webstation plus

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。

 この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよね。それが面白い。

 とはいえ、突然スーパーマンが登場するなど意味不明なシーンも多いのですが…。

 未来は運命で決まっている?

 私たちの未来は、今この瞬間の行動の積み重ねで決まっているように思えます。しかし、まるで運命で定められているかのような出来事もあるんですよね。

 たとえば、第一次世界大戦もそのひとつ。この戦争はオーストリアの皇太子がサラエボで暗殺されたことがキッカケで始まりました。

 しかし、簡単に暗殺が成功したわけではありません。5人の暗殺者が皇太子を殺そうとして失敗。そのことを知った6人目は暗殺を諦めて喫茶店に入ったところ、そこにたまたま皇太子が現れて…。

 というように、まるで運命に導かれたかのように成し遂げられたんですよね。

 では、運命が決まっているのだとしたら、私たちの日々の選択には何の意味もないのでしょうか。

 子供たちに自慢できるほうを選べばいい

 『PK』に登場する作家も悩んでいました。謎の人物から小説を手直しするように圧力をかけられていたからです。

 要求に従えば物語の内容は薄っぺらくなりますが、従わなくても読者の人生を変えられるほどの力ある物語にはなりません。

 そこで作家は妻に相談したところ、

「簡単だよ。何をしても、大きな影響がないんだったら」
「子供たちに自慢できるほうを選べばいいんだから」

 この言葉にハッとしたんですよね。どんな選択をしても影響がないのなら、子供たちに自慢できる選択をした方がいいですよね。

 臆病は伝染する。そして勇気も伝染する

 このように、私たち一人ひとりの選択には大きな影響力がないのかもしれません。しかし、もっと大きな流れとして捉えればどうでしょうか。

 私たちは他人の影響を色濃く受けて生きています。一人が挫けて恐怖にしゃがみ込めば、隣にいる人も同じようにしゃがみこみます。それがどんどん連鎖すれば誰も未来に希望が持てなくなるでしょう。

 しかし、臆病だけでなく勇気も伝染するんですよね。

 だとしたら、勇気ある選択をすれば未来は変わるかもしれません。第一次世界大戦のような大きな出来事は変えられなくても、その後の人生は変えられるはずです。

 そんな思いが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『PK』。タイムパラドックスが楽しめるだけでなく、勇気を出して生きていこうと思える物語です。

 ちなみに、文庫本には物語の紐解き方が解説として載っているので、気になった方は、ぜひ文庫本でお読みください。

 関連記事

小野寺史宜『ひと』感想/あなたの大切なものは何ですか?

 あなたにとって大切なものは何ですか?  お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所 …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない

 人間に与えられた特権を活用していますか?  実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風の …

東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』は読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私はミステリーが好きでよく読んでいますが、あまり推理をせずに物語を追いかけてきました。  しかし、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』では推理せざるを得なくなったんですよね。容疑者である二 …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

深緑野分『ベルリンは晴れているか』感想/戦争で得する人なんていない

 戦争の物語を読むのはツライですよね。  もちろん、今回紹介する小説『ベルリンは晴れているか』も残酷なシーンが多く、読むのがツラくなりますが、読み終わってみると、ツラさよりも「戦争って誰が得するんだろう」という思いが強く …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …