webstation plus

 この前のエントリで「考える力」は3つに分解できると書きました。しかし、何事も基本が大切ですよね。野球や剣道をする人にとって素振りが大切なように、考える力をつけるにも基本が大切です。まずは基本に忠実に。

 基本1. 思い込みを捨てる

 いきなりですが、次の例題に挑戦してください。

一人の男の子が虫歯を治すために歯医者に行きました。その男の子は、歯医者の息子でしたが、その歯医者はその男の子の父親ではありませんでした。なぜでしょうか?

 答えは簡単。母親だったからです。しかし、「歯医者=男性」と思い込んでしまうと、いつまで経っても答えにたどり着けませんよね。

 私も思い込みのせいで失敗した経験があります。商品の出荷をとめるほどの失敗をしたのですが、後から考えれば一目瞭然。思い込みの恐ろしさを知りました。

 では、どうすれば思い込みを防げるのでしょうか。それは、「ありふれたものを徹底的に観察する」習慣をつけることです。

 たとえば、今履いている靴下の色はどんな色か、両手を組むとき上にくるのはどちらの手か、どちらの足から靴下を履くのか――など、自分の目の前にあるもの、当たり前だと思っていることを徹底的に見つめ直すのです。

 そうすれば、「わかったつもり」になっていることを「わかった」に変えることができます。この習慣は、解けない問題に直面したとき、当たり前だと思い込んでいることを見つめなおすキッカケをつくてくれます。

 基本2. 問題を正しく認識する

 まずは、こちらも例題から。

家に帰ったら誰もいませんでした。鍵も見つかりません。このとき、あなたはどうしますか?

 実は「どうするか」は、何を問題と捉えるかで変わってきます。

・どうすれば鍵なしでドアが開けられるのか?
・他に家に入る方法はあるのか?
・誰かが帰ってくるまで何をすればいいのだろう?
・これ以上、鍵をなくしたら承知しないってお母さんに言われていたのに、どうやって新しい鍵を手に入れればいいの?

 など、同じ状況でも何を問題と捉えるかでアプローチが変わってくるんですよね。

 だからこそ、考える前に「何が問題なのか」をはっきりさせること。ピント外れの問題を解決したって何の役にも立ちませんからね。

 基本3. 納得するまで考える

 思い込みを捨てて、問題を正しく認識すること。それができれば、あとは納得するまで考え続けるだけです。

 ただし、ここで注意すべきことが2つあります。

 まずひとつ目は、視野が狭いという問題。

 遠くから眺めれば一目瞭然なのに、ある問題にとらわれすぎて解決策が浮かばないってことありますよね。そんな時は、散歩をしたり、コーヒーを飲んだりして、少し問題から離れて全体像を眺めるようにしましょう。

 もうひとつは、パッと浮かんだ解決策に捉われてしまう問題。

 最初に浮かんだアイデアがうまくいかなければ、さっさと頭を切り替えないと問題解決には至りません。そもそも、解決策は複数考えておくに限ります。

 つまり、納得するまで考えるとは、問題全体を俯瞰しながら、複数の解決策を持つことなんですね。(※漫画『アオアシ』の感想でも紹介しました。)

 すぐには出来ないかもしれませんが、遠くから眺める&複数の解決策をもつ練習をしていきましょう。

 最後に

 野球であれ、サッカーであれ、何事も基本を繰り返すことが上達への近道です。考える力も繰り返し練習すれば間違いなく身についていきます。普段から意識して練習していきたいですね。

 関連記事

「運がいい人」は見向きもせず、「運が悪い人」が追い求めているもの

 それは他人が作った幻想です。憧れの誰かを目指したり、世間一般で言われているありきたりな幸せを追い求めると、どんどん運が悪くなっていくんですよね。なぜなら――。  私たちの脳は世界にひとつだけ  SMAPの名曲 …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、もしくはマネジ …

睡眠不足は眠り始めの90分で解消できる!?最高の睡眠法

 睡眠不足に悩まされていませんか。 ・朝の目覚めが悪い ・どれだけ寝ても眠い ・昼食後は眠たくて仕方がない  などなど、睡眠の悩みを抱えている人は多いはず。しかし、寝だめをしたところで睡眠不足が解消できるわけではありませ …

メンタルが強い人なら誰もが知っている3つの事実

 百田尚樹さんのメンタルってすごいですよね。  思ったことをすぐ口にする性格だからでしょうが、すごい頻度でマスコミに叩かれたり、SNSで炎上したりしています。それにも関わらず、まったくへこたれていません。  もちろん、百 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

なぜ、エンターテイメントのための読書に価値がないのか

 この前のエントリで「読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち」という趣旨の内容を書いたところ、エンターテイメントのための読書ではダメなのか?とコメントをいただきました。  このコメントに回答するには、エンター …

ノリがいい人になりたいのなら勉強するな

(※『勉強の哲学 来たるべきバカのために』表紙より)  勉強していますか?  私は趣味で数学やテクノロジー系の本を読んでいますが、実は勉強すると失うものがあるそうです。  それがノリの良さ。  勉強しなければ、周りに合わ …

「悩む必要のない」ことで悩んでいませんか?

 悩みって本当に尽きないですよね。 自分のやりたいことが見つからない 頑張っているのに誰も認めてくれない 同じ失敗を何度も繰り返してしまう  などなど。もし、このような悩みを抱えているようなら、「前提」を疑ったほうが良い …

「自分らしく生きたい」と思っているなら絶対に鍛えておきたい能力

 「自分らしく生きたい」と思っても、まわりに振り回されてばかり…なんてことありませんか。  実は、その要因のひとつに「直観力」が鍛えられていないことが挙げられます。  私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」に至るまで、さま …