毒親に育てられた子供に起こる弊害とその対処法

ライフハック

毒親と聞いて思い当たるところはありませんか?

私は今から考えると毒親に育てられたように思いますが、ひとことで毒親と言っても、程度の差があるように思います。

とはいえ、毒親は共通して自分が毒親だとは思っていません。

むしろ、良い親だと勘違いしているケースが多いんですよね。

なぜなら…。

スポンサーリンク

毒親に育てられた子供に起こる3つの弊害

毒親に育てられた子供には次の3つの弊害が起こるため、親にとって都合の良い子に育ってしまうからです。

  1. 感情が出せない
  2. 自分の考えがわからない
  3. 他人の目が気になって仕方ない

つまり、親の言うことを素直に聞く「良い子」に育ってしまうんですよね。

『子どもはみんな問題児。』の感想にも書きましたが、子供は誰でも、さまざまな問題を抱えて生きています。

嘘つきだったり、ひがみっぽかったり、わがままだったりして、親やまわりの人たちに迷惑をかけながら生きています。

ところが、毒親に育てられると、他人のことばかり優先したり、反対に開き直って自分のことばかり考えるようになるんですよね。

「聞き分けのいい子」ではなく「問題児」に育てよう!?
子供を「聞き分けのいい子」に育てようとしていませんか? 親や学校の先生の言うことを聞いて、素直で、優しい…。 そんな子供に育てようと必死になっていませんか? 私は、子供たちには自由に育って欲しいと思っているので、無理強いを...

このとき、自分のことばかり考えるようになれば、どこかで壁にぶつかって自分を見つめ直すチャンスに巡り会えるのですが、

自分を殺して生きるようになると、外からみると素直な良い子に見えるので、抜け出すキッカケが見つかりません。

たとえば、反抗期もそのひとつです。

本当は言いたいことがあるのに、感情を出せずにフワッと伝えたり、

そもそも自分が何を言いたいのかわからなくなったり、

あるいは親の目が気になって黙ってしまったりと、強く反抗できずに終わります。

もちろん、普段の生活でも、親に言われた通りに勉強したり、お手伝いをしたりと良い子でいます。

さらに、友達づきあいや習い事の選択、塾や受験校の選択まで親の言うことを聞いてしまう子もいるでしょう。

酷いケースになると、就職先や結婚相手まで、親の言うことに従ってしまうんですよね。

毒親にとっては素直な良い子かもしれませんが、これでは自分の人生を生きているとは言えません。

では、どうすればこの弊害から抜け出せるのでしょうか。

まずは先ほど紹介した3つの弊害について、もう少し詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

「毒親」に育てられた子供に起こる3つの弊害

1. 感情が出せない

毒親に育てられた子供は、自分の感情を抑える傾向にあります。

なぜなら、親に対して感情を吐き出すと、嫌な思いをしてきたからです。

否定されたり、バカにされたり、怒られたり…と。

幼い子供にとって親はとてつもなく大きい存在ですよね。

生きていくためには、イヤでも親の助けを借りなくてはいけません。そのため、親に気に入られるように振る舞うしかないのです。

西加奈子さんの小説『ふくわらい』の主人公・定も、父の喜ぶ顔がみたくて、死んだ人間の肉を食べたりしました。

西加奈子『ふくわらい』は幼い頃に失った感情を取り戻していく女性の物語
感情を大切にしていますか? 私はどちらかと言えば感情豊かな方なので、「いつも楽しそうだね」と言われることが多いのですが、 西加奈子さんの小説『ふくわらい』の主人公は違いました。 幼い頃に過ごした家庭環境の影響で感情を失って...

もちろん、ある程度は仕方ありませんが、定のように行き過ぎると、

大人になってからも「自分の意見が主張できない」「喜怒哀楽が出せない」「怒りの感情が出せない」といった弊害が起こります。

その結果、親と良く似たタイプ…自分をコントロールしようとする相手ばかり引き寄せてしまい、慢性的に人間関係で苦しむことになります。

2. 自分の考えがわからない

幼い頃から自分の感情を抑圧していると、自分が何を感じているのかわからなくなります。

怒っているのか、悲しいのか、辛いのか、喜んでいるのか、わからなくなるんですよね。

そのため、自分の意見を持つことができません。

『大人はもっと遊びなさい』の感想にも書きましたが、

人の言うことばかり聞いていると、自分が何が好きなのかさえわからなくなります。

自分がわからなくなるのは遊びを疎かにして仕事ばかりしているから
 仕事よりも優先すべきことって何だかわかりますか。  もちろん、いろいろありますが、「遊び」もその一つ。「遊んでばかりいないで仕事をしなさい」なんて言葉が、ドラマや小説にもよく出てきますが、仕事よりも遊びの方がよっぽど大切です...

もちろん、自分を傷つけるような遊びをしてはいけませんが、

気になる映画を観たり、ファッションをしたり、新しい挑戦を始めたりと、自分の「好き」を見つけるために、もっと自由に遊ぶべきです。

そもそも、自分の意見をもつことは、誰にとっても当然の権利です。

しかし、毒親に支配されてきた子供は、「自分の意見を言うこと」は、「相手の考えを否定すること」だと思い込んでいます。

親の意見と一致しないと否定されてきたからです。

ところが、『将来賢くなる子は「遊び方」がちがう』の感想にも書きましたが、

社会から求められるのは、自分の意見が言える人です。

子供の将来に必要なのは「偏差値」よりも「主体性」!?未来を切り開く子育て法
子供が未来を切り開けるように子育てをしていますか? 私の知る限り、多くの親たちは子供に「勉強しなさい!?」と言ってはいますが…。 そもそも、その勉強方法を、これまでとは変える必要があることを知らないように思います。 実は、...

自分の意見が言えない大人になると、人から指示されないと動けない、ロボットのような悲しい人間になってしまいます。

3. 他人の目が気になって仕方ない

毒親に育てられた子供は、親に従わないと認められなかったため、「ありのままの自分には価値がない」と思い込んでいます。

人に誇れるような「アピールポイント」がないと、自分には生きる価値がないと思い込んでいるんですよね。

その結果、他人の評価に執着してしまいます。

  • 「失敗したくない」
  • 「ダメな奴だと思われたくない」
  • 「期待に応えなきゃ」

などと思い、必要以上に自分をよく見せようとします。

その結果、人前で話すときに手や声が震えたり、異常に発汗したり、赤面したり、吃ったりするなど、身体の反応となってあらわれます。

こうして精神的にも、肉体的にもツライ思いをするわけですが、残念ながらそのツラさが報われることはありません。

なぜなら、人によって評価基準が違うからです。

ある人に評価されても、別の人には評価されないということが当たり前のように起こります。

また、仮にある時点で評価が良くても、もっとすごい人が現れると、すぐに評価は変わりますよね。

『努力不要論』の感想にも書きましたが、どれだけ努力しても報われない…という悲しい状況に陥ってしまいます。

努力が報われないのには理由があった!?「報われる努力」と「報われない努力」の違い
努力していますか? 私はどちらかと言うと努力が苦手で、「得意なことだけやろう」と考えて生きてきましたが、 実はこうした考え方をしている方が、努力が報われる確率が高いそうです。 これまで「典型的なダメ人間の特徴」だと思ってい...

それでも努力してしまうので、疲弊してしまうんですよね。

スポンサーリンク

毒親の呪縛から解き放たれる方法

では、どうすれば「毒親」の呪縛から解放されるのでしょうか。

それは、先ほど紹介した3つの弊害と真逆の行動をとることです。

具体的には、

  1. 自分の感情に素直になる
  2. 本当はどうしたいの?と考えてみる
  3. 親の期待に応えない&親に期待しない

「親に嫌われてもいい!」と思って素直に自分の感情を吐き出してみたり、

失敗してもバカにされてもいいので、自分の考えを行動に移してみたり、

親の目なんて気にしない、親なんて大したことないと考えてみたり… 。

つまり、親から植え付けられた思い込みを捨てる努力をするのです。

すぐに行動に移すのは難しかもしれませんが、『解決!ナイナイアンサー 魔法の言葉』の感想にも書いたように、

思い込みとは真逆の言葉を口にするだけでも効果はあります。

すべての悩みの原因は親子関係にあった!?問題解決のヒント34
生きていると悩みがつきませんよね。 仕事が上手くいかない、時間が足りない、もっとお金が欲しい…などなど、次々と悩みが押し寄せてきます。 しかし、このように悩んだり苦しんだりするのは、信じているものが間違っているからだとしたら。 ...

原田マハさんの小説『本日は、お日柄もよく』にも書かれているように、

言葉には世界を変える力があるからです。

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語
 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、...

だからこそ、まずは親の考えと正反対の言葉を口にするところから、はじめてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、『毒父家族』を参考に、毒親に育てられた子供に起こる弊害とその対処法について紹介してきました。

そもそも、完璧な親なんていません。

どんな親にもダメなところがあり、日々苦しみながら生きています。

それなのに、毒親に育てられると、「自分の親は完璧だ」と思い込もうとします。

そうすることで、自分の苦しみを減らそうとしているのかもしれません。

もっと言えば、親に従うことで、何も考えない、楽な道を歩もうとしているのかもしれません。

しかし、この状態では親子共に不幸になるだけです。それぞれが自分の人生を歩むことができなくなります。

だからこそ、毒親に育てられたかも…と思い当たるところがある方は、親のためにも、自分のためにも、自分らしく生きてみてはどうでしょうか。

親に迷惑をかけて大丈夫。そうすることが、親子共に幸せな人生を歩む第一歩になるのですから。

おすすめ度:4.0

コメント

タイトルとURLをコピーしました