脳の力を引き出そう!?あなたの脳のしつけ方

ライフハック

 「今から頑張るぞ!」と決意しても、なかなか思い通りに行動できないことありますよね。たとえば、

・勉強しようと思っても集中できない
・なかなか決断できない
・新しいアイデアが浮かんでこない

 などなど。そんなとき、「自分が悪いんだ」と落ち込んでしまいがちですが、脳がうまくコントロール出来ていないだけだとしたら…。

 今回は本『あなたの脳のしつけ方』を参考に、脳の力を引き出す方法を紹介します。




スポンサーリンク

 集中力を高める方法

 これまでも様々な方法が提案されてきました。たとえば、キリの悪いところで作業を中断するとか、とにかく始めてみるとか。

 他にも、あえて人目につくところで作業をするという方法もあるそうです。

 たとえば、子どもの勉強は個室よりも家族が出入りするリビングでやる方が効率的だと言われていますよね。

 それは、親や家族が見ている場所では、勉強をやらないといけないという緩やかな圧力がかかるからです。また、静かすぎるよりも、少し雑音がある方が集中力が高まるからだとか。

 もちろん、大人も同じです。集中力を高めたいときはカフェなど人目につくところで作業をしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

 決断力は必要?

 脳は決断するときに2つのシステムを使っているそうです。

 ひとつはXシステム。これはすぐに決断できる反面、深い思慮や綿密な計算に欠けているため、後になって問題が発生しやすくなります。

 もう一つはCシステム。決断するまでに時間がかかる代わりに、合理的な判断ができます。ダイエットや結婚、転職など重大な決断を下すときに必要な能力です。

 ある実験ではCシステムを働かせて考える人、つまり決断力がある人よりも優柔不断に見える人のほうが生涯を通して勝者になりやすいことがわかったそうです。

 私たちはどうしても分かりやすい力を求めてしまいがちですが、長期的な視点で物事を捉えることが大切なんですね。

スポンサーリンク

 新しいアイデアなんて存在しない!?

 「新しいアイデアが浮かんだ!」と思っても、大抵のことは過去に誰かが考えています。

 では、アイデアとは一体何でしょうか。それは、過去のアイデアを目の前の問題と結びつけて少しアレンジすること。ファッションでも流行は繰り返しますよね。

 そのため、アイデアを生み出すには、歴史を学ぶことが効果的。司馬遼太郎や吉川英治の小説を読んだり、ドキュメンタリーを観たり、会社や業界の歴史を勉強するなど学び続けることが大切なんですね。

 アイデアが浮かばないときは、歴史を紐解いてみてはどうでしょうか。

 努力できるからどうかは遺伝子で決まる!?

 努力できるかどうかは遺伝子で決まるそうです。

 努力できる人は努力した後の報酬に着目することで脳内に快楽物質を得ており、一方の努力できない人は、損得勘定が働いて努力にブレーキがかかるのだとか。遺伝子によって努力できるかどうかが決まるわけですね。

 しかし、努力できないからといって悲観することはありません。なぜなら、努力したくないからこそ、効率よく行動することができるからです。

 もちろん、どうしても努力する必要に迫られるときもあるでしょう。そんなときは、努力をゲーム化することがおすすめ。見える化したり、仲間内で競争したりすれば、楽しみながら努力できるようになれるはず。

 運が良い人は運が良くなりやすい!?

 運が良いことも悪いことも、基本的には50%の確率で起こります。しかし、運が良かった人は、そのときに得たリソース(お金、時間、交友関係など)が使えるため、次も運が良い結果が出やすくなるのだとか。

 反対に、運が悪い人は、どんどん運が悪くなりやすいんですよね。

 では、どうすれば運が良くなるのでしょうか。

 その方法は2つ。ひとつは本を読むなどして能力を高めること。もう一つは、自分が勝てる環境で勝負することです。努力しなくても得意なこと、人に求められることで勝負するのですね。

 運が悪いと感じている方は、ぜひ試してください。

 最後に

 今回は『あなたの脳のしつけ方』を参考に、脳の力を引き出す方法をいくつか紹介しました。

 本書には他にも「モテ力のしつけ方」や「愛情力のしつけ方」など知っておきたい内容が盛りだくさん!?気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました