webstation plus

(※『祈りのカルテ』表紙より)


 仕事で想像以上の成果を出していますか。

 私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。

 新しいことに挑戦するとき、リスクはつきものですよね。それにも関わらず、前のめりになって行動していないのでリスクに対応する時間がありません。これでは想像以上の成果なんて出せるはずないですよね…。

 では、どうすればいいのでしょうか。

 今回は、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、どうすれば想像以上の成果が出せるのか考えてみたいと思います。

 『祈りのカルテ』のあらすじ(『彼女が瞳を閉じる理由』)

 純正医科大学附属病院の精神科で初期臨床研修を受けていた諏訪野良太。

 ある夜。彼のもとに睡眠薬を多量服用した女性患者が救急搬送されてきます。しかし、先輩医師や看護師たちは他の患者が搬送されてきたときとは違い、だらけているように見えました。

 なぜなら、彼女は毎月同じことを繰り返していたからです。

 彼女の腕には「アキラ」という別れた夫の名前が火傷で刻まれていました。先輩医師や看護師たちは、彼女が元夫に会うために入退院を繰り返していると考えていましたが、諏訪野はその説に違和感を覚えます。彼女の退院日が決まって5日だったからです。

 研修医の諏訪野が彼女の謎に迫る!?

 『祈りのカルテ』のおすすめポイント

1. 海堂尊さんに続く医療ミステリー小説

 著者の知念実希人さんは現役の医師。ドラマ化や映画化もされた『チーム・バチスタの栄光』の著者である海堂尊さんに続く医療ミステリー作家です。

 ただし、海堂尊さんと違うのは、物語のわかりやすさ。解決が困難な医療問題に真っ向から挑む海堂さんとは異なり、日常的な問題に光を当てて物語を構成されています。

 今回ご紹介する『祈りのカルテ』もその一つ。全5章の短編で構成されている小説ですが、それぞれのテーマは、DVや親子関係、結婚など身近なものばかり。

 誰にでも起こりそうな身近な問題を医学という切り口で解決していくプロセスは圧巻です。

 ミステリー小説としても十分面白いので、医療に興味がなくても楽しめる物語です。

2. 医者の仕事は病気を治療するだけじゃない

 そんな誰にでも起こりそうな問題に挑むのが研修医の諏訪野。彼は精神科から始まり、外科、皮膚科、小児科、内科と順に研修を受けながら、患者個人の問題を解決していきました。

 なぜなら、病気を根本的に治すには、患者個人の問題を解決する必要があるからです。

 たとえばDV。どれだけ怪我の治療をしても、暴力を振るう人がいなくならない限り怪我が絶えないですよね。あくまでも怪我はDVの結果です。

 だからこそ、諏訪野は患者個人の問題に踏み込むわけですが、他の医師たちは批判的でした。なぜなら、そんなことをしている時間がないから。

 それでも自分の時間を削ってまで挑戦する諏訪野の姿に、想像以上の成果を出す秘密が隠されているように思います。

 その秘密とは――。

3. 気になったことは納得するまで追求することが大切

 私たちは忙しさに流されて、こんなものかと中途半端に物事を捉えがちですが、納得するまでやりきることが大切なんですね。

 たとえば、家政婦のタサン志摩さんもその一人。プロフェッショナル仕事の流儀でも取り上げられましたが、彼女の仕事は徹底しています。

 志摩さんは、依頼者のお宅に訪問して、冷蔵庫にある食材で1週間分の料理を作り上げます。しかも、たったの3時間で。

 どんな食材があるかわからない状況で、慣れない調理場で美味しい料理を作るなんて、とても難易度の高い仕事ですよね。

 だからこそ、仕事を確実に成し遂げるために、納得がいかない料理があれば、家に帰って何度も作り直します。また、過去に訪問した家庭から再び依頼があれば、前日に家族の好みを調べて思い出したりされています。

 そこまで徹底して仕事に向き合うからこそ、依頼者も喜ばれるんですよね。

 もちろん、諏訪野もその一人。想像以上の成果を出すには、納得するまでやり切ることが大切だと教えてくれる物語です。

 最後に

 知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』。読めば今よりも仕事と向き合おうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …

子どもに愛情を注ごうとする親ほど毒親になる!?/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)  少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。  ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情 …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

悲しすぎて爽やかな気持ちになれる小説/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)  悲しい出来事ってありますよね。最近の台風や地震でツライ思いをした方も多いのではないでしょうか。  伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』に登場する人物たちもその …