webstation plus

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。

 幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」と言い出します。

 しかも、保育園・幼稚園時代は、子ども一人ひとりに、保育士さんの目が行き届いていましたが、小学生になるとそうはいきません。

 20〜35人もいる子どもを先生ひとりで見るのは大変です。そのため、子どもが学校でどのように過ごしていのるかわかりにくくなるんですよね。だから不安になる…。

 そんな私たち親の悩みに答えた本が『尾木ママ 小学一年生』。今回は、本書から特に解決しておきたい5つの悩みを紹介します。

 落ち着きがない子どもが授業中きちんと座っていられるか心配

 学校の先生もはじめから大人しく座っていられるとは思っていません。子どもたちが飽きずに楽しく授業が受けられるように工夫してくれるはず。

 だから、あまり心配せずに担任の先生に任せてしまいましょう。

 それでも心配な人におすすめなのは、絵本の読み聞かせ。人の話を聞くトレーニングになります。

 「いい子ですね」と言われる子どもが我慢していないか心配

 基本的には問題ありませんが、「私がこうすれば両親が喜ぶ」など、親のためにどういう行動をすればいいのかをつかみすぎている場合は要注意です。

 そうなると、親を喜ばせる行動や態度をとり、自分の感情が空洞化していく「いい子症候群」になる可能性が高まるからです。

 見分け方は、「喜怒哀楽の感情」が素直に表現できているかどうか。もし感情が出せていないようなら、もう少し自由にさせてあげましょう。

 恥ずかしがり屋の子どもに友だちができるか心配

 人見知りは決して悪いことではありません。親の愛情が子どもに十分伝わっており、親が安心できる場所になっているからこそ起こることなんです。

 そのため、人見知りをしていても、親がにこにこしていれば、子どもは安心して友だちと遊ぶようになります。

 それともうひとつ。私たち親が率先して友だちと話すキッカケを作ることも大切です。「○○ちゃん、今日はカッコいい服を着ているね」などと声かけをしてはどうでしょうか。

 子ども同士の付き合い方は?

 子ども同士で遊ぶ約束をするようになったときに大切なのは、遊ぶ相手と帰宅時間を言ってから出かけさせること。

 そうすれば、どこで何をしているのかある程度把握できますよね。また、自分勝手に行動することも防げます。

 あとは、親同士でコミュニケーションを取ることも大切です。何も言わずに出かけたときでも、「今うちで遊んでいますよ」とお互い連絡できるような関係が築ければベストです。

 帰宅時間が近づいて来たら帰るよう声かけすることもできますしね。

 子どもの喧嘩にはどう対処すればいいの?

 基本的には子ども同士で解決させることが大切です。問題を解決する力を身につけるチャンスだからです。

 ただし、いじめは別。叩いたり、「遊んであげない」などと脅す行為をされたら、担任の先生に相談するようにしましょう。

 最後に

 今回は、『尾木ママ 小学一年生』から、特に解決しておきたい5つの悩みを紹介してきました。

 本書には他にも30の悩みの解決法が紹介されています。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

子どもの能力は無限大!?小学生からの天才の育て方

 子どもの「能力」を制限していませんか?  私は「そんなことは絶対にしていない!」と思っていましたが、本『今すぐ実践!小学生からの天才の育て方』を読んで反省することになりました。子どもは私が想像している以上に成長していけ …

子どもの将来の年収は母親の愛情で決まる!?子どもを伸ばす子育て法

 最近のある研究によると、母親との温かい関係が、子どもの将来の年収の高さと関連していることがわかったそうです。  その研究とは、ハーバード大学に在籍していた286名の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行うこ …

片づけられない子どもは将来不幸になる!?

 「片づけなさい!」と叱っても、遊びに夢中で家の中は散らかったまま。そこで仕方なく、私たち親が代わりに片づけをしている…。そんなことありませんか。  もしそうだとしたら、子どもは将来、不幸になるかもしれません。  今回は …

子どもとの「信頼関係の基盤」は3歳までに出来上がる!?

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思ってい …

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう!?個性を伸ばす子育て法

 子どもをおりこうさんに育てようとしていませんか。  親や先生の言うことを何でも聞いて、素直で、優しい。そんな子どもに育てようと必死になっていませんか。  もし、そうだとしたら、子どもの個性が死んでしまうもしれません。な …

小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)  最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。  私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別に …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

自分で考える子どもに育てる5つのルール

 子どもを叱っていませんか。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。 …

なぜ、高額課金をしてしまうのか/子どもにお金の教育をしよう

 未成年者によるオンラインゲームへの高額課金が社会問題になっています。私の子どもたちは、幼稚園児と未就学児なのでまだ心配しなくてもいいのですが、小学校・中学校・高校へと進学するにつれて気にしなくてはいけない話題になるので …

「イクメン」って、もう一人の母親になることじゃないですよね?

 最近、「イクメン」という言葉が一般的になったせいか、私にも「イクメンになったほうがいいんじゃない?」と言ってくる人がいます。そういう人には、こう返すようにしているんですよね。 「私はもうすでにイクメンですから!残念!! …