webstation plus

game_01

 ここでいう遊びとは、仕事につながるとか、コストパフォーマンスがいいからとか、そんなものではなくて、メリットを度外視した単純に好きで楽しいことです。

 たとえば、自動車メーカーに勤めている人が「休日もクルマに乗ることが趣味です」というのはNG。仕事でイヤというほどクルマに接しているんだから、休日くらいは違うことに没頭したら?という話です。

 そもそも、夢中になって仕事をしていたら、休日くらいは違うことをしたくなりますよね。もちろん、なかにはイーロン・マスクのような変態――「人類が火星に住めるようにするにはどうすればいいのか?」を飽きることなく考え、行動し続けられる人もいますが、そんな変態でなければ、休日くらいは違うことをしたくなるはずです。

 もちろん、仕事に関係しない遊びをすることにはメリットもあります。たとえば、『アイデアのつくり方』という本には、「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」と書かれているように、仕事とは違う趣味を持つからこそ、仕事でも新しいアイデアが浮かぶわけです。

 そうやってはじめた「遊び」が仕事になることだってあります。『大人はもっと遊びなさい』の著者である成毛さんは、読書好きが高じて「HONZ」という書評サイトを立ち上げ、今ではビジネスとして成り立っているそうです。本当に羨ましい…。

 ちなみに、遊びをビジネスとして成功させるポイントは、他の人がやらないようなことをすること。多くの人が興味を持っているもの(たとえば「ベストセラー」)には興味を持たずに、誰が興味を持っているんだと思うようなもの(たとえば「認知度の低い本」)に興味をもつことだそうです。

 とはいえ、はじめから「ビジネスとして成立させたい」と思って遊び始めると、うまくいきません。心の底から楽しめないし、成果がでないとすぐにイヤになってしまうからです。

 というわけで、仕事につながるとか、コストパフォーマンスがいいとか、そんなものに惑わされずに、好きなことを楽しめ!というのが『大人はもっと遊びなさい』の主張でした。

 たしかにその通りなのでしょうが、他人から言ってもらわないと「遊ぶことさえできない」大人になってしまったんですね…。悲しい限りです。

 関連記事

好きなことしかやるな/『38歳までに決めておきたいこと』

 40歳になる前に決めておきたいことがある。それは、残りわずか半分しかない人生。「好きなこと以外はやらないようにしよう」ということだ。  では、「好きなことしかやらない生き方」とは、具体的にどんな生き方なのだろう。単なる …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

お金よりも「つながり」を大切に/『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

 「努力すれば幸せになれるのか」――これが本書のテーマである。そして、その答えは「No!」。なぜか。  結論からいえば、私たちの能力の大半は遺伝によって決まっているからだ。走るのが得意じゃない人が、どれだけ走る練習をした …

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …

仕事が原因で「もう死にたい…」と思わないために必要なもの

 日本における自殺の統計情報を見てみると、男女差がとても大きいことがわかります。下図がそれなのですが、パッと見ただけで大差があることがわかりますよね。実は、男性の自殺率は女性の2倍以上もあるのです。  では、なぜ女性より …

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

成功は「安定した仕事」や「つまらない仕事」からは生まれない

 世の中には、私たち凡人には想像もつかないような生き方をしている人たちがいる。『自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい』の著者である河合江理子さんもそのひとり。彼女の経歴をみれば、そのチャレンジ精神に驚くことになるだろ …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、あるいはマネジ …