webstation plus

(※『大人はもっと遊びなさい』表紙より)


 大人になってから遊んでいますか?

 私は数年前まで仕事ばかりしていたのですが、社内異動をキッカケにブログを書くようになりました。それから4年ほど続けていますが、今でも楽しい遊びの一つになっています。

 とはいえ、大人になってから新しい遊びを見つけるのは難しいですよね。時間的な余裕がないからです。しかし、それでも遊んだ方がいいのは、それ以上のメリットがあるからなんですよね。

 そこで今回は、『大人はもっと遊びなさい』を参考に、大人になってから遊ぶメリットを紹介したいと思います。

 『大人はもっと遊びなさい』ってどんな本?

 元マイクロソフト代表取締役の著者が、大人になってからも遊んだ方がいい理由を紹介した本です。

 人は誰もが遊ぶようにできています。遊べば自分の好きなことがわかります。

 だからこそ、大人らしく遊ぶ必要はなく、子どものように興味が持てる遊びだけをするのです。そうすれば、実は仕事も勤勉である必要がないことに気づけます。

 スティーブ・ジョブズもイーロンマスクもホリエモンも遊びが大好きですよね。子どものように無邪気に遊んでいます。その延長線上に仕事があるからこそ、誰も思いつかないようなことができるのです。

 また、仕事ばかりしていると 、退職後に控えている、もしかすると退職前よりも長い人生を持て余すことになるかもしれません。

 それなら、今から退職後も続けられる遊び ・趣味を見つけておくほうがいいと思いませんか。

 そもそも遊びとは、誰と競うでもなく、自分のペ ースで取り組めて成長を実感できるもののこと。

 上達の実感は、自信になります。まだまだ自分には伸びしろがあることに気づけます。この気づきは、仕事にもいい影響を与えないはずがありません。

 だからこそ、夢中になって遊べるなにかを見つけることが大切なのです。

 そんなメリットがある遊びへ誘ってくれるのが本書です(本書の紹介が遊びのメリットの紹介になってしまいました)。

 最後に

 今回は、『大人はもっと遊びなさい』を参考に、遊ぶメリットについて紹介してきました。

 私も仕事ばかりしているときは、「仕事=人生」のような生き方をしていましたが、それでは人生が楽しくありません。読書やブログ、子育てなどを通じてより充実した日々が過ごせています。

 もし何か新しい遊びをはじめてみようと思ったら、本書を読んでみてはどうでしょうか。きっと今までとは違う自分に出会えますよ。

 関連記事

ノリがいい人になりたいのなら勉強するな

(※『勉強の哲学 来たるべきバカのために』表紙より)  勉強していますか?  私は趣味で数学やテクノロジー系の本を読んでいますが、実は勉強すると失うものがあるそうです。  それがノリの良さ。  勉強しなければ、周りに合わ …

自分にあった本を選んでる?専門書が読めない人のための読書術

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。  私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。  もし、私と同じように挫折している …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

なぜ、速読に挑戦してもほとんどの人が失敗してしまうのか?

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。  とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多 …

死ぬときに後悔する10のこと

(※『死ぬときに後悔すること25』表紙より)  「先生は、後悔したことありますか?」  体が自由に動かせない。満足に歩けない。日中も寝ている時間が多くなった。思考力も以前のようには働かない…。  そんな終末期の患者が医師 …

「もう諦めよう」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学べ

 新しいことを始めても、すぐに諦めてしまう。「自分には才能がないんだ」なんて言い訳をして、また違うことを始めようとする。しかし、そうやって始めた新しいこともすぐに諦めてしまう。またまた「才能がなかったんだ…」という言い訳 …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

「片付けられない人」にオススメの3つの習慣

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。  普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?  「無意識の美意識」さえ押さえてしま …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …