webstation plus

 仕事や家事・育児、趣味にいたるまで、何をするにしても考える力は必要ですよね。考える力がなければ、問題に直面したとき、立ち向かうことができないからです。

 では、どうすれば「考える力」は鍛えられるのでしょうか。

 今回は、本『東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方』を参考に、紹介していきます。

 「考える力」は3つに分類できる!?

 そもそも「考える力」とは、どのような力なのでしょうか。

 本書によると、問題の本質を見抜く力であり、それを独自の方法で解決するまでやり遂げる力のこと。具体的には、次の3つの力です。

  1. 問題を見つける力:他の人は疑問に思わないようなこと、常識だと考えられていることに問題を見い出す能力。
  2. 解く力:自ら設定した問題に取り組み、克服すべき問題点を整理・分析・分解して、答えに辿りつく能力。
  3. 諦めない力:目に見える成果が出なくても、諦めずに根本的な解決・答えを導き出すまで粘り強く考え続ける能力。

 確かに、この3つの力があれば、大きな課題に直面しても、乗り越えていけそうですよね。では、それぞれの力についてもう少し詳しく説明していきます。

 1. 問題を見つける力

 問題を見つける力は、「なぜ?」という疑問をもつところからスタートします。

 「なぜ、イルカは哺乳類なの?」「なぜ、TOEICの点数が上がらないの?」「なぜ、バリアフリーは実現できないの?」など、問いを立てることが大切なんですね。

 次は、この問いの答えを考えること。このとき、「わからない」の種類によって取るべき手段が変わります。

①「事実を知らない」場合

 これは、問題に対して明確な答えがすでにあることがわかっている場合。「なぜ、イルカは哺乳類なの?」といった問いが該当します。

 この問いに対する取り組み方は、「答えの調べ方」を考えること。詳しそうな人に相談したり、関連図書を調べたり、インターネットで調べるなど、とにかく「調べる方法」を見つけ出すことが大切です。

②「答えがわからない」場合

 これは、何を考えれば良いかはわかっているけれど、明確な答えが得られていない状態です。「なぜ、TOEICの点数が上がらないの?」といった問いが該当します。

 この問いに対する取り組み方は、自分のアタマで考え続けること。先ほどの例だと、

・勉強時間が足りていないのかな?
・勉強方法が間違っているのかな?
・そもそもTOIECの点数を上げる必要があるのかな?

 などと考え、問題を煮詰めていくことが大切です。

③「何が分からないのか、分かっていない」場合

 解決すべき問題が存在することはわかっているけれど、「何がわからないのかを明確には意識できない」場合です。「なぜ、バリアフリーは実現できないの?」といった問いが該当します。

 この問いに対する取り組み方は、「何がわからないのか」を明確にすること。先ほどの例だと、

・バリアフリーの定義
・バリアフリーの普及率
・バリアフリーの実現方法

 …など、一体何がわかっていないのかを明確にすることです。

 実は、この「何がわからないのかを明確にする」という過程こそが、「問題を見つける力」の最も重要な部分。「何がわからないのか」がクリアになれば、何を調べれば良いのか、誰に聞けば良いのかが理解でき、それだけで解決することさえあるからです。

 つまり、問題を見つける力とは、漠然とした「わからない」状態を「何が問題なのかは理解しているけれど、その答えがわからない」状態に進化させる力のこと。

 わからないから放置するのではなく、問題を特定するまでブレイクダウンすることが大切なんですね。

 2. 解く力

 解く力とは、問題を分解して、一つ一つ解決していく力のこと。具体的には、次のステップを実践する力のことです。

  1. 複雑な問題を複数の小さな要素に分解する。
  2. 各要素を1つ1つ解決する。
  3. 解決できなかった要素を見直す。あるいは、各要素は解決できたが、最初の問題の解決につながらなかった場合、足りていない要素を分析し、もう一度トライする。

 先ほど紹介したバリアフリーの例であれば、何がバリアフリー実現の妨げになっているのか、その要素を洗い出し、一つ一つ解決策を考えていくわけですね。そうすれば、どのように行動すれば問題解決につながるかが明確になるはず。

 3. 諦めない力

 あとは、問題解決に至るまで諦めずに取り組むだけです。とはいえ、これが一番難しいんですよね。

 そんな私のような諦めやすい人に向けて、著者は次のような言葉を贈っています。

実は、答えがすぐに出せない自ら見つけた課題に時間と労力を費やすのは、それほど非効率なことではないのです。なぜなら、その行為そのものが従来の方法では達成がむずかしい「考える力」を鍛えてくれるからです。また、独自な問題には競争相手が少ないからです。

 すぐに成果が出なくても、「考える力が鍛えられているんだ!」と前向きに捉えて、諦めずに行動していきましょう。

 最後に

 今回は、本『東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方』を参考に、どうすれば「考える力」が鍛えられるのか紹介してきました。

 より詳しい内容が知りたい方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

悩みの原因は自分にあった!?問題解決のヒント34

 何かに悩んだり、苦しんだりしていませんか?  私は悩んでいました。仕事がうまくいかない、時間が足りない、もっとお金が欲しい…などなど。  このような悩みや苦しみの原因は、信じているものが間違っているからだとしたら。もっ …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

「運が良い人たち」は見向きもせず、「運が悪い人たち」が共通して求めているものとは?

 私たちは、誰一人として同じ脳を持っていません。  両親の遺伝子の掛け合わせによって生じる存在としての個性があり、さらに、人生最初の三年間に与えられた環境によって、脳の神経回路に偏りが生じるからです。  ここでいう脳の神 …

毎日の腕立て伏せ1回が習慣を変える!?新しい習慣の身につけ方

 新しい目標を立てても、すぐに挫折していませんか。  そんなとき、根性がない、努力が足りない、精神力が弱すぎる…などなど、自分を責めてしまいがちですが、やり方が間違っているだけだとしたら。  今回は、本『小さな習慣』を参 …

死ぬときに後悔する10のこと

(※『死ぬときに後悔すること25』表紙より)  「先生は、後悔したことありますか?」  体が自由に動かせない。満足に歩けない。日中も寝ている時間が多くなった。思考力も以前のようには働かない…。  そんな終末期の患者が医師 …

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

自分にあった本を選んでる?専門書が読めない人のための読書術

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。  私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。  もし、私と同じように挫折している …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

老後貧乏にならないために、楽しみながら節約する方法

 老後に備えて貯蓄していますか?  「老後なんてまだまだ先の話だよ!」と考え、今を優雅に暮らしている人も多いと思いますが、一般的に老後に必要なお金は「3000万円程度」だと言われています。それだけのお金を貯めることができ …