webstation plus

child_04

 子どもへの最高の褒め言葉とは何でしょうか。

 私は「よい子」や「賢い子」、「聞き分けのいい子」だと思っていたのですが――名作童話『ぐりとぐら』の作者である中川李枝子さんは、そうではないといいます。「子どもらしい子ども」、すなわち「問題児」こそが最高の褒め言葉だというのです。

 では、なぜ「問題児」が最高の褒め言葉なのでしょうか。

 「問題児」は個性を思う存分発揮している

 「よい子」や「賢い子」、「聞き分けのいい子」というのは、親の言うことに従う代わりに、自分の個性を思う存分発揮していない可能性があります。

 私たちが子どもだった頃を振り返ってみてもわかるでしょう。ひがみっぽかったり、わがままだったり、嫌な子だったり…と、とにかく誰もが何らかの問題を抱えていました。なぜなら、子どもの頃は「常識」を知らなかったからです。常識を知らないからこそ、個性を思う存分発揮できていたのです。

 つまり、「よい子」や「賢い子」、「聞き分けのいい子」というのは、自分の個性を犠牲にして、親の要求(=常識)に従っている可能性が高い。では、私たちは、本当におりこうさんで、言うことがわかって、「はい」「はい」と答える大人に育ってほしいと願っているのでしょうか。

 もし、そうではないのだとしたら――子どもは「問題児」くらいがちょうどいいのかもしれません。

 とはいえ、「常識を教えなければ、いつまでたっても問題児から卒業できないのでは?」と心配する人もいるでしょう。そんな人は、子どもがどうやって「ルール(常識)」を覚えていくのかを知りましょう。そうすれば、安心できるのではないでしょうか。

 子どもは「遊び」を通してルールを覚えていく

 くりかえしになりますが、子どもが問題児なのは、ルール(=常識)を知らないからです。だから、子どもが3~4人も集まればケンカが始まります。誰もが「自分が主役」「主人公」になりたがるからです。

 しかし、当然のことながら、誰もが「主人公」になることなどできません。だからといって、力でねじ伏せて「自分ひとりだけが主人公」になろうとすれば、誰からも相手にされなくなってしまいます。こうした経験を通じて、子どもたちは「自己主張するだけではダメだ」とか、「相手の言い分も聞かなければ楽しく遊べない」というルールを学んでいくのです。

 もちろん、ルールを学んだ後でも、協力できるときもあれば、ケンカをするときもあるでしょう。しかし、そうやって繰り返し「ルールを守らなければ痛い目にあう」という経験を積んでいくからこそ、「常識」が身についていくのです。つまり、「遊び」こそが「常識」を知り、良識ある大人へと進むキッカケになるのです。

 そのため、親が無理やり常識を覚えさせる必要はありません。では、親は何をすればいいのでしょうか。結論からいえば、発達段階に応じたサポートをしてあげるのです。

 子どもの成長にあわせたサポートとは

 子どもの発達段階には大きく「抱いて」「降ろして」「ほっといて」の三段階があります。私たち親は、この発達段階に応じたサポートをする必要があります。

 「抱いて」は幼児期で、保育園や幼稚園を卒業するまでの期間。母親にとって、いちばん子どもと幸せを共有できる時期です。このとき、母親の感性がそのまま子どもに伝わっていくので、出来る限り子どもとの時間を大切にしていきましょう。

 「降ろして」は、自分で学ぶ力を育んでいく時期。だいたい10歳くらいまで。この時期はべったりではなく、「求めてきたとき」にサポートするようにしていきましょう。そして、「ほっといて」は、自分の力で学び、考え、自立への一歩を踏み出していく時期。10歳を過ぎた頃からはじまります。この時期には、手出し、口出しをしたくてもグッとこらえる必要があります。

 このような発達段階に応じたサポートを親から受けた子どもは、問題児から大人へとスムーズに成長していけます。なぜなら、少しずつ自分でできることが増えていくからです。

 反対に、親の言うことに従って育った子どもは「危険」です。自分の頭で考え、行動していく力を伸ばすチャンスが得られないからです。こうした子どもが自立するには、親との関係を子ども自らがつくり直していくしかありません。

