webstation plus

child_08

 「毒親」という言葉が広まりましたよね。「毒父」「毒母」という言葉まで生まれました。ちなみに、ここでいう「毒親」とは、子どもに対してネガティブな行動パターンを執拗に繰り返し、それによって子どもの人生を支配する親のことです。

 もちろん、毒親と一言でいっても、程度の差はあります。暴力を振るう毒親もいれば、子どもの自由を奪う毒親もいます。

 ここでは、後者の毒親について考えていきますが、実はこうした「毒親」の多くは自分が毒親だということに気づいていないんですよね。むしろ、子どもにとって良い親だと思っているケースが多いのです。なぜなら――。

 親の言うことを素直に聞く「良い子」に育つから

 ここで、毒親に育てられた子どもに起こる3つの弊害を紹介します。それは、

  1. 感情が出せない
  2. 自分の考えがわからない
  3. 他人の目が気になって仕方ない

 つまり、親の言うことを素直に聞く「良い子」に育ってしまうのです。親にとっては都合がいいですよね。

 たとえば、反抗期。本当は言いたいことがあるのに、感情が出せずにゆるく伝えたり、そもそも何が言いたいのかわからなくなったり、あるいは親の目が気になって黙ってしまったりと、強く反抗できずに終わります。

 普段も、勉強しろと言われれば勉強するし、お手伝いもします。友達付合いや習い事の選択、塾や受験校の選択まで親の言うことを聞きます。

 さらに酷いケースになると、就職先や結婚相手まで、親の言うことに従ってしまうんですよね。親にとっては素直な良い子かもしれませんが、これでは自分の人生を生きているとは言えません。

 では、どうすれば毒親の弊害から開放されるのでしょうか。その前に、もう少しだけそれぞれの弊害について詳しく見ていきます。

 「毒親」に育てられた子どもに起こる3つの弊害

1. 感情が出せない

 毒親に育てられた子どもは、自分の感情を抑える傾向にあります。なぜなら、親に対して感情を吐き出すと、嫌な思いをすることを知っているからです。否定されたり、バカにされたり、怒られたり…と。

 幼い子どもにとって親はとてつもなく大きい存在ですよね。生きていくためには、イヤでも親の助けを借りなくてはいけません。そのため、子どもは親に気に入られようと無意識に振舞います。

 もちろん、ある程度は仕方ありませんが、これが行き過ぎると、大人になってからも「自分の意見が主張できない」「喜怒哀楽が出せない」「怒りの感情が出せない」といった弊害が起こります。

 その結果、親と良く似たタイプ――自分をコントロールしようとする相手ばかりを引き寄せてしまい、慢性的に人間関係で苦しむことに。これが一つ目の弊害です。

2. 自分の考えがわからない

 幼い頃から自分の感情を抑圧していると、自分が何を感じているのかわからなくなります。怒っているのか、悲しいのか、辛いのか、喜んでいるのか分からなくなるんですよね。

 そのため、自分の意見を持つことができません。「好きなことをしていいよ」と言われても、「好き」がわからないからです。

 自分の意見をもつことは、誰にとっても当然の権利です。しかし、毒親に支配されてきた子どもは、「自分の意見を言うこと」は、「相手の考えを否定すること」だと思い込んでいます。親の意見と一致しないと否定されてきたからです。

 こうした子どもが大人になると、自分では何も考えられない、人から指示されないと行動できないロボットのような人間になります。これが二つ目の弊害。

3. 他人の目が気になって仕方ない

 毒親に育てられた子どもは、親に従わないと認めてもらえなかったため、「ありのままの自分には価値がない」と思い込んでいます。人に誇れるような「アピールポイント」がないと、自分には生きる価値がないと思い込んでいるんですよね。その結果、他人の評価に執着してしまう。

 「失敗したくない」「ダメな奴だと思われたくない」「期待に応えなきゃ」などと思い、必要以上に自分をよく見せようとします。その結果、人前で話すときに手や声が震えたり、異常に発汗したり、赤面したり、吃ったりするなど、身体の反応となってあらわれます。

 こうして精神的にも、肉体的にもツライ思いをするわけですが、残念ながらそのツラさが報われることはありません。なぜなら、人によって評価基準が違うから。ある人には評価されても、別の人には評価されないということが起こるからです。また、仮にある時点で評価が良くても、もっとすごい人が現れると、すぐに評価は変わりますよね。

 このように、他人の目が気になって必要以上に頑張るけれど報われない…というのが、三つ目の弊害です(以下のエントリでも報われない努力について紹介しています)。

 自分を少しずつ出す練習をしよう

 では、どうすれば「毒親」の呪縛から解放されるのでしょうか。それは、

  1. 自分の感情に素直になる
  2. 本当はどうしたいの?と考えてみる
  3. 親の期待に応えない&親に期待しない

 先ほどの三つの弊害と真逆の行動をとるわけですね。「親に嫌われてもいい!」と思って素直に自分の感情を吐き出してみる、失敗してもバカにされてもいいので、自分の考えを行動に移してみる、親の目なんて気にしない、親なんて大したことないと考える――つまり、親から植え付けられた思い込みを捨てる努力をするのです。

 すぐに行動に移すのは難しかもしれませんが、思い込みとは真逆の言葉を口にするだけでも効果があります。繰り返し口にすれば、考えが少しずつ変わっていくからです。ぜひ、お試しください(以下のエントリも参考にしてください)。

 親とは別の人生を歩むのが親孝行

 完璧な親なんていません。どんな親でもダメなところがあり、日々苦しみながら生きています。それなのに、毒親に育てられると、「自分の親は完璧だ」と思い込もうとします。そうすることで、自分の苦しみを減らそうとします。もっと言えば、親に従うことで、何も考えない、楽な道を歩もうとしているのかもしれません。

 しかし、この状態では親子共に不幸になるだけ。それぞれが自分の人生を歩むことができなくなります。

 だからこそ、毒親に育てられたかも…と思い当たるところがあるのなら、親のためにも、自分のためにも、自分らしく生きてみてはどうでしょうか。親に迷惑をかけて大丈夫。そうすることが、親子共に幸せな人生を歩む第一歩になるのですから。

 関連記事

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

フライングタイガーコペンハーゲンで知育玩具を購入

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。  私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。  それが、フライングタイガーコペンハーゲン …

学校任せではダメ!子どもの成長は親で決まる

(※『ブレない子育て』表紙より)  子育てしていますか?  私は長男が小学一年生になったので、少しは楽になりましたが、最近は「学校がつまらない!」と言うようになりました。  学校の勉強があまりにも簡単すぎて面白くないとい …

信頼関係は3歳までに築くべき!?子供のコミュニケーション力を育む5つの方法

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解していませんでした。3歳を過ぎても十分やり直しがきくと思っていたからで …

小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)  最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。  私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別に …

今は弱くても変われる!逆境に強い子に育てる6つのコツ

(※『へこたれない子になる育て方』表紙より)  子どもを逆境にさらしていますか。  今、義務教育を経ても自立できない大人が量産されています。内閣府の統計(2010年)によると、「ひきこもり」と呼ばれる状態の大人が約70万 …

学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。  読書 …

平凡でも東大生に育てられる!?東大生を育てる親がやっている3つの習慣

 東大生と聞くと遺伝的な「賢さ」を受け継いだ子だけがなれるイメージがありますよね。  しかし実際は、天才的な頭脳を武器に東大に受かる子は全体の3%程度で、残りの97%は伸びしろを最大限に生かすことに成功した子だそうです。 …

子どもの学力は「読み聞かせ」で決まる!?おすすめの絵本145冊

 幼い頃から学習塾に通ったり、家庭でドリル学習をする子どもが増えていますが、まず何よりも大切なのは、絵本の読み聞かせをすることだそうです。  なぜなら、絵本の読み聞かせには、楽しみながら学力を高める効果があるから。無理や …

「イクメン」って、もう一人の母親になることじゃないですよね?

 最近、「イクメン」という言葉が一般的になったせいか、私にも「イクメンになったほうがいいんじゃない?」と言ってくる人がいます。そういう人には、こう返すようにしているんですよね。 「私はもうすでにイクメンですから!残念!! …