webstation plus

 仕事で期待以上の成果を出していますか?

 私は期待以上の成果を出す努力をしてきたつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。

 本書は、知念実希人さんらしい医療系ミステリーが楽しめるのはもちろんのこと、仕事で成果を出したいと願っているビジネスパーソンにもおすすめの物語です。

 睡眠薬を多量服用して入退院を繰り返す女性の物語

 物語の主人公は、純正医科大学附属病院で初期臨床研修を受ける諏訪野良太。

 この病院では、基礎知識をつけるために、内科や外科、小児科、産婦人科などの異なる科を、数カ月ごとにまわる研修システムを導入していました。

 そんな純正医大の精神科で諏訪野が研修を受けていたある夜のこと。彼のもとに睡眠薬を多量服用した女性患者が救急搬送されてきます。

 ところが、先輩医師や看護師たちは、他の患者が搬送されてきた時とは違い、緊張感をもっていませんでした。

 なぜなら、彼女は常連さんだったからです。毎月のように睡眠薬を多量服量して入退院を繰り返していたからでした。

 彼女の腕には「あきら」という別れた夫の名前が火傷として刻まれていたことから、元夫の気を惹くために入退院を繰り返していると考えられていましたが、諏訪野は違和感を覚えました。

 なぜなら…。

 目の前にある問題を解決することが医者の仕事ではない

 彼女は決まって5日に退院していたからです。元夫の気を惹くためなら5日にこだわる必要はありません。

 そこで諏訪野は、この謎に迫るべく調査を始めました。その結果…。

 物語の結末は実際に本書を読んでもらうとして、諏訪野は目の前にある病気や怪我だけを治そうとはしませんでした。その先にある患者個人の問題を解決しようとするんですよね。

 なぜなら、患者個人の問題を解決しない限り、根本的には解決しないからです。DVでもそうですが、どれだけ怪我の治療をしても、暴力を振るう人間がいなくならない限り、怪我は絶えませんよね。

 だからこそ、諏訪野は患者個人の問題に踏み込んでいくわけですが…。他の先輩医師たちは批判的でした。そんな時間の余裕がないからです。

 それでも、諏訪野は自分の時間を削ってまで挑戦していきます。その理由は…。

 納得するまで追求することが想像以上の成果を出す秘訣

 心から納得するまで仕事に向き合いたいと考えていたからです。

 だからこそ、彼は精神科だけでなく、外科でも、皮膚科でも、小児科でも、内科でも、患者個人の問題に向き合っていきました。

 そうすることで、期待を上回る成果を出し、患者だけでなく諏訪野自身も心から喜ぶことができたのです。目の前にある問題を解決するだけでは味わえない喜びです。

 ◆

 知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』は、医療系ミステリーとして楽しめるのはもちろんのこと、自分の枠にとらわれず、納得するまで仕事と向き合おうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

小野寺史宜『ひと』感想/あなたの大切なものは何ですか?

 あなたにとって大切なものは何ですか?  お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所 …

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

木皿泉『カゲロボ』/他人の不幸を求めている人へ

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

芦沢央『火のないところに煙は』はミステリー要素のあるホラー好きにおすすめの小説

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?  私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほどホラーが大好きです。もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。  残 …

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …