「世界標準の子育て」が教えてくれる伸びる子に育つ3つの法則

 子育てって難しいですよね。  どれだけ子育て本を読んでも、その通りに行動するのは難しく、だからといって、今の自分の子育てが良いものとも思えません。  せめて子どもを伸ばすために「これだけは守っておくべきこと」が何かわか …

子どもの「言われたことしかできない」性格を変える4つのステップ

 私たち親が指示を出さないと自分との約束が守れない子どもに育っていませんか。たとえば、 決めた時間を越えてもゲームがやめられない いい成績が取れないと親や先生に八つ当たりをする 問題が起きるとすぐに目標に向かって挑戦する …