webstation plus

(※『祈りのカルテ』表紙より)


 仕事で想像以上の成果を出していますか。

 私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。

 新しいことに挑戦するとき、リスクはつきものですよね。それにも関わらず、前のめりになって行動していないのでリスクに対応する時間がありません。これでは想像以上の成果なんて出せるはずないですよね…。

 では、どうすればいいのでしょうか。

 今回は、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、どうすれば想像以上の成果が出せるのか考えてみたいと思います。

 『祈りのカルテ』のあらすじ(『彼女が瞳を閉じる理由』)

 純正医科大学附属病院の精神科で初期臨床研修を受けていた諏訪野良太。

 ある夜。彼のもとに睡眠薬を多量服用した女性患者が救急搬送されてきます。しかし、先輩医師や看護師たちは他の患者が搬送されてきたときとは違い、だらけているように見えました。

 なぜなら、彼女は毎月同じことを繰り返していたからです。

 彼女の腕には「アキラ」という別れた夫の名前が火傷で刻まれていました。先輩医師や看護師たちは、彼女が元夫に会うために入退院を繰り返していると考えていましたが、諏訪野はその説に違和感を覚えます。彼女の退院日が決まって5日だったからです。

 研修医の諏訪野が彼女の謎に迫る!?

 『祈りのカルテ』のおすすめポイント

1. 海堂尊さんに続く医療ミステリー小説

 著者の知念実希人さんは現役の医師。ドラマ化や映画化もされた『チーム・バチスタの栄光』の著者である海堂尊さんに続く医療ミステリー作家です。

 ただし、海堂尊さんと違うのは、物語のわかりやすさ。解決が困難な医療問題に真っ向から挑む海堂さんとは異なり、日常的な問題に光を当てて物語を構成されています。

 今回ご紹介する『祈りのカルテ』もその一つ。全5章の短編で構成されている小説ですが、それぞれのテーマは、DVや親子関係、結婚など身近なものばかり。

 誰にでも起こりそうな身近な問題を医学という切り口で解決していくプロセスは圧巻です。

 ミステリー小説としても十分面白いので、医療に興味がなくても楽しめる物語です。

2. 医者の仕事は病気を治療するだけじゃない

 そんな誰にでも起こりそうな問題に挑むのが研修医の諏訪野。彼は精神科から始まり、外科、皮膚科、小児科、内科と順に研修を受けながら、患者個人の問題を解決していきました。

 なぜなら、病気を根本的に治すには、患者個人の問題を解決する必要があるからです。

 たとえばDV。どれだけ怪我の治療をしても、暴力を振るう人がいなくならない限り怪我が絶えないですよね。あくまでも怪我はDVの結果です。

 だからこそ、諏訪野は患者個人の問題に踏み込むわけですが、他の医師たちは批判的でした。なぜなら、そんなことをしている時間がないから。

 それでも自分の時間を削ってまで挑戦する諏訪野の姿に、想像以上の成果を出す秘密が隠されているように思います。

 その秘密とは――。

3. 気になったことは納得するまで追求することが大切

 私たちは忙しさに流されて、こんなものかと中途半端に物事を捉えがちですが、納得するまでやりきることが大切なんですね。

 たとえば、家政婦のタサン志摩さんもその一人。プロフェッショナル仕事の流儀でも取り上げられましたが、彼女の仕事は徹底しています。

 志摩さんは、依頼者のお宅に訪問して、冷蔵庫にある食材で1週間分の料理を作り上げます。しかも、たったの3時間で。

 どんな食材があるかわからない状況で、慣れない調理場で美味しい料理を作るなんて、とても難易度の高い仕事ですよね。

 だからこそ、仕事を確実に成し遂げるために、納得がいかない料理があれば、家に帰って何度も作り直します。また、過去に訪問した家庭から再び依頼があれば、前日に家族の好みを調べて思い出したりされています。

 そこまで徹底して仕事に向き合うからこそ、依頼者も喜ばれるんですよね。

 もちろん、諏訪野もその一人。想像以上の成果を出すには、納得するまでやり切ることが大切だと教えてくれる物語です。

 最後に

 知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』。読めば今よりも仕事と向き合おうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …