webstation plus

 少女漫画はお好きですか?

 私はどちらかといえば苦手です。読むと恥ずかしい気持ちになるからですが…。

 有川浩さんの小説『植物図鑑』もそうでした。主人公たちのベタ甘な恋愛模様にちょっと引いてしまったんですよね。

 とはいえ、植物の豆知識が豊富でなんとか最後まで読めました。おかげで、恋愛小説も良いかもって少しは思えるようになりました。

 家事が得意なイケメンを拾う主人公の物語

 物語の主人公は河野さやか。彼女は不動産会社で働くOLで、家事全般が得意ではなく、コンビニ弁当を食べる毎日を過ごしていました。

 そんな彼女が飲み会の帰りに路上で倒れていた男性と出会います。

 彼はそこそこイケメンで、「俺を拾ってくれませんか?」と言い出したので、その言葉にハマったさやかは彼と同居することにしました。

 しかも、そのイケメン男性・イツキは、家事全般が得意でした。冷蔵庫にある残り物で美味しい料理を作ります。

 …と、この時点で「どれだけ女性好みの設定なんだ」と、少し興ざめてしまった私ですが、それでも頑張って読むと少しずつ面白くなっていきました。

 近場にある雑草は食べられるものばかり

 それは、イツキが家の近くにある雑草を美味しい料理に変えてしまうからです。

 ツクシやふきのとう、ワラビやノイチゴ、ヨモギなどの雑草を、炒め物や天ぷら、パスタやジャム、お茶などに変えてしまうんですよね。

 都会に住んでいる人でも、少し出かければ、多くのものが無料で手に入ります。しかも、スーパーでは、それらが高値で売られています。

 そんなイケメンで美味しい料理を低価格で振舞ってくれるイツキにさやかはすぐに恋に落ちましたが、イツキはそんな素振りをまったく見せませんでした。

 それだけでなく、イツキという名前以外は何ひとつ教えてくれないんですよね。

 ところが、ある事件をきっかけに二人の仲は一気に縮まります。しかしその後、なぜかイツキは行方をくらませました。

 取り残されたさやかは…。

 胃袋を掴んで植物の名前を教えれば恋愛は成就する?

 近所を歩くたびにイツキが教えてくれた植物の名前を思い出して切なくなっていました。

 また、彼が残していったレシピ通りに料理を作って、食べて、またイツキを思い出して悲しくなるんですよね。

別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。

 とは、川端康成の言葉ですが、胃袋を掴んで、思い出と共に花の名前を教えれば、異性の心をがっちり掴めるのかもしれません。

 そんなさやかの思いが成就するのか?は、実際に本書を読んでもらうとして、有川浩さんの小説『植物図鑑』は、少女漫画のような恋愛小説が好きな方におすすめの物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』はゴシップ記事は読まないに限ると思える物語

 ゴシップ記事はお好きですか?  私は昔からあまり好きではなく、ほとんど読んできませんでしたが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングは三つ数えろ』を読んで、さらに読みたくなくなりました。  三流記者に脅され、追い詰められ …

知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は無性に恋をしたくなる恋愛ミステリー小説

 最近、恋していますか?  私はすでに結婚して子供もいるので、朝起きるたびに妻や子供たちに恋をしていますが、知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』を読んで、改めて「恋っていいなぁ」としみじみ思いました。  私のよう …

伊坂幸太郎『AX アックス』感想/家族のことを大切に思っていますか?

 家族のことを大切に思っていますか。  私は家族のことを大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで衝撃を受けました。主人公の殺し屋が言葉だけでなく本当に家族のことを思って行動してい …

平野啓一郎『ある男』感想/愛しているのは「今」なのか「過去」なのか

 私たちは誰かを愛しながら生きていますが、その愛はその人の今を見て生まれてきた感情なのでしょうか。  それとも、その人の過去を知っているからこそ生まれてきた感情なのでしょうか。  平野啓一郎さんの小説『ある男』を読んで、 …

秋吉理香子『ジゼル』感想/バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?  私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。 …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

海堂尊『チーム・バチスタの栄光』は力には光と闇があることを教えてくれる物語

 力を適切に使っていますか?  私は仕事で与えられた力を適切に使おうとしていますが、少しでも誘惑に負けると多くの人に迷惑をかけることになります。  海堂尊さんの小説『チーム・バチスタの栄光』を読んで力を適切に使うことの大 …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …