webstation plus

 少女漫画はお好きですか?

 私はどちらかといえば苦手です。読むと恥ずかしい気持ちになるからですが…。

 有川浩さんの小説『植物図鑑』もそうでした。主人公たちのベタ甘な恋愛模様にちょっと引いてしまったんですよね。

 とはいえ、植物の豆知識が豊富でなんとか最後まで読めました。おかげで、恋愛小説も良いかもって少しは思えるようになりました。

 家事が得意なイケメンを拾う主人公の物語

 物語の主人公は河野さやか。彼女は不動産会社で働くOLで、家事全般が得意ではなく、コンビニ弁当を食べる毎日を過ごしていました。

 そんな彼女が飲み会の帰りに路上で倒れていた男性と出会います。

 彼はそこそこイケメンで、「俺を拾ってくれませんか?」と言い出したので、その言葉にハマったさやかは彼と同居することにしました。

 しかも、そのイケメン男性・イツキは、家事全般が得意でした。冷蔵庫にある残り物で美味しい料理を作ります。

 …と、この時点で「どれだけ女性好みの設定なんだ」と、少し興ざめてしまった私ですが、それでも頑張って読むと少しずつ面白くなっていきました。

 近場にある雑草は食べられるものばかり

 それは、イツキが家の近くにある雑草を美味しい料理に変えてしまうからです。

 ツクシやふきのとう、ワラビやノイチゴ、ヨモギなどの雑草を、炒め物や天ぷら、パスタやジャム、お茶などに変えてしまうんですよね。

 都会に住んでいる人でも、少し出かければ、多くのものが無料で手に入ります。しかも、スーパーでは、それらが高値で売られています。

 そんなイケメンで美味しい料理を低価格で振舞ってくれるイツキにさやかはすぐに恋に落ちましたが、イツキはそんな素振りをまったく見せませんでした。

 それだけでなく、イツキという名前以外は何ひとつ教えてくれないんですよね。

 ところが、ある事件をきっかけに二人の仲は一気に縮まります。しかしその後、なぜかイツキは行方をくらませました。

 取り残されたさやかは…。

 胃袋を掴んで植物の名前を教えれば恋愛は成就する?

 近所を歩くたびにイツキが教えてくれた植物の名前を思い出して切なくなっていました。

 また、彼が残していったレシピ通りに料理を作って、食べて、またイツキを思い出して悲しくなるんですよね。

別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。

 とは、川端康成の言葉ですが、胃袋を掴んで、思い出と共に花の名前を教えれば、異性の心をがっちり掴めるのかもしれません。

 そんなさやかの思いが成就するのか?は、実際に本書を読んでもらうとして、有川浩さんの小説『植物図鑑』は、少女漫画のような恋愛小説が好きな方におすすめの物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

『バレエなんて、きらい』は他人にあわせて生きるのはやめようと思える物語

 他人にあわせて生きていませんか?  私も昔は他人にあわせて生きていましたが、そうすることがとてもシンドイことだと気づいたので、自分らしく生きるようになりました。  それから生きるのが楽になったんですよね。  『バレエな …

有川浩『図書館戦争』/好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

伊坂幸太郎『砂漠』/学生のバカなノリはお好きですか?

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。  しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描 …

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』感想/「自分さえ良ければいい」では世界は悪くなっていく

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  自分だけ幸せになれれば、他人は不幸になっても構わない…。そんなふうに考えて生きている人も多いでしょう。  しかし、百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』を読めば少しは考えが変 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

伊坂幸太郎『クジラアタマの王様』感想/未来を切り拓くのは誰だ!?

 今を一生懸命に生きていますか?  私は一生懸命に生きているつもりでしたが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したん …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …