webstation plus

 勇気を振り絞って生きていますか?

 私はできるだけ勇気を振り絞りながら生きているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『PK』を読んで、臆病も勇気も伝染することに気づきました。

 そのため、今よりも勇気を振り絞って生きていこうって思えたんですよね。

 一人の勇気が次々と伝染してく物語

 では、あらすじから。

 伊坂幸太郎さんの小説『PK』は、3篇の短編で構成されています。そのうちの2編『PK』と『超人』では、同じ時期の2つの異なる世界が描かれています。

 まず『PK』では、サッカーワールドカップのアジア予選で、日本代表の小津選手が脅されながらも、子供の頃にみたヒーローを思い出し、圧力に屈せず、ゴールを決めるシーンが描かれます。

 彼が子供の頃にみたヒーローとは、マンションの4階から落下した子供を受け止めて助けた大臣のことでした。その大臣も今では幹事長から偽証を強要されています。

 そして、ある作家は謎の人物から小説を手直しするように圧力をかけられていました。

 要求に従えば物語の内容は薄っぺらくなりますが、従わなくても読者の人生を変えるほどの力ある物語にはなりません。

 そこで作家は妻に相談したところ、

「簡単だよ。何をしても、大きな影響がないんだったら」
「子供たちに自慢できるほうを選べばいいんだから」

 この言葉にハッとしたんですよね。どんな選択をしても影響がないのなら、子供たちに自慢できる選択をした方がいいですよね。

 このように、『PK』はある人物の勇気が次々と伝染してく物語を描いていますが、一方の『超人』では…。

 同じ時代の異なる世界が描かれる!?

 『PK』と同じ時期の異なる世界が描かれています。

 物語はマンションから落下したときに大臣に助けられた本田毬夫が、27年ぶりに大臣と再会することを、訪問販売で訪れた作家の三島に話すところから始まります。

 ところが毬夫は、その大臣を殺さなければいけないと言い出しました。彼には、未来に事件を起こす人物を特定する能力があり、これまで多くの未来の殺人者を殺してきたと言います。

 そして、次に殺すべき相手が大臣だったのです。そこで毬夫は…という物語なのですが、『超人』は『PK』と同じ時期の異なる世界が描かれています。

 たとえば、ワールドカップが日韓ワールドカップになっていたり、大臣の父親の浮気がゴキブリのおかげでバレなかったのがバレたりと、『PK』とは異なる世界が描かれているんですよね。

 このように異なる世界になった理由を3つ目の短編『密使』で明かされるのですが、そこにはある生物の存在が大きなキーになっていました。その生物とは…。

 臆病は伝染する。そして勇気も伝染する

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『PK』は、臆病も勇気も伝染することに気づける物語です。

 歴史を紐解くと、第一次世界大戦のように、一人ひとりがどのような行動をとっても、まるで運命に導かれたかのように起こるべくして起こったと思える出来事もあります。

 しかし、すべての出来事が運命によって決まっているわけではありません。

 たとえ第一次世界大戦のような大きな出来事は変えられなくても、一人ひとりが勇気をもって行動すればその後の人生は変えられるはずです。

 そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太郎さんの『PK』です。もちろん、サスペンスとしても、すべての謎がある結論へとつながっていく物語としても楽しめるので…。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

米澤穂信『氷菓』は好きなことに打ち込む楽しさとツラさがわかる物語

 好きなことに打ち込んでいますか?  私は好きな仕事とブログに打ち込んでいますが、米澤穂信さんの小説『氷菓』に登場する主人公は違いました。  彼は勉強にもスポーツにも恋愛にも消極的だったんですよね。そんな彼が…。 &nb …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想/異なるジャンルの短編がゆるやかにつながる小説

 伊坂幸太郎さんの小説といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくのが特徴ですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。 …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖3』は身内の問題ほど面倒な問題はないことがわかる物語

 身内と上手くいってますか?  私はあまり上手くいってませんが、それは自分たちのやりたいことを、こちらの都合なんてお構いなしに押し付けてくるからです。  三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖3』のヒロインである栞子 …

砥上裕將『線は、僕を描く』感想/芸術とは命を表現するもの

 自分の命と向き合っていますか?  私はこのブログで自分の考えを表現しているつもりですが、砥上裕將さんの小説『線は、僕を描く』を読んで芸術の奥深さに衝撃を受けました。  人の心を動かすには、技術よりも自分の命を表現する力 …

有川浩『植物図鑑』は少女漫画好きにおすすめの恋愛小説

 少女漫画はお好きですか?  私はどちらかといえば苦手です。読むと恥ずかしい気持ちになるからですが…。  有川浩さんの小説『植物図鑑』もそうでした。主人公たちのベタ甘な恋愛模様にちょっと引いてしまったんですよね。  とは …