東野圭吾『祈りの幕が下りる時』感想/人生は家族に大きく左右される!?

おすすめ小説

家族と上手くいってますか?

私は過去にいろいろありましたが、今では楽しく過ごしています。

しかし、東野圭吾さんの小説『祈りの幕が下りる時』を読んで、家族に他人の迷惑を顧みない自分勝手な人がいると、その人のせいで一生つらい思いをすることを知り、衝撃を受けました。

今の家族と過ごせてきたことに感謝したくなる物語なんですよね。

スポンサーリンク

東野圭吾『祈りの幕が下りる時』のあらすじ

加賀恭一郎の母の暮らしが明かされる!?

では、あらすじから。

加賀恭一郎の母・田島百合子は、彼が小さい頃に家を飛び出し、仙台で暮らしていました。宮本康代という女性が経営していたスナックで働いていたのです。

ところが、百合子は誰にも心を開きませんでした。世話になった宮本康代にも自分のことをほとんど話していません。

そんな百合子が唯一心を開いていたのが、客としてやってきた綿部俊一でした。

彼は50代で電力関係の仕事をしていると言っていましたが、遠方に行っているためか、時々姿を消しました。そして、ある時からスナックに来なくなります。

ところが、田島百合子が亡くなったときに、宮本康代に加賀恭一郎の名前と連絡先を教えたのは綿部俊一でした。百合子でさえ息子の連絡先を知らなかったのにです。

綿部は宮本康代に加賀の連絡先を調べたと言いますが、刑事である加賀の連絡先は簡単には調べられません。

なぜ、綿貫は加賀の連絡先を知っていたのか!?

関係なさそうな2つの殺害事件がリンクする

一方、加賀の親戚で、刑事でもある松宮は、明治座で講演中の芝居『異聞・曽根崎心中』の演出家である浅居博美を調べていました。

彼女の同級生である押谷道子が、彼女と出会った直後に殺されていたからです。

しかも、押谷道子は越川睦夫という見ず知らずの男性のアパートで発見されました。住人である越川も行方不明になっています。

それだけでなく、越川の部屋にかけられていたカレンダーに月ごとに書かれていた十二の橋の名前が、加賀の母の遺品にあったメモと一致したのです。

これがキッカケで加賀は、越川睦夫と綿部俊一が同一人物であると推測しますが、他にも次々と驚くような事実が浮かび上がってきました。

越川のアパートの近くで殺されていたホームレスの事件もそのひとつですが、演出家である浅居博美の過去にも驚くような事実が隠されていたんですよね。

その事実とは…。

スポンサーリンク

人生は家族に大きく左右される!?

この続きは実際に読んでもらうとして、東野圭吾さんの小説『祈りの幕が下りる時』は、加賀恭一郎や浅居博美の人生を通して、人の運命は家族に大きく左右されることがわかる物語ですが…。

それだけでなく加賀恭一郎シリーズの続編としても、最後に驚きが待っているミステリーとしても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめ度:5.0

スポンサーリンク

あわせて読みたい

東野圭吾『加賀恭一郎シリーズ』の順番とおすすめランキングを紹介
 加賀恭一郎シリーズと聞くと、阿部寛さん演じる『新参者』シリーズを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。  もちろん、ドラマや映画としても面白い物語なのですが、原作を読めばより一層楽しめると思います。  そこで今回は...
JUJUが愛した「読書」!?おすすめ漫画&小説6作品をご紹介
2018年2月24日にCDTV(カウントダウンTV)で放送された『JUJUが愛した「読書」』。 新アルバム『I』の発売特集としてJUJUさんのおすすめ本が紹介されていました。私も読んでみたい本が多かったので、まとめとして残しておきます...

コメント

タイトルとURLをコピーしました