 まとめ

 今回は『子どもはみんな問題児。』を参考に、子どもは問題児であることが自然であると伝えてきました。実は、あの発明王エジソンも、子どもの頃は問題児だったそうです。教師が粘土の玉を使って「1+1=2」を教えたところ、エジソンは「2つの粘土をくっつけたら、1つの粘土になるので答えは1」と答えたといいます。これを聞いた教師はエジソンを罵倒したのですが――。

 エジソンの母は意外な行動をとりました。エジソンに「なにをバカなことを言ってるの!」と叱る代わりに、教師の対応に抗議したのです。「エジソンの考えは間違っていない」と。その結果、学校側から「そんなに言うのであれば、お母さんが教育すればいい」という提案を受けたので――エジソンの母は、マンツーマンで彼に勉強を教えることにしました。

 このときエジソンの母が大切にしたのは、粘土の話にもあったように、「正しい答え」を教えることではなく、好奇心を広げていくことでした。その結果、エジソンはどんどん好奇心を広げていき、とうとう「発明王」と呼ばれる科学者にまで成長したのです。

 さて、このエピソードからも、子どもが問題児だからといって「本当に問題があるわけではない」ことがわかるでしょう。むしろ、問題だと思っている性質こそが「子どもの個性」だとえます。だから、「子どもの欠点」を直そうとするのではなく、伸ばしていくつもりでサポートしてあげたい。そうすれば、あなたの家にいる問題児も、やがては「発明家」として成功できる日がやって来るかもしれませんよ。

 関連記事

私が「3歳までの子育てに大切な5つのこと」を実践できたわけ

 先日、3歳の娘が幼稚園の面接を受けてきました。すでに5歳の息子が通っている幼稚園なので、「合格間違いなし!」なのですが、この機会に少しでも人見知りの性格を克服できればと、事前練習をみっちり積んで本番に臨みました。  し …

人付き合いが苦手では生きていけない/逆境に強い子になる育て方

 私の子どもたちを「逆境に強い子に育てたい!」と思って読んだ本なのですが、「子ども」というよりも「まずは自分が」へこたれない親になる必要がある――と痛感させられた本でした。  内閣府の統計(2010年)によると、70万人 …

わがままではなく伸び伸び育てる/尾木ママ流「叱らない子育て」

 「叱らない子育て」と聞くと、「子どもを甘やかせてしまうのでは?」と懸念する人も多いでしょう。私もそのひとりでした。だって、子どもが悪いことをしても叱らずに好き放題させていたら、子どもはワガママに育ってしまいますよね。 …

息子が5回目の誕生日を迎えた日に思うこと/教育とは共育かも

 今日は息子の5回目の誕生日。というわけで、以前にも行ったことがあるお店『タンタシオン・ダンジュ』さんでお祝いをしました。ここのお店はパンが美味しくて最高です。今日は念願のワッフルが食べられたので大満足!!  で、せっか …

片付けられない子どもは幸せになれない/今すぐできる片付け術

 あなたのお子さんは「片付け」ができていますか?私の息子と娘は誰に似たのか…まったく片付けをしませんでした。面白いくらいに、いつも床の上に何かが転がっていました。鉛筆やトミカ、ハサミやご飯粒にいたるまで、幅広いモノが転が …

子どもの将来の年収は母親の愛情で決まる/子どもを伸ばす子育て法

 ハーバード大学に在籍したことのある286名を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行い、戦争、仕事、結婚や離婚、育児、老後といった彼らの人生を追跡調査した研究によると、「母親との温かな関係が子どもの将来の年収の高さ …

毒親とは「自分の弱さを認められない親」のこと/『毒父家族』

 「毒親」とは、子どもに対するネガティブな行動パターンを執拗に繰り返し、それによって子どもの人生を支配するようになってしまう親のこと。では、そんな親に育てられた子どもはどうなってしまうのか。  結論からいえば、自らの感情 …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

なぜ、高額課金をしてしまうのか/子どもにお金の教育をしよう

 未成年者によるオンラインゲームへの高額課金が社会問題になっています。私の子どもたちは、幼稚園児と未就学児なのでまだ心配しなくてもいいのですが、小学校・中学校・高校へと進学するにつれて気にしなくてはいけない話題になるので …

「イクメン」って、もう一人の母親になることじゃないですよね?

 最近、「イクメン」という言葉が一般的になったせいか、私にも「イクメンになったほうがいいんじゃない?」と言ってくる人がいます。そういう人には、こう返すようにしているんですよね。 「私はもうすでにイクメンですから!残念!! …