webstation plus

cherry-blossom_01

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたくなるからだ。しかし――。二人の幼馴染も酒飲みだった。だから、兄貴分は、弟分に向かってこんなことを言い出した。

 「売り物の酒だが、手持ちの金で買う分には問題ないだろう」と。

 そこで、兄貴分は弟分にお金を払い、金額相当のお酒を飲んだ。しかし、それをみていた弟分もお酒が飲みたくなったので、兄貴分に向かってこんなことを言った。

 「兄さんからもらったこのお金で、俺にも酒を飲ませてくれ」と。

 こうして彼らは交互にお金を渡しあい、売り物のお酒をすべて飲み干してしまった。彼らの手元に残ったのは、はじめに兄貴分が持っていたお金だけ。あら不思議。お酒の売り上げはいったいどこに消えてしまったのやら…。

 これは、古典落語にある「花見酒」を要約して書いたものであるが、この物語が示すように、ある視点からみると、「お金」というものがとても脆いものであることがわかる。お金のやり取りだけでは「何も生み出さないから」だ。しかし、花見酒は落語の話にとどまるものではない。現実でも、こうしたやりとりが行われている。それが、株やFXだ。

 ご存知のように、株やFXそのものは何かを生み出しているわけではない。お金のやりとりだけで、お金を増やそうとする仕組みである。しかも、そのように増やしたお金で、誰かが生み出したモノを消費している。まさに「花見酒」そのもの。

 しかし、多くの人たちは「花見酒」に憧れを抱いている。「不労所得」という名の「花見酒」を飲みたいと願っている。では、実際に「不労所得」の人たちで世の中が溢れたら、どうなってしまうのだろうか。

 答えは明確。多くの人たちが何も生み出さない世界――すなわち、どれだけお金をもっていても消費するものがない世界、お金の価値がない世界になってしまう。

 私たちは「お金には価値がある」と信じているが、実は「多くの人がそう信じているから、お金には価値がある」のだ。そして、「誰かが何かを生み出し続けているから、お金が価値あるものとして使える」のである。

 とはいえ――、「できれば楽して生きていきたい」と願うのが人間というもの。だから、今後も不労所得を夢見る人が減ることはないだろう。しかし、ギリシャが財政破綻したように、日本のお金も価値がなくなる日がやってくるかもしれない。そのときに頼りになるのは、どれだけお金をもっているかではなく、どれだけの価値が生み出せる自分であるかだ。

 というわけで、花見酒を夢見ることは決して悪いことではないが、それに酔いつぶれると夢から醒めたときに自分には何もないことに気づく羽目になるだろう。だから、お金を稼ぐために仕事をするのではなく、だれかに喜んでもらえるために働こう。どれだけの価値が生み出せているのかを意識しながら働いていこう。そうすれば、多くの人たちが酔いから冷めたときに、あなたには「お金では買えない価値」がついているはずだ。

 関連記事

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

大人になってから遊んでますか?

 ここでいう遊びとは、仕事につながるとか、コストパフォーマンスがいいからとか、そんなものではなくて、メリットを度外視した単純に好きで楽しいことです。  たとえば、自動車メーカーに勤めている人が「休日もクルマに乗ることが趣 …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

35歳からの「第二の人生」を楽しむための5つのチェックリスト

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが大きく上がり、よほど凄い専門性があるか、あるいはマネジャ …

「時間がないからできない」という言い訳で損する理由

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。  「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから …

no image
2030年には50%の仕事がなくなる/スマートマシンと共存する方法

 「スマートマシン」という言葉をご存知でしょうか。スマートマシンとは、自己学習機能を備え、自立的に行動する電子機械のことを指しています。人口知能を実装したロボットやドローン、自動走行車などがそうです。  このスマートマシ …