webstation plus

 仕事で期待以上の成果を出していますか?

 私は期待以上の成果を出す努力をしてきたつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。

 本書は、知念実希人さんらしい医療系ミステリーが楽しめるのはもちろんのこと、仕事で成果を出したいと願っているビジネスパーソンにもおすすめの物語です。

 睡眠薬を多量服用して入退院を繰り返す女性の物語

 物語の主人公は、純正医科大学附属病院で初期臨床研修を受ける諏訪野良太。

 この病院では、基礎知識をつけるために、内科や外科、小児科、産婦人科などの異なる科を、数カ月ごとにまわる研修システムを導入していました。

 そんな純正医大の精神科で諏訪野が研修を受けていたある夜のこと。彼のもとに睡眠薬を多量服用した女性患者が救急搬送されてきます。

 ところが、先輩医師や看護師たちは、他の患者が搬送されてきた時とは違い、緊張感をもっていませんでした。

 なぜなら、彼女は常連さんだったからです。毎月のように睡眠薬を多量服量して入退院を繰り返していたからでした。

 彼女の腕には「あきら」という別れた夫の名前が火傷として刻まれていたことから、元夫の気を惹くために入退院を繰り返していると考えられていましたが、諏訪野は違和感を覚えました。

 なぜなら…。

 目の前にある問題を解決することが医者の仕事ではない

 彼女は決まって5日に退院していたからです。元夫の気を惹くためなら5日にこだわる必要はありません。

 そこで諏訪野は、この謎に迫るべく調査を始めました。その結果…。

 物語の結末は実際に本書を読んでもらうとして、諏訪野は目の前にある病気や怪我だけを治そうとはしませんでした。その先にある患者個人の問題を解決しようとするんですよね。

 なぜなら、患者個人の問題を解決しない限り、根本的には解決しないからです。DVでもそうですが、どれだけ怪我の治療をしても、暴力を振るう人間がいなくならない限り、怪我は絶えませんよね。

 だからこそ、諏訪野は患者個人の問題に踏み込んでいくわけですが…。他の先輩医師たちは批判的でした。そんな時間の余裕がないからです。

 それでも、諏訪野は自分の時間を削ってまで挑戦していきます。その理由は…。

 納得するまで追求することが想像以上の成果を出す秘訣

 心から納得するまで仕事に向き合いたいと考えていたからです。

 だからこそ、彼は精神科だけでなく、外科でも、皮膚科でも、小児科でも、内科でも、患者個人の問題に向き合っていきました。

 そうすることで、期待を上回る成果を出し、患者だけでなく諏訪野自身も心から喜ぶことができたのです。目の前にある問題を解決するだけでは味わえない喜びです。

 ◆

 知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』は、医療系ミステリーとして楽しめるのはもちろんのこと、自分の枠にとらわれず、納得するまで仕事と向き合おうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

垣谷美雨『姑の遺品整理は、迷惑です』感想/距離感よりも大切なもの

 人との距離感を大切にしていますか?  私はどちらかというと、お節介焼きなので、どうしても人との距離感が近くなりすぎることがあります。それで嫌な思いもしてきたので…。  そんな性格を嫌っていたのですが、垣谷美雨さんの小説 …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

秋吉理香子『ジゼル』感想/バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?  私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。 …

塩田武士『騙し絵の牙』は情熱と信念、そして野望を持たない人間に望ましい未来は訪れないことがわかる物語

 情熱と信念、そして野望を持って生きていますか?  私はあまり表には出しませんが、それらを持って毎日を過ごしているつもりです。しかし…。  塩田武士さんの小説『騙し絵の牙』を読んで、それらを持たない人間に望ましい未来は訪 …

東野圭吾『聖女の救済』は女性を子供を産む道具と考える男性に鉄槌が下される物語

 女性を子供を産む道具として見ていませんか?  私は妻を子供を産む道具としてではなく、ひとりの人間として尊重していますが、東野圭吾さんの小説『聖女の救済』に登場するある男性は、妻を子供を産む道具として見ていました。  そ …

瀬尾まいこ『幸福な食卓』は家族とは困ったときに甘えられる関係だとわかる物語

 困ったときに家族に甘えられますか?  私は妻や子供たちが困ったときに相談したり、不満をぶつけられるように振る舞っているつもりですが…。  瀬尾まいこさんの小説『幸福な食卓』を読んで、困ったときに甘えられる関係こそが家族 …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は今でも魔女狩りが続いていることに気づかせてくれる物語

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩りをご存じですか。  私は過去の出来事として知っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』を読んで、今でも魔女狩りが続いていることに気づきました。  いつか自分もその対 …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』は古書を手に取ってみたくなる恋愛ミステリー小説

 古書を読んでいますか?  私はどちらかと言うと、人気作家の新作本を読むことが多いのですが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖』を読んで、古書を手に取ってみたくなりました。  夏目漱石や太宰治の小説がとても身近に …

伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』は人の話を鵜呑みにすると簡単に騙されてしまうことがわかる物語

 人の話を鵜呑みにしていませんか?  私は疑り深い性格なので、あまり人の話を鵜呑みにしませんが、伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』を読んで、人の話を鵜呑みにすると簡単に騙されてしまうことがわかりました。  視野を広 …