アイデアが浮かばないのは能力の問題?考える練習を繰り返そう

ライフハック

アイデアが浮かばないのは能力の問題だと思っていませんか?

私も以前はそう思っていましたが、実は能力の問題ではありません。

アイデアが浮かばないのは、「考え方を知らない」もしくは「考える練習をしていない」からです。

考え方を理解して、考える練習を繰り返せば、アイデアがどんどん浮かんできますよ。

スポンサーリンク

考える練習①:思い込みを捨てる

いきなりですが、次の例題に挑戦してください。

一人の男の子が虫歯を治すために歯医者に行きました。その男の子は、歯医者の息子でしたが、その歯医者はその男の子の父親ではありませんでした。なぜでしょうか?

答えは簡単です。歯医者は「母親」だったからです。

ところが、「歯医者=男性」と思い込んでしまうと、いつまで経っても答えにたどり着けないんですよね。

私も思い込みのせいで大失敗をやらかしたことがあります。商品の出荷を止めるほどの大失敗です。

しかし、あとから考えれば失敗するのは一目瞭然でした。このとき、思い込みの恐ろしさを身をもって実感しました。

では、どうすれば思い込みを防ぐことができるのでしょうか。

それは、「ありふれたものを徹底的に観察する」ことです。

たとえば、

  • 今履いている靴下の色はどんな色?
  • 両手を組むとき上にくるのはどちらの手?
  • どちらの足から靴下を履くの?

など、自分の目の前にあるもの、当たり前だと思っていることを徹底的に見つめ直すのです。

そうすれば、「わかったつもり」になっていることを「わかった」に変えることができます。

また、これが習慣化できれば、解けない問題に直面したときも、思い込みを見つめなおすキッカケになりますよ。

スポンサーリンク

考える練習②:問題を正しく認識する

まずは、こちらも例題から挑戦していきましょう。

小学生の私は家に帰ってきましたが誰もいませんでした。家には鍵がかかっていましたが、持っていたはずの鍵も見つかりません。このとき、あなたはどうしますか?

実は「どうするか」は、「何を問題と捉えるか」で変わってきます。

たとえば、

  • どうすれば鍵なしでドアが開けられるの?
  • 他に家に入る方法はあるの?
  • 誰かが帰ってくるまで何をすればいいの?
  • これ以上、鍵をなくしたら承知しないってお母さんに言われていたのに、どうやって新しい鍵を手に入れればいいの?

など、同じ状況でも何を問題と捉えるかでアプローチの仕方が変わってきますよね。

それにも関わらず、「何が問題なのか?」を明確にせずに考えはじめると、いつまで経っても望ましい答えにたどり着けません。

ピント外れの問題を解決しても何の役にも立たないので、まずは何が問題なのかをはっきりさせましょう。

スポンサーリンク

考える練習③:納得するまで考える

思い込みを捨てて、問題を正しく認識することができれば、あとは納得するまで考え続けるだけです。

ただし、ここで注意すべきことが2つあります。

まずひとつ目は、「視野が狭いという問題」をどう解決するかです。

遠くから眺めれば一目瞭然なのに、ある問題にとらわれすぎて解決策が浮かばない…なんてことはよくありますよね。

そんなときは、散歩をしたり、コーヒーを飲んだりして、少し問題から離れて全体像を眺めるようにしましょう。

この前のエントリでも紹介しましたが、アイデアを浮かべるには「ぼーっとする」時間も必要です。

アイデアが浮かばないのは「ぼんやり」不足が原因!?
ぼんやりしていますか? 私は常に忙しく働いていたい性格なので、ぼんやりする時間を作っていませんが、もしかすると集中力が続かなかったり、ミスをしたり、アイデアが浮かばなかったりするのは、ぼんやり不足が原因かもしれません。 脳には、...

もうひとつは、「パッと浮かんだ解決策に捉われてしまう問題」をどう解決するかです。

最初に浮かんだアイデアがうまくいかなければ、さっさと頭を切り替えないと問題解決にはたどり着けませんが、どうしてもこだわってしまうんですよね。

そんなときは、複数の解決策を考えましょう。

複数の解決策が用意できれば、どの解決策が望ましいか比較できるので、オススメですよ。

最後に

勉強でも、スポーツでも、趣味でも、基本を繰り返すことが上達への近道です。もちろん、考える力だって同じです。

そのため、はじめから素晴らしいアイデアを求めるのはやめて、軽い気持ちでアイデアを考えてみてはどうでしょうか。

私も、素晴らしいアイデアが浮かぶ日を夢見て、考える練習を積み重ねていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました