webstation plus

(※『祈りのカルテ』表紙より)


 仕事で想像以上の成果を出していますか。

 私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。

 新しいことに挑戦するとき、リスクはつきものですよね。それにも関わらず、前のめりになって行動していないのでリスクに対応する時間がありません。これでは想像以上の成果なんて出せるはずないですよね…。

 では、どうすればいいのでしょうか。

 今回は、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、どうすれば想像以上の成果が出せるのか考えてみたいと思います。

 『祈りのカルテ』のあらすじ(『彼女が瞳を閉じる理由』)

 純正医科大学附属病院の精神科で初期臨床研修を受けていた諏訪野良太。

 ある夜。彼のもとに睡眠薬を多量服用した女性患者が救急搬送されてきます。しかし、先輩医師や看護師たちは他の患者が搬送されてきたときとは違い、だらけているように見えました。

 なぜなら、彼女は毎月同じことを繰り返していたからです。

 彼女の腕には「アキラ」という別れた夫の名前が火傷で刻まれていました。先輩医師や看護師たちは、彼女が元夫に会うために入退院を繰り返していると考えていましたが、諏訪野はその説に違和感を覚えます。彼女の退院日が決まって5日だったからです。

 研修医の諏訪野が彼女の謎に迫る!?

 『祈りのカルテ』のおすすめポイント

1. 海堂尊さんに続く医療ミステリー小説

 著者の知念実希人さんは現役の医師。ドラマ化や映画化もされた『チーム・バチスタの栄光』の著者である海堂尊さんに続く医療ミステリー作家です。

 ただし、海堂尊さんと違うのは、物語のわかりやすさ。解決が困難な医療問題に真っ向から挑む海堂さんとは異なり、日常的な問題に光を当てて物語を構成されています。

 今回ご紹介する『祈りのカルテ』もその一つ。全5章の短編で構成されている小説ですが、それぞれのテーマは、DVや親子関係、結婚など身近なものばかり。

 誰にでも起こりそうな身近な問題を医学という切り口で解決していくプロセスは圧巻です。

 ミステリー小説としても十分面白いので、医療に興味がなくても楽しめる物語です。

2. 医者の仕事は病気を治療するだけじゃない

 そんな誰にでも起こりそうな問題に挑むのが研修医の諏訪野。彼は精神科から始まり、外科、皮膚科、小児科、内科と順に研修を受けながら、患者個人の問題を解決していきました。

 なぜなら、病気を根本的に治すには、患者個人の問題を解決する必要があるからです。

 たとえばDV。どれだけ怪我の治療をしても、暴力を振るう人がいなくならない限り怪我が絶えないですよね。あくまでも怪我はDVの結果です。

 だからこそ、諏訪野は患者個人の問題に踏み込むわけですが、他の医師たちは批判的でした。なぜなら、そんなことをしている時間がないから。

 それでも自分の時間を削ってまで挑戦する諏訪野の姿に、想像以上の成果を出す秘密が隠されているように思います。

 その秘密とは――。

3. 気になったことは納得するまで追求することが大切

 私たちは忙しさに流されて、こんなものかと中途半端に物事を捉えがちですが、納得するまでやりきることが大切なんですね。

 たとえば、家政婦のタサン志摩さんもその一人。プロフェッショナル仕事の流儀でも取り上げられましたが、彼女の仕事は徹底しています。

 志摩さんは、依頼者のお宅に訪問して、冷蔵庫にある食材で1週間分の料理を作り上げます。しかも、たったの3時間で。

 どんな食材があるかわからない状況で、慣れない調理場で美味しい料理を作るなんて、とても難易度の高い仕事ですよね。

 だからこそ、仕事を確実に成し遂げるために、納得がいかない料理があれば、家に帰って何度も作り直します。また、過去に訪問した家庭から再び依頼があれば、前日に家族の好みを調べて思い出したりされています。

 そこまで徹底して仕事に向き合うからこそ、依頼者も喜ばれるんですよね。

 もちろん、諏訪野もその一人。想像以上の成果を出すには、納得するまでやり切ることが大切だと教えてくれる物語です。

 最後に

 知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』。読めば今よりも仕事と向き合おうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

どんなことでも逆転できる!?阿部和重&伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』は一発逆転の物語

(※『キャプテンサンダーボルト 上』表紙より)  一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思っています。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …