webstation plus

(※『PK』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?

 今回は『PK』のあらすじと感想を紹介します。

 『PK』のあらすじと感想

1.『PK』

 ワールドカップ出場を目指して挑んだアジア予選リーグ最終戦。日本は小津選手の不調により苦戦を強いられますが、後半のロスタイムに神がかったドリブルを披露し、PKのチャンスを得ます。そこで小津選手が見せた笑顔が話題に。

 一方、小説家は得体の知れない組織から、大臣は幹事長から圧力を受けていました。彼らは圧力に屈するのか!?

 大きな力の前で人間はいったい何ができるのか!?がテーマの物語。どの道を選らんでも未来に大した影響がないのであれば、「子どもたちに自慢できるほうを選べばいいんだから」というセリフが心に残りました。

2.『超人』

 セキュリティ会社で営業をしている本田毬夫は、将来、人殺しをする人物の住所と名前がわかる能力を手にします。彼はその能力を使って、殺人を事前に防ごうと暗殺を繰り返していました。

 しかし、次に殺すべき相手は、子どもの頃に助けられた命の恩人。彼は命の恩人を殺害するのか!?

 未来予測を信じて行動すべきなのか?がテーマの物語。映画『マイノリティリポート』の伊坂さんバージョンという印象を受けました。未来予測を信じるのが怖くなります。

3.『密使』

 自分の上司から「青木さんの研究施設を見学してきなさい」と命じられた”私”は、その指示に従い、研究施設を訪れます。そこで明かされたのは、未来を危機から救うために”私”に死んで欲しいということでした。

 一方、大学生の三上は、握手をするとその人の時間を夜中の12時から6秒だけ奪える能力があることに気づきます。彼はこの時間を確実に手に入れたいと考え、ヒーローショーに出演する仕事につきました。そして、子どもたちから6秒ずつ奪うことに。しかし、この事実に気づいた人物がある仕事を依頼してきます。一体どうなる!?

 私たちの想像よりも未来は良くなる可能性を秘めていることがわかる物語。あの忌まわしい虫の謎も明かされます。

 最後に

 私たち人間は時々、勇気を試されることがあります。しかし、その時、勇気を振り絞って行動しても、未来には何も影響がないのかもしれません。それなら、子どもたちに自慢できるほうを選べばいい――。

 小説『PK』は、このような勇気が湧いてくるセリフが満載です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『首折り男のための協奏曲』は理不尽に立ち向かう勇気をくれる短編小説

(※『首折り男のための協奏曲』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』。様々なジャンルの7つの短編で構成されていますが、多くの物語に共通しているテーマが「理不尽」です。  本当に理不尽な出来事ってあり …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …