webstation plus

(※『PK』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?

 今回は『PK』のあらすじと感想を紹介します。

 『PK』のあらすじと感想

1.『PK』

 ワールドカップ出場を目指して挑んだアジア予選リーグ最終戦。日本は小津選手の不調により苦戦を強いられますが、後半のロスタイムに神がかったドリブルを披露し、PKのチャンスを得ます。そこで小津選手が見せた笑顔が話題に。

 一方、小説家は得体の知れない組織から、大臣は幹事長から圧力を受けていました。彼らは圧力に屈するのか!?

 大きな力の前で人間はいったい何ができるのか!?がテーマの物語。どの道を選らんでも未来に大した影響がないのであれば、「子どもたちに自慢できるほうを選べばいいんだから」というセリフが心に残りました。

2.『超人』

 セキュリティ会社で営業をしている本田毬夫は、将来、人殺しをする人物の住所と名前がわかる能力を手にします。彼はその能力を使って、殺人を事前に防ごうと暗殺を繰り返していました。

 しかし、次に殺すべき相手は、子どもの頃に助けられた命の恩人。彼は命の恩人を殺害するのか!?

 未来予測を信じて行動すべきなのか?がテーマの物語。映画『マイノリティリポート』の伊坂さんバージョンという印象を受けました。未来予測を信じるのが怖くなります。

3.『密使』

 自分の上司から「青木さんの研究施設を見学してきなさい」と命じられた”私”は、その指示に従い、研究施設を訪れます。そこで明かされたのは、未来を危機から救うために”私”に死んで欲しいということでした。

 一方、大学生の三上は、握手をするとその人の時間を夜中の12時から6秒だけ奪える能力があることに気づきます。彼はこの時間を確実に手に入れたいと考え、ヒーローショーに出演する仕事につきました。そして、子どもたちから6秒ずつ奪うことに。しかし、この事実に気づいた人物がある仕事を依頼してきます。一体どうなる!?

 私たちの想像よりも未来は良くなる可能性を秘めていることがわかる物語。あの忌まわしい虫の謎も明かされます。

 最後に

 私たち人間は時々、勇気を試されることがあります。しかし、その時、勇気を振り絞って行動しても、未来には何も影響がないのかもしれません。それなら、子どもたちに自慢できるほうを選べばいい――。

 小説『PK』は、このような勇気が湧いてくるセリフが満載です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

『魔王』は自分の考えを信じる大切さを教えてくれる小説

(※『魔王』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『魔王』。政治を舞台に、他人の意見に同調することの怖ろしさと自分の考えを信じる大切さを教えてくれる物語です。  今回は、『魔王』のあらすじと感想を紹介します。  『 …

『フィッシュストーリー』は異なるジャンルの4作品が楽しめる中編小説

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が活躍する『サクリファイス』『ポテチ』など、ジャンルの異なる4作品を集めた中編小説集です。  黒澤フ …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。  今回は小説『食堂のおばちゃん …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …