webstation plus

 幽霊やポルターガイスト現象を信じていますか?

 私はあまり信じていませんが、東野圭吾さんの小説『予知夢』の主人公はまったく信じていませんでした。それどころか、すべての心霊現象は科学的に説明できると信じて疑わないんですよね。

 前作『探偵ガリレオ』に引き続き、湯川准教授の推理に驚かされる物語です。

 生まれる前の女性と結ばれることを信じて疑わないひき逃げ犯

 では、あらすじから。

 物語は、坂木信彦という男性がひき逃げ事件を起こしたところから始まります。

 しかし、単なるひき逃げ事件ではなく、彼はひき逃げをする前に森崎礼美という女子高生に会うために森崎家に不法侵入していました。

 ところが、礼美の母親に見つかり、近くにあった猟銃で発砲されたので、逃走に夢中になるあまり、人を轢いてしまったと言います。

 さらに坂木は、森崎家に侵入したのは、17年前から結ばれる運命にあった礼美に会うためだと主張しました。

 その証拠に、彼が小学四年生のときに書いた作文には、「モリサキレイミ」という名が記されています。このとき森崎礼美は生まれてさえいませんでした。

 このままでは、坂木は精神異常者として扱われ、裁判にも影響が出ます。

 そこで、警視庁捜査一課の草薙俊平は、湯川准教授に「この謎」を解き明かしてほしいと依頼したところ、湯川はたった数日でこの謎を解き明かすんですよね。

 そこには驚くような物語が隠されていました。その物語とは…。

 幽霊やポルターガイスト現象はすべて科学で説明できる!?

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、湯川は心霊現象やポルターガイスト現象をまったく信じていませんでした。

 だからこそ、先ほど紹介した雲を摑むような事件の謎も論理的に解き明かしていくんですよね。

 ちなみに、『予知夢』は全5編の短編で構成されていますが、先ほど紹介した物語以外にも驚くような事件が多数用意されています。

 ここで、他の4編について簡単に紹介しておくと、

・殺された女性が同時刻に別の場所で目撃される
・行方不明になった男性が最後に訪れた場所でポルターガイスト現象が起きる
・火の玉を見た女性の夫がその翌日に絞殺される
・首つり自殺をした女性がその二日前にも首つり自殺をする姿を目撃される

 です。どれも心霊現象やポルターガイスト現象のような事件ばかりですが、湯川の科学的で論理的な推理に納得させられますよ。

 これからも続くガリレオシリーズの第二弾

 東野圭吾さんの小説『予知夢』は、『容疑者Xの献身』や『真夏の方程式』へと続くガリレオシリーズの第二弾です。

 前作に引き続き短編で構成されていますが、どれも驚くような事件ばかりなので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 心霊現象やポルターガイスト現象を、科学的で論理的な推理で解き明かしたくなりますよ。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに気づき、衝撃を受けました。  私にも …

伊坂幸太郎『クリスマスを探偵と』感想/視点を変えれば世界が変わる!?

 サンタクロースを信じていますか?  私は小さい頃から信じていませんでした。家が貧乏だったので、プレゼントをもらえなかったからです。  しかし、伊坂幸太郎さんの絵本『クリスマスを探偵と』を読んでサンタクロースを信じてみた …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  私は常識を疑って生きているつもりですが、もしあまり物事を深く考えずに過ごしているようなら、新しいアイデアが浮かばなくなったり、考える力を失ってしまうかもしれません。  そんなときは、常識 …

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要だと思える物語

 哲学とユーモアを持って生きていますか?  私は自分なりの哲学を持って生きていますが、もっと深めていきたいと思って読書に励んでいます。ユーモアはお笑い好きなので少しは身についていると思うのですが…。  伊坂幸太郎さんの小 …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

伊坂幸太郎『終末のフール』感想/今の生き方でどれくらい生きるつもり?

 今の生き方でどれくらい生きるつもりですか?  私は今の生き方を死ぬまでするつもりはありませんが、伊坂幸太郎さんの小説『終末のフール』を読んで、今すぐ後悔しないように行動を変えていこうと思うようになりました。  数年後に …

東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』は名誉やプライドを守るために人生をかけて嘘をつく人たちの物語

 嘘をついてまで守りたい名誉やプライドはありますか?  残念ながら私にはありませんが、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』に登場する人たちは違いました。  大切なものを守るために人生をかけた嘘をつくんですよね。 &n …

米澤穂信『遠回りする雛』感想/一年で人は大きく成長する!?

 一年前の自分と比べて成長していますか?  私は一年前と比べてブログを書くスピードが劇的に速くなりましたが、米澤穂信さんの小説『遠回りする雛』の主人公も大きく成長していました。  省エネ主義の奉太郎が千反田えるのために自 …