webstation plus

(※『考える練習をしよう』表紙より)


 頑張って仕事をしていますか。

 私も15年ほど頑張って仕事をしてきましたが、このくらいの年齢になると仕事が出来る人と出来ない人との差がハッキリしてくるように思います。

 仕事ができない人は、締め切りに遅れるのは当たり前で、問題が起きても放ったらかし。「どうするんですか?」と聞いても何も答えられません。

 では、なぜこのような状態に陥るのでしょうか。

 それは「考える力」がないからです。考える力がなければ問題が起きても、どうしていいのかわかりませんよね。

 そこで今回は、『考える練習をしよう』を参考に、どうすれば考える力がつくのか紹介していきます。

 考える力をつけるために必要な3つのプロセス

1. 思い込みを捨てる

 いきなりですが、次の例題に挑戦してください。

一人の男の子が虫歯を治すために歯医者に行きました。その男の子は、歯医者の息子でしたが、その歯医者はその男の子の父親ではありませんでした。なぜでしょうか?

 私たちは目の前にある問題を勝手な思い込みを通して眺めています。この例題の場合、「歯医者は男性だ」と思い込んでしまった人も多いでしょう。

 しかし、このように思い込んでしまうと、決して答えにはたどり着けないんですよね。仕事であれば、いつまで経っても目標に到達できないでしょう。

 では、どうやって思い込みを防ぐのか。

 それは、ありふれたものを徹底的に観察することです。今履いている靴下の色はどんな色か、両手を組むとき上にくるのはどちらの手か、どちらの足から靴下を履くのか――など、自分の目の前にあるもの、当たり前だと思っていることを徹底的に見つめるのです。

 そうすれば物事を正しく観察しようとする習慣がつきます。自分勝手な思い込みを減らせます。

2. 問題を正しく認識する

 こちらも例題から。

家に帰ったら誰もいませんでした。鍵も見つかりません。このとき、あなたはどうしますか?

 実は「どうするか」は、何を問題と捉えるかで変わってきます。

・どうすれば鍵なしでドアが開けられるのか?
・他に家に入る方法はあるのか?
・誰かが帰ってくるまで何をすればいいのだろう?
・これ以上、鍵をなくしたら承知しないってお母さんに言われていたのに、どうやって新しい鍵を手に入れればいいの?

 など、同じ状況でも何を問題と捉えるかでアプローチが変わってくるんですよね。

 だからこそ、考える力をつけるには何が問題なのかをはっきりさせることが大切です。ピント外れの問題を解決したって何の役にも立ちませんからね。

3. 納得するまで考える

 思い込みを捨てて、問題を正しく認識すること。それができれば、あとは納得するまで考えることです。

 ただし、ここでも2つの問題にぶつかりがち。

 まずひとつ目は、見方が狭いという問題。

 遠くから眺めれば一目瞭然なのに、一つの問題にとらわれすぎて解決策が浮かばないってことありますよね。そんな時は、散歩をしたり、コーヒーを飲んだりして、少し離れて問題を眺めてみるといいかもしれません。

 もうひとつは、パッと浮かんだ解決策にとらわれてしまうこと。

 最初に浮かんだアイデアがうまくいかなければ、さっさと頭を切り替えないと問題解決には至りません。そもそも、解決策は複数考えておくに限ります。

 つまり、納得するまで考えるとは、問題全体を俯瞰しながら、複数の解決策を持つことなんですね。(※『アオアシ』の感想でも紹介しました。)

 すぐには出来ないかもしれませんが、遠くから眺める&複数の解決策をもつ練習をしてみてはどうでしょうか。

 最後に

 考える癖がない人は、そのことを正当化し、考えないまま時間を重ねています。

 しかし、考える力がないとパターン化された仕事しかできません。そして、パターン化された仕事はAIが最も得意とするところ。今後、その人の仕事はAIに取って代わられるでしょう。

 だからこそ、私たち人間には考える力が必要です。はじめは上手くいかなくても、考えようとする意志が必要なんです。

 もし、考えるのが苦手だと感じているようなら、『考える練習をしよう』を読んでみてはどうでしょうか。

 関連記事

仕事になるまで遊びなさい!?/好きなことを仕事にする3つのプロセス

(※『魔法のコンパス』表紙より)  好きなことを仕事にしていますか。  今後、AIとロボットの進化によって多くの仕事が奪われます。商店のレジ打ち係や、箱詰めや積み下ろしなどの作業員、会計士なども時間の問題。もっと多くの仕 …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

「時間がないからできない」という言い訳で損する理由

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。  「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから …

学力だけでは足りない!?10年後に仕事がある人、ない人

 2020年には東京オリンピックが予定されていますよね。楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。しかし、2020年代に入ると求人が半減するかもしれません。  その理由は次の2つ。 ロボットとAIの活躍によって仕事が …

仕事で成長できる人とできない人の違い

(※『All You Need Is Kill 1』より)  同じ仕事をしていても「成長できる人」と「成長できない人」がいますよね。  似たような仕事を何度も繰り返している人と、新しい仕事に次々と挑戦している人。この差は …

no image
2030年には50%の仕事がなくなる/スマートマシンと共存する方法

 「スマートマシン」という言葉をご存知でしょうか。スマートマシンとは、自己学習機能を備え、自立的に行動する電子機械のことを指しています。人口知能を実装したロボットやドローン、自動走行車などがそうです。  このスマートマシ …

「時間が足りない人」に足りていないのは時間ではなくスピード

 「時間がない!」と愚痴をこぼしていませんか。  しかし、時間がないと言う人に限って、無駄なことばかりしているように思えます。  たとえば、すぐに片づくはずの仕事になかなか手をつけず、先送りしてだらだら働いていたり、残業 …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、あるいはマネジ …