webstation plus

 この前のエントリで「考える力」は3つに分解できると書きました。しかし、何事も基本が大切ですよね。野球や剣道をする人にとって素振りが大切なように、考える力をつけるにも基本が大切です。まずは基本に忠実に。

 基本1. 思い込みを捨てる

 いきなりですが、次の例題に挑戦してください。

一人の男の子が虫歯を治すために歯医者に行きました。その男の子は、歯医者の息子でしたが、その歯医者はその男の子の父親ではありませんでした。なぜでしょうか?

 答えは簡単。母親だったからです。しかし、「歯医者=男性」と思い込んでしまうと、いつまで経っても答えにたどり着けませんよね。

 私も思い込みのせいで失敗した経験があります。商品の出荷をとめるほどの失敗をしたのですが、後から考えれば一目瞭然。思い込みの恐ろしさを知りました。

 では、どうすれば思い込みを防げるのでしょうか。それは、「ありふれたものを徹底的に観察する」習慣をつけることです。

 たとえば、今履いている靴下の色はどんな色か、両手を組むとき上にくるのはどちらの手か、どちらの足から靴下を履くのか――など、自分の目の前にあるもの、当たり前だと思っていることを徹底的に見つめ直すのです。

 そうすれば、「わかったつもり」になっていることを「わかった」に変えることができます。この習慣は、解けない問題に直面したとき、当たり前だと思い込んでいることを見つめなおすキッカケをつくてくれます。

 基本2. 問題を正しく認識する

 まずは、こちらも例題から。

家に帰ったら誰もいませんでした。鍵も見つかりません。このとき、あなたはどうしますか?

 実は「どうするか」は、何を問題と捉えるかで変わってきます。

・どうすれば鍵なしでドアが開けられるのか?
・他に家に入る方法はあるのか?
・誰かが帰ってくるまで何をすればいいのだろう?
・これ以上、鍵をなくしたら承知しないってお母さんに言われていたのに、どうやって新しい鍵を手に入れればいいの?

 など、同じ状況でも何を問題と捉えるかでアプローチが変わってくるんですよね。

 だからこそ、考える前に「何が問題なのか」をはっきりさせること。ピント外れの問題を解決したって何の役にも立ちませんからね。

 基本3. 納得するまで考える

 思い込みを捨てて、問題を正しく認識すること。それができれば、あとは納得するまで考え続けるだけです。

 ただし、ここで注意すべきことが2つあります。

 まずひとつ目は、視野が狭いという問題。

 遠くから眺めれば一目瞭然なのに、ある問題にとらわれすぎて解決策が浮かばないってことありますよね。そんな時は、散歩をしたり、コーヒーを飲んだりして、少し問題から離れて全体像を眺めるようにしましょう。

 もうひとつは、パッと浮かんだ解決策に捉われてしまう問題。

 最初に浮かんだアイデアがうまくいかなければ、さっさと頭を切り替えないと問題解決には至りません。そもそも、解決策は複数考えておくに限ります。

 つまり、納得するまで考えるとは、問題全体を俯瞰しながら、複数の解決策を持つことなんですね。(※漫画『アオアシ』の感想でも紹介しました。)

 すぐには出来ないかもしれませんが、遠くから眺める&複数の解決策をもつ練習をしていきましょう。

 最後に

 野球であれ、サッカーであれ、何事も基本を繰り返すことが上達への近道です。考える力も繰り返し練習すれば間違いなく身についていきます。普段から意識して練習していきたいですね。

 関連記事

仕事も趣味も楽しむ!?50歳からの人生を幸せに生きるためのチェックリスト

 100歳まで生きられる時代になりました。  ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。  つまり、60歳から65歳で …

メンタルが強い人なら誰もが知っている3つの事実

 百田尚樹さんのメンタルってすごいですよね。思ったことをすぐに口にする性格だからでしょうが、他人を傷つけたり、批判するような発言が多くみられます。しかし、それを気にすることなく、好き放題な発言を繰り返されていますよね。一 …

悩みから逃げちゃダメ/仕事の不安を今すぐ取り除く方法

 新しい職場に異動してから3週間が経過したのですが、いまだに新しい職場に馴染めず、6kg近く痩せてしまいました。以前の職場に比べて求められている仕事の質と量が圧倒的に違っていたからです。  そこで、前の職場の先輩や友人た …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち

 ここのところ、読書をしても生活に大きな変化が現れなくなりました。  小説を読んでも、ビジネス書を読んでも、専門書を読んでも、変化が感じられないんですよね。  ひたすら時間を消費しているだけ。そんな感覚です。なぜなら…。 …

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

努力や根性なんて不要!頑張らずに新しい習慣を身につける方法

 「今日からやるぞ!」と決意しても、1ヶ月も経てば、たいてい挫折しますよね。  そんなとき、根性がないから、努力が足りないから、精神力が弱すぎるから…なんて、自分を責めていませんか。  しかし、実はアプローチの仕方が間違 …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …