webstation plus

 幽霊やポルターガイスト現象を信じていますか?

 私はあまり信じていませんが、東野圭吾さんの小説『予知夢』の主人公はまったく信じていませんでした。それどころか、すべての心霊現象は科学的に説明できると信じて疑わないんですよね。

 前作の『探偵ガリレオ』に引き続き、湯川准教授の推理に驚かされる物語です。

 生まれる前の女性と結ばれることを信じ続けたひき逃げ犯の物語

 物語は、坂木信彦という男性がひき逃げ事件を起こしたところから始まります。

 しかし、単なるひき逃げ事件ではなく、彼は森崎礼美という女子高生に会うために森崎家に不法侵入していました。

 ところが、礼美の母親に見つかり、近くにあった猟銃で発砲されたので、逃走に夢中になるあまり、人を轢いてしまったと言います。

 さらに坂木は、森崎家に不法侵入したのは、17年前から結ばれる運命にあった礼美に会うためだと主張しました。

 その証拠に、彼が小学四年生のときに書いた作文には、「モリサキレイミ」という名が記されています。もちろん、森崎礼美は生まれてさえいません。

 このままでは、坂木は精神異常者として扱われ、裁判にも影響が出ます。

 そこで、警視庁捜査一課の草薙俊平は、湯川准教授に「この謎」を解き明かしてほしいと依頼しますが…。

 幽霊やポルターガイスト現象はすべて科学で説明できる!?

 湯川はたった数日でこの謎を解き明かしました。さらに、そこには驚くような物語が隠されていました。その物語とは…。

 実際に本書を読んでもらうとして、湯川は心霊現象やポルターガイスト現象をまったく信じていませんでした。だからこそ、先ほど紹介した雲を摑むような事件の謎も論理的に解き明かしていくんですよね。

 ちなみに、『予知夢』は全5編の短編で構成されていますが、先ほど紹介した物語以外にも驚くような事件が多数用意されています。

 ここで、他の4編について簡単に紹介しておくと、

・殺された女性が同時刻に別の場所で目撃される
・行方不明になった男性が最後に訪れた場所でポルターガイスト現象が起きる
・火の玉を見た女性の夫がその翌日に絞殺される
・首つり自殺をした女性がその二日前にも首つり自殺をする姿を目撃される

 です。どれも心霊現象やポルターガイスト現象のような事件ばかりですが、湯川の科学的で論理的な推理に納得させられますよ。

 これからも続くガリレオシリーズの第二弾

 東野圭吾さんの小説『予知夢』は、『容疑者Xの献身』や『真夏の方程式』へと続くガリレオシリーズの第二弾です。

 前作に引き続き短編で構成されていますが、どれも驚くような事件ばかりなので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 心霊現象やポルターガイスト現象を、科学的で論理的な推理で解き明かしたくなりますよ。

 関連記事

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

村山早紀『星をつなぐ手』は今すぐ本屋さんで本を買いたくなる物語

 本屋さんで本を買っていますか?  私はネットで買ったり、図書館で借りたりすることが多いのですが、村山早紀さんの小説『星をつなぐ手』を読んで、これからは出来るだけ本屋さんで買おうと思いました。  一人でも多くの人が本屋さ …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』は読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私はミステリーが好きでよく読んでいますが、あまり推理をせずに物語を追いかけてきました。  しかし、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』では推理せざるを得なくなったんですよね。容疑者である二 …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』/人間の最大の武器は信頼と習慣

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

百田尚樹『夏の騎士』は一人では無理でも友達となら勇気が出せるかもと思える物語

 勇気を持って生きていますか?  ここで言う勇気とは、勉強や仕事、家事・育児など、目の前のやるべきことに挑戦する勇気のことです。  もし、そんな勇気を持っていないなら、百田尚樹さんの小説『夏の騎士』を読んでみてはどうでし …