webstation plus

 アイデアが浮かばないのは能力の問題だと思っていませんか?

 もちろん能力の問題ではありません。アイデアが浮かばないのは、「考え方を知らない」もしくは「考える練習をしていない」からです。

 私もまったくアイデアが浮かばないこともありますが、そんなときは粘り強く基本に忠実に考えるようにしています。そうすれば、どんどんアイデアが浮かんでくるようになりますよ。

 考える練習①:思い込みを捨てる

 いきなりですが、次の例題に挑戦してください。

一人の男の子が虫歯を治すために歯医者に行きました。その男の子は、歯医者の息子でしたが、その歯医者はその男の子の父親ではありませんでした。なぜでしょうか?

 答えは簡単です。歯医者は母親だったからです。

 ところが、「歯医者=男性」と思い込んでしまうと、いつまで経っても答えにたどり着けないんですよね。

 私も思い込みのせいで大失敗をやらかしたことがありました。商品の出荷を止めるほどの大失敗です。

 しかし、あとから考えれば一目瞭然でした。このとき、思い込みの恐ろしさを身をもって実感しました。

 では、どうすれば思い込みを防ぐことができるのでしょうか。それは、「ありふれたものを徹底的に観察する」習慣をつけることです。

 たとえば、今履いている靴下の色はどんな色か、両手を組むとき上にくるのはどちらの手か、どちらの足から靴下を履くのか…など、自分の目の前にあるもの、当たり前だと思っていることを徹底的に見つめ直すのです。

 そうすれば、「わかったつもり」になっていることを「わかった」に変えることができます。

 また、これが習慣化できれば、解けない問題に直面したときに、思い込みを見つめなおすキッカケになりますよ。

 考える練習②:問題を正しく認識する

 まずは、こちらも例題から。

小学生の私は家に帰ってきましたが誰もいませんでした。家には鍵がかかっていましたが、持っていたはずの鍵も見つかりません。このとき、あなたはどうしますか?

 実は「どうするか」は、何を問題と捉えるかで変わってきます。

・どうすれば鍵なしでドアが開けられるのかな?
・他に家に入る方法はあるのかな?
・誰かが帰ってくるまで何をすればいいのだろう?
・これ以上、鍵をなくしたら承知しないってお母さんに言われていたのに、どうやって新しい鍵を手に入れればいいの?

 など、同じ状況でも何を問題と捉えるかでアプローチが変わってくるんですよね。

 そのため、「何が問題なのか?」を明確にせずに考えはじめると、いつまで経っても望ましい答えにたどり着けません。

 ピント外れの問題を解決しても何の役にも立たないので、まずは何が問題なのかをはっきりさせるクセをつけましょう。

 考える練習③:納得するまで考える

 思い込みを捨てて、問題を正しく認識すること。これができれば、あとは納得するまで考え続けるだけです。

 ただし、ここで注意すべきことが2つあります。まずひとつ目は、視野が狭いという問題をどうするかです。

 遠くから眺めれば一目瞭然なのに、ある問題にとらわれすぎて解決策が浮かばない…なんてことがありますよね。

 そんなときは、散歩をしたり、コーヒーを飲んだりして、少し問題から離れて全体像を眺めるようにしましょう。

 もうひとつは、パッと浮かんだ解決策に捉われてしまう問題です。

 最初に浮かんだアイデアがうまくいかなければ、さっさと頭を切り替えないと問題解決にはたどり着けませんが、どうしてもこだわってしまうんですよね。

 そんなときは、複数の解決策を考えましょう。複数の解決策が用意できれば、どの解決策が望ましいか比較できるので、オススメですよ。

 最後に

 勉強でも、スポーツでも、趣味でも、どんなことでも基本を繰り返すことが上達への近道です。もちろん、考える力だって同じです。

 そのため、はじめから素晴らしいアイデアを求めずに、軽い気持ちでアイデアを考えるクセをつけてみてはどうでしょうか。

 私も、素晴らしいアイデアが浮かぶ日を夢見て、考える練習を積み重ねていきたいと思います。

 関連記事

グーグルの働き方から読み解く「自立していない社会人に未来がない理由」

 社会人として自立していますか?  私は自分の仕事は自分で生み出す必要がある職場にいるので、できるだけ自立した行動を心がけていますが…、なかなか上手くいかないんですよね。  しかし、ここ数年、早期退職やリストラの話題が増 …

人気の吉本芸人が考える「売れる秘訣」とは!?

 「お笑い芸人になりたい」「小説家になりたい」「ハンドメイド作家として活躍したい」…などなど、夢を実現するために挑戦している人は大勢います。しかし、そのなかで成功できるのは、ほんの一握りの人たち。  では、成功できる人と …

「時間が足りない人」に足りていないのは時間ではなくスピード

 「時間がない!」と愚痴をこぼしていませんか。  しかし、時間がないと言う人に限って、無駄なことばかりしているように思えます。  たとえば、すぐに片づくはずの仕事になかなか手をつけず、先送りしてだらだら働いていたり、残業 …

好きな仕事をするために必要なたったひとつのこと

(※『革命のファンファーレ』表紙より)  ベッキーとゲスの極み乙女。不倫をした二人でしたが、その後の活動には大きな差が生まれました。  その原因は何か。  結論からいえば、ファンがいたかどうかです。ゲスの極み乙女。には多 …

「時間がないからできない」という言い訳で損する理由

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。  「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから …

仕事ができる人とできない人の違いは「頭の使い方」にある

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりま …

部下が育たないのは上司の責任!?リーダーに必要な3つの要件

 部下が思うように育たないことを悩んでいませんか。  私はよく悩んでいます。一緒に仕事をしている人が同じような失敗をしたり、無駄な仕事を繰り返しているからです。しかし、その原因が上司である私にあるのだとしたら…。  そこ …

なぜ、彼らは「どん底」から這い上がれたのか

 仕事やプライベートで、「どん底だ!」と思ったことありませんか?  私はあります。つい先日も仕事が思うように進まず、上司から叱られたときに、どん底だと思っていました。しかし、私が思うどん底なんて大したことがないんですよね …

アイデアが浮かばないのは「ぼんやり」不足が原因!?

 「仕事でミスをした」「集中力が続かない」「アイデアが浮かばない」…。  このような悲しい状況に陥ったとき、どうしていますか?「もっと頑張らないと!」と自分を追い込んでいませんか?  もし、そうだとしたら、少しだけ立ち止 …

「3ヶ月」あれば仕事の成果は劇的に変えられる

(※『「3か月」の使い方で人生は変わる』表紙より)  仕事で思うようなアウトプットが出せない…と悩んでいませんか?  私はよく悩んでいました。そして、その原因を「時間が足りない」「リソースが足りない」からだと言い訳をして …