webstation plus

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。

 この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよね。それが面白い。

 とはいえ、突然スーパーマンが登場するなど意味不明なシーンも多いのですが…。

 未来は運命で決まっている?

 私たちの未来は、今この瞬間の行動の積み重ねで決まっているように思えます。しかし、まるで運命で定められているかのような出来事もあるんですよね。

 たとえば、第一次世界大戦もそのひとつ。この戦争はオーストリアの皇太子がサラエボで暗殺されたことがキッカケで始まりました。

 しかし、簡単に暗殺が成功したわけではありません。5人の暗殺者が皇太子を殺そうとして失敗。そのことを知った6人目は暗殺を諦めて喫茶店に入ったところ、そこにたまたま皇太子が現れて…。

 というように、まるで運命に導かれたかのように成し遂げられたんですよね。

 では、運命が決まっているのだとしたら、私たちの日々の選択には何の意味もないのでしょうか。

 子供たちに自慢できるほうを選べばいい

 『PK』に登場する作家も悩んでいました。謎の人物から小説を手直しするように圧力をかけられていたからです。

 要求に従えば物語の内容は薄っぺらくなりますが、従わなくても読者の人生を変えられるほどの力ある物語にはなりません。

 そこで作家は妻に相談したところ、

「簡単だよ。何をしても、大きな影響がないんだったら」
「子供たちに自慢できるほうを選べばいいんだから」

 この言葉にハッとしたんですよね。どんな選択をしても影響がないのなら、子供たちに自慢できる選択をした方がいいですよね。

 臆病は伝染する。そして勇気も伝染する

 このように、私たち一人ひとりの選択には大きな影響力がないのかもしれません。しかし、もっと大きな流れとして捉えればどうでしょうか。

 私たちは他人の影響を色濃く受けて生きています。一人が挫けて恐怖にしゃがみ込めば、隣にいる人も同じようにしゃがみこみます。それがどんどん連鎖すれば誰も未来に希望が持てなくなるでしょう。

 しかし、臆病だけでなく勇気も伝染するんですよね。

 だとしたら、勇気ある選択をすれば未来は変わるかもしれません。第一次世界大戦のような大きな出来事は変えられなくても、その後の人生は変えられるはずです。

 そんな思いが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『PK』。タイムパラドックスが楽しめるだけでなく、勇気を出して生きていこうと思える物語です。

 ちなみに、文庫本には物語の紐解き方が解説として載っているので、気になった方は、ぜひ文庫本でお読みください。

 関連記事

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …