webstation plus

(※『予知夢』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『予知夢』。

 警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今回も湯川准教授に挑戦したくなること間違いなし!?

 それでは、『予知夢』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『予知夢』のあらすじ

 今回も不可思議な事件が多発します。

 生まれる前の女性と結ばれることを10数年信じ続けたひき逃げ犯、殺された時刻に別の場所で目撃された女性、決まった時刻に物音がする無人の家…などなど。

 草薙と湯川が事件の謎に迫る!?

 科学的な視点で事件を解決していくのが面白い

 前作と同様に、なぜ、彼は生まれる前の女性に恋することができたのか、いるはずのない女性が視えたのか、ポルターガイストが起きたのか…など、「なぜ?」に焦点を当てたミステリー小説。

 この「なぜ?」を科学的な視点で解明していくのが面白いんですよね。

 また、湯川准教授が出すヒントである程度推理できるように構成されているのも面白いポイント。ぜひ、湯川准教授に挑戦してみてください。

 湯川准教授の科学談義が面白い

 突然ですが、綱引きで相手に勝つコツは何だと思いますか。

 実は、腰を高い位置に持っていくことだそうです。そうすることで垂直抗力が高くなり踏ん張りが効くのだとか。

 このような何気ない日常を科学的な視点で解説しているのも面白いポイント。これがキッカケで科学に興味が持てるかもしれませんよ。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『予知夢』。前作同様、湯川准教授に挑戦したくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

大事なのは事実よりも捉え方/川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』感想

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …