webstation plus

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。

 この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよね。それが面白い。

 とはいえ、突然スーパーマンが登場するなど意味不明なシーンも多いのですが…。

 未来は運命で決まっている?

 私たちの未来は、今この瞬間の行動の積み重ねで決まっているように思えます。しかし、まるで運命で定められているかのような出来事もあるんですよね。

 たとえば、第一次世界大戦もそのひとつ。この戦争はオーストリアの皇太子がサラエボで暗殺されたことがキッカケで始まりました。

 しかし、簡単に暗殺が成功したわけではありません。5人の暗殺者が皇太子を殺そうとして失敗。そのことを知った6人目は暗殺を諦めて喫茶店に入ったところ、そこにたまたま皇太子が現れて…。

 というように、まるで運命に導かれたかのように成し遂げられたんですよね。

 では、運命が決まっているのだとしたら、私たちの日々の選択には何の意味もないのでしょうか。

 子供たちに自慢できるほうを選べばいい

 『PK』に登場する作家も悩んでいました。謎の人物から小説を手直しするように圧力をかけられていたからです。

 要求に従えば物語の内容は薄っぺらくなりますが、従わなくても読者の人生を変えられるほどの力ある物語にはなりません。

 そこで作家は妻に相談したところ、

「簡単だよ。何をしても、大きな影響がないんだったら」
「子供たちに自慢できるほうを選べばいいんだから」

 この言葉にハッとしたんですよね。どんな選択をしても影響がないのなら、子供たちに自慢できる選択をした方がいいですよね。

 臆病は伝染する。そして勇気も伝染する

 このように、私たち一人ひとりの選択には大きな影響力がないのかもしれません。しかし、もっと大きな流れとして捉えればどうでしょうか。

 私たちは他人の影響を色濃く受けて生きています。一人が挫けて恐怖にしゃがみ込めば、隣にいる人も同じようにしゃがみこみます。それがどんどん連鎖すれば誰も未来に希望が持てなくなるでしょう。

 しかし、臆病だけでなく勇気も伝染するんですよね。

 だとしたら、勇気ある選択をすれば未来は変わるかもしれません。第一次世界大戦のような大きな出来事は変えられなくても、その後の人生は変えられるはずです。

 そんな思いが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『PK』。タイムパラドックスが楽しめるだけでなく、勇気を出して生きていこうと思える物語です。

 ちなみに、文庫本には物語の紐解き方が解説として載っているので、気になった方は、ぜひ文庫本でお読みください。

 関連記事

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

伊坂幸太郎『クジラアタマの王様』感想/未来を切り拓くのは誰だ!?

 今を一生懸命に生きていますか?  私は一生懸命に生きているつもりでしたが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したん …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない

 人間に与えられた特権を活用していますか?  実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風の …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …