webstation plus

(※『PK』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?

 今回は『PK』のあらすじと感想を紹介します。

 『PK』のあらすじと感想

1.『PK』

 ワールドカップ出場を目指して挑んだアジア予選リーグ最終戦。日本は小津選手の不調により苦戦を強いられますが、後半のロスタイムに神がかったドリブルを披露し、PKのチャンスを得ます。そこで小津選手が見せた笑顔が話題に。

 一方、小説家は得体の知れない組織から、大臣は幹事長から圧力を受けていました。彼らは圧力に屈するのか!?

 大きな力の前で人間はいったい何ができるのか!?がテーマの物語。どの道を選らんでも未来に大した影響がないのであれば、「子どもたちに自慢できるほうを選べばいいんだから」というセリフが心に残りました。

2.『超人』

 セキュリティ会社で営業をしている本田毬夫は、将来、人殺しをする人物の住所と名前がわかる能力を手にします。彼はその能力を使って、殺人を事前に防ごうと暗殺を繰り返していました。

 しかし、次に殺すべき相手は、子どもの頃に助けられた命の恩人。彼は命の恩人を殺害するのか!?

 未来予測を信じて行動すべきなのか?がテーマの物語。映画『マイノリティリポート』の伊坂さんバージョンという印象を受けました。未来予測を信じるのが怖くなります。

3.『密使』

 自分の上司から「青木さんの研究施設を見学してきなさい」と命じられた”私”は、その指示に従い、研究施設を訪れます。そこで明かされたのは、未来を危機から救うために”私”に死んで欲しいということでした。

 一方、大学生の三上は、握手をするとその人の時間を夜中の12時から6秒だけ奪える能力があることに気づきます。彼はこの時間を確実に手に入れたいと考え、ヒーローショーに出演する仕事につきました。そして、子どもたちから6秒ずつ奪うことに。しかし、この事実に気づいた人物がある仕事を依頼してきます。一体どうなる!?

 私たちの想像よりも未来は良くなる可能性を秘めていることがわかる物語。あの忌まわしい虫の謎も明かされます。

 最後に

 私たち人間は時々、勇気を試されることがあります。しかし、その時、勇気を振り絞って行動しても、未来には何も影響がないのかもしれません。それなら、子どもたちに自慢できるほうを選べばいい――。

 小説『PK』は、このような勇気が湧いてくるセリフが満載です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や …

『いぬやしき』は強大な力を手に入れたらどうする?がテーマの漫画

(※『いぬやしき(1)』表紙より)  つい先日までイブニングで連載されていた漫画『いぬやしき』。ある日突然、強大な力を手に入れたらどうする?がテーマの漫画です。  今回は『いぬやしき』のあらすじと感想を紹介します。 &n …

『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの怖さを軽快なタッチで描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。タイトルの気軽さとは裏腹にかなりダークな物語です。テーマも「魔女狩りが現代で再現したら?」なので重いのですが、登場人物たちの軽快 …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漫然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

ろくでもない男しか登場しない恋愛小説『恋のゴンドラ』

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男 女性の気 …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …