webstation plus

child_08

 「毒親」という言葉が広まりましたよね。「毒父」「毒母」という言葉まで生まれました。

 ちなみに、ここでいう「毒親」とは、子どもに対してネガティブな行動パターンを執拗に繰り返し、それによって子どもの人生を支配する親のこと。

 私の知り合いにも「毒父」「毒母」に育てられた女性がいます。彼女は裕福な家庭で育ちましたが、生きるのがつらかったそうです。しかし、結婚するまで「つらい」ことに気づかなかったんですよね。なぜなら…。

 支配されるのが当たり前の人生を歩んできた

 結婚するまで両親に支配されるのが当たり前の人生を過ごしてきたからです。

 彼女は、友達づきあいや習い事の選択、塾や受験校の選択まで親の言う通りにしてきました。テニス部に入りたいと伝えたときも、「日焼けをするからやめなさい」と言われ、他の部に入ったそうです。

 さらに、就職先や結婚相手にまで、口出しされます。彼氏ができたと両親に報告したときも、父が望む人ではなかったらしく、「早く次の恋をしよう」と提案されます。

 このとき、はじめて両親に反抗し、その男性と付き合い、結婚したそうですが、結婚後も彼女は反抗したことに罪悪感を覚え、まともな結婚生活を送れませんでした。夫婦の絆よりも、両親の顔色を優先して生活していたからです。

 このように、毒親に育てられた子どもには、自分がありません。両親が操縦するロボットのようなものです。その結果…。

 「毒親」に育てられた子どもに起こる3つの弊害

 大きく3つの弊害が起こります。それぞれ簡単に紹介していくと、

1. 感情が出せない

 彼女もそうですが、自分の感情が出せなくなります。親に対して感情を吐き出すと、嫌な思いをしてきたので、感情を抑えるクセがついたからです。

 その結果、「自分の意見が主張できない」「喜怒哀楽が出せない」「怒りの感情が出せない」といった弊害が起こります。

 さらに、嫌なことがあっても、苦笑いをしたり、黙ってやり過ごした結果、中学生になった頃から年に数回か胃が痛くなって寝込んでいたそうです。もちろん、親は自分が原因だとは思っていません。

 このように、自分の感情を抑えるするようになると…。

2. 自分の考えがわからない

 自分が今、何を感じているのかわからなくなります。怒っているのか、悲しんでいるのか、ツラいのか、喜んでいるのか…。

 その結果、「好きなことをしていいよ」と言われても、「好き」がわからないので親の指示に従ってしまいます。

 つまり、自分では何も考えられない、人から指示されないと行動できないロボットのような人間になるんですよね。これが2つ目の弊害。

3. 他人の目が気になって仕方ない

 さらに、親に従わないと認めてもらえなかったため、「ありのままの自分には価値がない」と思い込みます。

 人に誇れるような「アピールポイント」がないと、自分には生きる価値がないと思い込んでしまうんですよね。その結果、他人の評価に執着してしまう。

 しかし、どれだけ他人の評価を上げることに必死になっても報われることはありません。人によって評価基準が違うからです。また、仮にある時点で評価が良くても、もっとすごい人が現れると、すぐに評価は変わりますよね。

 このように、他人の目が気になって必要以上に頑張るけれど報われない…というのが、三つ目の弊害です(以下のエントリでも報われない努力について紹介しています)。

 自分を少しずつ出す練習をしよう

 では、どうすれば「毒親」の呪縛から解放されるのでしょうか。それは、

  1. 自分の感情に素直になる
  2. 本当はどうしたいの?と考えてみる
  3. 親の期待に応えない&親に期待しない

 先ほどの三つの弊害と真逆の行動をとるわけですね。

 彼女も「親に嫌われてもいい!」と思って素直に自分の感情を吐き出してみる、失敗してもバカにされてもいいので、自分の考えを行動に移してみる、親の目なんて気にしない、親なんて大したことないと考える…そうすることで親から植え付けられた思い込みを捨てることができました。

 すぐに行動に移すのは難しかもしれませんが、思い込みとは真逆の言葉を口にするだけでも効果があります。繰り返し口にすれば、考えが少しずつ変わっていきますよ(以下のエントリも参考にしてください)。

 親とは別の人生を歩むのが親孝行

 完璧な親なんていません。どんな親にもダメなところがあり、日々苦しみながら生きています。

 しかし、毒親に育てられると、「自分の親は完璧だ」と思い込もうとします。そうすることで、自分の苦しみを減らそうとします。もっと言えば、親に従うことで、何も考えない、楽な道を歩もうとしているのかもしれません。

 とはいえ、この状態では親子共に不幸になるだけ。それぞれが自分の人生を歩むことができません。

 だからこそ、毒親に育てられたかも…と思い当たるところがあるのなら、親のためにも、自分のためにも、自分らしく生きてみてはどうでしょうか。親に迷惑をかけて大丈夫。そうすることが、親子共に幸せな人生を歩む第一歩になるのですから。

 関連記事

フライングタイガーコペンハーゲンで知育玩具を購入

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。  私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。  それが、フライングタイガーコペンハーゲン …

子どもの能力は無限大!?/小学生からの天才の育て方

 学校の勉強って面白くないですよね。私も小学生の頃、そう思っていたのですが、小学二年生になった息子から「学校が面白くない」と言われて、自分もそうだったことを思い出しました。  息子が面白くないと言っている理由は明確です。 …

「素直な良い子」ではなく「問題児」に育てよう

 私がまだ大学生だった頃。アルバイトで家庭教師をしていたのですが、少し風変わりな男の子に出会いました。  その男の子は中学二年生で、理数系の科目が苦手ということで私が呼ばれたのですが、初めて会った瞬間から、どことなく嫌な …

子どもの「言われたことしかできない」性格を変える4つのステップ

 私たち親が指示を出さないと自分との約束が守れない子どもに育っていませんか。たとえば、 決めた時間を越えてもゲームがやめられない いい成績が取れないと親や先生に八つ当たりをする 問題が起きるとすぐに目標に向かって挑戦する …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

今は弱くても変われる!逆境に強い子に育てる6つのコツ

(※『へこたれない子になる育て方』表紙より)  子どもを逆境にさらしていますか。  今、義務教育を経ても自立できない大人が量産されています。内閣府の統計(2010年)によると、「ひきこもり」と呼ばれる状態の大人が約70万 …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 子どもには「勉強できるようになってほしい」ですよね。  だからこそ、子どもが勉強しないと、叱ったり、褒めたり、教えたりして勉強するように促すのですが、実はどの行為も子どもの成長にはつながらないそうです。  なぜでしょう …

子供の将来の年収は母親の愛情で決まる!?

 金融庁の報告によると、65歳60歳以上の夫婦が年金収入だけに頼った生活を送ると、毎月5万円の赤字、30年で2000万円も不足するそうです。2019年6月時点の報告なので、私がこの年齢に達した頃には、もっと赤字が増えてい …

信頼関係は3歳までに築くべき!?子供のコミュニケーション力を育む5つの方法

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解していませんでした。3歳を過ぎても十分やり直しがきくと思っていたからで …

キッカケがあれば子どもは伸びる!?地頭を鍛える3つの方法

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。  彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると言います。  では、私たち …