webstation plus

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。

 この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよね。それが面白い。

 とはいえ、突然スーパーマンが登場するなど意味不明なシーンも多いのですが…。

 未来は運命で決まっている?

 私たちの未来は、今この瞬間の行動の積み重ねで決まっているように思えます。しかし、まるで運命で定められているかのような出来事もあるんですよね。

 たとえば、第一次世界大戦もそのひとつ。この戦争はオーストリアの皇太子がサラエボで暗殺されたことがキッカケで始まりました。

 しかし、簡単に暗殺が成功したわけではありません。5人の暗殺者が皇太子を殺そうとして失敗。そのことを知った6人目は暗殺を諦めて喫茶店に入ったところ、そこにたまたま皇太子が現れて…。

 というように、まるで運命に導かれたかのように成し遂げられたんですよね。

 では、運命が決まっているのだとしたら、私たちの日々の選択には何の意味もないのでしょうか。

 子供たちに自慢できるほうを選べばいい

 『PK』に登場する作家も悩んでいました。謎の人物から小説を手直しするように圧力をかけられていたからです。

 要求に従えば物語の内容は薄っぺらくなりますが、従わなくても読者の人生を変えられるほどの力ある物語にはなりません。

 そこで作家は妻に相談したところ、

「簡単だよ。何をしても、大きな影響がないんだったら」
「子供たちに自慢できるほうを選べばいいんだから」

 この言葉にハッとしたんですよね。どんな選択をしても影響がないのなら、子供たちに自慢できる選択をした方がいいですよね。

 臆病は伝染する。そして勇気も伝染する

 このように、私たち一人ひとりの選択には大きな影響力がないのかもしれません。しかし、もっと大きな流れとして捉えればどうでしょうか。

 私たちは他人の影響を色濃く受けて生きています。一人が挫けて恐怖にしゃがみ込めば、隣にいる人も同じようにしゃがみこみます。それがどんどん連鎖すれば誰も未来に希望が持てなくなるでしょう。

 しかし、臆病だけでなく勇気も伝染するんですよね。

 だとしたら、勇気ある選択をすれば未来は変わるかもしれません。第一次世界大戦のような大きな出来事は変えられなくても、その後の人生は変えられるはずです。

 そんな思いが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『PK』。タイムパラドックスが楽しめるだけでなく、勇気を出して生きていこうと思える物語です。

 ちなみに、文庫本には物語の紐解き方が解説として載っているので、気になった方は、ぜひ文庫本でお読みください。

 関連記事

出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語/伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』感想

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

他人の不幸を求めている人へ/木皿泉『カゲロボ』感想

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

日本でも表現の自由が規制されている/有川浩『図書館危機』感想

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

いじめをする人間にはアイデアがない/伊坂幸太郎『ガソリン生活』感想

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …